よみがえり ~レザレクション~ Resurrection シーズン2 第8話 憎悪 Forsaken

リンク広告 テスト




第8話 憎悪 Forsaken

監督/Constantine Makris 脚本/Nicki Paluga
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
トムはレイチェルに薬を使わないといけない事を告げ、二度も
失いたくないと語る。ジェニンはレイチェルの病室にいく中、
レイチェルは何故か回復する。信じられない・・・奇跡だと。
ベラミーはマギーに対して自分もよみがえりであることを告げる。
フレッドはレイにも同じウィルス症状が出ている事を語る。
ブライアンは祖父のウィリアムにラングストン家と接触出来た
事を語る。しかしマーガレットはブライアンに逢いに家にいく
とそこで家族の写真を見て何かに気が付く。カールはヤツラは
病気になっているとし、生きている人には感染しないハズなの
に・・と。阻止する為には今夜行動を起こそうと語る。よみがえ
りのものが居る家庭に彼らは逆さ十字の文字をペンキで塗って
いく。

【ストーリー】
ルシールは朝から逆さ十字をキレイに拭き取っていた。

ベス・アンはトムの教会にいくと、自分は善人でPTA役員や
赤十字でボランティア活動、食糧支援もしているが、娘は4歳
であり玄関の赤い逆さ十字を見て泣き出したのだという。娘の
ことが心配だとし危険は犯せないとし、よみがえりの叔父を
見捨てるという。愛する人を見捨てるなんて本気なのかという
トム。しかしあの人は亡くなった主人の父親だとし、冷たい
がこれ以上一緒に住めない事を語る。

レイは隔離室に入れられていてマギーは容体をチェックしていた。
マギーは隔離室から出ると様子を心配して待合室にいるエレインと
会話する。マギーに対してエレインはティモシー・バームガート
ナーの地下室のことを覚えて居るかと問う。6年生の夏に酒を勧め
られたこと。私たちは本気で恐がり一度帰ったがエレインは実は
あの後私は地下室に戻って酒飲みキスしたのだという。帰りに
足首をくじいたこと。あの朝父さんから暫く街から出ると言われ
兄さんの面倒を見なければいけないのにある日は帰らなかったと
いう。父の命令にも兄さんの面倒にも安座利してマギーの家に
行って父さんに包帯を巻いてもらったことを語る。
現在レイは4時間意識混濁している事を告げ悪化していてこのまま
では危険だと語る。

ジョーのリカーショップの元にいくベラミーは犯人に心当たり
はないかとし、カメラ映像を見せて欲しいというが、カメラは
故障中なのだという。叔母さんのヘザーがよみがえりですよねと
尋ねる。

一方ジェイコブはマーガレットが地下室で古い写真を見つけて
いることに何故なのかと尋ねる。古い写真は貴重なのだとし、この
中に歴史があること。忘れた感情や思い出があること。過去を
忘れるのはダメでありいつか酷い目に合わされるのだという。
写真の名からはウィリアム・カークと書かれていた写真を見つける。

マーガレットはブライアンの家にいくと、あなたはウィリアムと
関係があることを言わなかったのねと語る。死んだ祖父だとす
る中、マーガレットは中で話をしないかと語る。
お爺さんはウチの工場で働いていたのではないかと問うと、
何百人居た従業員の一人なので覚えて居ないでしょうという。
しかしマーガレットは私は結婚前の名字はアンダーソンであり、
工場長の娘。職人の顔ならば全員覚えて居るという。お爺さまの
身に起きた悲劇・火事で亡くなったことも覚えて居ることを
告げる。当時ラングストン家具工場には悪い噂が沢山有ったこと。
私は子供だったので全ては知らないが、その噂が事実ならば
誰かが私の家族に復讐したいと思っても責めないという。
しかしこの契約は破棄して二度と近づかないで欲しいと語る。

トムの元にベラミーがやってくる。
5人またよみがえりの人を教会に連れて来た人で増えたことを
語る。普通の人までウイルスにかかる家族が怖がっていること。
トムはそこでベラミーに、君もよみがえりだということを知れば
みんな慰めになるので話してくれないかと提案する。しかし
ベラミーは僕には身内が居ないのだという。街の半数が敵意を
持てば仕事がやりづらくなるのだと語る。自分をさらけ出すのは
勇敢な行為だというトムだが・・・
——————————————————–

よみがえりの人に謎の病気が流行し始めたかと思えば、
「生者の会」の活動をしていた一人、レイもまたそれに感染
し始める。それを知った生者の会のメンバーたちは密かに
行動を起こし始めて、よみがえりを抱えている家庭に嫌がらせ
を始める。よみがえりを抱える家庭に「赤い逆さ十字」を刻印
を押していく中、病気の事実も有って、遠縁にあるよみがえり
の人を抱えている家庭は、家族の為と称して教会によみがえり
の人を置いて行く自体が発生する。

家庭内・血縁内でもよみがえりに於ける葛藤が発生している状況
なのに、それが街全体の問題として取り上げられるともの凄く
混乱しそうな感じ。
生き返ったことで、良い思い出を持ち帰った人も居れば、秘密を
墓まで持っていったものたちまでよみがえってしまうことで
色々と暴露され、生前出来なかったことへの色んな恨みを晴らす
為の工作なり感情の吐き処を求めて人々は複雑な感情を他人へと
ぶつけていく。

