LAW & ORDER : 性犯罪特捜班 (SVU) シーズン5 第12話 汚れた社交クラブ Brotherhood

リンク広告 テスト




第12話 汚れた社交クラブ Brotherhood

脚本/Jose Molina
監督/Jean de Segonzac
——————————————————–
下水処理槽では作業員と経営者が揉めていた。機械を止めれば
膨大なコストがかかること。しかしモーターが壊れればより
費用がかかるという。そんな中処理槽の中から遺物だとして
作業員が引き上げると遺体だと判明する。

遺体は白人男性18歳から20歳、アソコに何かを突っ込んだ跡が
有る為にSVUを呼んだという。この施設の警備体制を尋ねると
夜間と週末は施錠しているが、簡単に壊すことはできるので
誰でも入ろうとすれば入れるという。身元は分かっていない
とエリオットは知る。処理槽はモーターで拡販されて塊が浮き
上がらない仕組みになっているという。遺体が沈んでいた機関
は分かるかと問うと、この中には10兆個の微生物が有機分解
するので一週間くらいではないかというもの。体は残っていた
が手がかりに関しては何も無さそうだというオリビア。
捨てたヤツは格好の場所を選んだなというエリオット。

エリザベスは腹腔の腐敗状況からして遺棄されたのは36時間前、
つまり土曜日深夜だという。死因は何か尋ねると、頭部の鈍器
圧迫だという。唯一の手がかりは頭皮に刺さっていたという。
ガラスなのか?と問うとパレックスだという。皿が凶器だという
のかと問うと、それならば別の場所で殺されたということだな
というエリオット。ソドミー行為で肛門に重度の裂傷が有り、
腕にはタトゥーがあるという。身体が膨張していたので表皮
細胞層を5枚剥がしたらタトゥーが出てきたという。ギリシャ
文字でタウ・オメガと書かれていた。友愛会だとし、名簿が
あることを語る。エリザベスの夫も別の会に入っているとし、
ハリーポッターの隣に名簿があるという。被害者はタイラー
ヘンリーで会計係だという。昨日捜索願いが出されていて、
同居人のロブ・スウィーニーからだという。

12月8日(月)・ウォレス大学、TAU OMEGA/フラニティハウス
ロブから話を聞くと、土曜日に飲み会に来なかったのだという。
それにしては捜索願いが歯無くないかというエリオットに対して
新会員の勧誘係がサボるハズはないのだという。タイラーの
両親は離婚していて、母はメイン州、父は街で法律事務所を経営
しているとのこと。オヤジさんは会員なので僕が伝えるという。
ヘンリーは74年卒業で彼のジャガーで就職面接に行ったという。
息子との関係は良かったのかと問うとバッチリだったという。
彼らの室内を見せてもらうと色んな機材が揃っていて裕福だった。
しかし父親は金銭的に厳しく学資以外は出してくれていなかった
とのこと。タイラー自身に稼ぎがあったのかと問うと、彼は
ウェブデザインや広告収入があったという。オリビアは友愛会
の資産を尋ねると7、8万ドルはあるとし、横領なんてしていない
と語る。

IT捜査のエチェバリアに調べてもらうと、彼は確かに荒稼ぎを
しているという。金の出所は何処なのかと問うと、ネットショ
ップから4万ドル、破格のデザイン料ではないかという。
また自分のサイトでも儲けていること。「オッパイ大集合」と
いうアダルトサイトを経営。”濡れTシャツにレズビアンショー”。
無料サイトで広告で稼いでいるのだという。バナー広告だけで
4万ドルだという。女性を紹介して本番ショーで稼ぐのか?と
問うオリビア。無料ショーもあるとし、また別のサイトで
「快楽の館」も彼のサイトだという。動画を調べると監視カメラ
で撮影されたもので、タイラー本人がシカゴ出身の新入生と
Hする映像を見せていた。自作自演の相手。女性は様々だとし
黒人・アジア人、金髪、茶髪、ピンク髪、だと。女性の写真と
顧客リストをくれというエリオット。

12月9日(火)・Moose’sパブ。
オーナーに話を聞くと、タイラーが死ぬとは残念だという。彼は
稼がせてくれたとフィンとマンチに語る。レディースナイトは
彼の企画だったこと。パンフレットを見ると「水曜日限定、
女性は入場無料、飲み物半額」、「男性は入場料10ドルで入場は
11時まで」、「濡れTシャツ大会」のことが書かれていた。
酔ったセクシー女が受けて居たとし、売り上げは3千ドルに倍増した
という。ネットで流せば客も増えるのだろうというフィン。
醜態を暴露されて恨んでいた女は居たのかというマンチに対して、
ヤツの父に聞けという。ヤツも俺ももめ事を一任しているのだと
いう。

