クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン7 第15話 殺人キャンペーン A Thin Line

リンク広告 テスト




第15話 殺人キャンペーン A Thin Line

脚本/Virgil Williams
監督/Michael W. Watkins

【ストーリー】

カリフォルニア州サンバーナディーノ
ブレイクの鳴き声が赤ちゃんモニタから聞こえてくる。寝ていた妻の
トリーシャはあやしに行こうとするが突然電気が消え、窓硝子が
割れる男が聞こえる。夫のマットを起こすと、マットは娘のマッケン
ジーの部屋に行き携帯は何処かと問う。リュックの中に有るという
彼女に誰かが下の階に居るとし、電気が付かずパパの携帯は下の階に
有るので、ベッドの下に隠れて911に電話するよう告げる。すぐに戻る
から絶対に出るなと。ママは赤ちゃんのブレイクと浴槽にいると語る。
そんな中911に電話したマッケンジーはオペレーターと電話している
最中に銃声が聞こえ、怯える彼女にオペレーターも落ち着かせようと
するが、彼女自身も殺されてしまう。

一方その頃モーガンは戦術銃器訓練センターで訓練生たちをしごいて
いた。ヴァルデスが転んだ為に突入は大失敗。モーガンはお前の
せいでチームは全滅だとし、フランクリンの妻はオメデタで、マックス
ウェルは婚約したばかりだとして、お前は彼らを殺す気かと語る。ドア
を素通りしただろうとし、仕事をしないと人が死ぬんだと語り、
決まった役割が出来ないならFBI入りは考えた方が良いと語る。
謝罪するヴァルデスに対して「現場じゃ謝っても死人は生き返らない」
と語るモーガン。
プレンティスも一緒に参加していたが、モーガンに対して大丈夫かと
声を掛ける。ヴァルデスに厳しくないかと語ると彼はあなたを尊敬
しているとし自信を持たせるやり方をしたらどうかと語る。
しかし失敗させるのがあのコースの狙いだとし学ばせる為だという。
オレの務めは教えることだと。私はあなたの愛の鞭は知っているが・・
と。
そんな中、ガルシアは銃撃事件が発生したと語る。
カリフォルニア州のサンバーナディーノで一週間に同じ手口の家宅侵入
が2件発生していること。ガラスを割り裏口から侵入。電線や電気
を切っていること。リードは一家全員が殺されたのかと問う。
ミッチェル家とルイス家は全員だと。
ロッシは電話と電線を切るのは孤立させる為で、警報が作動せず助け
も呼べないという。しかし最近のシステムはバックアップ電源で
警備会社に通報が行くのではないかというが、ミッチェル家は古く、
ルイス家は料金滞納で止められていたという。犯人の遺体も有った
とのこと。どちらの被害者も反撃し犯人の一人を倒していること。
ホッチはインターバルが短いと呟くとJJはたった4日だと語る。

移動の飛行機。
ブライアン・ミッチェルはハンティングが趣味。マット・ルイスは
イラクの帰還兵で銃を持っていたというプレンティス。去年
カリフォルニア州南部は差し押さえ率が全米4位、経済が落ち込むと
犯罪率が上がるというリード。不景気な時にヤケを起こすものだと
いうロッシ。
ガルシアから連絡が入る。
死亡した犯人の身元が判明したというもの。一人目のアレックス・
コリソン(20歳)、人生を踏み外しまくっているとし、麻薬の不法所持
に武装強盗、万引き、ヴェルドウゴ・ハイソボーイズのメンバーだ
ったという。ギャングかと。2人目はロンルド・アンダーウッド(19歳)
で逮捕歴はなし。優等生でボランティアをして学費は自分で稼いでいた
という。プレンティスは強盗に入るタイプじゃないという。しかし
ホッチは貧しいエリアの出だと語る。写真だけだと何人が強盗に入った
か分からないというロッシ。ギャング絡みならば大勢だというプレン
ティス。襲われたのは白人の中産階級が多い住宅街。二人とも血中から
高濃度のオキシコドンが検出されているという。リードは珍しいとし、
暴力的犯罪者は鎮静剤より興奮剤を使うものだという。一人はマジメ
で一人は札付き。そう言う連中は白人の住宅街に入らないという
モーガン。JJとホットは保安官事務所にいくとし、他は現場に行って
くれと語る。

