コールドケース 迷宮事件簿 Cold Case シーズン6 第13話 ニュースキャスター Breaking News

リンク広告 テスト




第13話 ニュースキャスター Breaking News

脚本/Erica Shelton 監督/Holly Dale
——————————————————–
1988年9月2日、全米4位のテレビ局・WCNU7のブレーキングニュ
ース。ADは本番60秒前をコールする中、メインキャスターの
モートは既に席について放映を待つ中、お姫様は?と問う。
ネイサンはジェーンは何処だと叫ぶと、化粧をしてきた彼女が
やってくる。視聴率の為でしょというと、スタジオ入りする
ジェーン。ネイサンは胃薬を飲んでいた。ジェーンはS&L危機
とドラマを担当するのだと言われ、カメラマンのクレイは
ジェーンを映すために調整する。ジェーンはネイサンに上司と
話をしてくれたかと問うと、バーバラ・ウォルターズ並みに
セレブを泣かせて見せるとして特集をさせて欲しいという。
ネイサンは三大ネットと契約しても忘れないでくれるかと問うと、
恩師のことを忘れる筈は無いと語る。
いよいよ放送が開始される。モートは西フィラデルフィアの
集合住宅火災のことを語る中、ジェーンが喋る前になるが、
突然カンペが消えてしまう。ジェーンは一瞬たじろぐが、ロバ
ートバスグループによる20億ドルの貯蓄貸し付け組合買収につ
いて放送する前に、お待ちかねのニュースだとして脚本家組合
による数ヶ月のストが終止符を打ちドラマが戻ってくると語り
全てはCMの後でと語る。アドリブの聞いたジェーンに何とか
その場を乗り切る。
しかしジェーンは1988年11月、公園で殺害されるのだった。

2009年。
カジュアルデーでもないのにフライヤーズのキャップを被って
いるのかとしてスコッティはヴェラに語る。今夜は試合だろうと
してジェフリーズはお前も仕事後にジョーンズに行くか?という。
スコッティはアイスホッケーは良いとするとなぐりあいを見たい
ならばボクシングを見るという。
そんな中チャンネル7のジェーン・エヴァレット女性キャスター
殺人事件のことをリリーは語り出す。ヴェラは美人だったとして
80年代にフェアマウント公園で殺された事件だろうという。
リリーは今日チャンネル7のスタッフがそれに関連した何かを
持ってくると語る。

署にはトーリ・ロバーツというスタッフがやってくると、スコッ
ティが話を聞いてくるという。ヴェラは名前と電話、そして夫が
居ないかどうか情報収拾はしっかりしろと皮肉る。
トーリが持ってきたのは昔のベータテープだった。
自分は古い素材をDVDに変換する仕事を担当している事を告げると、
スコッティはリポーターかとおもったという。君がテレビに出たら
良いのにというと、いつかはそうするという。
WCNU7のジェーンが写った映像で88年11月2日午後11時46分の
フィルムだった。再生してみると、カメラはジェーンにむけられて
いたが途中で電話が鳴り、「それは脅しているの?あなたは正しい
ことをしたのだとし今夜結論を出そう」という会話だった。
ジェーンの殺害は突発的犯行だと言われているが居たいが見つかった
のはこの電話の6時間後だという。ジェーンはこの電話の相手に
逢ったのだろうという。

ヴェラとスティルマンとリリーは過去の資料を見ると、公園で
居たいを発見したのは地元のランニングチームで、取材も捜査も
手抜きした痕はないという。毎晩テレビで見ていたという。
ヴェラはレオタードは合っていたとし、エアロビ特集のことだと
いう。
彼女の出身はマナヤンク。荒れてる町だという。父は82年に死亡。
母は専業主夫でマージー・エヴァレット。スコッティとミラーが
現在逢いに行っているとのことだった。当時ジェーンはまだ27歳で
凶器は本人が身につけていたスカーフだという。彼女に彼氏が
居たのかは不明で変質者の犯行だとされていた。しかし誰もDNA
もなく怪我や着衣の乱れはなかったのだという。
彼女は毎朝5時に現場の公園をジョギングしているとし、死亡時の
服はビデオと同じでタートルネックとウィンドブレーカーだという
リリー。死亡推定時刻は午前2時から6時だというスティルマン。
公園に電話の相手がいたのか。犯人が知り逢いならば通話記録から
たどれるかも知れないと語る。

