コールドケース 迷宮事件簿 Cold Case シーズン7 第8話 チャイナタウン Chinatown

リンク広告 テスト




第8話 チャイナタウン Chinatown

脚本/Alicia Kirk 監督/David Von Ancken

【ストーリー】

1983年5月9日、チャイナタウン。
ジャックはタムに対して渋っているのかと問うと、彼女は”多分”ok
だという。それは金曜日で良いのかというジャック。まだ早いという
タムだが、僕たちは12歳で知り合ったとしてそろそろ先に進んでも
良いのではないかと語る。しかしタムはお父さんの店の近くでしょと
し、見られたらマズイのではないかと語る。そろそろ行くというタム
は祭りの練習をしなければならないと語る。
従兄弟のウォーレンはジャックに対して20ドルもうけたと語る。
カジノに入れたのかと問うと外のサイコロだという。妹の面倒を
見て居なければダメだろうと語る。
ジャックは店に行くと父のホンはギャングに木を買わされていた。
ジャックは木なんか買わずに金を渡したらどうかという。兄のリンは
幸運を呼ぶ木だぞと語ると父をバカにするなと語る。
ジャックに付き合っている子を父に見られたら大変なのではないか
というリン。自分は結婚したいが兄さんを見て居ると大変そうだと
語る。そんな中ジャックが殺害される。

捜査官とスティルマンはまた事件で誰も見て居ないのかと語る。
83年8月、チャオ・ルーの事件は迷宮入りする。

— 2009年 —
サッカルドはリリーと一緒に過ごす。リリーに対してたまには仮病でも
使って一緒に過ごそうと言われる。最後に病欠したのはいつなのかと。
一日中引きこもっているつもりなのか?と問うリリーに対して、絶対安静
にした方が良いと語る。ありがとうDr.と。リリーは探しものをして
いる中、ベッドの下から大量の麻薬と金が入った箱を目にしてしまう。

スコッティとスティルマンに対してチォオ・ルーの母親が来ている
ことを告げる。ボスは当時の担当だった事を告げるとジャック・チャオ・
ルーかと。チャイナタウンの少年でギャング絡みの事件だったこと。
ボスに直接話したいとしているという。母親はダー・チェンだった。

— 1983年 —
ジャックの葬式を訪れた当時のスティルマンは、父・ホンに対して
息子さんについての情報はないかとして情報が欲しいと語り名刺を
渡すが目の前で破かれてしまう。

— 2009年 —
警察に話す事を夫から禁じられていたというダー・チェン。しかし先日
夫が亡くなったので来たという。ジャックはギャングとは関係ないと
し、ベトナムの女の子と付き合っていて双方にとって恥だとされていた
こと。夫と私は中国の出身で彼女も中国系を望んだが、彼女はベトナム
人なのでダメだったという。私たちは伝統を重んじていること。
しかし夫には秘密だったが付き合っているのは知っていたとし、私から
見ればお似合いだったという。女性の名前はタム・スン。綺麗な子だった
が息子が殺される3ヶ月前に撃ち殺されたという。26年も黙って居たのか
とスコッティは呆れる。もう手遅れなのかと母。

スティルマンとリリーは資料室へ。
ジャックは当時17歳。9mm拳銃で至近距離から頭と背中に被弾していた。
ギャングの処刑みたいだというリリー。当時は抗争が激しくて死人も
多かったというスティルマン。彼は優等生だったこと。当時一番の勢力
はドニゴンボーイズ。銃を振り回してやりたい放題に恐喝・誘拐・殺人
が起きていたという。今もあることなのか?証言してくれる人がいない
のだという。ジェフリーズはなんせ中国4000年の教えだとし、警察は敵
だと教わって居るという。80年代後半に北京語・広東語を話す警察官を
採用するようになったこと。アジア系ギャング班に話を聞こうという
スティルマン。
タム・スンも当時17歳。祭りの最中に起きた乱射事件で死亡。
目撃者も手がかりもないというリリー。流れ弾に当たった3ヶ月後に
ジャックが死んでいること。偶然とは思えないという。タム・スンの父
のジョーは80年代の9mmの銃を購入しているという。

ジョーに話を聞くと、タムは一人娘だったという。ダンサーを目指して
いたこと。ミラーは恋人は居たのかと問うと、まだ子供で綺麗な子だ
ったという。ジェフリーズは80年代の銃はまだ持っていますかというと
家にしまってあるという。ジェフリーズは取りに行っても良いかと問う
とジャックのことを覚えているかと尋ねる。娘を殺された報復だと思って
いるのかと問い憤怒するジョー。私はジャックを嫌いではなかったが彼の
父が娘を見下していたんだという。葬儀の後に妻と私は天津の実家に
帰っていたこと。銃撃が始まった時、その場にいたが何も出来なかった
として悔やんでいた。

