超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans シーズン2 第23話(22) みんなのドラゴン The Girl with the Dragon Snafu

リンク広告 テスト




第23話(22) みんなのドラゴン The Girl with the Dragon Snafu

脚本/ Dan Cross、David Hoge
監督/Eric Dean Seaton

【ストーリー】

授業で中国の銅鑼には色んな用途があるという。実演しましょうと
して寝ているマックスを銅鑼の音で起こす。サラはよだれだらけの
マックスも可愛いとし食べたいくらいだという。フィービーはそんな
サラに忠告だとしてマックスだけは辞めた方が良いという。
今週の課題はグループに分かれて中国の文化について発表すること。
マックスはグループ課題ならば自分は何もせずに過ごせるとして
喜ぶと一番オタクのグループはどれかと探す。フィービーはサラから
Aプラス列車の出発だとして、サラ、タイラー、エヴァンを含めて
4人でポッポーと語る。マックスはオタクじゃないけど変人だという。
私はこのグループで発表するというフィービーだが、ウィニーを筆頭
としたサブリナとエマのチームからも誘いが来る。
それを知ったマックスは、
「二つのグループ、体は一つ、さぁフィービーはどうする?」
と語る。派手なウィニーのグループと友達になろうと頑張って1年
費やしたフィービー。一方クレージーサラと組んで変な集団と仲良く
するのかという。サラは私の友達だとするが、マックスはウィニーに
アドバイスしてもらってセンスを磨いた方が良いのではないかという。
ウィニーたちは学校のアルバムの為に自撮りを撮ろうという中、フィ
ービーはその写真の中に入る。それを見たサラはフィービーが裏切った
というと、マックスがサラのグループに入ることになる。

フィービーはサラにゴメンと語る。一緒のグループに入れなくても
分かって欲しいとすると、あなたはAプラスの列車を降りて落第バス
に頑張ってという。
サラのグループに入ったマックスはタイラーから自転車を盗ったヤツ
だとして嫌がられる。サラにマックスなんて入れても役に立たない
とすると早速マックスは帰ろうとしていた。サラはマックスに対して
私はあなたにデレデレだけど課題には真剣に取り組んでもらうという。
私の恋心と同じくらいに頑張ってとすると、オレだってAは欲しいので
入ったのだという。サラはマックスに課題の案を尋ねるとサラはどう
考えているかと問う。ドラゴンを作るとか・・というサラにオレもそれ
が良いと思ったという。
一方フィービーはウィニーたちに図書室で課題のテーマを考えないか
とすると、それって新しいクラブの名前なのかと問われる。
突然フィービーに賛成だとしてモールで逢おうと言われ戸惑う。

一方自宅ではハンクとバーブが「やることリスト」を作っていた。
1) やることリストを作ること。2)食洗機はオレが直す、クリーニング
を取りに行く、芝刈りをする、そして床板を修理するという中、
ビリーがやってくると床板を突き破って落ちそうになる。ビリーは
足が食べられたぁぁというが、ノーラはパパが床を直していないから
だとして批難する。忙しかったのだとすると、ノーラはそんなに忙しい
ことはないとしてシャンデリアも買ったまま置きっぱなしになっている
と語る。リストに書いておくというハンクは、それにプラスして
「口うるさいノーラは遊びを禁止にする」と語る。ママとパパは頑張って
いるのだとすると、昨日の夕食がパンとコショウだったと指摘する。
買い物する時間が無かったというバーブに、ママは新しいネックレス
を買っているじゃないかという。服は清潔だし家はピカピカだから
良いだろうとするが、ノーラは本当かとしてドアを開けると荷物を
押し込んだ後が見つかる。バーブはあなたたちは一日食べて寝ていれば
良いだけで私たちは料理・掃除・家の修理と大変なんだという。
そんなに言うならばあなたたちが変わりに一週間家事をしてみたら
どうかというと、ノーラは私たちの方が上手く出来るとしたに私たち
が今後は全て決めると語る。