ロッシは色々と聞いて回る。
この家は一年前から売りに出してたとのこと。マット・ルイスは
クビでローンに苦しんでいたという。外の車はオンボロだし中も質素
だというモーガン。筋金入りの強盗はターゲットを選ぶが何故この
エリアなんだというロッシ。早く解決しないと町は崩壊するという。

現場の室内を見に行くプレンティスとリード。
最後に殺されたのがマッケンジーだという。ベッドの下から通報が
有ったとし、抵抗の跡はないというリード。357口径で撃たれていた
こと。撃ったのは一人かとロッシ。二番目と三番目に殺されたのは妻
のトリーシャと6ヶ月のブレイク。トリーシャが赤ちゃんをかばおう
としているというプレンティス。マットはここで撃たれていること。
ロナルドはここで倒れていて、頭は11発撃たれていたという。ルイス
は至近距離から一発だけ。ルイスがロナルドを撃つ間にこっそり
近づいたのか?というモーガン。しかしリードは位置から無理だとし、
プレンティスは部屋の真ん中なので不意打ちは無理だろうと。ロッシ
はルイスはここで打たれたのではないとし、撃ち合いに見せる為で
実際には打ち合っていないという。

■概要

・カリフォルニア州の南部の白人達が住む住宅街で一家惨殺事件が
次々と発生していく。
・犯行手口は一緒。襲われるのは中産階級の白人で、殺しているのは
人種の問題が関係しているのか。それともギャングによる抗争なのか。
・黒人が白人の町で白人を殺したように見せたいというのは強烈な
メッセージ性のあるもの。目的は決して強盗ではないとされる。

■感想

犯人は実行犯はトレヴァーだけど、陰で操っていたのは、政治家で
あり一見すると生活を助けているとしていた市長候補のクラーク・
プレストンだった。
このクラーク役を演じていたPaul Johansson。
「One Tree Hill」を見て居た人なら、この役所にピッタリ当てはまる
役だなと思ったはず。「One Tree Hill」の時の彼は町を牛耳るカー
ディーラーで、子供たちや町民たちをコントロールし、自分のすること
を押しつけようとする酷い父親役を演じていた。

典型敵に弱者を食い物にする最悪な政治家。

このドラマの中でも一見すると、そんなクラーク候補の政治理念、
政策論議に共感を持つ一人の信者によって勝手に支援されているもの
かと思われたが、支援する以前にトレヴァーの家庭を壊しているのが
そもそもこのクラークという人物で有り、政治家故に人を動かすのが
上手くて直接手を下すということはしていなかった。

講演会や事務所のメンバーを調べても誰一人として怪しい人物が出ない
というところから見ても、上手く犯行を隠していたなという感じだけど、
口座とか金の流れを調べられたら終わりだろうね。
問題は議員相手に令状とか取りづらいし、そもそもトレヴァーを操って
いたという証拠が見つかるかというところかな。

■捜査

不景気の時こそ儲かる職業というのも当然有る。
株価だって下がった時が買い時でも有るし、不動産価格が下落した時
が買い時。意図的にそれらを誘導して金を儲けているのが今回の
首謀者のクラークだった。
ドラマでも治安が悪くなる土地は地価が下落して、それを買う為に
工作する人が居るよね。

ガルシアがクラークについて調べる。
元々は不動産弁護士で去年市議会選には落選している。しかしリッチ
で10年で資産を4倍に増やしていること。不動産売買、複数の金融機関
の取締役、ヘッジファンド、年金基金、海外にオフショア口座。

いつものようにトレヴァーが犯罪を繰り返す中で、ラモーンは注射が
通じなかった。こういうのって免疫とか有るのか?
優秀な捜査官のように、途中で列車、線路の音、笑いとうるさい音楽
だと。

そこから地理的プロファイルでリードが場所を掴みガルシアとの
コラボレートで場所を突き止める。
その店もまたファーストアドバンテージというヘッジファンドが買い取り
役員はクラーク。

