LAW & ORDER : 性犯罪特捜班 (SVU) シーズン6 第4話 メッセージの鍵 Scavenger

リンク広告 テスト




第4話 メッセージの鍵 Scavenger

脚本/Dawn DeNoon、Lisa Marie Petersen
監督/Daniel Sackheim
——————————————————–
公園をランニングする男女。男性は息絶え絶えにしながら女性
に付いていく中、途中でベビーカーに乗せられた赤ちゃんが居
ることに気が付く。男性は置き手紙があるとして女性に語る。
捨て子なのかと問うと、違うとし拉致だと語る。

すぐにSVUにエリオットとオリビアが現場へとやってくる。
鑑識のライアンから現状を聞かされる。被害者の女性は身元
不明。引きずられた後があるという。犯人は車で待ち伏せて
無理に引き込んだのだろうというオリビア。足跡はどうかと
尋ねるとライアンは小さいので女性被害者のものだろうと語る。
足跡を辿っていくとオリビアはレイプには最適の場所だという。
エリオットは何故拉致をしたのかと疑う。現場には下着がズタ
ズタに切られたものが有り、ライアンは小型で鋭いカッター
で切られたであろうこと。子供を殺すと脅されたら抵抗など
出来ないだろうというエリオット。
『』
メリンダは赤ちゃんは空腹なだけで外傷はないという。
テープで手紙が貼られていたこと。計画的犯行なのか。手紙は
事前に印刷されていたもので、署名を見るとR.D.ギルモアと
書かれていた。詩の作者の名前なのか。手紙には
『明日までに怪物を見つけてね、さもなきゃ死ぬよ、僕のママ』
と書かれていた。

犯人はマザコンなのかというクレイゲン。
まずは被害者の特定をしなければならないと語るオリビア。タイ
ムリミットは明日までだとすると、午前24時ならば残り13時間
だという。エリオットは指紋を調べたが該当者はないという。
フィンチは失踪人の届けは出ていないという。夫が帰宅するのを
待つしか無いのかというエリオット。手がかりはベビーカーだけ
だった。オリビアは販売ルートを当たるという。子供の写真を
公開しようというクレイゲン。その際詳しい情報は伏せるのだと
すると、情報と言っても手紙くらいしかないというフィン。
手紙の名前については何か分かるものがないかと問うと、
スタテンアイランドに同名の男がいると語るフィン。

9月28日(火)・キルモア時計店。
エリオットとオリビアは話を聞きに行く。4代目として働いていると
いうキルモアに女性を捜しているとして写真を見せる。
脅迫状にあなたの名前が書かれていたとすると、キルモアは
そんなことするはずないという。レイプ犯が残した手紙だとすると
冗談じゃないという。そんな最中にキルモアに電話が鳴り、
今電話で警察が来ているかと聞かれたという。オリビアはFAXが
届いている事を告げる。また詩が書かれているとし
『ようく着いたねマヌケな警察。答えは隠れている、言葉の中に』
と書かれていた。送信元はジフィの店だとすると、キルモアは
すぐ近くの店だと語る。

ジフィの店でこれを誰が送ったかと尋ねると、痩せた黒人の男だ
という店員の男性。金を置き送信を任せて帰ったという。
ホームレスっぽい汚いコートを着ていたとのこと。店内の客に
該当者を見ていないか尋ねると女性は店を出て裏路地の方に行った
という。裏路地には何者かがいる形跡が有り銃を突きつけると、
女性は何処なのかと黒人の男性に尋ねる。あんたらが警察かと
問うと、待っていたという。男にナイフを突きつけられて原稿と
金を渡されたという。どうして俺たちを待っていたのかとすると
メッセージを渡す為だという。ヒントを教えてくれとすると何処に
有るのか尋ねる。すると頭の中に記憶しているとのこと。しかし
彼はヘロイン中毒なのか甘いものを欲しがる。エリオットはゴミ
の中からチョコの食べかすを見つけると彼に食べさせて何とか
意識不明になるのを阻止する。ホームレスの男が語ったのは、

『HOG(ブタ)、PAT(叩く)、MEND(縫う)、TOP(上)、YARN(毛糸)』
と語る。まるで意味古いだというクレイゲン。縫うと毛糸は
縫製に関係しているというマンチ。しかし毛糸は編むのでは
ないかというクレイゲン。何か抜けているのかも知れないとし、
2語は縫製に関連があるという。上は上着のことかもという
オリビアに対して残りの2語は何かという。
そんな中クレイゲン宛に荷物が届く。

エリオットの元に、赤ちゃんの父親だと名乗るリーバートが
やってくる。妻・ジュリーと息子はどうしたのかと問われる。
息子の写真がニュースに出てたと聞いたとすると、子供は無事だ
という。妻は?と問われると捜査中としか言えなかった。
しかし署内に有る妻に送ったとするイヤリングを見られてしまう。
まさかそこにあるのはジュリーの耳なのか?と問うと、早く妻を
見つけてくれと語る。警部宛に受付に届いた箱の中に入って居た
ものだった。差出人は?と問うと「ブタ 叩く 縫う 上 毛糸」と
しか書かれていなかった。耳と一緒に詩が入って居るとし、

