マーベル エージェント・カーター Marvel’s Agent Carter 第2話 ミルク・トラックを追え Bridge and Tunnel

リンク広告 テスト




第2話 ミルク・トラックを追え Bridge and Tunnel

脚本/Eric Pearson
監督/Joseph V. Russo

【これまでのあらすじ】

ペギーに電話交換手でしょというニコール。ドゥーリーはカーターに
対して電話番を言い渡す。ハワード・スタークは逃亡者になったこと。
スタークは金庫が有って中身が無くなったことをカーターに告げ、
ボクのテクノロジーが悪の手に渡れば恐ろしいことが起きると語る。
ジャーヴィスが君の手足になるという。バイヤーのブラニスは爆弾を
所持する中で、”リヴァイアサンが来る”と語る。

【ストーリー】

ラジオドラマ”冒険活劇・キャプテンアメリカ”が人気を博していた。
ロクソン石油の提供の番組。アナウンサーは”手に汗握る物語で今度
の舞台はアルデンヌの森、ヒトラー率いるナチスが第107歩兵連隊に
奇襲攻撃をしかけて美しき従軍看護師のベティ・カーヴァーが捕虜に
なる”と言う物語設定だった。

ダイナーL&Lで聞いていたカーターはアンジーに対してラジオチャンネル
を変えてと頼む。アンジーはこのオーディションに落ちたことを語る。
カーターが新聞の物件欄をみて居た為に引っ越しするのかと問うと、
ルームメイトが居なくなったから・・と語る。私の最初の同居人は
クイーンズで半年くらい上手くやっていたのに突然婚約して引っ越した
というアンジー。アンジーは新聞を見て”こじんまり”は狭い、”交通の便
良し”は高架下って意味だと語る。お勧めはないのかと告げるとアンジー
は私の隣の部屋はどうかと語る。前の子がホームシックで実家に帰って
しまったとし63丁目で安全だと語る。しんしカーターは死亡記事欄に
コリーン・オブライエンの名前を見て、実は今から部屋を見に行くのだ
と語る。

カーターはジャーヴィスに案内され部屋をみる。
この部屋はドイツのルネッサンスの影響を受けつつ間取りはフランス風
だという。スタークが是非にとしているというジャーヴィスだが
カーターは彼は国家反逆罪の容疑がかかっているとしここにいるのが
ばれたら私も疑われるという。ここはスタークの本宅ではなくお楽しみ
用の家だという。しかし危険だというカーター。しかし寝室を見せられ、
クロテンの毛皮の装飾を見て一晩だけ泊まるという。
ジャーヴィスはスタークのファイルを見たがリヴァイアサンという記述
は無かったという。SSRでもなかったというカーター。二人の人間に
ついて何か分かったかと問うとニューヨークで喉頭切開術を受けたという
記録は過去3年に渡り無いという。”声なきよそ者エージェント”が
新型爆弾を満載したミルクトラックを奪い合いしているという。
明日朝5時にデイジー・クローバー社に行ってトラックを調べてくると
いう。ジャーヴィスもいくというが、私一人でいくと語る。

殺し屋のサーシャはタイプライターを使って交信する。
“報告指示通り進行中”、”スタークの発明品は?”、”泥棒・リート・ブラ
ニス”、”リヴァイアサン(Leviathan)が痺れを切らしている”と。
“リート・ブラニスを追え!”

ジャーヴィスは私もお供させて下さいとしてトラックはどう探すのか
と問う。カーターは再生プロジェクトのヴァイタ・レイ測定器を
使うという。ニトラミン(NITRAMENE)を運んでいたら反応するという。
どういう口実で会社を測定するのかと問うと私は芝居が上手だから・・
としてスタークの部屋のクローゼットの中の研究着を見つけて考えを
巡らせる。

ボスはサーシャによって拷問される。
リート・ブラニスの名刺を見せられるが、何のことか分からないという。
“ニトラミンの買い手を調べろ”とタイプで指令が来るとサーシャは
ボスから聞き出そうとするが、オレはスパイダーに売り込まれたが断った
という。ヤバイものだし高すぎるからだと。代わりにリトベンソンハー
ストのジーノ・デルーシアを紹介したという。
“抹殺せよ”、”邪魔者は全員”と指令が来た為にサーシャはボスを殺して
その場から立ち去る。部屋には女性の遺体も転がっていた。