— 1983年 —
祭りの日。ジャックは撃たれた彼女を抱える。ジョーはウソだろうと
叫びタムの名を叫ぶ。リンは警察が来るぞとジャックに語る。
お面とドラゴンのタトゥーをした3人組だったことで、一人はクージー
を持っていたという。ジャックは警察に話さないといけないというが・・

— 2009年 —
ジョーはあんな仲だったとはその時までは知らなかったと語る。銃の
乱射はドラゴンボーイズなのかと問うと、直接見て居ないがみんなそう
思っていたという。ジャックとは口を利いていないとし、タムの葬儀で
見かけたが声を掛ける気にはならなかったと語る。

ジェフリーズはジャックはタム殺しの件で警察に通報したのかもと語る。
当時チャイナタウン署の麻薬課のビアンキに聞いたがジャックという名
に覚えがないとしていたという。
FBIのデータベースで検索しますというが、中国人は警察よりも「党」
を頼るのだという。「党」とは地元商人の組織のこと。金と力を
寄せ集めた「中国貿易同盟」を作ったというジェフリーズ。奨学金を出
したり、就職を世話したり、借金も世話するという。彼らはキンシン党
という組織でドラゴンボーイズを牛耳り、ヘロインを動かしていたこと。
ギャングにクスリや売春、賭博をやらせて党は手を汚さずに儲けていた
という。ビジネスマンがギャングを支配ってチャイニーズマフィア
みたいだというミラー。党はギャングと直接交渉はしないとし、「大老」
と呼ばれる仲介者を通していたという。警察は党に手が出せないし、
大老が誰かも分からないという。スティマンは兄のリンにも話を聞けと
語る。

■今回の事件と流れ

・26年前チャイナタウンで発生した銃乱射事件の被害者で未成年の
ジャック。当時捜査を担当していたスティルマンとしては民族の壁
やコミュニティの壁に阻まれて、まともな捜査が出来なかった。
・未解決事件となっていたその事件もジャックの母・ダー・チュンが
殺人課にやってきたことから止まっていた時が進み始める。
・チャイナタウンには警察以上にコミュニティを守る重要な役割を
果たす「党」の存在が有り、当時の警察とも暗黙の了解というものが
存在していた。
・しかし26年前とは違う状況故に、気難しい事態が少しずつ打開されて
いく。

■感想

それぞれに持つ独特の文化というのは互いにリスペクトすべきだと
思うけど、そういう文化も長いこと故郷から離れていると、少し
ずつ呪縛から解けるかのようにして、その国に見合ったものに迎合
していくものが有るんだろうな。

中国は共産圏なのでアメリカとはまた独特の価値観が有るけど、
チャイナタウンという場に留まっている限りは、なかなかその呪縛
から解かれるのも難しい。

ただこれは中国だけに限らず、ユダヤ教徒とか、イスラム教徒、
ヒンドゥー教徒などどれも独特の価値観が有って、大なり小なり
アメリカナイズドされた資本主義で生きているものとしては、
どれも面倒な風習だなと思わされるところが有る。

アイデンティティの問題は少々一言で語るには難しいものが有るのだ
けど、このドラマの中では体よく「家族こそ大切にすべきだ」とする
主張、そしてコミュニティに於いては同盟とか党という名で「同族を
守ろう」としているものたちが、実は自らの民族から搾取し、不利益を
もたらすものとして存在しているところなど、まさに皮肉としか言い
ようがないエピソードだった。

アメリカでキャング/徒党というとスラム化した地域なら何処にでも居る
し、中国に限ったものでもない。
また結婚観・恋愛観などに於いては、海外では寧ろ中国よりも韓国とか
インドなどの方が民族を意識した付き合いを求めるところが有り、
古い風習が残っているなと思わせるところが有る。

日本は移民に於いては頑なに拒んでいるけど、逆に海外に住むもの
たちは日本人は日本人と結婚すべきだという拘りみたいなものは、
随分昔に外れた印象があるかな。

しかし前回のラッパーの事件でも決定的な証拠がカセットテープだった
けれど、今回もカセットテープがキーアイテムだった。
あのジャックが腰からぶら下げているカセットデッキってもしかし
てSONYのWalkman(恐らくチャイナタウンの人なのでバッタモンだろう
が・・)なのかな。

ラストはThe PoliceのBreath You Take。
スティング時代も好きだけど、The Policeは良いね。

■スティルマンの過去

今回は何と言ってもスティルマンが関係している事件だったけど、
正直スティルマンが関わっていようが居まいが、あまり関係ないよう
な感じにも思える。せめてスティルマンがビアンキとの関係に
もっと深く関与していたりすればその印象も変わってきたのだろう
けどね。

