デビアスなメイドたち Devious Maids シーズン2 第9話 突然の訪問客 The Visit

リンク広告 テスト




第9話 突然の訪問客 The Visit

脚本/Elle Triedman
監督/David Warren

【前回までのあらすじ】

ロージーはディディがサンダース先生と抱き合っているのを目にして
しまう。レジーはルシンダを代理人にするのが一番だと思っていたが
ケネスからルシンダは追い出される。ルシンダはロージーが告げ口
したせいだと考えていた。ロージーは自分のせいではないとして
レジーに相談するとディディの入れ知恵だとし、必ずチャンスが
来るという。ゾイラはジャンヴィエーヴが腎臓に問題があることを知る。
オーパルはマリソルに対して今夜出て行く事を告げると、マリソルは
彼女に仲良くなれなかったのは残念だと語る。トニーはエヴリンに
エイドリアンに二人の関係がバレている事を語るが彼女はさして
気にしていなかった。エヴリンは二人が浮気している現場を押さえて
びっくりするところがみたいという。タイはカーターがアレハンドロ
を撃ったとするが、イーサンはお前以外の記憶はそうじゃないとして
黙って居る事を告げる。タイはスペンスにタイしてメイドに手を出す
なんてダサイというと、彼は問題があるとして姉の元に帰すことに
する。カルメンはタイが居なくなったことを喜び、パーティーでも
しようと語る。

【ストーリー】

CAFE LUCIANO。
メイドのゾイラ、カルメン、ローバーが集まる。
カルメンはゾイラに金曜日は集まる事が出来ないことを謝罪する。
金曜日はスペンスが番組の仲間を呼んでパーティー(番組20周年)を
するのだという。代わりに明日はどうかという。
そんな中タイがカルメンたちの会話を聞いているのを知り彼女は
激怒する。偶然だというタイだが市場でも見たし、夕べは映画館で
も見かけたという。カルメンはあなたがどう思おうが私はあなたに
興味がないとし、私が興味があるのは大人の男だという。あなたは
とっちらかった坊やだと告げ後をつけ回すのは辞めてと語る。

タイはカーター、イーサン、ジェイソンの強盗仲間を呼ぶと、
襲撃したい家が一軒有るのだという。しかしタイ以外は正気じゃない
事を告げ、警察だけでなくFBIが捜査協力をしているのだという。
カーターが人を殺しているんだぞとすると、イーサンは正義の盗賊
ごっこは終わりだという。協力しないのであればボクは警察に行って
何もかも話すという。警察が町中で目を光らせているのにそんなリスク
は負えないというが、あと一軒だけだという。誰の家なのかと問うと
スペンス叔父さんの家だというタイ。

レミはジャンヴィエーヴと腎臓移植の検査では一致しなかったと語る。
ジャンヴィエーヴは腎臓は他の人にもらうから良いという。ゾイラも
適合検査を受けるというが、あなたは週末テキーラをがぶ飲みして
いるでしょとしくたびれてない腎臓を他からもらうという彼女。
オクラホマの親戚に聞いたらどうかとすると、ジャンヴィエーヴは
否定する。知らない人から買うから良いとし、誰か周りに金に困って
いる人は居ないのかとゾイラに尋ねる。ゾイラはそんなジャンヴィエーヴ
に「サントディオス(神よ!)」と呟くと、その人を紹介してと語る。
臓器売買は禁止されているのだといると、ジャンヴィエーヴは
お金持ちが欲しい臓器を貧しい人がもっているのだとし、ビジネスに
どうして政府が邪魔をするのかという。アンリ(ヘンリー)叔父さんに
電話したらどうかというレミに対して、ジャンヴィエーヴは親戚には
知られたくないのだという。ゾイラはレミにアンリの電話番号を
知らせてくれと語る。