■プロファイルの発表

・犯人は20代後半から30代前半の白人男。(ホッチ)
・犯人が現場を演出していて人種間問題を引き起こそうとしている(JJ)
・チャールド・マンソンは69年デートラビアンカ事件でヘルタースケル
ターと名付けた。人種間戦争を起こそうとした(リード)。
・ビートルズの曲名をパクった(ロッシ)
・マンソンファミリーのメンバーは現場にスイカの皮を残し、血で壁
に豹の足跡のマークを描いてブラックパンサー党の犯行ら見せかけよう
とした(リード)
・人種的な憎悪を表明する団体には戦いを志向するものもいる。
犯人も組織のメンバーかも(ホッチ)
・服役した刑務所でも力を持つので犯人は元受刑者か身近に受刑者が
居たか(プレンティス)
・彼にとっての戦争。殺人が任務(ロッシ)
・兵士と同じ、自ら危険に身を投じているのかも(JJ)
・同時に無防備な面、孤独でこの任務かにパワーや従属感を得ている
(リード)
・一人で遺体を運んでいるので若い男(モーガン)
・衝動ではなく犯行の計画性と集中力がある(ロッシ)
・オキシコドンを使いパートナーを連れて行く。誤って殺すことはない
ので使用量の知識が有る(リード)
・このクスリは高価。医療関係者、介護者などで処方箋を入手しやすい
人(プレンティス)
・犯人に使命感、彼には降参はない(ホッチ)

■被害者像

トレヴァーが実行犯だった。
日雇い労働者を引っ越しするので2時間50ドルで雇うという名目で
連れ出して殺してはクラークの制作に有利になるように誘導していた。

ミルズ家は10年前に強盗事件に遭い、父ロバートと10歳のジュリーを
殺され妻・パメラはレイプされた挙げ句脳障害を負わされていた。
そしてトレヴァーはクローゼットに隠れて911に電話していたことが
判明する。

最後に彼の仕事は対立候補のロスを殺害すること。
モーガンが応援を待たずにロス家に侵入。プレンティスはともかく、
もう一人はJJだったので正直心細かったけど、先週のエピでモーガン
はJJは怒らせないというくらい近接術には長けているところが有った
よね。

■ジョーク

・手順を無視して強行したモーガン

プレンティスに指摘され謝罪していたモーガン。
「現場じゃ謝っても死人は生き返らない」とモーガンが訓練生に語った
言葉を引用していじめていた。

・プレンティスも撃たれる

突入の際にプレンティスは腕を撃たれていた。
「あなたに落ち度はない。結果がさせた。正しいと思うことをした。
それで十分。結果どうなるか私たちには決められない」

「ドイルの時に比べたら・・・」
ジョーダンよと言っていたけど、一瞬固まったよな(笑)

■使用された曲

・American Pig by The Go

■出演者

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) 国防総省
エミリー・ペレンティス (Paget Brewster) BAU

ベス・クレモンス (Bellamy Young) ホッチの彼女
エレイン・クラウス (Kathleen M. Darcy) ジョセフの妻

クラーク・プレストン (Paul Johansson) 市長選出馬
トレヴァー・ミルズ (Kevin Sheridan) クラークを応援
ソフィア・アンダーウッド (Bianca Taylor) ロナルドの母
ヒラリー・ロス (Marypat Farrell) 議員、市長選出馬
レイ・フィリップス (Floyd Foster Jr.) アレックスの祖母
トリーシャ・ルイス (Maria Cina) マットの妻
マット・ルイス (Greg Carlson) 父親。退役軍人
マッケンジー・ルイス (Jackie R. Jacobson) 娘
スティーブ・ウェニントン (Ken W. Murphy) 現役市長
ジミー・ヴァルデス (Paul Diaz) FBI候補生
ラモーン・ゴメス (Paul Alayo) トレヴァーに反撃した男、生き残り
— (Chiquita Fuller) 911オペレーター
ペドロ・メンデス (Horacio Galaviz) メキシコ人、グアタラハラ出身
— (Taylor M. Graham) Deputy
パメラ・ミルズ (Laura Richardson) トレヴァーの母、強盗で脳障害
若い頃のトレバー (Austin Michael Coleman)
— (Lilah Jade Haye) Staring Girl
— (Lauren McNeely) Reporter
ケリー・ウィルソン (Jade Holden)
ビリー・ウィルソン (Samuel Marcus)
アレックス・コリソン () 20歳、人生踏み外しまくり
ロナルド・アンダーウッド () 19歳、優等生
マニー・グレシャム () 倉庫勤務、バーの持ち主
ロバート・ミルズ () トレヴァーの父
ジュリー・ミルズ () 10歳、トレヴァーの弟
ロニー・グリーン () ミルズ家の犯人の黒人
カルロス・ジャクソン () ミルズ家の犯人の黒人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336