ヘンリーの元にいく。
すると息子の死を悼むヒマさえないという。これから葬式の手配
をするのだという。フィンとマンチはお悔やみを告げる中、彼の
サイトを巡って訴訟など起きていたのか尋ねる。閉鎖しないと
訴えると言っていたストリップ披露の女がいたという。
テキサスの法廷はバーで脱いだ女に賠償金500万ドルを求めた
件もあるぞというフィンに対して、被告はビデオ会社に映像を
売って大儲けしたんだという。それに対して息子のサイトは無料
だという。女子大生をカモって居たんだというフィン。しかし息子
は死んだこと。サイトは合法で個人の中傷をするよりも犯人を
探してくれというヘンリー。訴えた女とは誰なのかと尋ねると、
クロエ・スピアーズだという。

12月18日(木)・ベルビュー病院内監房
12月22日(月)・ウォレス大学
12月23日(火)・プレストン判事の部屋
1月2日(金)・第22法廷
1月3日(土)・葬儀社
1月5日(月)・第22法廷
——————————————————–

下水処理場で若い男性の遺体が発見される。処理施設では細菌
を使って分解してしまう為に証拠が付着していることはなかなか
考えられなかったが、頭皮に皿の欠片が付着していたことと、
肛門にキズが付着していること。そして水を含んで膨張している
皮膚の下からタトゥーを入れている形跡が見つかり、それが大学
の友愛会”タウオメガ”の生徒であることを示唆するものだと判明
する。被害者はタイラー・ヘンリーで同居人のロブ・スウィーニー
が失踪者届けを出していることが判明。話を聞いていくと、
タイラーは友愛会の新会員の勧誘係であること。更に彼は個人的
にネットを使ってアダルトサイトを経営していて、色々と女性との
性交渉の場を盗撮してはネットに公開していたりしたことが分かる。

今回のエピソードは、裁判に於ける割合が高いエピソードでした。
それだけにやりとりは少し濃厚だったので、内容をよく
見ていないと、色々と分からなくなりそうな場面が多かった様に
思います。どちらかというと本家LAW & ORDERっぽさが有った
でしょうか。

アメリカの大学生がネタにされる内容と言えばやはり社交クラブ
は欠かせないものが有るのかな。
この結束力は大学に在籍している間だけに留まらず、社会に於いて
も単なる大学の先輩・後輩という枠組み以上に結び付きの強いもの
となり、何かと有利に働くところもある。検視官・エリザベスが
冒頭の場面で、自分の夫も友愛会に所属していることが語られて
いたのでその影響力というものも分かるというものでしょうか。
更に友愛会は大学のブランド以上の繋がりが有り、ドラマ
「スーツ / SUITS」のピアソン・ハードマン事務所が信条にしている
ハーバード大ロースクール者だけの採用という規定とは違って、
より個人的な結びつきも高く、今回友愛会の件で弁護に当たるのが
皮肉にも被害者の父親・ザンダーであるところを考えると、友愛会
に対する特別な愛情や結び付きを強く印象づけるものでした。

ドラマでは色んな要素が含まれていたように思います。
見方によってはまるで今回のドラマに於けるタウ・オメガの組織図
は、街に屯するギャング団の論理そのもので、女性をエサにして
金を稼いでいること。また日本のヤクザものの映画ではそんな描写も
多いのだけど、一度入会したものは容易に抜け出すことは難しいと
いうこと。

そしてもう一つの側面として見てみると、戦争を経験した世代に
とっては人の絆がどういう所から生まれてくるのかということを
理解していて、苦しい状況を共に生き残ったからこそ、堅い結束が
出来上がるということを信じているものがあるという事実があり、
ドラマの中で今回ロブの弁護士を務めた被害者の父・ザンダーは
エリオットが海兵隊であり、そのタトゥーを見て、その辺の人の
結束力の本質に迫るやりとりをしていたけれど、今の大学生では
普通に生活している限りなかなかそんな体験をする機会はないので、
人工的にその厳しさというものを演出している一面が有ったのでしょう。

ザンダー弁護士は実に憎たらしい存在で、殺したものを追求する
過程をまるで邪魔しているようにしか見えないところがドラマの
上手いところでしたが、友愛会の結束力がこんな場面に於いても
見せつけられるという意味では、とても皮肉でした。
ザンダーは友愛会は守りつつ、殺人の実行犯だけを逮捕させたい
意思が働いた為に、こういう行動を取ったことは明白です。

色々と友愛会に対する悪評も聞かれる中で、刑事ドラマによくある
ギャングの悪事を証言することは後に報復を恐れる為に口を閉ざす
目撃者が多いのと同様に、ここでも誰も証言する人物
がなく、なかなか立証するのが難しいものが有りました。