病院で結婚したマリソルはオーパルがメイドを辞めたことも有り、
ニコラスの介護も同時に出来る介護ヘルパー兼メイドを雇うために
面接する。金曜日にニコラスが退院すること。ルースという人物に
マリソルは説明する。治るには時間がかかるので助けが必要だと。
次に面接したモリーはかなりざっくばらんな女性だった。前の雇い主
からは騒々しいと言われたという彼女。マリソルは笑わせてくれる
人が働いてくれるとありがたいとし、意地の悪い使用人にやめて
もらったばかりなのだという。履歴と紹介状を見せると、モリーは
オタクで働きたいのは、あなたは良い人だし服のセンスが良いから
だという。するとマリソルは彼女に決めるのだった。

エヴリンはエイドリアンに対してニコラスが車ではねられたことを
語る。マリソルは薔薇アレルギーなので薔薇の花を見舞いに贈る
という。するとエイドリアンはエヴリンに対してトニーと寝ていること
は知っていると語る。不倫は辞めるのだというと、エヴリンは辞めない
とし、幸せになるので好きだと分かったからだという。使用人と寝て
いるのを黙って居ると思うのかというと、あなたが使用人と寝てる
時には黙って居たのだという。近頃浮気し合う夫婦は多いのだとすると、
トニーは何故君と寝ているのかと尋ねる。魅力を感じているからでしょ
とすると、その魅力とは毒舌なのかそれともトゲトゲしい性格なのか、
それともハートがあるべき所に横たわる氷の塊なのかと告げる。
私は”私だけ”と言っているのだとし君のような人に好かれる男はと。

ケネスはチラシを使って言語療法を行う。
レジーがルシンダの部屋に荷物を置いていることにディディは指摘する
と家を改装している2、3日だけだという。アルシアによるとあそこに
はもう住んでいないと言っていたというが、勘違いだろうという
レジー。そんな中サンダース先生から電話が鳴る。ロージーはディディ
に対してもう遭わないと約束したハズだと語る。

■感想

各々のエピソードで混乱してきましたね。
終盤に向けた流れが有る中で、各々の家庭では”金曜日”に何かが
発生するということで、果たしてそれは吉と出るのか凶と出る
のか。

■パウエル家

夫・エイドリアン
妻・エヴリン
子・バレット ((死亡)・生きていれば21歳)
ボディガード・トニー・ビシャラ
メイド・ヴァレンティナ
プール係・イーサン

エイドリアンはエヴリンに対してトニーと浮気しているのを知って
いることを語るが、彼女は全く焦るどころか、浮気は最近どの家庭
でもしていることだと開き直る。エイドリアンはエヴリンの何処に
トニーが惹かれたのかまるで理解出来なかった。
エヴリンはどんどん過激になり、トニーに対してコソコソした付き
合いではなく、今夜愛し合う際にはドアを開けて置こうとした際に
はトニーはどん引き。

ヴァレンティナはエイドリアンが落ち込んでいることを知る。
「去勢に伴う副作用だ。妻の不義密通による男が陥る状況」と称して
「妻が余所の男と浮気をして私は男としての威厳を失った」と語る。
それを聞いた彼女は、「神のお導きを求めるべき」ことを語っていた。
君はまさに仁愛の化身だと語る。「神」繋がりで、母のゾイラが
臓器移植の件でジャンヴィエーヴに語ったことと対照的で、共に
信仰心が深いのね。

エヴリンは元々オーパルと仲が良かった関係も有って、ニコラス邸
を訪れた際に、エイドリアンはマリソルが雇ったモリーがトニーを
目にして何か違和感を覚えているのを察していた。
話を聞くと彼はトニーという名前ではないとのこと。

■ウェストモア家

夫・スペンス (男優)
妻・ペリ (女優)
関係者・ロージー
新メイド・カルメン
関係者・タイ (スペンスの兄の息子・17歳)

カルメンを巡りタイが完全にストーカー状態になってしまった。
タイはカルメンが語った「頼れる大人の男」を演出する為に、
強盗が入った際に、自分が助ける振りしてヒーローになりたい
ことを強盗のカーター、イーサン、ジェイソンらに告げる。
もしも強盗計画に乗らなければ警察に行って全てはぶちまけるという
タイ。タイ以外の人物は全て順調な生活に向けて前に進み始めていた。
ジェイソンはイエール大、カーター(殺人)は芸能プロダクション、
イーサンは最高の女性と出会えたという。タイは自分だけが不幸せで
あり、元々強盗に誘ったのは君たちだとしてとち狂っている姿が有る。

