[N] ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 Body of Proof シーズン2 第5話(1) 疑惑の手術 Dead Man Walking

リンク広告 テスト




第5話(10) 疑惑の手術 Dead Man Walking

脚本/Christopher Murphey
監督/Matthew Gross

【ストーリー】

テッドは黒人から逃げるが目眩がして逃げることが出来なかった。

ミーガンとピーターは現場に向かう中、リバティモールに何がいるか
知っているかと彼に尋ねる。鮫よと語る。ノースイースト総合病院は
すぐそこでいつも手術後に鮫を見に来たという。昔よりは優しくなっ
たと語る。

刑事のサマンサと合流する。
遺体の情報について尋ねると、買い物客が遺体をはっヶん。IDはなく
強盗殺人だという。バッグを持って逃げた男が目撃されていて、
犯人は黒人で30代、腰パンジーンズに腕にはタトゥーだという。
防犯カメラは無いのかと問うと有れば苦労しないというサマンサ。
男は殴られ陸橋から落ちたのではないかというピーター。
しかしミーガンはどの傷も木の枝で切った傷で致命傷ではないと
いう。脈拍を調べるミーガンは前に生きて居たことが有ったからだと
語る。
そんな中警察官が2ブロック先の路でバックが落ちていたという。
金目の物はないがIDが入っていたとし、被害者はテッド・ハービソン
(35歳)、キャロウヒル通りに住んでいるという。ミーガンはバッグ
を借りると、近くにチーズステーキの店はと尋ねる。臭いがするのだ
という。

アルズ・チーズステーキ。
サマンサは店主のヘンリーに犯人を探しているとして協力を求める。
するとその男はカールだろうと語る。

その頃フィラデルフィア医療センターにはホテルで見つかった遺体
についてイーサンとカーティスが調べることに。彼女の名前はジェシ
カ・アーチャー(33歳)。ホテルで睡眠中に死亡したという。若いのに
もったいないというと死因は何かというイーサン。カーティスは
鞍上塞栓症だという。つまり血栓が左右の肺動脈に流れ込んだのだ
という。なんで血栓ができたのかと疑問に思う。

取調室。
サマンサはカール・アンダース、ストリートギャングのブロンソン
のメンバーかと言うと、元メンバーだと反論する。強盗中に被害者
が亡くなった場合刑法上過失致死になるという。俺は強盗はしていな
いという。それならば何故テッドのカードを持っているのかと問う
とバッグが落ちていたのだという。男はふらつきながら前を歩いて
いたので酔っぱらいかと思い気がつくと階段から落ちたので
見に行ったら死んでいたのだという。バッグが有ったから拾ったのだ
という。

テッドの遺体に外傷はないというミーガン。
バッグには洗面用具、後任会計士向け雑誌が2冊、自家用操縦機の
飛行日誌と航空図、バイコディンとプロメタジンの処方箋が入って
いるというピーター。プロメタジンは手術後に飲むもので吐き気を
押さえる薬だという。処方したのかマーク・チャンドラー医師。
ノースイースト総合病院だという。ミーガンは腹腔鏡を入れた跡が
あるとし、手術を受けたばかりだという。手術直後に退院したのか
と問うと朝一なら半日経っているので可能だという。入院期間が
少なくて済む手術で、この穴から病巣を取り除いたのだろうと。
場所からすると胆嚢を摘出したのだろうという。開腹しようとする
がミーガンは手が痺れてメスを落としてしまう。また手が痺れた
のかと問う。メスを入れると腹部から血が出てくる。
するとミーガンはサマンサに知らせてくれとし、死は外科医にせい
だという。

