西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~ Graceland シーズン2 第4話 光と闇 Magic Number

リンク広告 テスト




第4話 光と闇 Magic Number

監督/Marc Roskin 脚本/Aaron Fullerton

【前回までのあらすじ】

マイクは旅客バスで密輸が行われているとして捜査の為にチームを
編成することをグレイスランドの面々に語る。マイクが指揮を執る
ことになる。この件はカリートにかかっているとして潜入するジョ
ニーに託す。ジェイクス(DJ)は息子に会いたいとして元妻の元に
行くと接近禁止命令が出て息子とは会えずにいた。フアンの妻・
ケリーがまた酒を飲んでいるということを聞いてブリッグスが
ケリーに近づく。妻と娘からバディリョを奪った罪は決して許される
ものじゃないとするチャーリー。バスターミナルの防犯カメラ映像を
見て居たDJはティンカーベルを見つけたが別の少女だという。しかし
同じピンクのリュックを背負っていた。ペイジはそんなリサに接近
すると事情を尋ねてリュックに追跡用の携帯を仕込んで、必ず見つける
という。リサは事情を聞かされておらずとにかくシルマーに行け
と言われていること。DJはバスを追いかけると118番のバスは乗客
を下ろした後にこの整備工場に来たことをマイクに語る。ペイジは
シルマーに行ったとのことだった。

【ストーリー】

DJはマイクとチャーリーの前で車の整備をする。マイクはDJが整備
が得意だということを何故黙って居たのかと問うと、話せばみんなに
修理を頼まれるだろうという。ウェインよりも使えるというマイク。
採用試験には車の質問も多いはずだとして、幾つかテストをする
という。「ギアチェンジの際にバックに入れると異常な音がします。
どうする、色男!さぁどうする!!」というチャーリーに対して、
「欠落したシフトロッドグロメットを交換すれば良い」という。
経歴に関しては暗記したかというマイクに対してDJは潜入には慣れて
いるので大丈夫だという。整備工場の潜入は絶対に失敗出来ない
ことをマイクに聞かされる。

ジョニーは郵便物を見る。チャーリーに対して何でこんな雑誌に
金を払うのかと問うと着こなしの勉強だという。ジョーはDJに
4人の弁護士から手紙が来ている事を告げる。

ペイジはこれが今回の作戦なのかと問う。バスの解体計画だという
マイク。バスは国境で毎回検問を通ること。警備隊のチェックも入る
から大量の麻薬を運ぶならば隠す場所は荷物室ではなく車体の中
だという。そこでDJを整備工場に潜入させて証拠を掴む作戦だった。
マイクはペイジに少女の手紙で何か分かったかと問うと、名前はリナ
で内容はダンスの事と親への仕送りのことだけで、ソラノカルテル
のことは何も無いという。怯えながら故郷の家族に宛てた手紙だと
いう。DJの言う通り少女たちは単なる運び屋ではないこと。
小袋を飲み込んでいるというマイク。しかしリナみたいにダンサー
とかモデルが雇われているが、運び屋には外見は関係ないというペイジ。
売春目的なのかと言うと、ペイジは私にチームを組ませて欲しい
と頼む。確証はないがシルマーに行って手入れをするという。上手く
いけばリナやティンカーベルの場所が分かるし、情報も掴めるという。
ソラノに繋げる情報を見つけろとマイクは送り出す。

DJに対して弁護士はもう手はないという。
オレはわざわざ子供のために仕事を変えたし、アパートも借りたのに
何処が問題なんだという。代わりの弁護士リストを送ると言われる。
そんなDJは酒に手を出す。

一方ブリッグスとケリーは断酒会へ。
半年間断酒したのに記念のメダルは純金じゃないのかというブリッグス。
ケリーに対してその服で仕事に行くのかと問うと、バイトの受付係
だという。以前のような法律事務所が恋しいという。10年間断酒した
けれど夫が死んで逆戻りだという。どん底だとすると、確か夫はFBI
だと聞いたが殉職したなら高い死亡給付金がもらえるのではないのか
と問う。しかし正式に死んだと認めてくれないのだという。
フアンはメキシコの異常者に殺されたらしいが、遺体が見つからないから
給付金は払えないと言われたという。本来23万ドル出るハズだという。
夫はまだ生きてて他の女と逃げたのかも・・というケリー。鍵だけが
見つかったとし犯人のキーホルダーに付いていたのだという。きっと
フアンは鍵を無くして家に帰れないのねとケリーは語る。

