ブラックリスト The BLACKLIST 第10話 アンズロ・ギャリック(後編)“Anslo Garrick, Part2 (No.16)”

リンク広告 テスト




第10話 アンズロ・ギャリック(後編)“Anslo Garrick, Part2 (No.16)”
aka Anslo Garrick (No. 16): Conclusion

脚本/Lukas Reiter、J.R. Orci
監督/Michael Watkins

【前回までのあらすじ】

レッドの暗殺計画があるとして彼はFBIの特別な施設”郵便局”へと
連れてこられるが、レッドはギャリックは私をここへと連行して攻撃
する気だと語る。抗戦中に箱に入れるというレスラーだが、レッドは
抗戦せず早く避難するよう告げる。しかし既に”郵便局”はギャリック
の部下に制圧され、孤軍奮闘していたリズとアラムは妨害電波装置
を止める為に施設中を回る。箱の中に入ったギャリックと負傷中の
レスラーに対して、ギャリックは箱を開けないとルリを殺すとして
銃口を突きつけ目の前で殺害する。更にデンベにも銃を向けて、レッド
に開けるよう要求する。

【ストーリー】

アラムたちが妨害装置を壊したことでシステムは再起動する。
ノースアーリントン家具倉庫ですというシステムに対してハッチリン
グ5591と語り、信号が発信できたという。しかしリズは敵の傭兵に
捕まってしまう。アラムは傭兵に対して銃を向けるが、お前に撃てる
のかと問われ、発砲する。リズは急いで移動しようとするが、
発砲を聞いたギャリックたちは一時レッドの箱の件を於いてネズミ
探しをする。速攻でリズたちは捕まってしまいギャリックたちの前
に連れ出されてしまう。リズがデンベの隣に座らされる中、レスラー
に対してレッドはコードを教えろと語り気絶している彼をぶん殴る。

そんな中リズの電話音が鳴る。
ギャリックが電話に出ると電話したのはトムだった。お前は誰だと
語る中ギャリックはお前の妻を殺そうとしている男だと語ると、
リズはトムに向かって大声でFBIに電話してと叫ぶ。

レッドはレスラーに対して彼女を救えなければ君に価値はないとして
箱を開けるパスワードを教えろと語ると、ロミオ(ROMEO)だという。
それを聞いてギャリックはクーパーの指紋認証をした後ROMEOと入力
すると箱が明くのだった。
レッドはギャリックの前にいくが何の用だと問う。レッドは捕虜を
解放しろというと、ギャリックは驚いたようにあんたがFBIの命乞いなの
かという。大勢が死んだとしてもう出て行けというが、ギャリックは
部下たちにレッドを見張るよう告げ、ワイヤーハンガーでソマリ族
を殺した男だという。物事が単純だったという彼に対してあの頃はな
と語ると、ギャリックはレッドと共にその女(リズ)も連れて行けと
命じる。

FBIの強襲チームも入ってくる。
クーパーは見張りをしているギャリックの部下に対して腰抜け野郎
だと挑発する。クーパーに対する怒りを見せる中で、箱の中に居た
レスラーが発砲すると同時に、FBIの強襲チームもやってきて
基地を奪還する。デンベは急いでレッドの後を追いかける。

ギャリックはあんたは箱からでないと思ったがあの女が現れたら状況
が変わったという。やはりオヤジの魅力なのかと告げる。

クーパーは強襲チームに部下たちの救護を頼むと語る。

リズとレッドは用意されていた救急車に乗せられる。
デンベは走って追いかけるがとても追いつけるものでもなかった。
ギャリックは引き渡しまでは90秒だというと、部下たちに急いで
レッドのチップを取り出すよう告げる。
レッドとリズは目配せしながら、
「シカゴのエミサリーホテル、Mr.キャプラン」と語る。
リズは除細動器に電源を入れると、それを使ってレッドを手術しよう
としている一人に除細動器を押し当てる。そして銃を奪うと救急車
の運転手を射殺。ギャリックは変わりに運転するハメになり、
リズは黒人の女性と対決になり、もみ合いしているウチに救急車から
突き落とされてしまう。後続車に対してリズは自らをFBI捜査官だ
として前の救急車を追いかけるよう頼む。そして電話を借りると
アラムに対して電話し、レッドの救急車を見失ったことを告げる。
奴らはチップを取り出すつもりであること。位置の指示をして欲しい
と頼む。救急車ではチップを取り出すとバイクの男にチップを渡して
逃走する。リズたちはバイクの男を追跡するハメになり結局取り逃がす
ことになる。

■今回のシナリオ

テロ対策本部長・クーパー率いるFBIチームの”郵便局”がテロリスト
によって制圧させる。犯人はレッドとかつて仕事をしたことがある
ギャリックという男性。レッドはギャリックが裏切ったことで頭を
撃ち抜いたことが有ったが、奇跡的に彼は生きて居てレッドに復讐
してきたかに思われたが、箱から出てきたレッドのことをすぐには
殺さずに、施設から連れ出すとレッドの体からチップを取り出して
ある空き倉庫へと連れて行く。そこで待っていたのは、フィッチと
いう男性だった。

