殺人を無罪にする方法 How to Get Away With Murder 第3話 洗脳 Smile, or Go to Jail

リンク広告 テスト




第3話 洗脳 Smile, or Go to Jail

監督/Randall Zisk  脚本/ Rob Fresco
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
サムはアナリーズから学生との仲を疑われているとはとして
不本意だと語る。しかしアナリーズは前にも有ったことだと
告げる。ライラ・スタンガードはサムの知り逢い。アナリーズ
は法廷で裏切ってしまい停職中のネイトに頼んで、サムのアリ
バイを調べてもらう。ライラが殺害されたという日、彼は
エール大にいたとしているが、本当に居たのか確かめて欲しい
という。
レベッカはライラ殺害容疑で連行される中、隣人のウェスは弁護
士が来るまではなにも言わない様告げる。レベッカが逮捕される
直前にウェスの家に来たのが気になるが、彼女は彼の部屋に
携帯電話を置いていく。しかしそれにはロックがかかっていた。

ウェスはサムの殺害に関して、コインでどう対処するか考えよう
として仲間に告げる。表ならば取りに行く。裏ならばそのまま
放置しておく。コインは表が出る。
ミカエラは怯えるが、証拠を消さないといけないという。ウェス
はレベッカに対して終わったと報告する。

【ストーリー】
サムの現場からコナーはミカエラに立って急いでこの場から
出て行かねばならない事を語る。ローレルはミカエラを
落ち着かせるが、彼女は怯えてパニック状態だった。

— 2ヶ月前 —
ミカエラはフィアンセのエイダンと久しぶりに再会して部屋で
ベッドを共にしていた。エイダンはニューヨーク市長の秘書を
していて何れ政界進出を企む若者。エイダンはミカエラに
今後はキミに食べさせてもらい僕は家で子育てや料理を作ろうか
と語る。しかしミカエラはエリートの貴方と結婚したいのだと
語る。しかし彼は辞めても僕であることに変わりはないと語る。
そんな中ミカエラに電話が鳴る。事務所に行って依頼人を引き取
りに行かないといけない事を告げる。私の先生は厳しいことを
告げると、せめて事務所まで送らせてくれという。

警察署にいくウェスはレベッカとグリフィンが第一級殺人罪で
起訴されることを知り、面会しようとするが、拘置所では身分の
提示を求められ、記者ならば逢わせないし、弁護士ならば身分証
を見せてと言われる。

ミッドタウン大では校長はアナリーズやグリフィンのアメフト部
の体育会部長らと話合いをしていた。デビッド・ドランは女性
は知らないがグリフィンは一丸となって支えていかねばならない
という。無実だと信じているという。体育会部長は保釈が認められて
釈放されたこと。大学としては公然と支援できないことを言われる。
被害者家族ライラの親からは大学に去年だけでも800万ドルの寄付
をしていること。花形クオーターバックが殺人ならば体育会には
キズだからねというアナリーズ。ドランは君とサムは大学の宝
だとし報酬を弾んでいるし、君の講義は自由にさせていることを
告げる。君に無理だといったことがあるかと問うと、現在言って
いると皮肉るアナリーズ。グリフィンの弁護を担当してくれと
言われると検討するとだけ語る。

アナはネイト・レイヒに電話すると、サムのことがハッキリする
まではグリフィンの弁護を受けることはできないことを語る。
そんなネイトは現在エール大に着ていて聞き込みをしていること
を語る。
ネイトは心理学部のナタリー教授に会う。
そこで3週間前にフィラデルフィアの教授を講義に呼んだのではないか
と訪ねる。すると確かに依頼はしたが突然食あたりだとして欠席
されたという。エール大のレイノルズ教授はご立腹で大学に引き抜く
つもりだったのだという。

