映画 マイティ・ソー Thor (The God of Thinder)

リンク広告 テスト




映画 マイティ・ソー
Thor (The God of Thinder) / 2011年

監督/Kenneth Branagh
脚本/J. Michael Straczynski、Mark Protosevich

——————————————————–
暗闇の中、ニューメキシコ州にやってくる天文物理学者のジェ
ーン博士と助手で単位が欲しいと必死になっているダーシー。
そしてジェーンのことを見守る物理学者でジェーンの父親とは
同僚だったエリック博士。
ジェーンは待ってくれと告げ、17回もここで観測したがいつも
きっちりとした時間にこの場所に現れるのだという。大気が
乱れる現象は確かに私の研究に関係しているというが・・
ジェーンは確信が無ければ呼ばないと告げる。
そんな中目の前の夜空に光るものが現れる。オーロラなんてもの
じゃないとしてVTRで撮影すると、ダーシーに光のする方向へと
車を走らせるよう告げる。しかし竜巻の中に入った途端、男性
のことを車で轢いてしまう。ダーシーはジェーンが無理に進ませ
ようとしたからだという。この人は一体何処から来たのか。

ノルウェイ・Tonsberg 965 AD。
アスガードの国王・オーディンは少年時代の長男のソーと次男の
ロキに昔話を聴かせる。
かつて人類は真実を知っていた。宇宙にいるのは我々だけじゃない。
神々が住み、また恐ろしい物も住んでいる。氷と暗闇の国から巨人
たちが攻め入ったこと。人間の世界は氷に包まれようとしていたが
人類を救うべくして立ち上がったものがいた。戦いの末、氷の
巨人を追い返したこと。そして巨人の王を倒し、巨人の力の源を
奪い取ったこと。我らは人間世界を後にし故郷・永遠の王国アスガ
ルドに戻ったという。希望のかがり火として夜空に輝き続ける。
人間界での伝説として残るだけだがこの世界に平和をもたらせた
のはアスガード人だという。その平和を守る役目をお前達のいず
れかが担うことになるという。氷の巨人は生きているのか?と
言うロキ。ソーは俺がそんな巨人を退治してやると語る。
しかしオーディンは賢い王は進んで戦などしないとし、それでも戦う
覚悟は必要だという。王座を継ぐのはどちらか一人のみ。

王位継承式。
赤いマントに身を包んで現れたのは、長男のソー。民衆達はソー
を見て歓声を上げると良い気分になっていた。幼なじみのシフ
は調子に乗っているわと告げると、二人の母で王妃のフリッガ
も否定出来なかった。王様の前にやってきたソーに対して、
親友「ウォーリアーズ・スリー」のヴォルスタッグ、ホーガン、
ファンドラルもその様子を近くで見ていた。
オーディン・ソー、我が世継ぎ、第一王子よ。お前に授けたのは
無敵のハンマー”ムジョルニア”。死に行く星の心臓で作られた
力は強力で、王が持つに相応しいものだという。アスガードは
9つの国(アスガード、ミッドガルド、ヨトゥンヘイム、ヴァナヘ
イム、ニダベリア、アルフヘイム、スバルトアールバヘイム、
ニフルヘイム、ムスペッルヘイム)と9つの民を守ってきたこと。
そんなものたちを守ると誓うのか?そして平和を守ると誓うのか?
と問う。王として身勝手な野望は捨てて国の為に尽くせるのかと。
「誓います!」。「今日よりそなたを・・」と語ろうとする。