テッドの妻・ミンディの元にいく。
去年夫は胆石を取ったとし、かかった人ならばもうこりごりだと言う
はずだという。また痛みが出て外科医を探したのだという。何故
付き添わなかったのかと問うと夫は開腹室には看護師がいるので
後で迎えに来てくれれば良いと言ったのだという。まさか一人で
退院するとは思わなかったと。夫は会計士なのかと問うと会計士の
パイロットは珍しいことを指摘する。免許を取った後一度も飛んで
いないはずだという。飛行機嫌いを直すために敢えて挑戦したとの
こと。そういう人なのだという。大事な靴を履いていた際に雨が降れば
靴は洗えないが足は洗えないとして裸足になると。

イーサンは検査結果をみるとジェシカはガンじゃないという。
タバコは吸わないし妊娠もない、脱水症状もなく明らかに肥満でもない
という。女性ホルモンのプロゲステロンの数値が高いとしピルを飲んで
いたのか。しかし血栓症の僅かな危険因子だという。ホテルの部屋
で死んでいたということは飛行機から降りた直後ではないかという。

■いよいよ始まりましたシーズン2

シーズン2はWOWOWで録画してあるので見ようかどうか迷ったんだ
けど、Dlifeで見ないとまた結局お蔵入りしそうな気がするので
なんとか時間を作って頑張ってみてみる。
実はこれ以外にも自分のスケジュール的には「マイ・ライフ
~私をステキに生きた方法~」「メンフィス・ビート ~南部警察
人情派~」そして「フォスター家の事情」S2を犠牲にしてしまって
いるので迷う所なんだけどね。

シーズン1が中途半端な全9話。
しかもこのドラマアメリカでの放送順とは変わっているので、
なんだか自分の中での表記もヘンになってしまっている。

■ケースA・殺人事件

テッド・ハービソンが殺害された件。
強盗かと思われたが、内出血が酷く、腹腔鏡での手術が杜撰に終わっ
ていたことを知り、今回はミーガンとは顔なじみで熟知している
ノースイースト総合病院の医師との絡みで、容疑者を執刀医と見る
のか看護師と見るのか、妻・ミンディと見るのかという流れが有った。

殺人の流れには縫合器具を細工したものが犯人で、それを行えるのは
限られている。

看護師のナンシーが疑われたり、妻のミンディがハンバーガー店の
包装紙を持っているのを知り容疑は向けられ、二人が店で会っていた
という情報から共謀しているのではないかとして疑いの目を向ける。

しかし結果として、器具を細工していたのは、病院の院長のグウェン。
ミーガンとは知り合いだったことも有るし、グウェンの息子の
ニックがデクスター大のサークルの侵入歓迎の中でコカインを吸わされ
て亡くなっている現状を通して、その歓迎会を主催していたジョージ
のことを殺害しようとして計画していたが、手術の順番が変更された
ことで他にも被害者が及んでしまったというもの。

証拠となったのは盆栽に付着しているアビオスポリナコリンシアという
真菌がPCR検査の結果検出されたこと。
盆栽が遺伝子組み換えをしているとミーガンは言っていたけど、
日本の一部盆栽の遺伝子組み換え技術は既に何百年か前から行われて
いたということを考えると凄いんだなと思わせる。

ジョージを助ける為にミーガンが執刀するシーンが有り、下行大動脈の
血管を指に握って出血量や血管での血流量をコントロールしていた
というのが凄い。

過去ミーガンが執刀中に人を死なせてしまったことがあるという事で
彼女が今回人を助けることで過去を清算したとは言えないけれど、
一つの気持ちの整理にはなったようだ。

・「LAW & ORDER」の俳優登場

グウェン・ボルドウィン役のCarolyn McCormick
「LAW & ORDER」シリーズで精神科医のエリザベス・オリヴェット
役で出演。

殺されたテッドの妻、ミンディ役のMilena Govichも
「LAW & ORDER」のS17で捜査官役で登場。

ハンバーガー店のヘンリー役のJohn Fioreも
「LAW & ORDER」の初期の頃からずっとトニー捜査官役で登場して
いた。

■ケースB・血栓破裂

ホテルで亡くなっていたというジェシカ・アーチャー(33歳)の遺体
の死因を調べるためにイーサンとカーティスが調べることになる。
そもそも血栓ができたのは何故なのか。