キーティング法律事務所。
ミカエラはエイデン・ウォーカーのことをアナリーズや生徒たち
に紹介する。アナリーズは素っ気ない態度。アッシャー君の
フィアンセかと語る。すると突然コナーはエイデンとは顔なじみで
寄宿学校で一緒だったことを語る。俺たち共通点が多いなとコナー
はミカエラに語る。

アナリーズは署にいくとネルソン巡査を呼び出す。
ウェスはその間にコナーを呼ぶと君のIT友達は携帯のロックを外せる
のかと訪ねる。しかしそんな会話をしている中で突然依頼人の
ポーラ・マーフィーが運ばれてくる。公園で性行為をした女性
だとするとアッシャーは公園で商売をしていた女の弁護をする
のかと呆れる。しかしボニーは常に殺人事件の弁護をしたり
する訳ではなく彼女はアナリーズの知り合い、シェリルの友人なの
だという。まずは黙って弁護を学べと言われる。

ポーラはアナリーズに逢うと弁護してくれたアナリーズに感謝する
と共に共通の友人・シェリルにも感謝する。自分でも魔が差した
ことを告げると、起訴は取り下げになったので記録に残ることも
なく旦那のケヴィンには知られることはないと語る。
しかし署を出たところで突然FBI捜査官たちがポーラの周りを取り囲む
と、エレナ・アギュラーを逮捕するという。アナリーズはどういう
ことか訪ねると、彼女は1994年世界金融ビルの爆破事件に関わって
いる指名手配犯だと聞かされる。

コナーはミカエラに対してエイデンにも君の知らない秘密が
あるかもしれないと語る。94年の爆破事件に関与した5名は
反グローバリズムを掲げた組織・緋文字旅団のメンバーだと
いう。2名は刑期を終えて1名は死亡、リーダーのガブリエル・
ショウは服役中だという。エレナは仮釈放時に失踪していた
とのこと。ケヴィンとエレナは逢う中で、指紋が一致したこと
がわかる。エレナにとって不利な証拠だった。指紋は爆弾の破片
から採取されたもので爆発によって管理人が死んでいるのである。
誰もいないときに爆発させるはずだったのだという。アナリーズは
司法取引で10年の服役に応じるかを訪ねる。応じると10年の間に
娘たちは好き勝手に育ち家庭は崩壊することを語る。きっと勝方法
があるはずと語り、法廷に娘たちを呼んで陪審員の同情を引こう
とつげる。保釈の査問会は明日。法医学の専門家の手配をフランク
に求める。しかしコナーは勝てるはずがないと語ると、あなたから
トロフィーは取り上げるという。私を疑ったら失格だと語る。
——————————————————–

アナリーズは大学側からライラ・スタンフォード殺害事件に於いて
容疑者とされているアメフトのクウォーターバック、グリフィン
の弁護を依頼される。しかしアナリーズとしてはサムがライラの
死亡の件に絡んでいるかどうか疑惑に思っていた為に即断できず、
取りあえずネイトにサムの事件当日のアリバイについて調べてもらう
ことに。そんな中、アナリーズは友達の友達であるポーラ・マーフ
ィーの弁護を依頼される。公園で性行為をした罪だとされていたが、
拘置所から釈放された途端にFBI捜査官たちによって取り囲まれる。
彼女は94年当時世界金融ビルを爆破した事件に関わる指名手配犯の
エレナ・アギュラーだということを知る。夫にも子供にも嘘を
ついていたエレナ。司法取引すれば10年の刑で出られるとするが、
その10年は長く、彼女が刑務所にいる間に家庭は確実に崩壊する
として、被告が洗脳され、そして脅迫されていたということを
証明していくという弁護方針を採っていくことにする。

なんだか色んな事件を織り交ぜすぎていて、取り留めのない状況に
なっている感じがする。
これまでにもアナリーズに感情移入出来るものがなかった上に、
今回の依頼人であるエレナを弁護するとした際には、正直
「何この弁護士」状態だった。
アメリカの弁護士らしいところなのかも知れないけど、なんでも
洗脳されているとか心神耗弱とか、そういうことで問題の本質から
逃れて解決しようとする根性が許せない。