不正に得た証拠が裁判の場で使えなくなるということは、アメリカ
の法廷ドラマでは最早当たり前の要素となっているのだけど、
それでも敢えて今回は、それに挑戦していこうとする流れが有りま
したね。令状もなく入手した記録簿の存在。
当初は上手く使えるかと思ったけど、それを封印したのはザンダー
弁護士でした。過去から現在に至るまでの残虐非道な数々の
掲載されていることも有り、法廷の場に出されると、ザンダー自身
の過去も判明してしまうかも知れないし、友愛会の名誉を傷つける
ことになるかも知れない。

当然の如く記録簿は封印されてしまうものの、葬儀社から発見され
た棺桶内に入れられていた物証の中には、母校のロゴ入りスタジャン、
高校の名簿、二次会用コンドーム、漂白したラケットが入って居て
CSUのシパーがなんとかその木の繊維の中からDNAを見つけて行きます。

問題はそのラケットに血痕やDNAが付着していたとしても、それが
実際にレイプに利用されたものかどうかが証明出来ないもどかしさが
有ったけど、そこで利用したのがエリオットが唱える、サディスト
ロブの本性でした。

証言の場で検察側の質問に対して、ロブは全ての責任をタイラーに
擦り付ける行動を取り、それを見かねたザンダーがロブに質問する
訳ですが、アメリカの法廷ものでもよく有るトリックが利用され
ました。
このトリック、実は「殺人を無罪にする方法」をDlifeでリアルタイム
で鑑賞されている人ならばアナリーズが先日利用した方法と同じで、
法廷証拠として削除された記録簿を証拠として採用させる為に、
弁護側にその存在を利用させることに有りました。
ザンダーは意図して、倫理違反であることを承知で、記録簿の内容を
語ったことも有り、証拠として採用させて、ロブの悪行の数々を
自ら暴露させました。

エリオットは最後「余計なお世話だが正しい判断だ」と語り、
ザンダーもまた友愛会を守る為だということで、折り合いをつけて
いましたね。

そういえば、エリオットは救急搬送されるウィルのことを止めて
証言を取ろうとしていたけど、なんか最近このパターンが多い。
ヘタすると訴えられそうで恐い。

ロブ役を演じたToby Moore。無駄にイケメンだったけど、確かに
ちょっと冷たそうな感じの表情をしていたね。
ザンダー役のGary Coleは、何度も言及したので以下略。
blog内検索してもらえると恐らく出てくるかと思います。

エリオット・ステイブラー (Christopher Meloni) 刑事
オリビア・ベンソン (Mariska Hargitay) 刑事
ドナルド・クレイゲン (Dann Florek) 主任警部
ジョン・マンチ (Richard Belzer) 刑事
? (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)
アレクサンドラ・キャボット (Stephanie March) A.D.A 検事補
オダフィン・チュツォーラ (Ice-T) “フィン” 刑事
メリンダ・ワーナー (Tamara Tunie) 鑑識
ジョージ・ホアン (BD Wong) FBIにも精通する精神科医

ケイシー・ノバク (Diane Neal) A.D.A 検事補
ジュディス・シパー (Caren Browning) CSU Captain

ザンダー・ヘンリー (Gary Cole) タイラーの父、弁護士
ロブ・スウィーニー (Toby Moore) ウォレス大・タウオメガ
ネイサン・アンジェリ (Noah Fleiss) ウォレス大・タウオメガ・バイオリン”ナンシー”
アリシア・モーリー (Pell James) ネイサンの彼女、被害者
ロジャー・クレスラー (Ned Eisenberg) ウィルの弁護人、取引
クロエ・スパイアーズ (Serena Williams) タウオメガの被害者
ルイーズ・プレストン (Audrie Neenan) 判事
ウィル・カレイ (Elden Henson) ネイサンの同居人・自殺未遂・犯人
アーサー・コーエン (David Lipman) 判事
エチェバリア (Triney Sandoval) Technician
ジェームズ・ウッドロウ (Craig Wroe)
バーノン・スパイヤーズ (Clayton LeBouef) クロエの父・前科
モース (Jefferson Slinkard) パブのオーナー
アビー (Kristen Schaal) 葬儀社の女性、焼くよう言われていた
デズモンド (Kevin Del Aguila) 下水道処理作業員
マーティ (Lynne McCollough) 下水道処理施設の責任者
パッツィ (Tom Deckman) 新人
(Katherine Pecevich) Emergency Room Doctor
— (Bobby J. Brown) Uniformed Officer
— (Bones Rodriguez) Plant Technician
タイラー・ヘンリー (Michael Ferreira) ウォレス大・タウオメガ被害者
ジョアンナ (Nicole Abisinio)
— (Ty Copeman) 弁護士

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336