『遅すぎたね君たち、ジュリーはもっと苦しむ』
と書かれていた。一体何処にヒントがあるのか。マンチは文字
を入れ替えるとストリート名になるという。MOTTとGRAND、残り
の文字で何か言葉にならないか。PHONE・・・PAYPHONE(公衆電話)
だというエリオット。

すぐにエリオットとオリビアは公衆電話へと走ると、電話の上に
メッセージが置かれていた。そこには
『残り時間は少ない MMCXXXII』と書かれていた。2132だとすると
エリオットは時間のことだろうと語る。軍隊式ならば2132は
午後9時32分のこと。もう一時間以上過ぎているという。犯人は
この公衆電話に掛けてきたのだろうと。オリビアはすぐに交換士
に連絡して、この番号の着信履歴を調べてという。時間は9時32分
にかけたものだと。午前24時まで後90分しかないという。

ついに電話元を突き止めて建物に突入すると、
『おめでとう』『遅かったね』『残念賞を贈ろう。気に入って
くれるよね』と書かれていた。45分の遅刻だとすると、被害者は
貼り付けられ殺されていた。身体に文字が書かれているというマンチ。
『RDK is →』と書かれていた。またしてもR.D.キルモアなのか。
矢印は背中に答えがあるのかも知れないとして背中を見るが何も
書かれていなかった。『BACK(復活)』の意味だとして、RDKは
復活したということだと。フィンはベッドに3本の指とカードが
置いて有るという。『さあ始まるよ、次のゲームが。警察の
ヘルメットにご注意を』と書かれていた。

クレイゲンによるとRDKは70年代後半に実在した連続殺人犯だと
語る。6人の被害者中1人を除く全員がR(レイプ)D(切断)K(殺害)
されたという。生き残ったのはジャネット・ヘンリーで、自力
で逃げたのだという。犯人は死んだか捕まったってことかと
告げるとクレイゲンはここ半年で出所した受刑者を調べろと語る。
そんな中マンチは模倣犯ではないかという。詩や謎かで惑わす
のがRDKの手口だとし、未公表の”ある”特徴まで共通している
のだという。1979年の事件で犯人が残した手紙には今回と同じ
犯人のマークが付いているのだという。最初の被害者は耳を削がれ
て吊されていたこと。ジュリーと同様だったという。遺体発見
現場の家主が姿を消しているというクレイゲン。
名前はグロリア・ダラム(35歳)、シングルマザーだという。息子
は今週前夫の家に行っていたとし、彼女はフリーの写真家だと
いう。昨晩の撮影に来なかったのだとし、最後に約束していた
のはエディ・ウィリスだという。当時二人目の死因は何だった
のかと問うと100箇所以上刺されて出血しだという。グロリアも
そうなってしまうのか。しかし問題は警察のヘルメットだと
いう。市警の警察官は4万人だというエリオット。しかしヘルメット
など被らないという。するとマンチは花のことかも知れないと
語る。「オニツリフネソウ」は別名、警察のヘルメットと呼ばれて
いるという。これもまた何かの暗号なのか・・・

9月29日(水)・ジャネット・ヘンリー宅
9月29日(水)・シガークラブ
——————————————————–

公園でベビーカーに乗った赤ちゃんが発見され、母親だけが
拉致されたとするメッセージが残されていた。犯人からの
メッセージはどれも次の犯罪を示唆する為のもので、SVUの
捜査官たちの一歩先を行き、まるで誘導するかのような謎かけ
を残して行く。「明日までに見つけないと死ぬ」とのメッセージ
を受けて必死に母親のジュリーを探す。署名にはRDキルモア
と書かれていて、該当者を捜すとスタテン島の時計店の店主
の名前に該当する。エリオットたちが到着すると同時に店主の
元に犯人から連絡が有り、「答えは言葉の中に隠れている」と
のメッセージがまたしてもFAXで送られて来る。そのFAXを
送って来たのは、ヘロイン中毒の男だったが、その男は白人の
男にナイフを突きつけられてやらされたことを告げる。
そしてその犯人の男からは「HOG PAT MEND TOP YARN」という
メッセージが残されていた。一体何の事か突き止められずにいる
中で、言葉を並べ替えると「MOTT GRAND PAYPHONE」だと判明し
その通りの公衆電話にメッセージがあるのだとして急行するが
時既に遅く、ジュリーは殺害されていた。しかし殺害現場には
「RDK is BACK」と書かれていて、70年代後半に実在した連続殺人
事件RDKが再び活動を始めたのではないかとして捜査を始める。
遺体発見現場の家主・グロリア・ダラムが居なくなっていること
受けて足取りを調べていく。

