メンタリスト The Mentalist シーズン2 第8話 彼の赤い右腕 His Red Right Hand

リンク広告 テスト




第8話 彼の赤い右腕 His Red Right Hand

脚本/Ashley Gable
監督/Chris Long

【ストーリー】

ヴァンペルトとリグズビーは恋人関係に有り一緒のベッドで
寝ていた。深夜リグズビーの携帯にボス・リズからの電話が鳴る。
ヴァンペルトはボスからの電話かとしてヤバイという。次は私にかか
って来たらバレてしまうというが、何で俺が居ると分かるのかと
語ると二人はキスする。案の定ヴァンペルトの元にも電話が鳴ると
リグズビーはシャワーを浴びる。
パトリックは現場に到着した頃にボスコから電話が鳴る。
何処に居るのかと問われて現場だと答えるパトリックに話が有ると
して遭ってからのお楽しみだと言われる。
ボスコのオフィスでは秘書のレベッカはコーヒーは?と問いドリップ
のドールでと語る。ボスコはマルティネスに対してヒックスからの
連絡は?と尋ねる。

CBIのみんなが現場に到着する。
パット検視官が現場で捜査していた。状況を聞くと被害者は白人男性、
50代、頭を撃たれていること。黄色い薔薇で趣味よく遺体が飾られて
いた。リグズビーは警備員が遺体を発見。地元警察に通報し、州立
墓地なので俺たちが呼び出されたという。チョウはこの粉粒痕、至近
距離から撃たれた事を刺しているのかと尋ねると、パットはそうだとし
傷に残った繊維を見ると死後に裸にされているという。パトリックは
リグズビーに対してライラックの接見の臭いがするねと語る。
パトリックは裸は悲しいとし無防備でしかも笑えるという。
死体をこのポーズにしたのは犯人の主張だろうこと。手にヤケドなのか
と問うと凍傷のようだという。パットはそれで納得したとし、肝臓の
温度が7.2度で室温が14度を超えていること。ヴァンペルトは
つまりその体制で凍らされた死体を捨てたのかとし、異常だという。
ボスコから似た事件のデータが無いか聞いてとチョウに指示する。
パトリックはヴァンペルトに対して良い香りだとするとライラック?
と尋ねる。

サム・ボスコ上級捜査官。
パトリックはレベッカに話しかけるが無視され、口くらいは聞いてよ
と語る。リズは別に良いのよとし私も嫌いだからと語るとパトリック
はウソだとし、ボクが大好きだろうと。どうぞ勝手に言っててという
リズ。そんな中ボスコのオフィスでは三人の捜査官が銃で撃たれて
血だらけになっている事を知る。ボスコとダイソンとマルティネス
だった。ダイソンとマルティネスは既に死亡していて、リズはボスコ
を助ける為にパトリックに傷口を強く押さえていてと語る。チョウは
急いで電話で5階で銃撃されている事を告げ、救急車、SWAT、警備を
集め建物を閉鎖するよう語る。容疑者はまだ建物内にいるかも知れない
とし、誰も外に出すなと語る。

— 24時間前 —
リズはヒックスとボスコが冷蔵庫で人の食べ物を食べていることを知り、
現行犯だと語る。他人の食べ物を窃盗したとし、カリフォルニア州
刑法484条違反だと語る。ボスコはリズが買って置いたミートボール
サンドは最高だと語ると、ダイエット中じゃないのかとしてマンディー
に話すわよと語る。今週は姉妹でニューハンプシャーに行っているのだ
という。頼まれた書類だとしてレベッカはアルメニア人カルテルの件で
検事総長から電話だという。

— 現在 —
しっかり息をしてとし、女性救命士は処置をする。ゴード3だという
と出血多量だとしすぐに病院に運ぶという。ビルの閉鎖、議事堂と
検事局も閉鎖し、チョウが警察と連携して半径2ブロックをバリケード
をしたという。ヴァンペルトは一般市民はロビーに集めたという。SWAT
が到着次第一部屋ずつ調べるというリグズビー。防犯カメラを調べ
警備員、清掃係、ロビーの人など片っ端から事情聴取をするよう指示する
リズ。リズはパトリックにショック状態ではないかと問うと、彼は
部下は三人のハズだとしてヒックスは何処に居ると語る。リズは
チョウに調べてもらうと告げる中、先に手を洗った方が良いと語る。