デイジー・クローバー牧場。
カーターは自らを”ルース・バートン、衛生局”の人物だと名乗り、
市の衛生条例42条23の運搬規則に違反しているとし、裁判所命令で
トラックを調べさせてもらうという。目を盗んでヴァイタ・レイ測定器
を使うがどれも反応無し。しかし一台足りないことを指摘すると、一昨日
から休んでいるヤツがトラック通勤なんだという。名前はシェルドン・
マクフィーだというと、住所は知らないとのことだった。

トンプソン、ドゥーリー、クルゼミンスキーは、ロクソン精油所の残骸
を持ってくる。ドゥーリーは不気味だとすると、トンプソンは精油所が
圧縮されたという。どんな爆弾でも引けを取らない技術で急いで正体を
突き止めないとと語る。クルゼミンスキーはみんな物質がくっついて
居た為に磁石ではないかというとトンプソンは鋼と木と鉄とコンクリート
でくっついているのになんで磁石だと語ると、クルゼミンスキーは
皮肉を込めてすみませんニュートンさんと語る。しかしトンプソンは
ニュートンは重力だ猿!と語る。ドゥーリーはスタークの仕業だろう
としロクソン社に行こうという。単なる事故のハズがないと。
クルゼミンスキーにはバールに一つずつその物体を外して証拠を見つけろ
と語る。

ニューヨークベル社。
カーターはマクフィーの住所を調べるとニュージャージー州だと判明
する。
そんな中スーザの元にカーターはやってくる。競馬新聞を読んでいた
スーザは第三レースにアンクル・ボブにチェックを入れていたが
ウィットビーよと語る。でもギャンブルに絶対はないという彼女。
カーターは私用でちょっと出て来たいと語る中、技師がスーザに対して
現像が上がったと語る。スパイダー・レイモンドのクラブに新聞社の
カメラマンずいてスパイダーの部屋にブロンド女性の写真を撮っていた
のだという。凄い手がかりねとしてカーターは私にも見せてくれという。
しかしいざ写真を見るという時にスーザはクルゼミンスキーに地下に
呼び出され、カーターに対しては交通費の報告書を出しておいてくれと
雑用を頼む。スーザは机の中に現像写真を入れて鍵を掛けて出て行く。
カーターはすぐに”逆探知無し”の電話を使いジャーヴィスに電話すると
スタークの車を処分するよう告げる。SSRがロクソン社を調べているとし
あの車は精油所で傷だらけになっているとし多分ヴァイタ・レイまみれ
だという。始末してと。ミルクトラックの運転手は分かったとし
名前はシェルドン・マクフィーでニュージャージー(シーダーグローブ)
に住んでいるという。ただ先にやるべきことがあるとのこと。

ロクソン社にいくトンプソンとドゥーリー。
ヒュー・ジョーンズ社長からスタークとの事を尋ねると、昔は仲が良く
ランチを食べたりパーティーをしていたという。仲違いした原因は
私の妻だという。スタークならやりかねないが原因はそれではないだろ
うとし、今年の一月に精油所を買い取りたいと言われて私は断ったのだと
いう。途端に無残な姿になったと。トンプソンはスタークは何を使った
と思うのかと問うと、ジョーンズは”悪意のない法律違反も気になるか?”
と問う。トンプソンはあなたを捕まえようとは思っていないというと、
スタークの会社に私の息のかかったものがいるが、そのものの情報に
よると彼が最近取り組んでいたのが分子ニトラミンで、強力な爆薬だ
という。爆破後に真空が生じて辺り一面が吸い込まれるのだという。
ヴァイタ・レイの開発途中で生まれたのだろうというジョーンズ。

カーターは職員の目を盗んでスーザのデスクをピッキングしようと
するが・・・

■概要

・ハワード・クーパーが開発したニトラミンを巡り、それを利用して
爆弾兵器を作れば大変なことになるという。しかし既に爆弾は開発され
商品として裏社会に流出していた。
・その一つはロクソン精油所にあり、カーターが現場に行った際には
ブラニスとマイルズがそれを開発していた。
・ブラニスとマイルズは逃げる際に爆弾が一つ爆発。彼らはデイジー・
クローバー社のトラックに大量の精製された武器を搭載していた。
・その武器を追っていたのは、スタークに頼まれたカーターやSSRだけ
でなく、バイヤーやロクソン社、そしてカーターのことを追いかけて
くる謎のタイピングで交信しているロシア系の男性がいた。
・それぞれに誰がニトラミンの爆弾を所持しているのか探る中、それぞれ
時差はあるがデイジー・クローバー社のトラックを運転していたのが
シェルドン・マクフィーであることを突き止め現地に向かう。

