BONES 骨は語る 第8話 ダムの中の死体 The Dude in the Dam

リンク広告 テスト




第8話 ダムの中の死体 The Dude in the Dam

脚本/Kathy Reichs、Kerry Reichs
監督/Kevin Hooks

【ストーリー】

ベンとステイシーは環境化学の課題の為にビーバーがダムを作って
いる場所の観察にいく。ステイシーは友人のビバリーからベンは
森の中にステイシーを連れ込みたいだけだと言っていたとして行く
べきか悩む。するとビーバーは本当に小川をせき止めていてダム
を作っていた。記念写真を撮ろうとする中、ビーバーが作ったダム
の木々の中には人骨が入っていた。

ブースはブレナンがタブレットで新聞記事を読んでいるのを知り
そんなものでニュースを読まずに新聞紙で読めと語る。あなたは職場
まで馬で行けというのか?というブレナンに対して何でも新しければ
良いってものではないという。オレは紙の感触が良いという。しかし
ブレナンはこれなら100社以上の新聞、通信社の記事、ウェブサイト
やブログなども見られるという。ブログなんて親の家から出ない若造
がパンツ一丁で経済を語るあれだろうと。ブレナンはテス・ブラウン
が私の新作「失踪者の骨」の書評を「長居だけの駄作だ」として
いるのだという。テスはミステリー作家でベストセラー3本、私は
6本だという。君も彼女を批難したのだろうとして反撃されても仕方が
ないのではないかと。「ブラウンの信じがたい話には現実味の欠片も
ない」と書いていた。彼女の想像力は認めるがこの分野に欠かせない
科学的根拠に基づく現実性と説得力がないのだという。それは貶した
のだとし、自覚がない様だが「君は気が利かないだけ」だと語る。
ブレナンは人類最高の発明が活版印刷だと信じているテクノロジー嫌い
の人のアドバイスを聞けというのかと皮肉る。そんな中ブースに
事件の知らせの電話が鳴る。
高速道路のサービスエリア裏で遺体が出たとして行こうと語る。
ブレナンは私は気を利かせて上手く立ち回れるとすると、ブースに
対して「素敵なネクタイね、ミルクの染みも目立たない」と語る。

現場にいくと、カムから事情を聞く。
ビーバーのダムの中にバラバラの遺体が有ったという。ホッジンズは
遺体を回収する前にこの上流に別のダムを作らないと水が溢れて
証拠が流されるという。
ブレナンは骨を見ると眼窩上縁の形、狭い梨状口、僅かな歯の摩耗
から見て被害者は白人男性、年齢は28歳から32歳だという。ホッジンズ
は無視の状態から遺棄したのは3日前だという。
捜査官のケニーはブースに対して丘の上の管理棟に血痕があり、
上から川床まで続いていることから、そこが犯行現場だろうとのこと。
ブースはホッジンズにこのネバネバは何かと尋ねると、マダラコクラ
ナメクジの粘液だという。ブレナンはナメクジは遺体を食べるのか
と問うと食べるというホッジンズ。証拠が損なわれる前に取り除いて
と語る。ビーバーの傑作を壊すのかとしてちょっぴり不満なホッジンズ。

ラボではウェンデルが担当していた。
ブレナンの新刊のテスの書評を読んだという。「不眠症の特効薬だ」と
書かれているというカム。ブレナンはそんなことを言われても兵器
だとし、面の皮が厚くなければ出版なんて無理だという。
そんな中ブレナンがラボにやってくる。この遺体には上顎の側切面が
無いなんて珍しいとし、遺伝的形態だという。テスの本を読んだ
ことは有るのかと問われると、カムはあの人の本は評判が悪いから
見た事がないという。性悪女だというウェンデルは博士(ブレナン)の
本で十分だという。ブレナンは骨を早く洗浄してと告げると、ホッジン
ズからは先に粘液を調べたいと言われている事を語る。しかしブレナン
はあなたは誰にも貸してないとし私のものだと告げる。ウェンデル
は手袋を使って洗浄しようとするが手袋がくっついてしまう。
ホッジンズがやってくると天然の接着剤みたいなものなんだと語り
酢とホウ酸があればとれるという。しかしウェンデルが無理矢理取ろう
とした為に手袋は近くにいたホッジンズの顔にひっついてしまう。
ウェンデルは死亡時の骨折が見えると語る。

右上腕に螺旋状のヒビだというウェンデル。関節包がねじられた時の
応力によってよく生じる骨折だというブレナン。後ろ手に手を捻られた
ということかというウェンデルだがブレナンは傷をよく見てと語ると
骨修復の後が有る。怪我は三ヶ月前のものだという。
アンジェラがやってくると、身元が分かったとして決め手は切歯の欠損
が決め手だったという。被害者はショーン・ノーラン(30歳)、独身。

スイーツとブースは被害者がノーランだとラボから連絡を受ける。
バイトで雑誌戻るをしている人物だとすると、エージェントから最後
の仕事を問い合わせるのでスイーツは同棲していた女性から話を
聞いてくれという。

