HELIX ‐黒い遺伝子‐シーズン2 第4話 伝承 Densho

リンク広告 テスト




第4話 伝承 Densho

脚本/Tiffany Greshler
監督/Jeremiah S. Chechik
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
ハタケはジュリアが自分の元に来た事を知る。ハタケはジュリ
アに薬を飲ませて自由を奪うとジェイとダニエルに逢わせる
として食卓に連れて行く。するとそこには防腐処理して蝋人形
化されているジェイとダニエルの遺体がイスに座っていた。
サラは妊娠して15ヶ月になることをアランに話していた。
ソーレンと母・オリヴィアは教会で争うがアランが止める。
カイルはソーレンの症状が消えつつあるとするが、ランドリー
によって外に出される。次は誰かなとしてリジーなどを操る。
マイケルに対してピーターたちは外に変な生き物がいるとして
襲われた事を告げ、そんな話を聞いていなかったとクレームを
つけるがマイケルはそんな変な生き物はいないと語る。サラは
ピーターにアランが島にいるので助けを求めるべきだとするが、
兄は北極後、ジュリアのことしか考えておらず、人を殺したの
だと語る。カイルはあのアランがこの島にいるのかとして
驚く。アランは倉庫のナゾを追っていると突然後ろから殴られる。

【ストーリー】
“熊蜂の飛行”。リンゴの収穫をするトラヴィスたち。
彼は突然一匹の蜂に刺されるとその夜から咳き込むようになる。
ミシャがトラヴィスを呼びにくる中、ミシャは彼の子を妊娠して
いるが、このお腹の子はみんなのものだと語る。”私はあなたな道
を運ぶ船”だという彼女。しかしトラヴィスは君を渡さないと
し、アイツになんか渡すかとして襲いかかる。

— 4日目 —
屋上で衛星電話を使ってピーターは本部と連絡を取る。
メールで返信が入り、ピーターに指令の変更はないと書かれていた。
しかしピーターはアランが何か企んでいるので中止すべきではない
かとメールすると相手からはアランの計画を探り報告せよとの
返信が戻ってくる。

— 10954日目(30年後) —
ハタケはジュリアに対してよく眠れたかと問う。相変わらず
車椅子に縛られそして薬を注入されて自由に動け無くされていた
ジュリア。ダニエルとジェイに何をしたのかと問うと、ハタケは
家族の生活に戻るのは大変なんだと語る。ダニエルは熊みたいに
家中を歩くのだという。ジュリアは2人はここには居ないことを
ハタケに訴えると、散歩に行っているだけだという。今日は一日
親子の時間を楽しもうと語る。

ピーターはアランが果樹園の先で倒れて居るのを見て声を掛ける。
後頭部を殴られて負傷していること。アランに対してピーターは
お前がここで倒れて居るのを見つけたと語り、誰を怒らせたのか
と問う。手当の必要があるというピーター。

カイルの元にマイケルがやってくる。
昨日子供達が襲ったことを聴いて”私の子”たちに変わって謝罪した
いというのである。”私の子”?と聞き直すと、子供はみんなの
ものだと言い直す。悲劇で恐いこと。病気は人を変わった様に
凶暴にさせるというマイケルに対してこれは病気ではないことを
語る。子供に発疹や黄疸はなかったとし、あの病気とは違うことを
語る。それに彼らは殴ったことを何も覚えて居ないのだという。
マイケルは少年が母を襲うのを見たではないかとするが、それは病気
以外のことだという。病原体以外のもので、あんたが洗脳したので
はないかという。正体はお見通しだとするが笑われてしまう。

サラがやってくると献体の用意が出来たと報告。サラに対してマイケル
は前から知っている気がするとして何処かで逢ったかと問うが、
逢っていたら覚えて居るというサラ。
カイルに治療薬はないので、封じ込めに失敗すればアウトだと語る
サラ。病原体は島中にあり、住民は非協力的だという。病気の
正体は?と問うと真菌毒素かも知れないとし、吸い込んだものではなく
食い物から取り込んだのではないかというカイル。でも食品は陰性
だというサラ。全食品を検査すれば何週間もかかるのだという。
ソーレンだけは回復したので彼の免疫が鍵になるが何処に行った
のか。居なくなったのに誰も真剣に探そうとしないことに違和感を
唱える。

そんな中トラヴィスの遺体が発見される。
サラは検視しようと語る。サラはオリヴィアに対して聞きたい事が
あるとし、ソーレンを見つけたいと語る。24時間以内に逢っていない
かとし、心当たりは無いかと問うが、あの子は「自分の道」を進む
のだという。しかしまだ10歳だとすると、「道の探求は肉体の年齢
とは関係無い」とマイケルの教えにも有るという。サラはマイケルで
はなく母親としての意見はないのかと問うが、ソーレンは時が来れば
戻るとし、「私は存在するだけ」だと主張する。
——————————————————–