ようやくドラマ本来の意図することが描かれ始めたのかなという感じ。
レッドが持つ情報が当然悪人にだけ向けられているものだけど、
それがテロリストとか凶悪犯といった分かりやすい形のものばかり
でなく、政府内とか国内に多大な権力を持つ者の情報も掴んでいる
ところが有るのだろう。

今回の流れで気になることはFBIのこのチームに於ける内通者の存在
が誰なのかということだけど、正直その内通者が誰だったのかは
よく分からなかった。

リズの自宅を見張っている隣人・リンゴ男たちの流れはリズが倒した
男の携帯に通じていたクーパーであることが明らかなにされた。
クーパー自身、彼女が何故レッドと通じているのか疑問に思っている
ところも有るし、またリズの夫のトムに関しても不審に思っているので
監視している意図は理解出来なくもない。
ただここでの疑問はこの地点から内通者への発信記録があるとした
アラムの発言によって、一気に謎に包まれてしまった点だ。
アラム自身が信用出来る人物なのかどうかということはともかく、
仮にアラムが信用出来るのであれば何故この場所なのかということに
なり、監視員が二人居た中で一人の男はまだ捕まっていないので、その
人物は、これとはまた別の任務についている可能性が有る。

クーパーはファウラー司法副長官によって色々と振り回されている感じ
が有り、ギャレットがレッドを連れ去った際には、逃亡者を
助ける必要はないと高圧的態度を取っていたけど、今回連れて行かれた
先にいるレッドに拷問をする高齢の男性は如何にも悪徳議員っぽい
アラン・フィッチという人物だったので、ファウラーとフィッチの
繋がりがあるのかも知れない。彼らの悪行をレッドが押さえていて、
徐々に自分たちを狙って居るのではないかとして圧力をかけたのでは
ないかな。
いつでも殺すことが出来るとしながらも、わざわざギャレットを
仕込んで連れ去らせるところなどはなんとも言えないけど、レッドを
殺すと情報が拡散する仕組みが出来ていて、容易には手を出せない
ように出来ている感じだね。

色々と思惑が絡んでいる感じだけど、どの流れも基本的には中途半端な
流れなので真相が分かるものはなかった。

司法長官たちが今回の件に関わっているとしたならば、クーパーらを
都合良く操りつつもレッドの狙いを探ったところなのだろう。その結果
部下のFBIの職員たちを死に至らしめた責任は相当大きそうだ。

しかしまたレッドの仲間の存在も明らかになり、Mr.キャプランとか
デンベ以外の傭兵の存在など、最初から不審だと思えばそんな人物を
待機させていれば良かったのにね。
正直Mr.キャプランがクリーナー的存在には見えないところも有るので
このポジションには男性を配置すべき出来ないのか。

そして何よりもレッドが箱から出た目的の中にはリズが捕まったから
という分かりやすいアクションも有った為に、リズの中でも気がつか
ないハズはないだろうし、最後に「あなたが父なのか?」と尋ねる流れ
も合点がいく。

トムは今回の一件でリズに対して引っ越しすることを進めていた。
ネブラスカに行こうとしていたけれど、どういう意図があるのかな。
レッドが最後に「夫には気をつけろ」と言った言葉はやはりしぶとく
正体を隠しているトムの怪しさを浮上させるものだった。

そして何よりもレスラーの扱いだ。
「相棒」の捜査一課・三浦刑事なんて銃弾一発で足が不自由になった
のに、レスラーはあれだけ肉片を削り取られても、また歩けそう。
あなた「エージェント・オブ・シールド」のデスロックでしょ?

オードリーという元婚約者がやってきてレスラーを励ましていたけど
彼女自身は婚約しているようで指輪をしていたところは切ない。
「前編」のレッドとの会話の中でオードリーのことに言及していた
けどね。

■使用された曲

・Pendulum by Pearl Jam

■出演者

レンモンド・レディントン (James Spader) “レッド”
エリザベス・キーン (Megan Boone) FBI新人プロファイラー”リズ”
ドナルド・レスラー (Diego Klattenhoff) FBI捜査官
トム・キーン (Ryan Eggold) リズの夫、教師

ミーラ・マリク (Parminder Nagra) CIA捜査官
ハロルド・クーパー (Harry Lennix) テロ対策本部長
デンベ (Hisham Tawfiq) 南スーダン解放軍元兵士
ルリ・ザン (Deborah S. Craig) 経済学博士、レッドの金庫番
アラム・モジタバイ (Amir Arison) FBIのコンピューター専門家

アンズロ・ギャリック (Ritchie Coster) 元レッドと手を組んでいた
アラン・フィッチ (Alan Alda) レッドの拉致を指示した偉い人
Mr.キャプラン (Susan Blommaert) レッドの仲間、クリーナー
— (Graeme Malcolm) Armed observer with apple
オードリー・ビッドウェル (Emily Tremaine) レスラーの元彼女
ダイアン・ファウラー (Jane Alexander) 司法副長官
— (Stacey Sargeant) Female EMT
— (Amir Darvish) Male EMT
— (Joseph Ademola Adeyemo) Mercenary
— (Tony Jeffries) Merc / アラムに撃たれる
— (Jonathan Tindle) The Technician
— (David Carranza) WB Merc
— (Juan Pablo Veza) Team Member
— (Hans Marrero) Red’s Army
— (Frank C. Williams) Red’s Army

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336