■事件捜査に於ける障壁の縦軸・横軸

ドラマを見て居れば、当然ながらチャイナウォールみたいな民族的な
壁・チャイナタウンという独特な風土が存在していて、日本のヤクザ
のようにショバ争いのようにして、互いの権益について保護しあう
ものが有ったけど、それが縦軸の問題だとすれば、横軸の問題は、
ジェネレーションだというところだろう。

昔のアメリカの警察は腐敗していたなんて話を聞くことは多いし、
賄賂も飛び交っていたなんてことも耳にする。
ビアンキという麻薬課の捜査官は、win – win の関係を保つ中、それが
ここでのやり方であり、そして時代でも有ることを主張していた。

掘り下げていけばこれまでにも多くの警察官が不正しているんじゃない
かな。慣習とかってなかなか生まれない。変な意味で党と警察の間で
信頼関係が結ばれているっていうのが皮肉。

そういう変える力があるのが若者だけど、それを最初にやるものに
とっては犠牲というものはつきものなのかな。

■潜入捜査

潜入捜査というと、現在リリーが付き合っているサッカルドが該当
する。なんだか今回のビアンキの存在などを見ると、サッカルドな
どに示唆するところが大きいのではないのかな。ちょっと不安だ。

あの隠して有る麻薬も潜入上仕方が無いのかな。

毎回リリーの元に待ち合わせ場所と称して発信者不明の電話が有る。
今回は「Spruce通り」の交差点という意味での写真を送ってきたの
だろう。

高そうなダイヤのブレスレットをもらっていた。
前回拳銃じゃなくてダイヤが良いとのリリーのお強請りが実現した(笑)
でも拳銃も捨ててないし、二重取りしてる。

■憎たらしいボーリン

Tzi Maさんのボーリン役が上手すぎる。
なんか適当に誤魔化そうとしたりするところとか、如何にも中国人
っぽい小狡さが有る。

■事件の顛末。

結論からすれば犯人はジャックの兄・リンだった。
ジャックはテープ内容からボーリンとリンがヘロインの密輸に関係
している事を知る。ジャックは正義感から全てを話すとしていたけど
兄は家族は助け合うものだろうと語るが、止まらないと知って兄が
銃で殺した格好だった。

ミスリードの流れの中には、ウォーレンの妹・ステイシーが誘拐され
るという事態が発生したこともあった。
シャーロー飯店の地下に監禁されていたのだろうとして6歳の頃の
ステイシーに語らせたのは、5歳の頃に壮絶な経験をしているミラー
の話術だった。

■身内ネタ

・ジェフリーズ

何か小説を書いているみたい。凄い勢いで署のプリンターでプリント
アウトしていた。

・エミール・パーカーを探すスコッティ

母親が遭っていたというエミールをスコッティは探している姿が有る。
母は病気じゃないかという疑惑が有るけど、実は浮気!?

■使用された曲

・Invisible Sun by The Police
・Twilight Zone by Golden Earring
・Breath You Take by The Police
・Age of Consent by New Order
・Other Voices by The Cure

■出演者

リリー・ラッシュ (Kathryn Morris) 殺人課の刑事
スコッティ・ヴァレンズ (Danny Pino) 殺人課
ジョン・スティルマン (John Finn) リリーの上司
ニック・ヴェラ (Jeremy Ratchford) リリーの同僚刑事
ウィル・ジェフリーズ (Thom Barry) リリーの同僚刑事
キャット・ミラー (Tracie Thoms) 麻薬課刑事 s3#8から

エディ・サッカルド (Bobby Cannavale) 潜入捜査官

2009年
レイ・ビアンキ (Peter Onorati) 当時麻薬課
ウォーレン・リー (Chi Muoi Lo) ジャックの家に恩がある
リン・ルー (Bruce Locke) ジャックの兄
ボーリン・チェン (Tzi Ma) 大老
ステイシー・リー (Elaine Kao) ウォーレンの妹
ジョー・サン (Jack Ong) タムの父
ダー・チュン・ルー (Irene Tsu) ジャックの母

1983年
ジャック・チャオ・ルー (Kemp Lee) 次男
レイ・ビアンキ (Lawrence Monoson) 麻薬課の捜査官
リン・ルー (Johnny M. Wu) ジャックの兄
ボーリン・チェン (Robin Shou) 大老
ダー・チュン・ルー (Gina Chai) ジャックの母親
ジョン・スティルマン (Anthony John Crane) 当時の捜査官
ウォーレン・リー (Jordan Dang) ジャックの従兄弟
ステイシー・リー (Kyla Dang) ウォーレンの妹
ダニー・ヨー (James Hsu) ギャング”ドラゴンボーイズ”
ジョー・サン (Evan Lai) タム・スンの父
ホン (Raymond Ma) ジャックの父
タム・スン (Taya Rogers) ジャックの恋人、17歳、ベトナム人
— (Omar Apanco Salgado) Store Patron
— (Vinnie Varone) Janitor

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336