気になる流れは2つかな。
勿論このドラマの根底に存在するよみがえり自身の問題も有るの
だけど、近視眼敵に見るとここ数話で気になるものとして存在
し始めた問題は、

・「生者の会」のレイが病気にかかったこと。
・よみがえりの一人・レイチェルが病気から立ち直ったこと。

レイが病気にかかったとする流れっていくつかの可能性が有り、
天罰のような形で自らに災いが降りかかったのかなと思っていたの
だけど、別の角度から捕らえて見ると見ると、レイが病気にかかる
ことでよみがえりの人に対して不信感・不安感を与えて、排斥・粛正
させるような「生者の会」としての作戦行動なのかなと思って見て
いる自分も居る。ただこの場合、マギーの協力も必要不可欠になる
のでそれは無いのかな。レイだけがかかっているという状況が
どうにも腑に落ちない。

もう一つはレイチェルが対象的に回復したこと。
免疫力を高めるようなことをジェニンに吹き込まれたことで突然
治ったのか。妊婦故にお腹の中の赤ちゃんがキーマンとなっている
ことは容易に想像が付くけど、元々妊婦だった訳だし、あのタイミング
で何故回復したのかということが気になるんだよね。

ジェニンがレイチェルに対して優しくなったこと。
トムの行動に対して妙に寛容的になった姿の中には、映画
「ゆりかごを揺らす手」のレベッカ・デモーネイのようになって
子供を奪っていくのか。

マーガレットがウィリアム・カーク(なんだかこの名前を聞くと
「スター・トレック」のウィリアム・シャトナー演じたカーク船長
を思い出す(笑))の件で気が付いたところは良かった。
しかしあの火事のシーンって一番最初の死の場面だったのかな。
繰り返し殺されたということで、何度目の死の場面かによって
見方も変わってくるのだけど、そもそも存在しているあの工場の
黒い噂というのは一体どんなものが有ったんだろうね。
話がついたのにヘンリーがまた邪魔くさい行動を起こしたこと。
自宅を担保に工場再建の為の融資を受けることで、全てを奪おうと
しているのかな。
よみがえりの人が絶望感を味わうと消滅してしまうということを
勘案すると、破産してマーガレットが消滅してしまう流れなんかも
想定出来るな。ただこの流れを止められることの一つは、
カーク自身がよみがえりの人であることを考慮すると、現在街
で起きているよみがえりの人排斥運動に乗じて消す事が出来る
というところだろうか。

「生者の会」のジョーイを説得する為に、ベラミーが黒人の差別
問題を引き合いに出して、よみがえりの人と普通の人とのことで
主張する流れが有るも、そういった差別と決定的に違うのは、
「人間」だと定義出来ない事情が有るのだろうね。

これまでフレッドが反よみがえり派だったことを考えると、
説得して考えを変えられるとする可能性も出来ないことは無さそう。

しかしトムもベラミーの秘密を知ったことで、みんなに勇気を
与える為に告白したらどうかと語る流れが有るけど、なんか凄く
余計なお世話にも感じてしまう。

そしてそんなトムがカールによってひき殺されてしまう流れが
最後にあった。カールが何処までもひたすら墜落していく状況が
有り、なんとも言えないところだね。

■使用された曲

J.マーティン・ベラミー (Omar Epps) 移民関税捜査局員
ルシール・ラングストン (Frances Fisher) ジェイコブの母
フレッド・ラングストン (Matt Craven) 保安官
マギー・ラングストン (Devin Kelley) 医者、フレッドの娘
トム・ヘイル (Mark Hildreth) 牧師
エレイン・リチャーズ (Samaire Armstrong) レイの彼女?
ジェイコブ・ラングストン (Landon Gimenez) フレッドの息子
ヘンリー・ラングストン (Kurtwood Smith) フレッドの兄
レイチェル・ブレイドウッド (Kathleen Munroe) よみがえり
マーガレット・ラングストン (Michelle Fairley) ヘンリーの母

ベス・アン (Cynthia Barrett) 夫の父がよみがえり
カール (Christopher Berry) 副保安官
— (Robert Walker Branchaud) Member
マイケル・カーク (T.J. Linnard) “ウィリアム”ブライアンの祖父
ジョー (Al Mitchell) リカーショップ、叔母がよみがえり
Dr.ブランナー (Joy Morris) 産婦人科
ジョーイ・ノーラン (Cullen Moss) レイの友人、”生きてる者の会”
レイ・リチャーズ (Travis Young) エレインの弟、精神疾患
(David Dickson Reynolds) Earl
ミッチェル・ハースチ (Zach Sale) 銀行・融資
ブライアン・アディソン (Kyle Secor) 不動産開発、ウィリアムの孫
ジェニン・ヘイル (Lori Beth Sikes) トムの妻
— (Mike Taylor) Returned Refugee
— (Barbara Vincent) Amniocentesis Nurse
— (Andrew Robert Scott) Hospital Orderly

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336