今朝はヒックスに遭っていないというレベッカ。昨日おかしな様子
はなかったかとし、全ての可能性を当たるという。コーヒーを買いに
出た時、普段との違いはどうかというリズ。普段通りだったというレベ
ッカ。外に出たのは10分程度だと。早朝チームを集めた理由は何か
と尋ねるとアルメニア人カルテルの件かもと語る。逮捕するところ
まで行っていたのか?と問うと、今週事態が急転し情報が入ったという。
倉庫の件のことを話していたと。

ヴァンペルトとジミーは防犯カメラを調べる中、リグズビーはビル中
を調べたが痕跡はまるでないという。指紋を採取しているがすぐには
結果は出ないだろうと。レベッカが出てから9分30秒で戻って来ている
映像が有り、帽子の男の姿も映っていた。ガレージ入り口のカメラ映像
はと尋ねると、6番と7番の映像が映っていなかった。削除されたのだ
としファイアウォールが破られたのだろうと。ハッキングで削除された
として専門家に修復できるか調べてもらうしかないという。

■概要

・州立墓地で凍らされた中年男性の遺体が発見される。裸にされ、
黄色いバラで包まれていた。至近距離から撃たれたことは明らか。
・一方ボスコ上級捜査官のオフィスが突然襲われ、そのオフィスに
いたボスコは瀕死の重傷、部下のダイソンとマルティネスは銃で
撃たれて即死だった。捜査官たちは墓地の遺体は後回しにして、
捜査官たちが殺された事件の捜査を開始する。
三人目の部下のヒックスが居なくなっている事を知り消息を探す。
・パトリックは墓地の捜査に当たっていた際にボスコから話すべき
情報が有るとしてオフィスに寄ろうとしていた矢先の出来事だった。
二つの間には関係があると感じて墓地の遺体の身元を聞くと、
被害者はDr.タウレン・モーニング(55歳)医師。リバーメディカル
プラザの医師で、彼はレッド・ジョンによって殺されたジャネット
とカーター・ピークの主治医だった事を知る。
・タウレン医師の病院オフィスがストックトンに有る為に訪れると
そこには探していたヒックスの遺体と同時にレッド・ジョンの犯行を
示すスマイルマークが床に血で書かれ、アヴェ・マリアの曲が
流れていた。

■感想

いよいよ本格的にヴァンペルトとリグズビーのベッドシーンを見て
しまった(泣)レッド・ジョンが出たことよりも衝撃(笑)
またボスコが撃たれたことで止血していたリズは血を洗い落とす為に
裸になっていたけど、補正下着なのか、スポーツブラなのかって
感じで、なんだかブラホックの無い下着を着ていた。

とまぁそんなのはどうでも良いのか。問題はレッド・ジョンの事件
が忘れた頃に発生したこと。

ただ今月末スーパードラマTVさんで「シーズン7」が放送されるけど
まだこの段階までレッド・ジョン事件って解決していないのよね。

だからここで気張って色々と想像してみたところで、犯人像とは
遠いし、気を張ってみるべきものではないのかなって感じがしてしまう
ところが有る。

しかし嫌なヤツだと思っていたボスコが改心したようにしてパトリック
に情報を渡す様になってから完全に死のフラッグとして働いてしまった
様だ。

■どの流れもミスリードを誘うもの

レッド・ジョン本人が間接的には関わったとは思ったけど、直接的
に手を下したのかどうかはまた別。ただ見た感じスマイルマークを
付けた場所はレッド・ジョンによる犯行で、ボスコのオフィスで
発生したのは完全に内通者で協力者の仕業だろう。

警察関係者が関与していることは明らか。
ヒックスかと思われたが、彼も医師のオフィスで殺されていた。

パトリックはタウレンの患者でレッド・ジョンの被害者だった
ジャネットとカーター・ピークの件で何か動きがあったのではないか
と疑惑を持つ。
チョウによるとボスコが亡くなる直前に電話をかけていたのが
ストックトン近郊の警察だったことから調べると、建物を解体した
際に基礎から遺体が発見されていた。

■レッド・ジョンが過去に人を殺したのは14件

これって何処から14件だと導いたのかな。
あのマークが有った案件は全てレッド・ジョンということになっている
のか。
今回建築現場から見つかった遺体は検死官によると盗まれてしまった
が、レントゲンの骨折痕から、今まで遺体が見つかって居なかった
カーターのもので、彼は第一次湾岸戦争時に右足を失っていることか
ら、同様の傷がレントゲンに写っているとして該当者だと特定していく。