スコッティとミラーはマージーに逢いに行く。
娘は天性の魅力が合ったとし、私生活はなかったという。何年も
西のテレビ局でやっていてこっちに戻っても滅多に逢えなかった
という。恋人など居たかと問うが聞いていないという。疎遠だった
のかというミラーに対して、私は大学3年生で妊娠中退したとし、
その後はテレビニュースを見て世の中の勉強をしたという。ジェーン
もニュースを見るのが好きだったとのことだった。

— 1988年 —
ジェーンは自分がリポートしたテレビを母と一緒に見る。
ハロウィンの衣装を着ていること。ショー・プラスティック主催
のチャリティイベントのリポートだった。母は企業の宣伝にしか
見えないことを語るとスポンサーとテレビ局は持ちつ持たれつで
あり仕方がないのだという。大統領選挙はモートが担当すると
いうと、母はどうしてどうでも良いものばかりをリポートするのか
と問う。チリの大統領選挙とか、ソ連のアフガン撤退とか
遠い国の武装勢力の話なんて誰も見たがらないのだとし、上が要求
するのは視聴率で命令通り、髪の毛と服装を変えただけで4ポイント
上がったのだという。「今はそういう時代」だとすると、知る価値
のあることを伝えるのがニュースではないのか?と母は正論を語る。
ジェーンはもう行くと語ると、母は批判する気は無いというが・・。

— 2009年 —
その会話が最後だったという。ネイサン・クラヴェットはあの子
の上司で恩師。娘がシラキュース大学で知り逢ったという。
今は猫の衣装を着ていても良いので娘の姿が見たいという母親だった。
——————————————————–

1988年WCNU7のテレビキャスターのジェーン・エヴァレットが
フェアマウント公園で殺害された事件。現在ベータテープから
DVDに変換作業中のテレビ局の職員・トーリ・ロバーツが
ジェーンの取材テープが中から発見されたということを知り、
フィラデルフィア署のリリーたちの元にやってくる。
テープは1988年11月2日、午後23:46のもので、その中でジェーン
に何者かから電話がかかって来ていたものだった。ジェーンは
その電話の相手を落ち着かせて20分で現場にいくことを語って
いたが、その6時間後に彼女は殺されていた。
当時彼女の仕事を調べていくと、テレビ局のスポンサー企業で
あるショー・プラスチック社主催のチャリティイベントの様子を
取材したものだが、カメラマンの男性に話を聞くと、その現場で
男性が言い争いをしているのを撮影したとのことだった。
その男性の行方を調べていくことになる。

ドラマとしては、殺人事件の顛末の興味もさながら、時代性を
反映して当時起きていた問題点の数々を一挙に盛り込んでいるという
感じのエピソードだった。
女性の社会進出に於けるテレビ業界の当時の裏側について描かれて
おり、マスコミに於ける報道形態の変化は、報道のあり方について考え
させられるものが有るし、エンターテイメント性を求める国民たち
の視線を反映して、テレビ局に求められる視聴率至上主義的な
苦悩というものを感じさせるところ。時代のせいといえばその通りなんだ
ろうけど、なかなかこの辺の立場的な問題は難しいものがあるな。

マスコミと企業の癒着の問題なども同時に避けられないものとして
浮かび上がってくるけど、そんな時代を働くキャスターの女性に
求められる、露出性やファッション性などを考えると、今でも
共通して存在している問題でも有るよね。

1988年に発生した脚本家組合のストの問題、そして何よりも事件
の引き金となるアスベストの問題。チリの大統領選挙や旧ソ連の
アフガン撤退問題など人々が感心を持たないものにも焦点を
当てるべきものが有り、そんな使命感を吹き込んだ恩師が結果的
に犯行を行っていたというところがなんとも切ないところ。