その日の夜、ブリッグスはフアンの死体を埋める夢、そしてそこには
自らが埋まっている夢を目にする。
隣で寝ていたチャーリーはブリッグスに対してあえいでいたことを語る。
夕べケリーと何か有ったのかと問うと、依存者の会の後で話をしたが、
彼女は死亡給付金を受け取ってないのだそうと語る。20万ドル以上だと。
遺体が見つからないと出ないとすると、チャーリーは助けようという。
一体どうやってやるのかと尋ねる。
そんな中隣では飲み過ぎてトイレで嘔吐しているDJの声が聞こえる。
ブリッグスはDJに何があったのかと問うと、人生はクソだと思い知ら
されているとし、良い事なんて何も無いと語る。オレに何か出来る
事はないかというブリッグスに、マイクにこんな姿を見られたらマズイ
のだという。そこにマイクがやってくるとブリッグスが誤魔化そうと
するが、マイクはDJがまた飲んだのかと呆れる。ブリッグスは彼は
大変な思いをしたのだとすると、みんなが大変な思いをしているのだ
という。ブリッグスは今日はオレも付いていくとして、DJの面接に
同行する。

副長官はメキシコのチームがエルモシージョでカザに襲撃されたと
して、私は非難の的になっているとジェシカに怒りをぶつける。
マイクのバスの捜査が進展していないせいだとすると、ジェシカは
後一歩だと語る。負傷者が出たので中止だという彼に週末までは
待ってというジェシカ。これで彼をかばうのは2度目だぞと語ると、
私に指揮を執らせてくれという。失敗したら責任を取るというジェシカ。

DJはCAL COASTの責任者のローレンスと面会にいく。

■感想

今回は汚名を返上し名誉を挽回する為に、それぞれがそれぞれの作戦に
従事して行動を起こした感じのエピソード。マイクが率いている作戦
だけど、一つの作戦だけが進行しているのではなく、同時に3つの作戦
が遂行され、それぞれに抱えている問題を回復する為に行動を
起こしている。ただマイクが最も知りたがっているのは、麻薬の密輸
ルートの解明であり、観光バスを使った流れを監視する為にDjと行動
を行っているというのが現状だ。

今回のエピソードは4つに細分化することが出来る

■麻薬ルート壊滅の為に・・

ドラマとしてのメインはこれ。
前回のエピソードでDJが見つけたピンクのリュック/ティンカーベル
の流れから、彼女が乗ってきたバスは118番のバス。そのバスの運営
整備をしている会社はCAL COASTで、メカニックとしてのスキルを持つ
DJがそのバスの整備工場に潜入することになる。
DJとしては息子のダニエルの件も有り、弁護士からはこれ以上は
どうしようも出来ないことを言われて、酒に逃避するが、潜入前に
酒を飲んだことで、マイクからの信頼を失いそうになる。
DJは大丈夫だとするが、工場長のローレンスもまた面接の際に
危険信号が出ているとしてDJの口からウィスキーの香りがすることを
告げる。ローレンスによると君は優秀だが欲しいのは信頼出来る整備士
とのこと。アルコール中毒のDJは即面接ではじき出されたかと思われた。

ただそういう負の流れを捜査に上手く活かしていくのはベテランの
捜査官らしいところ。そしてそんな気持ちを共有しているブリッグス
がDJのフォローに回る。

ブリッグスが渡した魔法のアイテムは工場長の心を揺り動かすのに
十分なもの。

「何を渡したのか?」(Mike)
「誠意さ」(Briggs)
「みんな人助けが好きなんだな」(Mike)

「大事なのは良い環境に身を置くこと」
「だから戻って来た。人生を立て直したい」

採用までの経緯はなかなか。

その後整備士としての仕事を通して、118番バスがキーカードのセキュ
リティ付きの第3車庫に入っている事実を掴んで査察を名目に118番の
バスを調べる。カードキーはDJがローレンスに対して「生き甲斐に
ついてのアドバイス」
をもらう名目で、ローレンスが飲酒運転で姪っ子
を死に至らしめてしまったことを聞いた後に、その写真を見せてもらう
のを名目に上手いこと転写装置を使って複製を作っていた。

そんなローレンスが冒頭で「ここはリハビリ施設じゃない」としていた
けど、ある意味そうなっているところがあるのではないか。

残念ながらその時の捜査では見つからなかったが、リーバイとDJが
むかついてバスにドーンして傷つけたが翌日にはバスがキレイに修復
されていたこと。大量のドラム缶が倉庫内に入っていた事を知り、
オイルの中に麻薬が隠されているであろうことを示唆するものが有った。
以前の展開の中で麻薬にはオイルが混じっていると言って居たのだから、
オイルくらい採取していっても良いのにね。感情的にならず仕事をして
いれば・・・

■人身売買ルートの追求

これはペイジが一人で担当していた。
前回リサという女性と接触した際に助けると約束した訳で、そんな
彼女との約束を守る為にもペイジはより感情移入するところがあるの
だろう。
ペイジとマイクの会話の中で、これまでの捜査の中で麻薬の売人や
ドラッグや精製業、ギャングに慣れているが、奴隷のように人を売る
なんて異常であることを語っていた。

リサから聞かされたのはシルマーという土地に行くという事だけ。
ジョニーがゲスト的にペイジの潜入を手伝いシルビアという中国系の
売春宿の店を捜索に入る。
何か知っていると感じたペイジは彼女がウイグルの分離主義者とメール
のやりとりをしているとして難癖を付けた上で全面免責と引き替えに
情報を引き出すことにした。