アンジェラはホッジンズに対してウェンデルとくっついたんだねと
語ると、みんな軟体動物を舐めているんだという。こいつらが何を喰
ったのか分かれば犯人が分かるという。アンジェラは首の所が
感染していないかと問うと、実は先月オレが蚊に刺されて腫れたこと
を覚えているかと問うと病院には行かなかったとして、原因が何かを
知っていたからだという。南米の蚊が刺したものでオレの首の皮膚
に卵を預けて行ったのだという。デルマトビアホミニス(ヒトヒフバエ)
だという。アンジェラは一ヶ月ハエを首で育てていたということなのか
と呆れると、オレに取っては一生に一度のチャンスで、母なる自然
の奇跡の担い手になれるのだという。命を生み出す男が他にいるかと
問うと、子供の出産と同列に語るのかというアンジェラ。その子は
もうすぐ首から出るというと正気じゃないとしてアンジェラは呆れる。
ホッジンズはナメクジが凄い性欲だとして興奮する。

■今回の事件と流れ

・ビーバーが作ったダムに白人男性の白骨体を発見。
・作家テス・ブラウンと作家としてのブレナンの対決
・ホッジンズは蚊の宿主となって誕生を見守り、ラボの職員はどん引き。
・被害者は自己愛的なエゴの持ち主で、経歴詐称や赤ちゃんに対する
考え方の違いが犯行の動機として疑われていく。

■遺体よりもグロイ、蚊の誕生

今回は全体的に普通の感覚とは違う個性的な人たちの性格が表れた
感じのエピソードだった。
その中でも個性を発揮しまくっているのがホッジンズ。
自分の肉を食い与えて蚊の宿主となって誕生を喜ぶ姿。それを知った時
のアンジェラの嫌そうな顔は勿論、徐々に生まれてくる際の首から
覗く幼虫たちのグロさと言ったら遺体なんかよりも遙かにグロい。
アンジェラの嫌そうな顔のリアクションがもう毎回のように最高過ぎて
最近アンジェラの人間性が本当に良い感じに写る。

ブレナンだけが唯一の理解者となっていて、さも当然みたいな感じで
ホッジンズと会話している姿は如何にも奇才同士のやりとりだったけど、
スクインツたちの中でも天才と呼ばれる程の人物はそこまで超越した
ものがないといけないのか。

アンジェラとホッジンズのやりとりの中で、蚊の誕生を子供の出産と
同列に語るのか?としていたけれど、男性が命を生み出す人なんて居ない
だろうとしてホッジンズが喜んでいた。

一時期日本の学者でも腸内で寄生虫を意図的に飼っているみたいな
人がテレビに出て話していたのを見た事が有るけどね。

■誕生がテーマ

世の中に何かを生み出すこと。そしてやはり人類学的には種の保存
としての本能から自分の子供を残したいと思う人は多いのだろう。

ただ現代の世の中、その考え方や価値観も人それぞれで、
必ずしも子供が生まれるとは限らないし、子供の養育よりも
自分たちの人生設計の充実を求めるがあまり、敢えて子育てに追われ
ないような生活をする夫婦や個人がいるのも確か。

被害者の思考を見ると、自分の分身を作ることに喜びを覚えており、
そんな子供たちのことをまるで署名的行動のようにして写真を
盗っていたりする光景を見ると、一種の連続殺人犯に見る精神的・心理
的思考が働いているようにも見えてちょっとゾッとするところが
有った。

■ブレナンもホッジンズの考えに共感する

ホッジンズが昆虫の宿主となっていることに対して共感している姿
が有る、ブレナンはブースとロイヤルダイナーに行く際に、自分も
代理母になろうか・・みたいな発言をしている姿が有った。

ブレナンが男性で精子ドナーに登録したら相当人気が有りそう?

■ホッジンズは本当に生物好きだね

雌雄同体生物は2時間半の前戯をする。そして1時間のセックスを
することをウェンデルくんに説明していた。
ウェンデルくんはホッジンズの首が徐々にふくらむのを見て、
本気でハエを産む気なのかと問い、

「映画「ザ・フライ」の最後は悲惨でしたよ」と語る姿が有った。

■父と母の価値観の違い

今回のエピソードを見ると、ブレナンとブースの価値観は違いすぎる
し、アンジェラとホッジンズも相当価値観としては違うところが
有るよね。
冒頭ではブースとブレナンがテクノロジーに対して言い合う姿が有った
り、いつものようにブレナンへの課題として、「気が利かない」こと
に対する気を遣うということはどういうことなのかを学ぼうとしている
姿が有った。

そして今回の被害者を巡る赤ちゃんの扱いに関して、二人の恋人が
それぞれ違うリアクションを取っていた。

今回のドラマの肝となるのはやはり被害者の人間性だったと思う。
彼を否定する訳ではないけど、正直そんなに信用出来るような人物
ではなかったこと。人格に於いてもとても良い人だとは思えなかった
けど、どんな人物なのか分からないのに、ネットで精子の売買が
行われることへの違和感は、出会い系サイトに於ける男女の出会い
と同様に不信感があるように感じ。
ネットの情報は何の信用を裏付けるものがない。それでもネットを
排除する流れというのも今時のことを考えると出来ないのだろうね。
精子を売り続ける彼のことをカムは「精子スタンドでも始めたのか?」
と語る姿が有った。

