超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans シーズン2 第10話(17) サンダークリスマス Winter Thunderland

リンク広告 テスト




第10話(17) サンダークリスマス Winter Thunderland

脚本/Wesley Johnson、Scott Taylor
監督/Michael J. Shea

【ストーリー】

「メリー・もうすぐ・クリスマス」、フィービーが部屋にやってくる
度にいつもそう唱えるので、マックスはうんざりしていた。
みんなニコニコして歌を歌ってケーキを食べるクリスマス。
まだ一週間時間が有るのでマックスにはたっぷりとケーキを作って
置いてというフィービー。嫌だというマックスは「死ぬまでクリスマ
スと戦う」。それがスーパーヒーローとしての鉄の掟だと。
そして「お年寄りは助けるな」だと。
ノーラはビリーが雪を降らせてくれるとして「雪乞いのダンス」を
踊る。しかし父・ハンクは天気予報では残念ながら雪は降らないみたい
だと語る。毎年お約束で家族雪合戦をしないとクリスマスという気が
しないというノーラ。雪が無くても盛り上がれると語る。
フィービーはプレゼントクジを作っておいたのでみんな引いてと語る。
ノーラはママへ、母はマックスへ、父はフィービーへ、ビリーは自分へ、
フィービーは父へ、マックスはノーラへのプレゼント交換。
マックスはノーラに絶望するようなプレゼントにすると脅す。
ビリーはノーラに雪合戦を実現させるとして富士山から雪を取って
くるという。しかしバケツに取ってきた雪は戻ってくる頃には水に
なり、ノーラに水をかけてしまう。「雪が水になるなんてクリスマス
の奇跡だ」とビリー。

コロッソはマックスに対してイブなのにまだクリスマス用の帽子を
買ってもらっていないぞと語る。そんなに注目されたいのかと問うと
本来はクリスマスなどキライだが、今年はロマンスを発展させたいと
いう。相手はお前の母・バーブだという。しかし母さんはコロッソが
キライだよというと、あんなポッチャリ旦那ならば見込みはあるだろ
うと語る。何で箱にカッティングチーズを入れているのかと問うと
ノーラは雪が好きなので雪の代わりにチーズを入れて開ける頃には
かび臭くなっているハズだという。

そんな中、バーブとフィービーが陽気にやってくる。
「それは一羽のヤマウズラ~」と。マックスはいつかそのヤマウズラ
を食べてやるというと、フィービーは「クリスマス・キャロル」の
スクルージみたいだと語る。最高の褒め言葉だというマックス。
コロッソはバーブに目に何か入ったので見てくれ~と頼む。
顔を近づけた為にここでキスをブチュとしてくれというと、バーブ
はサンダーを浴びせる。簡単には落ちないかというコロッソ。

父はノーラの為に雪を降らすとして大きな氷を持ってくる。
これをフワフワ雪の所に持って行けば雪が降るかも知れないこと。
「サンダーマン行きます~~」と天井を壊して戻ってくるが、暫く
すると氷の固まりごと落ちてくる。

フィービーはダークラボまでクリスマスの装飾。
「メリー明日クリスマス」と言って戻る。コロッソは辞めろとは
言ったがクリスマスは手強いのだという。マックスは癒し系のBGM
を聞いて寝るというと、車のクラッシュ音を聞きながら布団に入る。
すると暫くすると突然「過去のクリスマスの精霊」だとして80年代
ファッションに身を包んだフィービーが現れる。

■感想

クリスマスを題材にしたエピソード。
実にタイミングよくクリスマス時期にこのエピソードを持ってこら
れたなって感じだけど、アメリカでは2014年11月29日に放映された
エピソード。

家族中がクリスマスを楽しみに思う中で、マックス一人がヒールと
してクリスマスを壊そうとしている現実が有る。

そんな彼は今年もクリスマスを滅茶苦茶にしてやろうと考えるが、
いざ眠る際に何処からともなく現れたクリスマス超信者のフィービー
の形をした精霊が現れて、マックスがしてきたことの過去の影響、
そしてこれから起こりうるであろう影響を見せては彼を更正させて
いく流れがあるようだ。

ネタ的にはコロッソがバーブと親交を深めようとして、なんとか
キスしようと画策している姿が笑えた。最近のコロッソは最高だな。

あと意外と「メリークリスマス」の言葉を色んなアレンジして語って
いたのが印象的だった。

■マックスの悪徳の流れ

過去の流れでは、

1) フィービーとマックスが生まれた時の映像

マックスが生まれた時から既にヒールの資質を持っていると自負して
いた。最初のクリスマスでもみんなに不快にさせたのだろうと思って
いたけれど、実は思っていたのとは反対のストーリーがある。
マックスがバーブ相手に嘔吐していたが、その際、「ブワァ~」っと
吐いたつもりが、バーブには「バーブ」と声をかけたように聞こえた
のだという。

この時代のハンクがまたパンチの効いた髪型をしていて笑えた。
80年代のフィービーのファッションは最悪だったし、分かりづらすぎた。

メトロバーグ最後のクリスマス

引っ越しすることになったメトロバーグ最後のクリスマス。
引っ越しの原因になったのもマックスだということで、自慢していた。
メトロバーグでのヒールの連中と引き離すのが原因だとされて
いたが・・
プレゼントをみんなにあげるマックスだけど与えたのはなんと石炭。
最悪のプレゼントだとしていたけれど、ハンクが石炭をまとめて
得意のパワーで加圧した結果大きなダイヤモンドになり、そのダイヤ
を売ってヒドゥンビルで普通の生活をすることになるきっかけと
なったので、「クリスマスの奇跡」「最高のクリスマス」とされていた。

現在クリスマス

マックスはノーラのプレゼントは何もあげないことに決定。
「メリーじゃないクラスマス」としていたけれど、
マックスは喜ぶ中で、両親は彼のことをフルネームで呼んでいた。
“マキシオス・オクタビアス・サンダーマン”というらしい。
先にオレのミドルネームを謝れと告げていた。

未来のクリスマス

ノーラにプレゼントをあげないことなんて小さいこと。器が小さい
としてこの家のクリスマス全部を潰すことになる。
気がつくと家中がダークな色に染まっていて、全員がダークになって
いた。サンダーマンスーツもダーク色に染まり、両親は泥棒になって
いて、フィービーもヒドゥンビル高校の女王様みたいになり、
「サンダーマン恐怖アカデミー」と称されていた。
ダークラボは家で一番ダークな人物に与えられる場所だということで
それはビリーの手に渡っていた
ビリーはサンタの子分を誘拐。
ノーラは唯一ダークになることを拒んで、一人で生活。人形相手に
家族に見立てて暮らす姿。インゲンマメの缶詰とゴミ箱ミントで生活
する姿を見て流石に不憫に感じたようだ。ノーラの持つ最後のリボン
をマックスに与えようとしていたけど、それさえもビリーに奪われ
ることで、これではいけないと考えたようだ。

■出演者

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、高速移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 父、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) 母、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336