島では新たにトラヴィスという患者が出て凶暴性を発揮した
後に亡くなる。サラはソーレンは唯一一度は病気になり、
治った患者だとして彼の免疫が重要な意味を持つとして、なんと
か消息を探したいと考えていたが、母親はまるで探そうとも
せず他の人たちも同様だった。教祖のマイケルは、それぞれの
「道」というものを説いている反面、「存在するだけ」という
無機質な反応を示すものたちに違和感を覚える。
母・オリヴィアから色々と聞き出そうとする中、アランに対して
捜査の協力を求める。その頃マイケルは、慎重に収拾して欲しい
として三人の信頼するシスター、エイミーとグレース、アグネス
に対処を求めて行く。

なんだかよく分からない流れが続いているけど、この島を代々
守ってきたものが、この件に絡んでいる流れと、イラリア社の
企みの流れが別なものとして存在しているところが有りそうだね。

不老不死のものたちを消滅させようとしている流れというのは
本当に有るのか。

そして何かを守っているみたいだけど、マザーと呼ばれる女王蜂
のような人があの蜜があふれ出す壁のようにして、何処かで守ら
れて生きているのか気になる。

アランに見てもらうと、患者の血清データを見る限りアルカロイド
の数値が高く、それにはリセルグ酸誘導体とアグロクラビンも
含まれるとして、真菌中毒症だろうことを語る。これはずっと
カールも主張してきた流れなので別段新しい主張でもなかった
けど、真菌対象者は物の分解が早すぎて検出出来ていないことを告げ
ていた。そしてヘモグロビンAlcの値が高いということで、加工
した砂糖を食べている可能性が高く、この島ではそれが禁止されて
いるのに対して、それを摂取させている人物がいるのではないか
ということが浮上する。この前ランドリーがあめ玉を与えている
姿が有った気がするけどね。

ピーターとアランの思惑の違いなんかも面白い形で存在している
けど、ピーターがイラリア社に精通しているとは思わなかった。
そしてピーターが度々連絡を取っているのがそんなイラリア社に
所属しているバリエセロスだったということで、お久しブリーフ
って感じでしたが、一緒に逃げたエスキモーの人たちは結局どう
なってしまったんですかね。


30年後のジュリアとハタケの流れもまた何だかよく分からなかった。
ハタケは完全に頭がおかしくなっているようだけど、最後は正気に
戻ったのかな。不老不死の人でも注射器で打たれたり、日本刀で
切られると死んでしまうのか。
ハタケがジュリアが逃げないようにして地下室に監禁する光景とか
見ると映画「コレクター」っぽくて気持ち悪かったけど、
ハタケが守ってきた家族が全て失われたことで、ジュリアだけは
逃したくないと思ったのか。

ジュリアとハタケが日本刀と斧を使って戦うシーンとか、戦う
必要は有るのかって気もしたけど、こういう殺陣のシーンって
アメリカのドラマは上手く作るね。

最後はジュリアが倒れた流れとリンクしてサラがオリヴィアに刺さ
れて倒れるシーンが描かれた。お腹の中の赤ちゃんは亡くなっても
不老不死のサラは生き返らないのかな。

どうもこのドラマの直前に見た「Major Crimes」S2-1でも妊婦の
女性同士が争って刺すというシーンが有ったばかりなので、なんだ
か恐かったな。

私の遺産だとして渡された日本刀に刻まれていたのは2015年8月15日。
現実の世界からすると来週の放送日がまさにその日にちに該当する
ね。
「お前を私と同じにするんじゃなかった。許してくれ。」
どういう意味が有るんでしょうか。
死なないことは苦しみを引きずることなんでしょうか。

・It’s a Sunshine Day by The Brady Bunch

Dr.アラン・ファラガット (Billy Campbell) “ジェローム”
Dr.サラ・ジョーダン (Jordan Hayes) CDC研究員
Dr.カイル・ソマー (Matt Long) CDC
Dr.ジュリア・ウォーカー (Kyra Zagorsky) イラリア社
Dr.ピーター・ファラガット (Neil Napier) CDC研究主幹、イラリア社
セルジオ・バリエセロス (Mark Ghanime) イラリア社

シスター・アン (Severn Thompson) セントジャーマイン島
シスター・エイミー (Alison Louder) 3人の一人
シスター・グレース (Erica Anderson) 3人の一人
シスター・オリビア (Sarah Booth) ソーレンの母
シスター・アグネス (Clare Coulter) 3人の一人
Dr.ヒロシ・ハタケ (Hiroyuki Sanada) 湖畔で暮らす
ジェイ (Amber Goldfarb) ハタケの妻
ダニエル・アエロフ (Meegwun Fairbrother) ハタケの息子
ランドリー (Sean Tucker) エイミーの使いッパ

ミシャ (Jennifer Miller) トラヴィスの妻
トラヴィス (Daniel Harroch) 病気になる
カーソン (Brent Skagford) 信者

アイザック
ソーレン
ジェローム

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336