しかしそんな最中、突然氷の巨人が「箱」のある部屋に入って
くる。入って来たものたちはデストロイヤーの働きによって
殺され武器庫の箱は守られる。ソーはこの件は追求すべきだと
するが、オーディンはヨトゥンヘイムの王・ラウフェイとは
休戦を結んだのだという。向こうが休戦を破ったのだとして、
罰を与えるべきだという。ソーが戦う気満々だとし知るとオー
ディンは戦は滅びの道だと告げ、攻撃よりも防御の綻びを
探して防げばいいのだという。お前はまた王ではない!という
オーディン。まだな・・と。
ソーはちゃぶ台返しをして怒りを露わにする。
今、近づくと危険だぞとしてロキに語る。今日は栄光の日になる
予定だったのだと。兄の意見は正しいとは思う。一度アスガード
に入る道を見つければ次々と入り込み次は軍隊を送るかも知れ
ないこと。でも父には背けないという。ヨトゥンヘイムに行く
というソー。ただ調べに行くだけ。これまでの無茶な戦いを忘れた
のかとして、ファンドラルやホーガンにこれまで名誉ある戦い
に連れて行っただろうとし、ヴォルスタッグに死ぬ程バルハダの
ご馳走を喰わせてやっただろうと語る。シフのことを戦士として
笑ったヤツを見返すのに手を貸しただろうとして、ヨトゥンヘイ
ムに行くぞと語る。馬に乗って虹の橋を通って装置のある場所へ
と向かう。しかしそこには王様からの命を受けて門番をしている
ヘイムダルの姿が有った。敵が私の目をすり抜けて侵入した
ことは一度もないという彼。巨人はどうやって入ったのかと
いうヘイムダムに対して知りたければ俺たちを通せというソー。
転送装置になっていて、ヘイムダムが剣を指すと装置は回り出す。
私は虹の橋の門番リフレストとして国を守らねばならないこと。
貴方たちが国に戻る場合、国に危険が及ぶとしたら扉を開かれ
ないと。

みんな転送され凄い勢いで、ヨトゥンヘイムに到着する。
静かで真っ暗で寒い世界。進んでいくが巨人は何処なのか。
そんな中、巨人達は潜んでいた。わざわざ死にに来たのか?と。
お前達はどうやってアスガードに入り込んだのかとして問うと、
「オーディンの館は裏切り者だらけだ」という。お前の父は
人殺しの汚い盗人。お前は何をしに来たのか?和解か、戦いたい
のか。若造で力を見せつけたがっているなと。ロキはソーに
やめるべきだとするが・・・ワシの怒りに触れるウチに帰れと
いう。決断を迫られるとロキは有りがたい申し出を受け入れると
いうが、ソーは戻ろうとすると尻尾を巻いて逃げろと挑発して
くる。するとついに戦いは始まってしまう。彼らに触れると
凍るぞとヴォルスタッグ。ソーたちは徐々に数で不利になり
引き上げようと語る。ハンマーで地を破壊して敵を大量に倒して
いく。しかし怪物が目の前に現れる。ソーはその氷の怪物を
なんとか倒すと父がやってくる。父に対してソーは一緒ヤツラを
倒そうと語る。するとラウフェイがオーディンの前に現れると
苦しそうだなとして声を掛ける。オーディンは病気を患って
いた。
ラウフェイに対してオーディンは小僧がしたことだ、もう終わり
にしようというが、それはお前の小僧がしたことだという。お前
と私で終わらせようとするが、話合いで済む段階は終わった
として戦争だという。オーディンの説得がムダだとわかると
仕方がないとしてオーディンは子供達を連れて帰る。

ソーは何故戦わないのかとして反発するが、友も守れないもの
がどうやって国を守ろうというのかという。恐れて何もしなけれ
ば国は守れないと語るとヨトゥンヘイムに思い知らせないと
いけないという。父はソーに対して教えを忘れたのかと問うと
耐えるのも必要だという。父のやり方は古いというと、父は
ソーに対して欲深い青二才がとして激怒する。お前に期待する
とは愚かだったとして、王である私の命令に背いたことは、愚かで
傲慢だという。そして戦いの恐怖に突き落としたこと。お前に
国を治めるのには相応しくないとし、その地位も同様だという。
恥を知るのだとし、愛するものを裏切ったのだというオーディン。
そんな父は息子の力を取り上げると、追放するとして、相応しい
ものがハンマーを授かるのだという。

