HELIX ‐黒い遺伝子‐シーズン2 第11話 プランB Plan B

リンク広告 テスト




第11話 プランB Plan B

脚本/Leigh Dana Jackson、Adria Lang
監督/Jeff Renfroe
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
ピーターはアンから「マザー」という幕を下ろす手段がある
ことを聞かされるが、それは危険なものだという。
カイルは病気に冒されていくがソーレンは赤い樹液はあそこに
あるとして指さす。パリエセロスはランドリーが隠し持ってい
たマザーの箱を取ろうとして争いになるが、ランドリーが鐘撞
き堂から落下した跡、バリエセロスはエイミーによって突き落と
される。かつて北極でナルヴィクの研究所を調べていた際に、
ジュリアはイラリア社のヘリにつれて行かれる中、アランに対
して「私を見つけて」と言葉を残して居た。エイミーはサラと
ジュリアに不老不死に出来ないのであれば、赤ちゃんとはお別れ
だとしてビンを投げ落とそうとするが、ジュリアはこの胎児は
あなたが不老不死になる為の鍵で、この胎児をあなたの子宮に
移すのだという。アンはピーターに対してどんな男になりたいか
と質問する中で、いつか心に決めないとリーダーにはなれない
事を告げる。

【ストーリー】
メリーランド州・ベセスダにある国立霊長類研究センター。
科学者の女性は海軍大将から急ぎの大量生産を求められ、
最新の化合物を急いで作ったという。マントヒヒを相手にその
効力を試すことになる。これはVXガスに似た有機リン酸農薬
で触れただけで死に至るという。ガラスの中に閉じ込められていた
ヒヒは一瞬にして干からびるようにして亡くなってしまう。
どのくらい必要なのかとして倉庫に連れて行くと全てだという
大将。

— 11日目 —
ピーターはアンが地下室に隠していた赤ちゃんを抱く。あやすのが
上手ねとして良い父になるという。生まれながらのリーダーの素質
があるという。ここを立て直して前みたいにまた子供の声で
いっぱいにするというアン。今は未解決の問題を片付けなければな
らない事を告げるアンは、反対派のことだという。邪魔が入ったら
困るとすると、ピーターは島から追い出せばいいのではないかと
いう。しかしアンは世間に私たちのことを暴かれるのが心配だと
いう。サラやカイルはCDCなので出て行く事になるが、アランだけは
いつまでもつきまとうだろうという。アンはピーターの決断に従う
とすると、誰も島から出さないというピーター。特にアランは・・と。

エイミーはどうやって胎児を子宮に移すのかを尋ねる。ジュリアは
人工のへその緒と胎盤を使ってサラの赤ちゃんをあなたの子宮に
移すのだという。先ずは体内環境を整える必要が有ると語る。
そんなジュリアの視線の先には、壁の外から戻って来たアランの姿
を目にする。エイミーに対して拒絶反応を避ける為にエストロゲン
数値をあげるのだという。エストロゲンのストックはどうするのか
と問われ家畜がいるという。牛のホルモンを投与していけば身体が
胎児を受け入れる環境になるのだという。不老不死になるのは
どのくらいかと問うと胎児の血液が肺ってあなたが受け入れられ
たら15ヶ月間胎児の成長を止めていた遺伝物質を取り込めるはず
だというジュリア。

アランはソーレンに対して何故治ったのか知りたいことを語る。
ウィンガーはアランに対してこれで撤退出来るでしょと語るが、
先に樹液を濃縮しないといけないとし、病人たちが必要として
いるものだという。
そんなアランはジュリアが建物内にいるのを目にする。

アランはジュリアの元に駆けつけると、君を捜していたことを
告げ、イラリアの仲間と忙しくしていたようだねと語る。君を捜す
のに必死だったこと。イラリアの拠点を探しては破壊したことを
語る。しかしジュリアは私の仲間を殺したとして非難する。
しかしアランは北極バイオシステムズにいた時に私を見つけてと
言っただろうというが、事情が変わったのだというジュリア。
イラリアは新たなナルヴィクを世界中にバラ巻こうとしているのだ
とし、それは2日後だという。それを阻止する為にマイケルが開発した
リンゴのテクノロジーが必要だとすると、いずれにしても大虐殺だ
とし、不妊の技術を使っても人類が一瞬で死ぬか徐々に死ぬかの
差だという。ジュリアはコントロール出来るとし、人口は制御
出来るという。それを聞いたアランはジュリアのことをやはり
ハタケの娘だなとすると、手伝えないのであれば邪魔しないでという。
アランは私が愛した女はどこに言ったのかとすると、不老不死に
なった時だというジュリア。
——————————————————–

ジュリアはなんとかしてイラリア社が行おうとしているナルヴィク
使用による人類大虐殺を止める為に、マイケルが開発していた
マザーを手にしたいと考えるが、それを手にしているエイミーから
は、自分を不老不死にすることを条件に引き渡すという。
アランはなんとかして、現在流行している真菌からの病気を止める
為に、病気の病状を遅らせる、赤い樹液と病気から生き延びたと
するソーレンの血液を利用して治療薬を開発しようとする。
しかしウィンガーによると、沖に停泊している船と交信出来ない
状態であることを知り、恐らくプランBが発令されることを聞かさ
れる。
そんな中、アランとジュリアは互いにセントジャーマイン島に
いることを知り話合うことになるが・・・

