THE FLASH / フラッシュ 第2話 地上最速の男 Fastest Man Alive

リンク広告 テスト




第2話 地上最速の男 Fastest Man Alive

脚本/Greg Berlanti
Andrew Kreisberg
監督/David Nutter

【ストーリー】

バリーの11歳の時に母親が殺される。雷の中にいた男に・・・
しかし警察は父親が犯人だとして逮捕される。
ある時、あり得ない事故、あり得ない事が起きてバリーは雷に打たれて
自らメタヒューマンとなる。そして他にも居るであろうこの町の
メタヒューマンを探していく。

セントラルシティの火災現場。
バリーは566kmで町中を走っていた。消防52号車の到着は2分後。
それでは中の住民は死んでしまう。火災の建物の外では母親がペイジ
を見なかったかとして探していた。シスコと連絡を取りつつバリーは
現場に到着。そして一人一人火災から逃げ遅れた住民を外に出す。
スターラボでバリーと交信しているシスコに対してケイトリンは何を
しているのかとやってくる。今誰と会話していたのか。まさかバリー
なのかとして、救出を完了したバリーが無線で交信してくるのを
知り激怒する。今すぐにスターラボに戻る様告げる。バリーは救出後
に目眩に苛まれる。

スターラボ。
ケイトリンは2人に対して気は確かなのかと問う。シスコはオレが
目と耳でバリーは脚だと語るが、バリーは下手をすれば死んでいた
かも知れないのだという。消防士のマネをして町を走るなんて・・
と呆れる中、僕のスピードを正義の為に使うと話しただろうと。
しかしケイトリンは粒子加速器の影響を受けた人を捕らえようと話した
のだと語る。しかし影響を受けた人はマートン以外に居ないとし、
住民が助けを必要としているのだという。ケイトリンはウェルズ博士
になんとか言ってくださいというと、彼女が怒っているのは、君の
能力はまた把握仕切れていない為で、手加減するよう告げる。
バリーは博士自身、自分にブレーキをかけられるタイプなのかと問うと
かけられないから車椅子に座っているのだという。無謀さが招いた
結果だと。バリーに対して限界というものを知る様要求する。
ケイトリンは怪我する度に助けると思わないでという。
シスコはバリーに対して先ほどモニタリングしていた際に、一瞬バイタル
が急上昇したが何か遭ったのかと尋ねるが大丈夫だという。
バリーの元にジョーから電話が鳴ると、事件が起きて一人死亡で、現在
目撃者に聞き込みしているという。立ち入り禁止のテープを貼ったが
一つだけ足りないものがあると言われ、すぐに向かうと語る。

バリーはシスコが開発したスーツのまま飛び出してしまった為に近所の
洋服店に入り服に着替える。

Hex’sガンショップ。
ジョーはシン警部に犯人は銃を奪って逃げたこと。グロッグ90を6丁
だという。エディは防犯カメラ映像を入手したとして再生すると、
単独犯みたいだと語る。映像には一人が写っていた。
しかしいざバリーは現場を調べると、現場には6人居た形跡があると
いう。6人分の靴跡に6丁盗まれたこと。犯人はグループだとし、一つ
妙なのはクツのサイズは全部同じ28cm・・シン警部と同じサイズだと
語る。

セントラルシティ警察。
ジョーはバリーに対して大した才能だとして、3人同時に赤っ恥を
かかせた事を指摘する。ジョー、ごめんというバリーに対して、
ジョー・ゴメンがオレの本名みたいに何度その言葉を聞いたかと
嫌みをいう。色々と有ったからというバリーに対して俺も同じだとし、
数週間前まで単純に重力は物を落下し、水で物は濡れると信じていた
こと。1.6kmを4分で走れたら世界記録だと思っていたが、4(3)秒だぞ
と語る。アイリスには何も話していないだろうなと語ると、もちろん
だと語る。そんなバリーウソばかりだとまた雷に当たるぞとし、上で
証拠を調べろと語る。

— 昔 —
ジョーはバリーを自宅へと連れて行く。バリーはパパに逢いたいと
訴える。パパはママを傷つけていないとし、ある夜に僕も居たのだと
いう。そして男を見たんだよと語ると、それは何度も聞いたとし、
パパとは会えないと語る。ジョーはパパじゃないだろうというバリー
だが、今面倒を見られる大人はオレだけだとし命令出来るのだと語る。

— 現在 —
バリーはラボの遠心分離器が故障した為に、能力を使って自分の手で
容器の内容物をかき混ぜる。
そんな中再びバリーはフラッと倒れそうになる。
そこにアイリスがやってくると、全部バリーのせいだと語る。
社会学の必修でヨーロッパ民俗学を取ろうとしたらあなたがジャーナリ
ズムが楽しいのでそれにすべきだと言うから取ったがまるで面白く
ないという。退屈だとして恨んでやると語る。
それにしても何でまだ普段着を着ているのかと問うと、大学からサイモ
ン・スタッグに賞が贈られるのだという。バリーがアイリスに科学用語
を説明すると約束したでしょと語る。