1年前に金髪の子が仕事が欲しいと来たこと。
メキシコから来たとしていたがロシア訛りが有ったこと。
彼女たちは競りに掛けられ男に買い落とされたがバイヤーによって顔
を切られていたという。奇跡的に逃げられた人物なのかな。

■カリートとの関係性

ジョニーが取りあえずカリートと関係を保つ為の行動を起こす。
カリートからメールで金曜日の夜にクラブに誘われる。
ジョニーは今度はテキーラを手土産に更に近づくべきかとするが、
ブリッグスからはヤツは気晴らしに部下を撃つような危険人物だという
ことで今は目立つ必要はないという。

クラブではカリートがジョニーに薬を渡してハイにさせようとした
けど、上手いこと飲んだ振りをして、隠し持っていた。そして
カリートから要求されたリクエストとして二人の女性、オードリーと
コリーンをVIPに連れてこいというもの。

ここでも魔法のアイテムが役に立ち、飲むべきハズだった麻薬を二人
に渡すことで付いてくる。マセラッティで釣ろうとしたのにつれなか
った女性は麻薬では釣れるという現実(笑)

■バリーリョ捜査官の遺族の為に・・

ケリーがフアンの死で人生を壊されている上に、本来もらえるべき
死亡保証金も遺体が出ていないことも有って、給付されないことが
分かる。それを知ったチャーリーはなんとか自分たちが金を融通しよう
と考える。
ブリッグス辺り、シーズン1では麻薬をチョロまかしているとして
捜査対象になっていて金を持っていた気がするのだけど、そこまで
持っていないのかな。

シーズン2のブリッグスは完全にバランサー的役割をもって自ら行動
を起こすみたいなことは一切なくなっているね。

チャーリーがタトゥー店で働いている際にラレゾが店に来たことを
知り、ギブソンという男性が彼を紹介して欲しいという。ラレゾは
西海岸の大物であり、ヘロインが山ほどあるので売りたいとのこと。
一体何でそんなにヘロインを持っているのかと思えば、ギブソンの
親戚はタイでアヘンの流通網で取引をしていたが、彼の叔父が認知症
になってそれが残されたものだった。

情報提供者には押収した麻薬の価値の10%分の謝礼が贈られるという
ことも有って、押収した金を渡すことになるけれど、その内本当に
遺体が出た際に、二度金を受け取ることになるのでその辺の整合性の
問題が気になるところだね。

■出演者

・ブリッグスに殺されたフアンの妻・ケリー役を演じている
Brianna Brownは「デビアスな妻たち」で弁護士の妻・テイラー・
スタッポード役として出演。この人、美人さんだよなぁ。

■使用された曲

・Ticket Home by The Bones of J.R. Jones
・Real (J.A.C.K Remix) by Years & Years
・We Feel so Hot by Colette

■出演者

マイク・ウォーレン (Aaron Tveit) “リーバイ”、FBI特別捜査官
ジョー・タトゥーロ (Manny Montana) “ジョニー” FBI特別捜査官
ポール・ブリッグス (Daniel Sunjata) FBI特別捜査官
デイル・ジェイクス (Brandon Jay McLaren) “DJ”、税関
ペイジ・アルキン (Serinda Swan) DEA捜査官
キャサリン・デマルコ (Vanessa Ferlito) “チャーリー”DEA捜査官

ジェシカ・フォスター (Emily Rose) マイクの恋人、D.CのFBI本部
ケリー・バディリョ (Brianna Brown) フアン捜査官の妻
カリート・ソラーノ (Erik Valdez) カルロスの息子、麻薬
ローレンス (Brianna Brown) 旅客バス CAL COAST 経営者
ラモーナ (Lindsey Haun) DJに声を掛けてくる女
ギブソン (Daniel Brunnemer Hall) タトゥー店、ヘロイン売人
シルヴィア・ウー (Karen Lew) 売春宿の主宿
オードリー (Angelica-Naia Gabor) カリートのバーの女
コリーン (Kelly Gray) カリートのバーの女
チワワ (George Lendeborg Sr.) タトゥー店
— (Frank Licari) Deputy Director
— (Andy Quiroga) Tac Team Leader
— (Amy McKenna) Tac Team Member
— (Christina Rodriguez) Tac Team Agent
— (Rene Lavan) Immigration Officer
— (Evan Charles) VIP Patron
— (Patrick Fox) Bus Mechanic / Undercover FBI
— (Tommy O’Brien) Bus Mechanic / Under Cover CIA Agent
イーデン (Chrissy Marie Kelly) ギブソンの彼女
— (Steven Sadiku) Club Patron
— (Joey Lamar Ashley) Club Patron
— (Jerome Joyce) Club Patron
— (Olga Bespalenko) Club Girl
— (Earl Poitier) FBI Custodian
ラレゾ () 西海岸の大物ディーラー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336