クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン6 第19話 共犯者 With Friends Like These

リンク広告 テスト




第19話 共犯者 With Friends Like These

脚本/Janine Sherman Barrois
監督/Anna Foerster

【ストーリー】

夜のスーパーにベンとマットとヨランダとトニーが買い物に来て
いた。レジでカレンという女性を見ると、ベンの周りにいるもの
たちはやろうぜと声を掛ける。ベンはそれを拒否しようとするが・・
声を掛けるが明らかに無視されるベン。
カレンは帰宅してパソコンのモニタの前に座っていると、突然ベン
たちが入って来て彼女を殺害する。

ガルシアの元にモーガンがやってくる。
プレンティスの写真が壁に飾られている前でガルシアは目を潤ませて
いたのである。モーガンはそんな事をしてもプレンティスは喜ばない
事を告げる。ガルシアはなんだか女の子ばかりが減っていくと語る。
シーバーの面倒も見ていかねばならないのだと告げるモーガン。
ガルシアはそのシーバーがFBI訓練校を卒業した事を受けて、カップ
ケーキを焼いて持って来ていた。「卒業おめでとうござい」って何だ?
とすると、ケビンが「ま」と「す」を食べてしまったのだという。
それなら俺たちが「ござい」を食べれば「卒業おめでとう」になると
語るモーガン。

ホッチは電話して欠員補充の件を話し合っていた。
ホッチはロッシにストラウスにも話したが新人で穴を埋められると
思っているという。シーバーには荷が重いとしてもっと経験豊富な
人材が必要なので求人をかけるという。
みんなが集まるとシーバーの卒業を祝う。

ガルシアは一段落すると今回の事件について語りだす。
今日はポーランド。デッドムーンのライブじゃないとし、クラブDJの
ジェイ・ジョンソンが仕事後駐車場への近道を通る中、鉄パイプで
殴打され、31カ所刺されたという。時計や携帯、パソコンを盗まれた
のが2日前のことで、今日の未明に看護師のカレン・ヘイウッド(30歳)
が自宅で殺されているという。やはり頭を殴打された挙げ句40カ所刺
されていること。凶器は自宅に有ったものだという。凶器は全部で8種類
なのかというモーガン。被害者一人にしては多いというロッシ。
左利きと右利きの犯人がいた功績があるというガルシア。集団でいた
のか左利きの方が力が強く右利きよりも傷が深く刺さっているという
ホッチ。一人は女性か優男がいるというリードとシーバー。盗まれたのは
パソコン、貴金属、ユリの花の絵だというと、質屋通いの殺人鬼か
という。被害者は同年代で5kmの距離で発生していること。何で殺した
のかというシーバーに対して、それを考えようという。日没までは
8時間しかないというホッチ。

ベンは寝ようとするが、マット、ヨランダ、トニーは邪魔して眠らせて
くれなかった。彼らはドラッグを吸っている様だった。ベンの手と
服ばかりが血だらけだった。

移動の飛行機。
共通点は年代と殺された時間だという。夜仕事を終えて帰宅中、買い物
をした後に帰りに付いた自宅で殺されているというロッシ。こういう
場合恨みからくることが多いというシーバー。または別の誰かへの怒り
を被害者にぶつける場合があるという。犯人は夜行性だが被害者も
夜の仕事だというロッシ。手口は無秩序、一件目は現場の鉄パイプ
を凶器にしていて二軒目は現場のキッチンのナイフだというリード。
集団心理が働いて凶悪な行動に走りやすくなるもの。強盗発生率が少ない
エリアだっていのも不自然だというシーバー。リードは地理的プロファ
イルをしているとし犯行現場は半径8km圏内。「距離減衰」も折り込んだ
という。シーバーは「距離減衰」とは何かと尋ねると、犯罪者が
安全地帯の外に出る相対的確率を測る時に使う関数のことだというロッシ。

■今回の事件

・プレンティスが居なくなった後のBAU。シーバーはアカデミーを卒業。
しかしホッチとしてはシーバー以上に経験のある人物を迎えたいと
考える。
・オレゴン州ポートランドで事件が発生。頭を鈍器で殴り、過剰に
被害者をナイフで刺すという事件。
・1人目の被害者は2日前・ジェイ・ジョンソン。2人目の被害者は
カレン・ヘイウッド。
・犯行を見ると色んな凶器が使われているので複数犯の可能性や
集団心理に言及される。
・地理的プロファイリングから複数の犯罪の犯行現場が近い場合、
その習性から地元の人間である可能性が高いこと。
・人を殺すことでアドレナリンが出て快感を覚えていると思われたが、
抵抗していた訳ではなく死んでいる人物を刺している事もあり、その
可能性も排除される。
・一件目の事件はドラッグ容器が落ちていて過剰なドラッグの接種
による犯行なのか。
・犯罪現場では金目のものが盗まれているが、集団としては薄型テレビ
やパソコンなどが盗まれていないこと。犯行は一人の可能性がある
ことも考慮に入れていく。