スタッグ社では授賞式が行われる。
CEOのサイモン・スタッグはマン・オブ・ザ・イヤーの授賞式でスピーチ
する。人々に再生のチャンスを与える臓器移植に関する研究が評価
されたことに喜ぶ。スタッグは体細胞クローンについての研究で
未来を大きく進展させることが確実だった。
そんな中、そこに例の強盗が入ってくる。

■感想

今回は分身の術を使うダントン・ブラックが演じるマルチプレックス
ことメタヒューマンが登場。
「爆発によりダークマター波を呼びキャプテンクローンのできあがりだ」
とするシスコだけど、ネーミングセンスを疑われてマルチプレックス
とされることになった。

ただメタヒューマンと戦う以外にもバリーは通常任務があるようで、
ジョーと共に捜査官の助手の形で研究ラボで働く姿が有る。

バリーの可能性を見せると同時に、それだけ早く動けるということは
同時にエネルギーの消費なり体にも多大な影響力を及ぼすということで
スターラボの面々の中でもケイトリンと父親変わりのジョーは特段に心配
するけれど、バリーならば弾が当たってもさほど問題ない気がする
のは気のせいか。心臓が止まったら終わりだろうけど・・。

■メタヒューマンの能力の法則

メタヒューマンが誰なのかということまでは分からないけど、
少なくともこの2話を見て3人のメタヒューマンを見る限りでは、
生前の行動の中で強く意識していたことを引き出し、夢のような
能力を手にする形で現れるようだ。

今回はダントンは体細胞クローンの研究者で自分の技術をスタッグ社
のCEOのサイモンによって奪われたと考えていた。

ガンショップを襲ったのもサイモンを殺す為だろうけど、そこで銃器を
6丁盗むも結果として見れば、6丁どころの騒ぎではなくなっていた。

あれだけの人物を生み出せば、バリーの体に於けるエネルギー消費
の法則と照らし合わせれば、正直倒れていてもおかしくはないよな。

■能力者の限界

力には限りが有る。
力持ちのウルトラマンだって地球に居られるのは僅か3分であるように、
その能力が無尽蔵に使えるということは無いようだ。
検査の結果、心拍、血圧、神経伝導、脳波に問題はなかったが、
グルコース値が低くなっていた。原因は旧姓低血糖症/代謝不全。
いわゆる栄養不足であり、一日に必要なカロリー値はタコス850個分
だということ。

■切ない恋愛

スピードを使うことでバリーは自分だけの世界を持つ事が出来るんだな。
アイリスを好きな気持ちを言えずに光速で走りながらそのことを
告げていた。

アイリスもバリーが何か悩みを抱えていることに気がついていて、
話してくれることを待っているが、どれも言えないことばかり。

アイリスはストレスが溜まっているとしていたけれど、寧ろバリーに
かかるストレスが今後能力に影響を与えないか心配だ。

■バランスが悪い

正直ドラマではバリーが日本刀の様なものを持って移動すれば
相手が何人いても倒せる気がする。しかし彼は人殺しはしないという
スタンスがあるのだろうか。
1話の中では、ジョーがバリーのピンチを救うようにして銃弾を
放ったことが有ったけど、刑事自身にも何か活躍させるような役割を
持たせて欲しいところ。

■ジャーナリズム

最初は興味を持たなかったアイリスが、町で起きている謎の現象・謎の
ヒーローに対して興味を持って追求していくという流れが有るようだ。
この辺は形は違えど「ARROW / アロー」のローレルに似たような所が
有るのかな。
悪い事をしている訳ではないし、そもそもこの世界に於いて、変な能力
を持つ人物が多数現れているので、バリーのことも話しても良いのでは
ないかと。

■整合性を合わせる

最後にウェルズ博士が悪者であるサイモンを殺害した。
しかしこの博士は正義感から来るものでなく別の意図が有ってのこと
って印象しかないので、かなり危険な存在だよね。

■使用された曲

・The Flash Theme Song by Blake Neely
・Smile by Oliver Daldry

■出演者

バリー・アレン / フラッシュ (Grant Gustin) 警察の科学捜査官助手
アイリス・ウェスト (Candice Patton) ジョーの娘
ケイトリン・スノー (Danielle Panabaker) 生物工学の専門家
エディ・ソーン (Rick Cosnett) セントラル・シティ警察、アイリスの彼
シスコ・ラモン (Carlos Valdes) S.T.A.R.ラボ、機械工学
Dr.ハリソン・ウェルズ (Tom Cavanagh) S.T.A.R.ラボ、創設者
ジョー・ウェスト (Jesse L. Martin) アイリスの父、刑事
デビッド・サイン (Patrick Sabongui) キャプテン

ダントン・ブラック / マルチプレックス (Michael Smith) 元スタッグ社
サイモン・スタッグ (William Sadler) スタッグ社研究員、再生医療
ヘンリー・アレン (John Wesley Shipp) バリーの父、元心臓外科医
ジャバ (Michasha Armstrong) スタッグの警備
— (Evelyn Chew) 婦人
ペイジ (Emily Delahunty) 火災現場の子供
若い頃のアイリス・ウエスト (Amina Elkatib)
— (Eli Gabay) Fire Chief
— (Suzanne Ristic) Tenant
— (Patrick Roccas) Prison Guard
— (Ronald Patrick Thompson) Samaritan
— (Seth Whittaker) Security Guard
若い頃のバリー (Logan Williams)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336