■ブレナンvsテス

「ブックビー」という作家同士が対談する番組無いでブレナンは
和解的行動を取ろうとしていたのに対して、テスは挑発していた。

ブレナンは
「なかなか出来ない事だとし、読者に気を引きつつも事実とフィクシ
ョンを織り交ぜて説得力のある小説を書くなんて・・」と。

また
「ヘミングウェーが言っている。「師になる者が居ない分野ではみんな
が見習い」だ」と。

テスが出版した「死のベッド」は、昨年の夏にウェールズに滞在
したときに思いついたとしていたけれど、ブレナンはアガサ・クリス
ティーの「アクロイド殺し」からアイデアをもらったと思っていた
と語る。

そんなブレナンにテスはレイ・ブラッドベリの言葉を思い出すとして
「目覚まし時計は要らない。閃きで目が覚める」と語っていた。

番組を見たスイーツからブレナンに対して、あなたは利用されたこ
とを指摘され、売名行為の為に和解するハズもないブレナンを
挑発したことで本を売ったのだという。
ショウビズ界とはそんなものなんだろうね。

■ブレナンのスキル

今回は被害者の遺伝的疾患とも言えるダーウィン結節が存在すると
いうことで、それをブレナンは一目見ただけで、表現型異変を呈して
いるとして、同じ親であることを指摘していた。ただ母親たちも周知の
事実という感じで、カムー精子バンクの562番の父を持つ会として
集まっているところがある意味では凄い。
右上顎の側切歯がないというもので、それだけでは大した疾患ではない
のだけどね。
韓国人が日本を罵倒する時に
「日本人の歯並びの悪さは遺伝だ」ということが良く言われるけれど、
親知らずが出来る人と出来ない人も居るし、結局遺伝で必ず側切歯が
無い子が生まれるなんて状況はあるんですかね。

そして何よりも妊婦であるジュディスのことを見抜いていた。
三角窩に赤み、手首や手もむくんでいて、乳房も張っているので妊娠
していることを口にしていた。ブレナンが妊娠しているのは、視聴者
である私も見抜くことが出来る程に乳房が張っていた気がするんだけ
どね(笑)

■殺害は女性

とても難しい単語が今回は多かった。
鈍的外傷と鋭的外傷があるとした際に、それを選り分ける作業をした
ウェンデルくん。骨が肥厚している原因はテストステロンだろうと
していた。

死因を特定する為に
骨盤と大腿骨の損傷が有り、皮質骨の表面に深い切り傷があり
右大腿骨の骨の近位部に傷が有ることから大腿動脈も切られている
ハズだという。

凶器を特定する際には、V字型が左第五中手骨と右手骨と中手骨、
左腸骨と右大腿骨は鋭利だが、それは鋭利ではなく、ナイフのようで
ナイフではないと語る。
左豆状骨と左有鉤骨上前腸骨棘の損傷は薄く浅井V字型刃型だとして
どれもナイフの刃だとしていた。

そんな状況を踏まえてアンジェラが殺された時に付けられた状況の
再現シミュレーションを作っていたけれど、犯人が狙ったのは男性器
であり、被害者の防御創は男性器を守る為の行動だという。
男性ならばそこは狙わないとしていたけれど、なんとなく納得する
ところが有った。

■ジュディス

精子バンクのスタッフを演じていたBoti Blissは「CSI:マイアミ」で
マクシーヌ・ヴァレーラ役の女性。CSIの時は完全にブロンドでショート
カットだったけどね。CSIラボの中でもDNA分析担当していた。

http://itawind.web.fc2.com/kaigai/csi/csi_m.htm

■使用された曲

■出演者

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) “ボーンズ”、法人類学者
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、実家が金持ち
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) スミソニアン責任者、”カム”
ランス・スイーツ (John Francis Daley) FBIの心理学博士

ウェンデル・ブレイ (Michael Grant Terry) インターン

ジュディス・ランフランコ (Boti Bliss) カムー精子バンク経営
ベロニカ・バーダック (Jeanette Brox) ショーンの彼女、会計士
テッド・ロバートソン (Ian Kahn) ショーンから精子提供
ウィリアム・ワイズマン (Loren Lester)
アリソン・ストーリングス (Alexis Carra) ショーンから精子提供で出産
CC クリーチ (Malcolm Goodwin) ショーンのトレーナー
ステイシー (Grace Bannon) 学生、遺体発見
ベン (BJ Mitchell) 学生、遺体発見
テス・ブラウン (Nora Dunn) ミステリー作家
ケニー (Patrick Brown) FBI捜査官
— (Wendy Worthington) Waitress
— (Maria Jordan) FBI捜査官
— (Tiffany Giddens) Jeffersonian Tech

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336