■感想

プレンティスの死に関しては、誰も真相を聞かされていないのね。

それでも今回はシーバーがアカデミーを卒業した事で新戦力として
ブロンド美女が参戦。活躍が認められて何処で正式採用になるのか
は気になるところ。それまでにどれだけ彼女がプロファイラーとして
のノウハウを学んでいくのか。「距離減衰」など分からないことは
ロッシたちに聞いていたし、人一倍勉強しているところがあるよね。

また正式に認められるまでにBAUの捜査について行けるのか。
何処よりも凄惨な事件を目にする事になるので精神的にも
大丈夫なのかが問われていくことになりそうだ。そもそもシーバーは
親がシリアルキラーだったという特殊性もあるので、採用する側
としても難しい判断に迫られるのだろう。
しかし前回での彼女は新鮮な視線でこの事件を見てくれと頼まれて
違う角度から事件を眺められる姿が有ったし、今のところ十分採用
に値するところだろう。

ただ心配する要素もある。
何よりもシーバーがラストで語っていたけれど

「シリアルキラーは怪物だと思っていた。でもベンは悔やんでいた。
その事がずっと頭から離れない。」

モーガンは「頭から離れないのでとにかく寝ろ!」と語っていた。
あのリードだって寝ていたんだからね。

頭から離れない事件というのはそれぞれの捜査官が抱えていること
のハズで、シーバーが初めて人を撃ってしまうとか、そういう事件を
体験してもそれを乗り越えられるのかは訓練では分からないところ。

それにしても今回治安の悪い一件目の現場を見に行く際に、シーバー
とリードが組んで調べにいったところなど、ちょっと心細さを感じた
ところは確かかも。リードもシーバーもやはりモーガンに守って
もらわないと・・・(笑)

また今回はシーバーだけでなく、リードが母親が統合失調症だという
ことを勘案すると、リードにその素因があれば後発性の統合失調症が
発症してもおかしくない年代に入っているというところもまた
怖い事実が有る。その件で彼は悩んでいるのか。彼の偏頭痛は心因性
のものだとしていたので、相当ナーバスになっている事が伺える。
そんな事情を話せたプレンティスが居なくなってしまったのだから、
今後ナーバスなことにはモーガンが受け止めていくことになるのかな。

今回の事件はかなり早い段階で犯人を絞り込めていた印象があるな。
その分スピード感を欠いた印象も出てきていたけれどね。

母親も息子のことは諦めて、教会に行くなり病院に行くよう告げていた。
どうしても手に負えない事情も分からないでも無いし、悪魔払いを
したからどうとかいうものでも無かったので、こういう時どうすれば
良いんだろうね。

統合失調患者の情報は法律で守られているという。
そこで警察の逮捕記録を調べる際に、ガルシアが半径65km圏内で
逮捕された若者として6人居ることを語っていた。

モニターに検出された名前を見たらその6人は・・
Joshua Chewitt、Ben Foster、Molly MCMobley、Akiko Osumi
Brad Lancroft、Brent Lawford。

ちゃんとその時点でベンの名前が入っているし、日本人の名前が入って
いたぞ(笑)

リードが声を掛けてナイフを置くよう告げたけど、相手には首元を
斬りつければ良いとして伝わるところが怖い。ホッチが最後に銃弾を
発砲したけど流石に想定通りとばかりに急所をハズして撃っていた。

■使用された曲

・Losers by “No Man Is An Island”

■出演者

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
エミリー・プレンティス (Paget Brewster) FBI歴10年
アシュリー・シーバー (Rachel Nichols) BAUの新人

ベン・フォスター (Bug Hall) 殺人鬼、10歳の頃の火災
Mrs.フォスター (Debbie Pollack) ベンの母
トニー (Chad Lindberg) ベンの幻覚
マット (Matt McTighe) ベンの幻覚
ヨランダ (Samantha Shelton) ベンの幻覚
— (Ivar Brogger) Minister
ポール・ジョーンズ (Robert Wu) スーパーの店員
コルバーン (Wendy Schenker) 捜査官
Mrs.ドノリー (Nancy Daly) 住人
— (Hugh B. Holub) 司祭
カレン・ヘイウッド (Vanessa Vaughn) 看護師、30歳、2人目の被害者
— (Taylor Brock) Psych Doctor
サラ (Lexi DiBenedetto) ベンが人質に取る少女
— (Liz Loza) Clerk
若い頃のMrs.フォスター (Amanda Leak)
エヴァン (Zachary Haven) ベンが人質に取る少年
5歳のベン (Nathan Sheperd)
10歳のベン (Cody Sullivan)
— (Greg Van Dyke) バス運転手
— (Max Napolitano) Philanthropist

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336