そんな経緯で地球で落とされたソーはジェーンら観測の車に
ぶつかる。みんな男性の容体を心配し病院に連れて行かないと
いけないという。ソーはそこにいたジェーンたちにここは何処の
国なのかと問うと、アルフヘイムなのか?ニブルヘイムなのかと
問うと、ニューメキシコだという。そんな小さな武器でこのソー
と戦おうというのかとして彼女に告げるが、後ろからテーザー銃
を突きつけられて気絶させられるソー。そして病院へと連れて
いく。
医師たちはソーから血液を抜き取ろうとするが大暴れするソー。
お前達にやられる俺ではないとするが、鎮静剤を打たれてあっさり
気絶させられるソー。

そんな中もう一つのクレーターがニューメキシコには出来ていた。
Puente Antiquo / 人口2175人の小さな街。
ジェーンやエリックたちはあれはただの磁気嵐ではないと考えて
いた。アインシュタインローゼンブリッジ・・・つまり時空に
於ける二つの場所を繋ぐワームホールだという。ジェーンは
当日の星の配置が変わっているという。写真をみてくれという
ダーシー。先ほど病院でSNSに掲載する為にソーとツーショット
写真を撮ったダーシーはその写真に異変を見つける。

病院にいく三人の前にソーの姿は無かった。
一番重要な証拠だったとして、それを無くしてしまったのだという。
ニューメキシコを目指すのか?とするが、ソーはまたジェーンの
車に轢かれて見つかる。

その頃、クレーターの出来た場所では、ハンマーが地に刺さって
いた為に、誰がそのハンマーを抜き取れるか人々が集まっていた。
そんな光景はシールドのエージェント・コールソンは目にして
おり、ソーの存在を探していた。

一方ニューメキシコに向かう前にソーを着替えさせる。
イカれたホームレスにしては良い身体をしているという。ジェーン
は気絶させたことを謝罪。ドナルド・ブレイクと書かれたシャツ
を着せると、これは何のことかと問われてジェーンは元彼だと
いう。人付き合いの下手な医者だったという。ソーは人間の身体
は消耗が早いとして栄養補給がしたいと語る。
——————————————————–

アスガードではオーディンは二人の兄弟のどちらかにこの国の
王位継承権を与えようとしていた。長男のソーと次男のロキ。
ソーは強欲で無鉄砲で、向こう見ずの所があり、ロキは周りを
気遣うふりをとつつ自分のことを考えては平気でウソを付く。
そんな中、いよいよ王位継承はソーに渡ることになり、その式典
の際に、それをぶちこわすようにして、ヨトゥンヘイムの氷
の巨人達が、アスガードの宝物庫に侵入するという事件が発生
する。過去の戦争の経験から、オーディンとヨトゥンヘイムの王・
ラウフェイとは互いに協定を結び不可侵条約を結んでいたが、
ソーは侵入されたことに激怒し、相手の国へと向かう。
そして挑発されて戦いへと発展してしまう。互いに条約を破った
相手を非難する中、二つの国への往来を制御するビフレスト(虹の橋)
の番人のヘイムダルは決して誰も侵入させていないという。
ラウフェイは戦争は避けられないこととなったとしながらも、
アスガードの館には裏切り者がいることを語る。
ロキが手引きして侵入させた格好だったが、王様はソーが王の
命令を破り、民衆や国を危険にしたことに対して、アスガード
からの追放を命じる。ソーが飛ばされてやってきたのはミッドガル
ド(地球)だった。
ジェーンたちと出会う中、地球ではシールドが事態の対処のため
に行動を起こし、ソーのことやムジョルニア(ハンマー)を調査し、
ジェーンがこれまで心血を注いできた調査を全て回収していって
しまうのだった。

最近海外ドラマ版の「エージェント・オブ・シールド」の中でも
「マイティ・ソー」ネタが多くなってきたので取りあえず感想を
アップして置いた方が後々引用とかしやすいかなと思って取り上げて
見た。映画「マイティ・ソー/ダーク・ワールド」も時間を見て
取り上げて行きたいです。