相変わらずアナリーズの事務所では、学生を使って無料で弁護に
於ける調査を行わせてアイディアを出されるもの。弁護士としての
ノウハウを教えて上げているのだから、働けってところなのか。
どれだけアナリーズが法曹界で権威があるのか分からないのだけど、
ただ憮然としているだけで大した能力を見せずにいるように思える。
指揮官たるもの、直接行動せずとも、部下を適切に配置して
動かすことが大切なのかな。

エレナ裁判とか見ても法廷でのやりとりは大した面白味もない。
ただその過程で起きている人間関係の中で色々と微妙な駆け引きが
行われていたり、法律を無視したところで動いている行動そのもの
に面白さがあるかなと。個々のキャラクターで起きている恋愛の
ベクトルの向きだったり、個人的な事情などの方が法律的流れ
よりも余程楽しく見える。

やはりメインは、サムの殺害に関する流れだ。
この流れは一向にドラマが進んでいかない。
殺した事実を提示した後に、小出しにその日のその時間周辺の
ことを詳細に描いているだけで、核心に触れるところがない。
一応今回はアリバイ作りの為に、決起集会のような学園の騒ぎに
紛れ込んで取りあえず写真を取るシーンが有った。

これとは平行的に描かれているサムのライラ殺害に関して
アリバイを探っていくというもの。
エール大の講演にサムは来ていなかったが、駐車係によると
2014年8月28日の金曜日以外は入庫していることが判明した為に、
2014年8月30日の失踪時に関してサムは容疑から外れるのかな。
ただサムがエール大へ引き抜きの話が有ったのに何故行こうとは
しなかったのか。その辺の流れで嘘を付いているところが
気になるね。

ミカエラのフィアンセだとするエイデンという人物が登場する。
なんとなくその関係性を見ると、「スマッシュ / Smash」に
於けるカレンとその恋人の関係を彷彿とさせる。
コナーって元々嫌なヤツだなってオーラが出ていたけど、幸せが
壊れることを知ってエイデンとは関係をもったことを指摘する。
元々の性的嗜好がどうなのか。
ただこのミカエラという人物も人生設計をしているのは良いとして
も、上流階級に憧れているのか、やりとりを見ている限りでは、
あんまり肩入れ出来そうなところもなかった。
彼女がサムの遺体の流れの中で一番ダメージを受けて居るところ
を見ると、そんな人生設計を崩れたことによるところが大きいのかな。

またウェスとレベッカの流れはとても微妙なものがある。
今まで気が付かなかったけど、レベッカ役のKatie Findlayは
「マンハッタンに恋をして ~キャリーの日記~」のキャリー
の親友・マギー役の女性だったのね。
レベッカがウェスの家にかくしたと思っていた携帯はライラの
もので、彼女はドラッグを扱っていた様だ。ロックがかかっている
けど果たしてその中にはどんな事実が隠されているのか。

そして今回ウェスが身分証を偽造してまでレベッカに接触した
流れを見てアナリーズが、ウェスにトロフィーを渡すことになった。
彼女としてもライラ殺害に関しては、夫の件も含めて真相を知りたい
人物なので、ウェスの行動を称賛したいところも分からないでも
ない。ただまたしても周りからはアナリーズがウェスを優遇して
いるみたいな嫉妬が生まれるのかな。

それ以外にはボニーとサムの関係がやはり危ういものが有りそう
だったし、ローレルを狙っていたフランクは、彼女が別人のカン
という男性と一緒にいるのを知って落ち込んでいたのか。
フランクは弁護士としての資格を持っていないのだろうか?
会話の中でそんなニュアンスのやりとりが有ったね。