実話を元にしたエピソードシリーズ。
基本的にどのエピソードも何かしら実在の事件にヒントを得て
描かれている様な気もするんだけどね。

しかしこんな事件が本当に有ったのかというくらいの犯人の凝った
演出が有りましたね。言葉の選び変えの問題とか見ると、
「クリマイ」のリード先生が居れば即見つかっただろうなと思う
ところも有るけど、その辺はちょっとくせ者のマンチが探り当てた。

今回は裁判に於ける法廷シーンが一切なく、ノバク検事補の登場
シーンが少なかったのが不満だ。シガークラブのロッカーを開ける
令状を判事から取ってきたことくらい。
「判事のご機嫌取りはウンザリだ」としていたけど、SVU捜査官
たちは2日間寝ずに捜査している人達の前でよく言えたって感じの
温度差を感じる(笑)
リンカーンセンターの座席にヒントがあるとした際には、フィン
とマンチは1万8900のイスを調べたんだぞ。

ドラマでは母親の過度の期待がこの犯人像を築き上げてしまった
ものなのだろうか。
才能がないのに執筆活動をするというのは大変なことだと思うけど、
母親の期待はハンフリー・ボガード好きだという理由で息子に
ハンフリーとつけたくらいだし、そんなボガートが新聞記者役
をしていたというだけで、勝手に期待してしまったのだろうか。

事件捜査は常に追いかけっこ状態だったけど、流石にハンフリーも
過去の事件の全ての模倣することは出来なかった。
元々この人は大学の卒業論文を他人の文章を盗用した為に卒業は
叶わなかったように、他人のことを模倣するのだけど、その才能
もなく、結局中途半端な人物だった。
警察からの捜査で逃げられないと分かると、ベッドに寝ている姿
が有り、オリビアが一人そんな室内を尋ねた際には、何か仕掛け
でもしているのかと思ったけど、完全に白旗状態って感じだった。

連続殺人犯として新聞の一面に飾ることが、自分の自尊心を満たす
だけでなく、母親に対する復讐の意味も込められていたのだろうか。
元々の犯人との差異は、レイプをするかしないかにも現れていた
けれど、ホアンによると母を思い出すからだという。

エリオットは取調室で彼と一騎打ちで彼から色々と情報を引きだそう
とする。妻からの電話と称して、ホアンやオリビアからの
指示が有ったけど、最終的にはエリオットらしく首を絞めていた。
こういう時に限ってノバクさんは見ていない(笑)

イマイチよく分からなかったのは、過去の被害者が生存していた
けれど、その女性を再度被害者にした差異には、65歳の女性に
そんなことをするのかとするエリオットの取り調べに対して、66歳
ではダメなんだと語っていた意味がイマイチよく伝わらなかった。
母親の年齢なのだろうか?
寧ろドラマではジャネットの方が母親よりも年を取っているように
思えたけどね。

母親からの虐待も有り、ハンフリー・ボガートの様な屈強な男を
望んでいたのに泣いてばかりいる息子のことをクローゼットに
閉じ込めて外出したという。そのせいで暗闇や閉所に恐怖を
感じるようになったみたいだけど、ジャネットにも同様のこと
を化したのは、彼女を母親の象徴の様に見ていたのだろうか。
正直二度も被害に遭ったジャネットの精神が不安。
それと70年代に活動していたRDKは結局捕まったり無くなったり
しているのだろうか?

エリオット・ステイブラー (Christopher Meloni) 刑事
オリビア・ベンソン (Mariska Hargitay) 刑事
ドナルド・クレイゲン (Dann Florek) 主任警部
ジョン・マンチ (Richard Belzer) 刑事
? (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)
オダフィン・チュツォーラ (Ice-T) “フィン” 刑事
メリンダ・ワーナー (Tamara Tunie) 鑑識
ジョージ・ホアン (BD Wong) FBIにも精通する精神科医

ケイシー・ノバク (Diane Neal) A.D.A 検事補
ライアン・オハロラン (Mike Doyle) Forensics Tech

ハンフリー・ベッカー (Doug Hutchison) 犯人
ジャネット・ヘンリー (Elizabeth Franz) RDK事件の生き残り
エリック・リーバート (Remy Auberjonois) ジェリーの夫
モーティ・グラフ (Madison Arnold) 25年前エグザミナー紙の記者
アイダ・ベッカー (Anne Meara) ハンフリーの母
— (Rony Clanton) Heroin Addict
ルパート・ダニエル・キルモア (Oliver Wadsworth) 時計屋
チャールズ (Kevin Ligon) 花市場の店主
クライブ・ブレムスラー (Alex Wipf) エグザミナー紙
レッド・ワッツ (Roxane Barlow) ダンサー、3人目の被害者未遂
— (Allene Quincy) Personal Trainer
バーニー (Paul Harman)
— (Joanna Liao) Research Assistant
— (George Spielvogel III) Copy Boy
— (Gayle Scott) Customer
— (Kent Cassella) Uniform Officer
グロリア・ダラム (Nicole Grillos) 35歳、2人目の被害者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336