クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル Criminal Minds: Suspect Behavior 第7話 失踪者 Jane

リンク広告 テスト




第7話 失踪者 Jane

脚本/Glen Mazzara
監督/Rob Hardy

【ストーリー】

クラブで盛り上がっているとシンディは酒を飲んでフラフラだった。
マイクはそろそろ帰ろうとして彼女を介抱し駐車場まで連れて行く。
すると何処かで悲鳴が聞こえないかとして女性の声がするというマイク。
泥酔しているシンディはよく分からないとするが、マイクは正義感から
様子を見に行く。するとバンの男が女性を無理矢理押し込もうとして
いた。女性は助けを求める中、マイクは首もとを切られて倒れる。
シンディはマイクが戻らないことに心配してやってくると、倒れて
血を流しているのを見て一気に酔いが覚める。

インディアナ州インディアナポリス。
市警のジム・ブリッグスマンがレッドセル/BAUの面々を案内する。
拉致事件で推定とはどういうことなのかというサム。目撃者が22歳
の酔った女性・シンディでクラブの駐車場で悲鳴を聞いた気がする
としているのだという。恋人が様子を見に行ったら喉を切られて車が
去っていったとしているという。シンディの証言の信憑性は分からな
いが2週間で2人が失踪しているのだとし、もしかすると3人目かも
知れないのだという。まだ8時間なので確証はないと。2件の手がかり
を洗っているとし連続犯ならば捕まえたいという。メンツなどこの際
どうでも良いとのことだった。

サムとベスは目撃者のシンディに話を聞く。
彼女は何も目撃していないとし車は何列か向こうにあったという。私は
酔っていたのでソフトドリンクを飲んでいた彼が送ってくれるところ
だったという。何かが聞こえたがハッキリとは分からないとし、マイク
は女性の悲鳴だとして様子を見に行ったという。それもほんの一分程度
のこと。犯人が乗っていた車の特徴は分からないかとするが、ホントに
よく覚えていないとし色は黒っぽかったが正確な色も分からないという。

サムは病院にいくとマイクの命は今日いっぱいではないかという
ことだった。マイクと話したいとして両親に許可をもらうと病室に
入る。そして話さなくても良いので言っていることが分かれば手を
握って欲しいと語る。今シンディにも逢ってきたが無事だと報告する。

犯人は誰かと居たのか?女の人か?彼女は浚われたのか?
助けようとしたが先に犯人が襲ってきたのか?と質問していく。
サムは君は英雄で善きサマリア人だという。こんな事をしたヤツは
絶対に許さないことを語る。しかしその時マイクの容体は急変し亡く
なってしまう。

3人目の被害者はジェーン・ドゥだとするが、まだ12時間だというベス。
失踪届が出るかも知れないこと。それまでは身元の分かっている
2件を調べようという。

1件目の被害者はリーシャ・バーノン(53歳)、アフリカ系アメリカ人。
15日に失踪しているとし、業務用のクリーニング会社のマネージャー
の娘でホテルが主に顧客だという。残業の後に息子のバリーが迎えに
来るはずだったが、息子の迎えが遅れたのでバスがで帰ると連絡し
それきりだという。目撃者は居ないというジム。
2件目の被害者はエイミー・ホッチキンス(25歳)、テネシー出身、
インディアナポリス大・応用社会科院生で23日に失踪。夜遅くまで
図書館で勉強し入り口から車の駐車場まで50mの距離。共に身代金
の要求などの連絡はないという。
サムはミックとプロフェットに最新の拉致現場を調べる様告げ、
マイクがかけつけたので逃げる時にミスしている可能性があるという。
ベスとジーナはエイミーの家族や友人から話を聞いて欲しいという。
サムはリーシャの家族の元にいくという。
ジムは調書にこれまでのことは書いてあるというが、被害者の普段
の行動を知りたいのだという。どんな人を信用し、慎重さがあったか
どうか。最初の2件の事件を調べるのが近道だと語る。

■今回の事件の概要

インディアナ州インディアナポリスで誘拐事件が発生していた。
そんな中でクラブの駐車場で男性・マイクが女性を拉致しようとして
いる男性を止めようとして喉元を切られている事件が発生。一緒に
いた女性・シンディは当時酩酊状態に有ったことから、彼女の証言が
どの程度信用出来るものか分からない状況の中、市警察のブリッグマン
はその関連性を疑いFBIに捜査要請を行う。まだ失踪届も出ていない
状況であり、時期尚早ではないかとする向きもあったが、ブリッグマン
はこれ以上被害者を出すならば、プライドは関係ないとして捜査を
していく。

■感想

ガルシアに容疑者像の絞り込みさせるところまで持ち込めれば、この
ドラマの事件解決が近いことを感じさせる流れは相変わらず。
ガルシアが出てしまうとあまりに有能すぎるので後半まで封印して
いた印象も有る(笑)