二人だけでは原因が分からずに、ミーガンの助言を得るために
医療廃棄物の捜索を手伝わされていた。

イーサンは亡くなったジェシカの一卵性双生児のカレン・アーチャー
という人物が居て、やたらと絡んでいたけれど、一卵性双生児役
のカレン役がセクシーボディとしても有名なChristina Hendricksが
演じていたところも有れば、なんとイーサン役のGeoffrey Arendとは
夫婦関係だという。wikiよるとChristina Hendricksって完全に
赤毛かと思っていたけど元々はブロンドなんだそうで、その事実も
また驚くな。
Christina Hendricksというと自撮りした写真がネット流出していた
一人だけど、最近では自分で流出させたのかハッキングなのか
よま分からない。

ミーガンは血栓の原因として、
発作性夜間色素尿症、ネフローゼ症候群、膠原病による血栓症、
そして遺伝子を調べる様告げ、プロテインCかSの欠乏症か
第V因子ランデン変異血栓症だとしていた。

検査の結果第V因子ランデン変異血栓症だと判明。
遺伝病なので双子のカレンも危険だということでイーサンがまた
彼女に告知する際に良い感じの関係を臭わせていた。

■使用された曲

・Body of Proof End Credits Theme
Composed by Daniel Licht
・I’m a Man by Blue Van Group
・For The Life Of Me (feat. Vanessa Villavos) by Wilson Drive (Jon and Daniel Licht)

■出演者

ミーガン・ハント (Dana Delany) 検視官
ケイト・マーフィー (Jeri Ryan) フィラデルフィア医療センター・局長
バド・モリス (John Carroll Lynch) 刑事
ピーター・ダンロップ (Nicholas Bishop) 医療捜査官
サマンサ・ベーカー (Sonja Sohn) “サム”、刑事
イーサン・グロス (Geoffrey Arend) 医療センター・医者
カーティス・ブラムフィールド (Windell Middlebrooks) 医療センター・副局長

グウェン・ボルドウィン (Carolyn McCormick) ノースイースト総合病院・理事
マーク・チャンドラー (Marc Blucas) ノースイースト総合病院・外科医
ミンディ・ハービンソン (Milena Govich) テッドの妻
ナンシー・フォレット (Meta Golding) ノースイースト総合病院手術看護師
ジェシカ / カレン・アーチャー (Christina Hendricks) ホテルて睡眠時死亡
カール・アンダース (Jarrett Alexander) 元ストリートギャング”ブロンソン”
ジョージ・ホワイト (Dan Amboyer) 虫垂炎の手術
ダグ・ホリス (Peter Jay Fernandez)総合病院の法務
テッド・ハービンソン (Kevin Kaine) 35歳、会計士、死亡
ヘンリー (John Fiore) アルズチーズバーガーの店主
— (Billy ‘V’ Vigeant) Uniform Officer
メアリー (Rachel Oyama) フィラデルフィア医療センター受付
— (Lesley Viveiros) Lab Technician
— (Wilbert Berthaud Jr.) Lab Technician
— (A.J. Rios) Lab Technician
(Stephanie Atkinson) Officer Byrne
— (Jeff T. Buco) Medical Examiner
— (Ronald Boone) Medical Examiner
— (Jacqueline Levasseur) Medical Examiner
— (Josh McBride) Medical Examiner
— (Toula Coin) Medical Scrub
— (Suzanne Gillies) Medical Investigator
— (David A. Kirsch) Hospital Patient
— (Phyllis Lynn) Clerical
— (Ron Murphy) Emergency Room Patient
— (Joseph Paolo) Police Officer
— (Christopher S. Porter) CSU
— (Chuck Slavin) CSU Tech / Medical Examiner

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336