ドラマとか映画を見て気になっていることは多数有るのだけど、
マーベルの歴史自体あんまり知らないのでわからないことが沢山
ある。
一番気になるのは、時系列的なものが多いけれど、今回のエピソード
で取りあえずアスガードのソーとシールドのエージェント・コールソン
の間で顔合わせはしているけれど、更に前からアスガードの存在
を知ってシールドという組織は活動していたのかどうか。
この映画の中でも「アイアンマン」自体は出てこなかったけど、
地球に送られて来たデストロイヤーを見て、「スタークのマシーン?」
と問う姿が有った。
我が儘という意味ではソーとスタークは似ているところが有ったけど、
この映画では、人間の女性とソーが出会うことで、ソーが成長する
物語として描かれている。ソーは再会することを約束していたけれ
ど、残念ながらソーのハンマーを使い、虹の橋を壊したことで
叶わぬこととなった。しかし当然ながらアベンジャーズでも再会
している訳で、扉の番人のヘイムダルが語る様にその方法論が
見つかったということになる。

ベースは北欧神話となっている為に、色々と神話に出てくる
エピソードも多く取り入れられていた。科学と魔法の因果関係に
ついて、星空の下でジェーンとソーが語るシーンが有るけど、
なかなか良い感じの雰囲気だった。解明出来ていない謎の現象
は魔法とされることが多いけれど、科学によってそれらを一つ一つ
解明していくことで魔法は現実のものとなっていく。
いつか神話として伝えられたことが証明された時には、歴史上
変人扱いされてきた天文学者・物理学者と同様に、評価されていく
というところが有るのだろうけど、実力でジェーンがアスガード
の存在にたどり着くとまた面白いのだけどね。

ソーが地上のハンマーを取り上げるシーンに於いてはもう少し
気の聞いた脚本や展開が有ったのではないかという気がするんだけ
ど、結局父親の裁量一つでソーに継承権があるかどうかの判断を
任された上で、手渡されたような感じがするのは残念だった。

ソーとロキが戦うシーンが有ったり、それ以前にはロキの出生の秘密
がまるでドラマ版のスカイとリンクしているのではないかと思わせる
ようにして、氷の巨人の息子だったとする事実を以て、色々と
複雑な人間関係が浮かび上がってくるところなど、興味深い作り。
この辺は「スターウォーズ」なんかの影響を受けて居たりもする
のかな。

戦闘シーンは相変わらず、マーベルものっぽく、”ズシャードカー”
って感じででなんだかよく分からないものが有ったけど、
ハンマー最強って感じで、これを持っていれば取りあえず無敵だな。
ちょっと悲しいのは、”ウォーリアーズ・スリー”かな。
友達役としては良いポジションなんだけど、やはり弱い(笑)
シフも彼らと連携してデストロイヤーを倒すシーンなど格好良かった
けど、結局の所倒せなかったし、もう少し強ければ良いんだけど・・。
お母さんのフリッガも必死に抵抗している姿が有った。

ジェーン役のNatalie Portmanはやっぱりキレイだった。
子役時代から可愛いのにいつまで経っても可愛いという奇跡の人か。

ダーシー役のKat Denningsは、キャリアが始まったのは「SATC」
だったのか。キャリーの本に感化されて声をかけてくる役だけど、
13歳なのに2人の取り巻きの中心役みたいで結構ドキツイ感じ印象を
残す役だったよな。