ドラマとしては不思議な因果関係を抽出した話で、身元不明の女性・
ジェーン・ドゥが社会的に隔絶されたところに居る犯人を探り当てる
為の入り口になるというもの。最後まで何者なのか分からない女性
だったけど、その功績たるや身元不明とは皮肉なくらいにハッキリ
とした犯人特定への道しるべとなり、現実を照らしだすという皮肉
の効いたエピソードだった。

いきなりオチを語るようだけど、ジェーン・ドゥの墓を前にして
「君が居なければ悪魔を止めることは出来なかった」
というセリフを語るサムは、信心深さを発揮して、墓の前でも気の
利いた言葉を語っていたね。

犯人はあまりに手慣れている。
人気の多い場所で平然と殺し、そして拉致していること。
前に日本でもアメリカでも衝撃的な事件が発生したことを思い出すけど
列車の中で暴行を受けた女性は目の前で襲われているのを周りの乗客が
目撃しているにも関わらず防げなかったという事件だった。
また昔日本で発生した女子高生コンクリート詰め殺人事件にも精通
しているところがある。

どの被害者人物もとてもよく出来た人たちで、家族愛にも溢れている。
そんな家庭にあこがれていたのか、それとも幼少期に問題のある家庭
でアダルトチルドレンとしてトラウマを抱えたまま成長しても尚、
社会に溶け込めずにいたのか。

殺人が手慣れて成長していくというのは、この手のドラマではよく
ある流れ。冒頭では53歳の女性を狙い、25歳の女性、そして更に若い
女性をターゲットに狙っていく。

特に53歳の母親・リーシャの事を心配している子供たち。
娘が親子デーで同じピンクのネイルをしにいったことを告げ、その後
ドラム缶の遺体が見つかった手を見て、サムがその爪に触るシーン
など象徴的だったけど、殺されたマイクにしても、リーシャの息子たち
に同じ目に合わせてやると約束したにもかかわらず、結局の所、
彼は本能に任せるまま殺害せずに逮捕するだけだった。

犯人の行動でよく分からないのは・・・
・ワイヤーで縛って殺していること。
・生きたまま切断していること。
・顔だけは冷蔵庫に入れて残りの体のパーツはドラム缶にバラバラに
入れていること。

そんな心理は何から発生しているのか。

犯罪の出発点を探る為に最もターゲットにされにくい娼婦が狙われて
いるのではないかとして風紀課の刑事に尋ねたり、地道な聞き込み作業
が挿入されるという点は本家BAUではなかなか見られない光景だった
かも。正直そんな時間はない気がするんだけどね。

今回犯人逮捕に関して、プロフェットが催涙スプレーを吹きかけられた
ことをネタにみんなが盛り上がっていた。
「プシューパタってやられていた」と。

そして今回は被害者のジェーン・ドゥや誰とも親密な関係を築けない
犯人を指して、ベス自身も同様の傾向に有り、緊急連絡先も空欄で
あることを語っていた。
ベスはサムにフェイスブックの友達にはならないとしていたけれど、
意外と犯人はフェイスブックで容疑者と繋がっていたとかないのかな。

■使用された曲

・Hello Good Morning by Diddy and Diddy Dirty Money, featuring T.I.
・Wachadoin? by N.A.S.A., featuring Spank Rock, M.I.A., Santigold &

Nick Zinner
・Disarmed by The Belles

■出演者

サム・クーパー (Forest Whitaker) 「レッドセル」のリーダー
ベス・グリフィス (Janeane Garofalo) 副リーダー
ジョナサン・シムズ (Michael Kelly) “プロフェット”、ベテラン
ジーナ・ラサール (Beau Garrett) 若手の女性プロファイラー
ミック・ローソン (Matt Ryan) かつて英国のある特殊部隊

ペネロペ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 元全米屈指のハッカー、BAU
— (Christopher Nissley) Opening Narrator

ジム・ブリッグマン (David Marciano) 捜査官
バリー・バーノン (Demetrius Grosse) リーシャの息子
クリア・バーノン (Sydelle Noel) リーシャの娘
スティーブ・クレイグ (Matt Gerald) 風紀課・捜査官
— (Susan Angelo) 検死官
— (Joseph McKelheer) 犯人、自動車修理工
マイク (Jayson Blair) シンディの連れ、殺される
シンディ (Jamie Renne Smith) クラブで酔っぱらう
トリッシュ (Tammy Dahlstrom) エンストし電話中浚われる
ジェーン・ドゥ (Lisa Kay Jennings) 謎の美女
リサ (Joanna Sotomura) エイミーの親友
ジョイ (Lois Atkins)
トッド・ローガン (Steve Luna) 車の持ち主
— (Tereza Rizzardi) マイクの母
— (Michael Cassidy) Club Patron
— (Joshua Lassman) バーテンダー
リーシャ・バーノン () 53歳、アフリカ系アメリカ人
エイミー・ホッチキンス () 25歳、インディアナポリス
ビック・タイニー () ポン引き
ザンドラ・ヘイモア () 行方不明の娼婦、ヒューストンでリハビリ
マリア・サンチェス () 行方不明の娼婦

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336