■感想

今回もまた2つのエピソードの流れがある。

フィービーたちは高校の課題の件で。
もう一方は家庭に於ける家事の問題で子供たちと両親が対立する。

■フィービーとマックスサイド

中国の文化についての課題をグループで発表することになる。

フィービーとしては友達であるサラたちと組むべきか、それとも
これまで友達になりたくて努力し接近しようとしてきたウィニー
たちのグループと組むのかで悩むことになる。
フィービーの親友ってチェリーだと思っていたけど、チェリー
って最近あんまり出ないのね。

そしてマックスの友達の流れに於いてもあのバンドの仲間たちが
出る時と出ないときがある。

サラは初めて出た時からマックスを崇拝している人物。
双子のフィービーとしてはマックスと友人が恋人関係になったり
するのは微妙なんだろうけどね。ただサラはキャラクター
的に怖いのでマックスもそういう関係には発展し成さそう。
サラは若いのか年取っているのか分からない。
見た目「クローザー」時代のブレンダ役を演じたKyra Sedgwick
に見える。

「Aプラス列車」と「落第バス」を使った言葉のやりとりは面白かった
し、ウィニーたちは成績などどうでも良い感じで、まさに現在を
楽しむことばかり考えているということで、ウィニーたちを選んだ
後に後悔することになる。

中国のモールの長城に行ってきたとして誤魔化すフィービー。
マックスはサラがマッチョだと知り、暑いならばタンクトップ姿でも
良いとして脱がせようとする。そしてドラゴン作りで失敗したときには
マックスはタンクトップ姿が免罪符になるとばかりに服を脱いでいった。

雨が降っていることを知って本来は起こすべきだが起こさないコロッソ
も可愛い。「悪いウサギだのー」と自分で言っていた。

二人ともそれぞれのグループから失敗を理由に首になる。
フィービーとマックスが組むことになり、
「絶対にAを取らなきゃ気が済まないモンスター」だとフィービーに
語るマックスに対して、フィービーもマックスがやらないと私も
やらないとして粘る姿が有った。結局根負けすることになるけれど、
マックスは作ったドラゴンをサラたちに与えてしまう。
フィービーは春巻きを作り、マックスは花火をあげて先生からの
評価を受けていた。

■ビリーとノーラサイド

両親は忙しいことを理由に家事をすることをサボる。
ビリーとノーラがそれにクレームを入れた為に親としては忙しいとする
が、ノーラは忙しいのではなくサボッているだけだとして、自分たちが
もしも両親よりも上手く家事をこなしたら言うことを聞くよう要求する。

その賭けに乗った両親。

まさか出来るとは思っていなかったハンクとバーブ。
完璧に家事の仕事をこなしている姿を見て、ハンクたちは困らせる為に
妨害工作をする。しかしよくないことだとして反省すると、ビリー
たちも実はメトロバーグからメイドクイーン、ハンディマン、
ミドリの指マン、フライパンマンを呼んで手伝ってもらっていたことを
告白する。
ビリーがスピードを使って家事をこなしているのかと思った。

しかし”~~マン”なんて付け方をすると、「アンパンマン」みたい。
最近姪の影響でアンパンマンの勉強をしているのだけど、ホント色
んな住民が出るんだよね。

■出演者

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、高速移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 父、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) 母、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

— (Jaron Adams) 学生
タイラー (David Burrus) チーム・サラ
ウィニー・リー (Reign Edwards) おしゃれなグループ
ハンディマン (Troy Fromin) Handyman
サブリナ (Olivia Rose Keegan) ウィニーの友達
メイドクィーン (Lisa Mason Lee) Maid of Honor
サラ (Keely Marshall) マックス好き
Mrs.オースティン (Rebecca Metz) 先生
アイアン・スキレット (Juan Monsalvez)
エヴァン (Elijah Nelson) チーム・サラ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336