宿主のスペンス本人はドラマの20周年を祝い。
その際に強盗に入るイーサンたちはカルメンを人質にする。
タイがそんな彼女を助ける為に強盗に立ち向かうが、”心臓外科医”の
マクダイ先生によって転ばされた。
カルメンは近くに有ったナイフで強盗に突き刺す。何よりもその強盗
はアレハンドロを殺した人物たちだと感じたという彼女。

もしかしてこの流れでヴァレンティナ繋がりで、イーサンが死亡して
ジャンヴィエーヴの腎臓移植にイーサンの臓器が利用されたりする
のか?イーサンの場合、ニコールとの信託/遺産問題も絡んでいるので、
オーパルのその後の動きも気になる。

■デラトゥア家

母・ジャンヴィエーヴ
息子・レミ (大学生)
メイド・ゾイラ
メイドの娘・ヴァレンティナ
メイドの夫・パブロ

今回はゾイラの恋愛ネタは取りあえず封印。
ジャンヴィエーヴが腎臓を悪くしているのを知り、親戚に知らせた所、
母・ヴェルマが乗り込んできた。前回ジャンヴィエーヴが61歳だと
公表されたばかりなのに、今回はそんな母の登場によって、彼女の
本名がユーニス・マッジであり、彼女の弟の名前はアンリではなく
ヘンリーだとしていた。ジャンヴィエーヴは恋愛小説から取ったもの
だという。
ジャンヴィエーヴは今では考えられないが昔は「丸ポチャ弾丸娘」
言っていたというくらい太っていたという。ドイツ系ならグラマーだ
と言うがあんたの場合は太っていたと語る。
ただゾイラが語ると、ヴェルマは50年代にシングルになり、相当男性
社会で揉まれて育ってきたことも有って、ズバズバっと子供たちにも
本音で語ってしまうところがあるみたいね。
ゾイラ自身そんな性格だけど、それを上回るところがあるけど、
そんなシングルで娘を育てたという気持ちに関してはゾイラも共感
するところなので、どうしていくのか。
ジャンヴィエーヴはゾイラに母を追い出すよう珍しく彼女に命令して
いた。
しかし十戒の5番目を引用して「あなたの父と母を敬うべし」
「全てのことに感謝して、過ちを許すのだ」
と語る。いずれあの方も
亡くなるので関係を築かないと悲しみがぬぐえないとしていたけれど、
ジャンヴィエーヴの方が先に亡くならないか心配だ。
61歳の母親というと、かなりの高齢だよね。その割りに若々しさが
有ったな。

ヴェルマ役のJune Squibbというと、「Dr.HOUSE」のS1-20でも出演
しているけれど、この時代から既にかなりのご高齢で、熟年結婚
して精力旺盛な役だった。キャメロン先生の髪の毛がまだ黒い時代
の話(笑)

■ダーリング家

主人・ニコラス
妻・ダリア(1999年・自殺扱い)
メイド・オーパル
メイドの息子・イーサン
フィアンセ・マリソル

マリソルは新たにメイドを雇う。
モリーというおしゃべりなメイド。まるで「グッドラック・チャーリー」
のエイミーママみたいな人だな。
とにかく会話が好きな人物で、マリソルとの面接の際にも他人の家
の事情をベラベラ話していたので、正直こうなるだろうとは思って
いた。
ロージーたちがたまたまメイド仲間で喫茶店で落ち合い、カルメンの
悩みを聞く。タイからストーキング被害を受けているという彼女が
厚い変装してきた際に、ゾイラがまた「化粧するのを辞めたらいい。
スッピンのあんたと逢った時誰だか分からなかった」
としてじゃれ合う。
そんな際にモリーはマリソルのことを別のメイド仲間に話している事
を知る。
マリソルをそれを受けてモリーに秘密保持契約を求める。
マリソルってエイドリアンの自宅でおきていたことで、息子が殺人の
容疑者になった際に、散々秘密保持契約で振り回されたところがある
からね。モリーは秘密保持契約を盾にトニーの事は話せないとするけど
まぁおしゃべりな人だしあっさりしゃべるかな(笑)

