リゾーリ&アイルズ ヒロインたちの捜査線 Rizzoli & Isles シーズン2 第3話 殺人水兵 Sailor Man

リンク広告 テスト




第3話 殺人水兵 Sailor Man

脚本/Joel Fields
監督/Michael Zinberg
——————————————————–
ダーティラボアのバーで水兵とキスするブロンドの女性・ブレ
ンダ・マーティン。この日は海軍週間ということも有り、町は
海軍の祭りで制服を着た水兵が町に溢れていた。ブレンダは
外に出て携帯をいじっていると何者かによって殺されるのだった。

車で移動していたジェーンとモーラとアンジェラ。
水兵が町に溢れてまるで車が進まない為にジェーンは激怒する
が、アンジェラは急かさない様告げ、普段彼らは国の為に奉仕
しているのだという。海軍週間は祭りだとして楽しまなきゃと
いう母。3日も続くのかとしてジェーンはウンザリする。
モーラは海軍週間を決めたのはルーズベルト大統領で、海軍
拡張の政策の一環だったと知識を披露する。誘ってくれてあり
がとうねとするが、車が壊れてしまう。アンジェラは家も夫も
失った上に車まで壊れたとし、人生良い何時マトモに動いていた
のにと語る。しかし水兵たちはジェーンやモーラたちが
困っている事を知って車を押してくれる。ギルバティの修理工場
まで押して欲しいと頼むと、”はいマム!”と語る。ジェーンは
なんでマムなのかとするが、モーラはマムは女性士官に対する
呼びかけで敬意の表れだという。サーならば分かるがマムは
ネコ好きの中年っぽい響きだとして母親を見る。

ジョバンニの店まで運んでもらう。
ジョバンニとは家族ぐるみで付き合っている人物で父親から店を
引き継いでいた。モーラはジョバンニを見てあの上半身、長い
中手骨はステキだという。相変わらずキレイだとしてジョバンニ
はアンジェラのことを褒める。車を見て欲しいとすると、モーラ
はウォーターポンプが壊れているみたいだという。車まで検視する
のかと問われる。中を開けるとラジエーターもダメになっている
と語る。父の跡を継いで立派ねというアンジェラ。
そんな中ジェーンとモーラの元に電話が鳴り事件の知らせだと分かる。
タクシーでいかないといけないみたいだとするが、ジョバンニは
自分で直して組み立てた車を貸すとしてアルファロメロの鍵を
渡す。益々モーラは惚れるが、ジェーンはアイツは肉体労働者で
イタリア系でありアンタにああいうタイプは無理だという。
まさに”ザ・退屈男”だという。

現場に到着するとフロストは凄い車に乗ってきたとして称賛する。
被害者のことを尋ねると、白人女性で酷く殴られていること。
恐らくレイプされたのではないかという。被害者はブレンダ・マー
ティン(21歳)、サマービル在住。水兵絡みなのか。金髪が付着
しているという。コーサックはこの時だけは海軍が羨ましいな
とすると、海兵隊週間もあるでしょという。
被害者の服の襟にオレンジが付着していた。顔には国旗を
ペインティングしていること。ダーティラボアの客だったのか。

店主に話を聞く。ファシーネーブルを作っていたので覚えて居ない
という。160cmで金髪、顔にペイントしている人物でそのファシー
ネーブルを飲んで居た子だとすると、確かキスしていた子だと
いう。若くて短髪で、制服を着ていたという。

モーラはモルグで遺体を調べる。
篩骨、類骨、ほお骨が損傷しているという。死因は絞殺でレイプ
検査の結果精液が付着し、性器も損傷しているというモーラ。
コーサックはラボに持っていき、国防総省のデータベースと
DNAを照会するという。
その頃署の店ではスタンリーが働いていた。

フランキーがジェーンの元にやってくると車の修理代は出すので
これからどうするのかと問う。ママにやりがいを見つけるべき
だというジェーン。しかし仕事をしたことがない母には何が
出来るのか。
フランキーは姉に海軍週間キラー担当なんだろうと問うと、
マスコミではそう言われているという。オレる入れて欲しいと
すると昇格試験前に経験を積みたいことを語る。
そんな中署にはジョバンニがやってきてモーラは何処かという。
花を持ってくると、今日もセクシーだという。モーラは車の件で
お礼をいうと、今夜中に見積もりを出すという。モーラに
君とデートしたい事を告げると、イタリア系は好きかと問う。
大好物よ・・勿論食べ物のことだと告げるモーラ。北も南も
イタリアの食事は美味しいという。飯を食いに行かないかと
誘われるとモーラはウチに来た方が手っ取り早いのではないか
という。
——————————————————–

ボストンの町では海軍週間という祭りが3日間開催される。
その間、水兵たちが町に帰港してその祝いの主役として町に
溢れることになる。それを目当てにして人がやってくるので町が
盛り上がるということで、市長らもこのイベントを大切にして
いた。しかしそんな状況の中、一人の20代の金髪女性が殺害され
る事件が発生する。犯人は水兵なのか。3日間の帰港している
間に犯人を見つけなければ、海軍はまた出港してしまうという
ことで急いで犯人捜しをしていくことになる。

最近も海軍と海兵隊のエピソードを見た気がする。
「コールドケース」のS6-5のエピソードだったか。

事件そのものよりもやはりこのドラマ、小ネタが多いし、それが
面白いよね。リゾーリたちの生態についての楽しいやりとりが
至る所に存在している。

ボストン自体がイタリア系が多いのかどうかはよく分からない
けど、リゾーリ家とその繋がりの有る人物との関係とか、幼い頃
から家族のようにして付き合ってきた人も多く、リゾーリ自身が
この町は自分の町なので私が守る的使命感を強く感じるところが
有るんだよな。