■エレナの裁判に於いては

・合衆国対ハースト裁判が引き合いに出された。
ハーストコーポレーションのパトリシア・ハーストに強盗罪で起訴
されたが弁護側が取ったのは両面作戦で、被告に洗脳されて同時に
脅迫されていたというもの。検察側は脅迫も洗脳もないと反論した
が、トレントによると我々はオキュパイ運動の先駆けとして銀行
の背筋主義や富の大均衡に真っ向から対立してきたのだという。

エレナの今回の教えは・・
・マインドコントロール説を主張する上で大事なことは何か。
・その首謀者を特定したらどうするのか。

結局アッシャーがコネを使ってどこからか入手した情報は
過去5年間は健康だったが、突然アレンタウン刑務所の医療棟に
送られていること。病気だということはでっち上げで証人として
利用出来ないようにする為だったのか。

結局刑務所ではエレナと首謀者のガブリエルが再会して愛を
確認し合い、そして二人は逃亡する為に作戦を立てていた様だ。
負けないの弁護士なのかどうかは分からないけど、アナリーズも
完全に裏をかかれた格好で、二人は突然逃げてしまった。
しかしまぁ仮にガブリエルが保釈されるにしても仮釈放を経ない
で出て行くというのも不自然な感じがするし、監視装置くらい
付いていそうな気がする。

■使用された曲

・The Unified Field by Chris Corner and IAMX
・Somebody by French-Soler
・Love Runs Out by Ryan Tedder, Brent Kutzle, Drew Brown, Zach

Filkins, Eddie Fisher and OneRepublic

アナリーズ・キーティング (Viola Davis) 弁護士
ネイト・レイヒ (Billy Brown) 刑事、アナリーズの浮気相手
ウェスリー・ギビンズ (Alfred Enoch) 学生
コナー・ウォルシュ (Jack Falahee) 学生、ゲイ
レベッカ・サッター (Katie Findlay) ウェスリーの隣人
ミカエラ・プラット (Aja Naomi King) 学生
アッシャー・ミルストン (Matt McGorry) 学生
ローレル・カスティロ (Karla Souza) 学生
フランク・デルフィーノ (Charlie Weber) アソシエイト
ボニー・ウィンターボトム (Liza Weil) アソシエイト
サム・キーティング (Tom Verica) アナリーズの夫、心理学教授
オリバー (Conrad Ricamora) 広告代理店のIT部門、ゲイ

ガブリエル・ショウ (Jason Gedrick) 緋文字旅団メンバーリーダー
ポーラ・マーフィー (Ana Ortiz) エレナ・アギュラー / テロ犯
ケヴィン・マーフィー (David Denman) ポーラの夫
ウェンディ・パークス (Alysia Reiner) 地方検事
デビッド・ドラン (John Getz) 大学の学部長
カン (Arjun Gupta) 法律扶助の仕事、ローレルと・・
エイデン・ウォーカー (Elliot Knight) NY市長秘書、ミカエラの婚約者
グリフィン・オライリー (Lenny Platt) 容疑者
— (Juan Alfonso) Jailer
— (Patrick J. McGuire) Jailer
— (Kal Bennett) FBI Agent
トレント・デービス (Tom Beyer) 法廷で証言、ヒゲ
— (Joni Bovill) 判事
テッド (Joshua Wolf Coleman) リアの夫?大学の関係者、ディナーへ
— (Danny Fehsenfeld) Athletic Director
ジェームズ・ネルソン (Steven M. Gagnon) 巡査
— (Rick Gifford) Prosecutor
— (Uma Incrocci) Secretary
アリス (Sage Kirkpatrick) 緋文字旅団メンバー
リア (Eva La Dare) アナリーズの友人、ディナーへ
クレイトン (James McAndrew)
— (Mehdi Merali) Parking Attendant
— (Donna Rusch) Annoyed Detective
— (Buck Acosta) Assistant Prosecutor
— (Danny Belford) Law Student
— (Karen Ann Cabrera) Law Student
— (Alexia Jordan) Law Student
— (Paulina Leija) Law Student
— (Kimberly Pal) Law Student
— (Yatoya Toy) Law Student

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336