ホーガン役の浅野さんは地上に降り立つ際には、ジャッキー・チェン
扱い。アメリカ人はアジア人格闘家を見るとジャッキー扱いする
ことが多いね。

ラストはクレジット後に、長官が四次元キューブをセルヴィグに
見せて、その力の研究・開発に手を貸すよう示唆していた。

・I Can Help by Billy Swan
・Walk by Foo Fighters

ソー (Chris Hemsworth) オーディンの息子、アスガード人
ジェーン・フォスター (Natalie Portman) 天文物理学者/ニューメキシコ
ロキ (Tom Hiddleston) ソーの弟、アスガード人
オーディン (Anthony Hopkins) アスガードの王様
エリック・セルヴィグ (Stellan Skarsgard) 天文物理学者の博士
ダーシー・ルイス (Kat Dennings) ジェーンの助手、大学生
フィル・コールソン (Clark Gregg) シールド、エージェント
ラウフェイ (Colm Feore) ヨトゥンヘイムの王・フロスト・ジャイアント
ヘイムダル (Idris Elba) ビフレストの番人
ヴォルスタッグ (Ray Stevenson) “ウォーリアーズ・スリー”
ホーガン (Tadanobu Asano) “ウォーリアーズ・スリー”
ファンドラル (Josh Dallas) “ウォーリアーズ・スリー”
シフ (Jaimie Alexander) ソーの幼馴染
フリッガ (Rene Russo) ソーの母
イサベル・アルヴァレス (Adriana Barraza) ニューメキシコの店員
シットウェル (Maximiliano Hernandez) エージェント / ハゲ
— (Richard Cetrone) Frost Giant Captain
— (Darren Kendrick) Frost Giant Sentry
— (Josh Coxx) Frost Giant Hailstrum
— (Justice Smith) Frost Giant Brute
— (Joseph Gatt) Frost Giant Grundroth
— (Luke Massy) Frost Giant Raze
— (Matt Ducey) Einherjar Guard
— (Jason Camp) Einherjar Guard
— (Jasyn Jefferies) Einherjar Guard
— (James Kimball) Einherjar Guard
デランシー (Buddy Sosthand) エージェント、見回りに行ってソーに倒される
— (Blake Silver) Techie
ジャクソン (Jamie McShane) エージェント、見回りに行ってソーに倒される
ガーレット (Dale Godboldo) エージェント
ケール (Patrick O’Brien Demsey) エージェント
ニック・フューリー (Samuel L. Jackson) シールド、長官
— (Jim Palmer) SHIELD Guard
—- (Seth Coltan) Townie
— (J. Michael Straczynski) Townie
— (Ryan Schaefer) Townie
— (Eric Holloway) Townie
— (Anthony J Sacco) Townie
ピート (Matt Battaglia)
スタン (Stan Lee) トラックでハンマーを引っ張る(笑)
— (Joel McCrary) Drunk Townie
— (Isaac Kappy) ペット店 / 馬を買おうとする
— (Juliet Lopez) Admission Nurse
— (Rob Mars) Orderly
— (Carrie Lazar) Viking Mother
— (Harley Graham) Viking Child
— (Alexander Wright) Viking Elder
— (Hilary Pingle) Viking
— (Shawn-Caulin Young) Viking
— (Kinsey McLean) Viking
— (Kelly Hawthorne) Viking
若い頃のソー (Dakota Goyo)
若い頃のロキ (Ted Allpress)
— (Douglas Tait) Frost Giant
— (Troy Brenna) Frost Giant
— (Travis Willingham) Frost Giants
— (Pat Duke) Frost Giant Sentry (voice)
— (Chris Antonini) Man in Bar
— (John Bailey) Shield Guard
— (David Bantly) SHIELD Scientist
— (Vanessa Bednar) Viking Villager
— (Michelle Csitos) Viking Village Wife
— (Todd Bethke) Postman
— (Adam Critchlow) Einherjar Guard
— (Elizabeth Dean) Asgardian Demigoddess
— (Kimberly Evan) Lady in Waiting to the Queen
— (Raven Lewis) Soldier
— (Jonaral Martin) Asgardian
マクガイア (Keith Middlebrook) エージェント
— (Nabil Nona) Roman God
— (Martin Palmer) Towns Person
— (Terry Dale Parks) 看護師
— (Tanissa Potrovitza) Extra in Diner
— (Taylor Reed) Guard of Asland
クリント・バートン (Jeremy Renner) ホークアイ
— (Michael E. Stogner) Driver / Pedestrian
— (Clay von Carlowitz) Asgardian Guard

ドナルド・ブレイク博士
トニー・スターク () アイアンマン

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336