相変わらずモーラが骨格とか体格だけで付き合いたいとする願望
から、相手の性格を無視して付き合おうとした結果、困った結果
に陥っていく。
ジェーンはアイツはワイルドでバカなヤツだとしていたけれど、
ジョバンニは確かに身長も大きいし、肉体労働をしているので
そういう男臭さを好きな人には良いのかも。
ジョバンニ役のMatthew Del Negroは、最近までDlifeで見ていた
「Mistresses / 溺れる女たち ~ミストレス~」でカレンの相手
役のジェイコブとして出演していたので、キャラクター像として
は正反対な感じだった。

体目当てでやってくる女性に対する警鐘の意味の強いエピソード
だったのだろうか。モーラはジェーンの知り逢いで助かったけど、
知らない人にはかなり危ない人に見えなくも無い。
大きなピンクのパンダを送った時には流石に引くところも有った
けどね。ヌイグルミってもらっても好みがあるし、邪魔くさくなる
のでなかなか難しい贈り物のように思う。
ジョバンニはメロイック・サインのネックレスをしていたり、
モーラの部屋まで訪れた際には良い感じの雰囲気があったけど、
結局顔をなめ回したいとする性的嗜好を語ったことで、モーラ
は一気に幻滅してしまった様子。

ジェーンはジョバンニにモーラに対する思いを阻害する為に
彼女の仕事が検視官で、解剖しているところを見せて幻滅させる
作戦を取るも残念ながら通用せず。寧ろ「ゾンビ / Dawn of the Dead」
みたいだとしてグロさに興奮していた。

一方、犯人の狙いは20歳前後で白人で小柄の女性。
二人目の被害者は泥の冷たさが脳を冷やして腫れるのを止めた
為に助かったかに思われたけれど、結局は助からなかった。
しかし彼女は「青い光」「イルカ」というヒントを出して亡くなっ
ていく。

被害者のキムはミネアポリスのソフトウェア会社の社員で商談の
為に来ていたこと。取引相手とホテルで7時に夕食、8時以降は
一人で部屋に戻っていて、それ以降ホテルから出た映像は無かった。

ジェーンは青い光は町を象徴するビルの屋上に設置されている
天候を示すウェザービーコンによるもので、イルカはホテルの
ロゴだろうことを見抜いていく。イルカは食べられないわよ
というモーラに対して、ジェーンが「わんぱくフリッパー」が
食べられるところを見つけるのではないとしていたけど、イルカ
は日本では食べられているよね。「HEROES」のクレア役の
Hayden Panettiereがイルカ猟に反対する為に来日して活動して
いた姿が有ったのを思い出す。

犯罪情報センターから似たような事件を調べると、過去インディア
ナポリス、ヒューストンなどでも起きていた。しかし寄港地では
ないことから別件の事件かに思われた。

ドラマでは食べ物ネタも多く、アンジェラが警察署の売店で仕事
を始めることになる。彼女の作るポットパイは最高だとしていた
けれど、今後はアンジェラが仕切っていくのかな。
この署がリゾーリ一族のものとなっていくのではないか。
弟のフランクも昇進試験に合格するために今回もまた同行して
現場を経験したい事を告げる。上手い事犯人が逃走するのをさりげ
なくフォローして逮捕させることになった。
フランクが水兵のコスプレをした砂糖27g入りの海軍仕様エナジー
ドリンクを飲んで居たことから、水兵がサンプルを配ることはない
としてそこから事件捜査は進展した。

フロストの父が始めて登場。
海軍の提督をしているとは驚き。不器用な父親なんだろうし、
今の職を考えると子供に対して優しい態度を見せるのも難しい
立場なんだろうね。孤独を感じているフロストに対してコーサック
が父親のような言葉をかけることに対して、父になろうとはしない
でと語るフロストに対して、「そんな年じゃない」と語るコーサック
の返しが面白かったね。

ジェーン・リゾーリ (Angie Harmon) ボストン刑事
モーラ・アイルズ (Sasha Alexander) 検視官
ヴィンス・コーサック (Bruce McGill) 元ジェーンの相棒刑事
バリー・フロスト (Lee Thompson Young) 現ジェーンの相棒
アンジェラ・リゾーリ (Lorraine Bracco) 母
フランキー・リゾーリ・ジュニア (Jordan Bridges) 弟

アンジェラ・リゾーリ (Lorraine Bracco) 母
Mr.フロスト (Ernie Hudson) 海軍提督、バリーの父
ジョヴァンニ・ギルバーチィ (Matthew Del Negro) ギルバティの修理工場
— (Jack McGee) Bar Owner / Bartender
リチャード・サレルモ (Matthew Florida) 海軍・兵曹
スタンリー (Alan Rachins) 署の売店
デヴォン・ボスコ (Erik Aude) ストリートプロム社
— (Joshua Delagarza) Young Sailor
キム・トレトーン (Brittany Renee Finamore) 被害者、24歳
テレル (Tommy Franklin)
ブレンダ・マーティン (Cristen Irene) Petite Blonde
— (P.J. Marino) Hotel Security
— (Brien Perry) Shore Patrol Officer
— (Lance Aaron) バーテンダー
— (Thomas R. Baker) Police Detective in Suit
— (Mark Roman) Cafe Patron / Civilian
— (Sheila Tejada) Cafe Patron

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336