レッド・ジョンも最初の頃はミスを犯していたこと。
しかもカーターに関しては元々殺す予定に入っていなかったことから
証拠が遺体に付着している可能性が高かった。

遺体は夜番の検死官がCBI捜査官に引き取りを行っているということで
話を聞くと、女性だったということでレベッカを疑う。
しかしこの検死官も言い方が周りくどい。最初から女性だと言えば
良いのに(笑)

冒頭ではパトリックの言葉を無視してリズと意見を同じくしていたのに
ね。レベッカはレッド・ジョンからパトリックに対することを色々と
吹き込まれていたのかな。

■ミネッリの引退、そしてボスコの生死

ボスコは折角息を吹き返したのだから無駄な話をせずに核心から話す
べきだったよな。でもパトリックには重要なことを話しているのかな。

ただ亡くなるボスコが最も重要だったのはレッド・ジョンとき関係な
く、自分の気持ちをリズに話すことだったのかも。

途中でパトリックは彼のモルヒネを止めて死ぬ前に話を聞こうと告げ、
ボスコもそれを望んでいるハズだとしていたけど、それを行っていたら
果たしてこの気持ちを伝えられていたのか。

ミネッリは部下達が亡くなったことにショックを受けていたし、
マスコミの対応には辟易としていて、「部下を失い心境は?」
問われて、馬のクソ以下の質問だと語っていた。
「悲しいな決まっている」。
そんな啖呵を切ったミネッリにリズボンはそんな上司だからあなたに
ついてきた事を語る。

■パトリックはレベッカを尋問する

不幸な子供時代で、家族に性的虐待を受けていたこと。リストカット
に自傷行為、ドラッグ依存などを繰り返して自己嫌悪に陥っていたこと。
人と接触するといつも屈辱で、自分の中に巣くう醜いどす黒い闇の部分
を君は恥じたこと。そんな彼女にレッド・ジョンは闇の部分を自信に
変えたというもの。

レッド・ジョンは相当人心掌握術に長けているということになりそう
だね。

■ボスコ追悼

ボスコ以外にも殺されているので彼らも忘れずに・・って感じでした
が、スコッチを飲んで、みんなで葬式に行った様だ。
バグパイプの音色を巡って様々な感想を述べていた。
ミネッリは一番後ろにいたとしていたけど、本当に葬式には参加して
いたのかな。

■使用された曲

・Amazing Grace
Written by John Newton

■出演者

パトリック・ジェーン (Simon Baker) 犯罪コンサルタント、CBI
テレサ・リズボン (Robin Tunney) CBIの捜査チーム・上級捜査官
キンブル・チョウ (Tim Kang) CBI捜査官・元軍人
ウェイン・リグズビー (Owain Yeoman) 放火事件のエキスパート
グレース・ヴァンペルト (Amanda Righetti) CBIの新人捜査官

サム・ボスコ (Terry Kinney) レッド・ジョン事件担当
バージル・ミネッリ (Gregory Itzin) 署長
レベッカ (Shauna Bloom) 警察署スタッフ
マーロン・ヒックス (Dominic Hoffman) 捜査官、チームボスコ
マーク・ダイソン (Jesse Burch) 捜査官、チームボスコ
ニック・マルティネス (Andres Perez-Molina) 捜査官、チームボスコ

— (Michael Chieffo) 検視官
Dr.フォックス (Suzy Nakamura) ボスコの様子を観察する医師
ジミー (Brian David Jones) セキュリティ
パット (JoNell Kennedy) 検視官
— (Tom Billett) CHP Officer
ダイソン (Jesse Burch) 捜査官
メレディス (Deborah Carson) TV Reporter
— (Sam Gros) 女性救命士
— (Hubert Hodgin) Night-Shift Guy
— (Luke White) 救命士
リヴェラ (Jose Acevedo) セキュリティ
— (Andre Alexsen) CA State Govenor
カーター・ピークス (Casey Pieretti) レッドジョン4人目の被害者
— (Elizabeth Reynolds) Psychologist
ジャネット () レッドジョン3人目の被害者
マイケル・アサニアン () アルメニア系ギャングボス
マンディー () ボスコの妻
Dr.タウレン・モーニング () 55歳、リバーメディカルプラザの医師
エリザベス () 警察広報
マンブリン・デモット () 4階のアナリスト・妊婦
マーティー () 警備

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336