誰もが職を追われることに恐れをなしていて、当時先輩風を吹かせて
いたメインキャスターであるモートさえも、視聴率の取れる女性
キャスター、ジェーンの存在感に怯えていたところが有るのだろう
けど、実際には容姿のことばかりが取り上げられているけれど、
彼女は一時時代の波によってスピリットを忘れていただけで、
アドリブ的実力は存在していた。実力が実力として評価されない
時代ほど、悲しいものはないけど、そんな裏事情を知らない母親が
ジェーンの苦悩など理解出来ず、悪気はないけど理解出来ない報道
姿勢に口を挟むところが何とも言えないところだった。

市民から求められるキャスター像やテレビ局から求められるキャス
ター像、母親から求められるキャスター像など様々な人物像を
求められる中、最終的には自分の本当のしたかったことに手を
出した瞬間に殺害されてしまうということで辛い結末を迎えてしま
ったけれど、社会人になると多かれ少なかれ、そんな自分の理想
を抑えないと立ちゆけない部分があるんだろうね。

母親は大学を中退して子供の為に生きて来ただけに自分の夢を
托して居るところが有るのだろうし、キャスターがジェーンの死
を利用して名前をあげていったりするところを見ると、人が人を
食い物にして生きている感じがしてなんとも言えない後味の悪さ
が有る。

署員たちの個人的エピソードとしては、スコッティがフランキー
との関係に見切りをつけたのかと思わせて、実際には続いている
こと。手錠を忘れてきたってどんなプレイしたんでしょうか。
トーリを使ってフランキーを妬かせようとしたのか。
トーリの元にいくスコッティはバーで置き去りにしたことに
言い訳していたけど、刑事の割りには嘘が下手くそとばかりに、
“フィッシュタウンでがさ入れに呼びだされたんだよ”、
“それってタイトスカートの女?”と思わず突っ込まれていた。

リリーとジェフリーズがエヴァン・ブリッグスの元に話を聞きに
いった際に犬に襲われそうになるけど、昨日見た「CSI:科学捜査班」
シーズン13の5話「相棒」の犬のことを思い出す。エヴァンは
結果的に被害者だったので、ジェフリーズたちが捜査妨害と称して
捕まえなくて良かったなと思う。でも威嚇で銃を発砲していたので
結構大変なことをしたとは思うんだけどね。

■使用された曲

・Simply Irresistible by Robert Palmer
・One Thing Leads To Another by The Fixx
・Don’t Come Around Here No More by Tom Petty
・Shout by Tears for Fears
・Red Skies at Night by The Fixx

■検索用キーワード

リリー・ラッシュ (Kathryn Morris) 殺人課の刑事
スコッティ・ヴァレンズ (Danny Pino) 殺人課
ジョン・スティルマン (John Finn) リリーの上司
ニック・ヴェラ (Jeremy Ratchford) リリーの同僚刑事
ウィル・ジェフリーズ (Thom Barry) リリーの同僚刑事
キャット・ミラー (Tracie Thoms) 麻薬課刑事 s3#8から

フランキー・ラファーティ (Tania Raymonde) 物理鑑識課、スコッティと

2009年
ネイサン・クラヴェット (John Cirigliano) テレビ局上司
デビッド・ワイアット (Steven Flynn) メイジャーズ社・広報
トーリ・ロバーツ (Courtney Ford) テレビ局・ビデオ変換作業
エヴァン・ブリッグス (Jack Kehler) 元ジョープラスチック社
マージー・エヴァレット (Myra Turley) ジェーンの母
モート・アッカーソン (Tom Hallick) メインキャスター
クレイ・マーフィー (Kim Estes) テレビクルー
アンドリュー・パワーズ (Steve Stapenhorst) メイジャーズ社会長
— (Mark Casimir Dyniewicz) Still Photographer

1988年
ジェーン・エヴァレット (Dorian Brown) テレビキャスター、27歳
モート・アッカーソン (David Starzyk) メインキャスター
エヴァン・ブリッグス (Bradford Tatum) ジョープラスチック社解雇
デビッド・ワイアット (Adam O’Byrne) ジョープラスチック社・暴露
ネイサン・クラヴェット (David Eigenberg) ジェーンの恩師、上司
クレイ・マーフィー (Jarrod Crawford) テレビクルー
— (Stefan Marks) Floor Manager
マージー・エヴァレット (Rebecca Tilney) ジェーンの母
— (Chris Humphrey) News Director

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336