シーズン1でアランがピーターを必死に助けたのは一体なんだった
んだって感じの展開になってますね。
あの時見捨てて置けば良かったってことで、どの程度の期間が経って
いるのか分からないけど、みんなの性格が変わってしまった様で
切ないところ。それが外的要因によるものなのか、元々持っている
性格とか劣等感・嫉妬心などによるものなのか、それぞれが抱えて
いるミッション故に仕方がないことなのかは分からないけど。

ジュリアとアランは互いによく話し合えれば理解し合えるような
立場にいる感じもするんだけどね。イラリアを全滅させることが
一番のような感じがするけど、ジュリアは仲間だと呼んでいたし、
それが何処まで本音なのか。
ジュリアがサラを裏切りエイミーに力を貸して、サラの赤ちゃんを
差し出す格好になるけど、エイミーはあれだけ慎重に物事を
進めていたのに今回はあっさりと受け入れた。もうランドリーは
居ない(と思い込んでいる)ので頼るべき人がなく、彼女としても
後がないと感じたのかも知れないけどね。

驚くべきはランドリーが生きていたことと、逆にバリエセロスが
死んでしまったこと。正直バリエセロスは好きでも何でも無かった
のでご愁傷様って感じだけど、たったこれだけのことをする為だけ
にバリエセロスってシーズン2に出てきたのか(笑)

アンとピーターの流れも何だかよく分からない。
取りあえずこの島での人を全滅させるのが目的なのか。
その後はどういう過程で、島の王様として活動していくのかそんな
青写真がまるで見えてこないんですけど、外から流れついたものたち
を受け入れて、マイケルが行っていたようなことをするのだろうか?
ただ前にも書いたけど、こういう野望を実現させる為には、アンに
してもピーターにしてもマイケルのように不老不死だからこそ
出来る様な感じがするんだよね。そしてあの赤ちゃんは一体誰の子
なんですか?

全世界がナルヴィクによって大虐殺される前に、セントジャーマイ
ン島が無情にもアメリカ軍が開発したVXガス改良の有機リン酸
ガスによって草木も生えないような状況にさせられる様子。
病原菌を封じる為には仕方がない措置かも知れないけど、まるで
ベトナム戦争に於けるアメリカ軍の枯れ葉剤散布と同じ状況で、
情け容赦ない。

ランドリーは相変わらずエイミーを求める状況の中、アンとの間
で複雑な葛藤が有り、今後どうなっていくのか想像も付かないけど、
そんな散布剤によってエイミーが死の縁にあると知ったらどうなる
のか。マザーの枝は枯れてしまったし、赤い樹液の木も枯れて
しまったのだろうか。

ピーターが軍の流れに便乗するようにしてウィンガー率いる軍人
たちを処分してしまったけど、その流れは掴んでいたということ
なのだろうか。

ハンフリーズが吊されてしまう光景は、最近「ハンニバル」を見て
いるので、見た光景だって感じがする。植物研究室ではピーターに
唆されたカイルが残念な人に成り下がって、アランを殺そうとして
いたけど、なんだかその方法論は甘く、結局殺そうとしていたのか
何なのかよく分からない(笑)

サラは途中でエイミーを殺そうとしたけど、それを悟ったジュリア
が止めるシーンが格好良かったね。
そして散布剤によってまき散らされる中で、ジュリアがマザーを
取りに行くけれど、無敵の人もこの薬剤には打ち勝つことが出来る
のかも気になる。

■検索用キーワード

・Somewhere Over the Rainbow
・ロバート・フロスト 詩人

Dr.アラン・ファラガット (Billy Campbell) “ジェローム”
Dr.サラ・ジョーダン (Jordan Hayes) CDC研究員
Dr.カイル・ソマー (Matt Long) CDC
Dr.ジュリア・ウォーカー (Kyra Zagorsky) イラリア社
Dr.ピーター・ファラガット (Neil Napier) CDC研究主幹、イラリア社
セルジオ・バリエセロス (Mark Ghanime) イラリア社

シスター・アン (Severn Thompson) セントジャーマイン島
シスター・エイミー (Alison Louder) アンの娘
シスター・オリビア (Sarah Booth) エイミー派に・・
ランドリー (Sean Tucker) エイミーの使いッパ、アンの息子
ブラザー・ティム (Eugene Brotto) 生き残った島の人

ソーレン (Cameron Brodeur) 感染から回復した少年
ウィンガー (Patricia Summersett) Lt. Commander / 少佐
Lt.ハンフリーズ (Julian Bailey) 兵士、大尉
— (Frank Schorpion) Navy Admiral / 海軍大将
— (Brendt Thomas Diabo) Guardsman
— (Florence Situ) Female Chemist / 研究者
マックスウェル (Matthew Kabwe) 生き残った島の人
— (Melanie Sirois) Female Guardsman

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336