ただマリソルが執筆している原稿も結局メイドたちや雇い主の悪口だ
としてモリーが語るところは一理あるな。

■ミラー家

主人・ケネス (脳梗塞)
妻・ディディ (元ストリッパー、アンブロージア)
娘・ルシンダ (元彫刻家)
メイド・ロージー
甥・レジー

ケネスの周りがどんどん人が減っていく(笑)全てはレジーが仕掛けて
居ることだけど、今一番ゲスな感じがするのはこのレジーかな。
人相もあんまり良くないし正直あんまり印象がよくない。

ディディはサンダース医師からの連絡を受けていたけれど、今のディディ
は確かに密会はしていない感じにも思える。ロージーとしてはモリー
と違って容易に家庭の事情を外には話そうとはしないけど、レジーには
またベラベラと喋ってしまうのよね。
ディディが浮気していたことが明らかになる。
それがサンダース医師から送られて来た手紙がきっかけ。

「私とディディはお互いに愛し合っています。彼女と別れてください。
ビル・サンダース」
と。

しかしその手紙を送ったのは誰でもなくレジーだった。

ロージーのレジーに対する気持ちは急激に冷えてスペンスの元に逢いに
言っていた。

■使用された曲

■出演者

マリソル・スワレス (Ana Ortiz) スタッポード家のメイド
ロージー・ファルタ (Dania Ramirez) ウェストモア家のメイド、子供が
カルメン・ルナ (Roselyn Sanchez) 歌手志望、アレハンドロのメイド
ゾイラ・ディアズ (Judy Reyes) ゾイラのメイド、ヴァレンティナの母
エヴリン・パウエル (Rebecca Wisocky) 意地の悪い妻
エイドリアン・パウエル (Tom Irwin) 浮気性の夫

ジャンヴィエーブ・デラトゥア (Susan Lucci) 母、精神不安
ヴァレンティナ・ディアズ (Edy Ganem) 娘、レミにアプローチ
レミ・デラトゥア (Drew Van Acker) 大学生、ジャンヴィエーブの息子
ペリ・ウエストモア (Mariana Klaveno) スペンスの妻。女優
スペンス・ウエストモア (Grant Show) 夫、ソープオペラ賞の男優

ニコラス・ダーリング (Mark Deklin) 元ダリアの恋人、現マリソルの彼
オーパル・シンクレア (Joanna P. Adler) ダーリング家のメイド
イーサン・シンクレア (Colin Woodell) オーパルの息子、プール係
トニー・ビシャラ (Dominic Adams) パウエル家のボディガード
ヴェルマ・マッジ (June Squibb) ジャンヴィエーブの母

レジー・ミラー (Reggie Austin) 弁護士
ディディ・ミラー (Tiffany Hines) ケネスの妻
ルシンダ・ミラー (Kimberly Hebert Gregory) ケネスの娘
ケネス・ミラー (Willie C. Carpenter) 主人、脳梗塞でリハビリ中
ハビエル・メンドーザ (Ivan Hernandez) 料理研究家、ゾイラと出会う
タイ・マッケイ (Gideon Glick) スペンスの甥、強盗
— (Joe Sabatino) 捜査官
Dr.ブレイク・マクダイ (Brett Zimmerman) “心臓外科医役”
Dr.ビル・サンダース (David Mackey) ディディと関係に・・
モリー (Nicole Sullivan) ニコラスの介護ヘルパー
— (Preston Baker) VIP Party Guest
カーター (Alexander Biglane) 強盗殺人
ルース (Stacy Rabon) 介護ヘルパーの面接に
— (Sarafina King) ウェイトレス
— (Roger Neal) Party Guest
— (AnnaKay Winford) Party Guest
— (Sarah Winford) Party Guest
— (Alanna Wykoff) Beverly Hills Waitress
— (Carlee James) Spence’s Party Guest

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336