■感想

映画の「キャプテン・アメリカ」の1作目をみて居ると、今回のラジオ
ドラマが当時の時代性を反映しているだけでなく、キャプテン・アメ
リカたちが第二次世界大戦で功績を挙げた時のことが描かれている。
ただ当時はヒーローが必要だということで、キャプテン・アメリカが
その象徴のようになり、戦地に赴いてマスクを被ってヒーローショー
みたいなことをして国民や兵士達を鼓舞していたところが有ったけど、
既にラジオドラマでは脚色化されていて、常にピーチ姫が大魔王クッパ
に誘拐されるのをマリオが助けるかの如く、ベティ・カーバーが捕まり
キャプテン・アメリカが助けるみたいな構図として語られている。

当時のラジオドラマらしく、ドラマの中では提供してくれている会社
の商品の宣伝に余念がなく、「裁縫にはシンガーウェイトの「フェザー
ウェイト221」を使えば裁縫も楽々よ」
なんてCMを挿入させるところが
小憎らしい(笑)まぁ今でもスポンサー企業の商品を使うというのは
定番で、「BONES」なんか常にプリウスのCMばかりしていたし、
「ゴシップガール」では携帯電話は欠かせないドラマだったので、
主人公たちがどの携帯電話のキャリアを使っているのかで相当ファン
の間でも盛り上がっていた。

いろいろとカーターの細かい工作活動から始まり、大きな組織との
対峙に於いて一人で対決している構図があるところは少々無理が
あるような印象も受けるけど、まぁそこはそこなのかな。

今は複数の組織がビーチフラッグの如く一つの旗を取り合うために
動いているので、誰が先にそれを取るのかが興味の的。しかもカーター
の場合は見つかってはいけないという縛りがあったり、また人物関係
に於いては内通者が居たり協力者が居たりで本当の敵・味方が分からない
ところが有って、その辺はなかなか楽しい要素なのかも知れない。

■カーターの任務

・その1

まずはデイジー・クローバー社のトラックを調べる為に測定器を使って
検査技師を装って会社へ。たまたまスタークの趣味だったのか白衣が
有ったので、それを着込んで会社にいく。
演技と言えば女優になりたいと考えているアンジーも居るので、彼女が
戦闘員として戦えればあれなんだけどね。

・その2

ロクソン社でヴァイタ・レイ測定器を使う。
内通者がいる可能性が有る為に社員達も全員が調べることになる。
調べる為には再生プロジェクトの「ヴァイタ・レイ測定器」を使って
いたけど再生プロジェクトって何だっけ?(笑)
最初に測定器を使える特権を利用してカーターが体中に使っていた。
その際に体や皮膚には反応が無かったが時計には反応があった。
祖母の形見だとしていたけど、ごめんねと言いつつゴミ箱に捨ててし
まうところは凄い。

その流れでジャーヴィスにもスタークの車を捨てさせた。
ホーボーケンにキーを刺したまま置いてきたので無くなっているでしょ
としていたけど、最後にあの塊からプレートが出て来てしまうのだから
皮肉だね。

ロクソン精油所に見かけたマイルズが居た為にカーターが上手いこと
ロッカーも調べようと語った事で逃げたところをマイルズを捕まえる
事が出来た。取調室の人参とゴボウ・・ではなく木の棒だったけど、
何で人参?

・その3

スーザの机にあるスパイダーの店に入っていった時のカーターのブロ
ンド髪ver.の写真が撮られていたということで、その写真を見ようと
するが、スーザは鍵のかかった机の引き出しにいれてしまった。
盗もうとするが、その都度内線の電話が鳴りまくり。
結局盗めなかったけど、最後に写真に写っているものがディマジオの
ものかどうかで賭けをしていた。
スーザは湖での爆発現場でカーターが落とした「コスモポール424号室」
の鍵を持っていたり、写真に関してもブロンド女性ははっきりとした
顔は見えなかったとしているけど、実際には隠しているのだろうね。

・その4

何と言っても爆弾を取り戻す為にニュージャージー州のマクフィーの
元に行く。ジャーヴィスに対しては「私一人で大丈夫、今ならベニー・
グッドマンに間に合うわよ」
として帰らせようとする。

マクフィーに対してイスに縛り付けて依頼人を吐かせようとした所、
隠れていたブラニスが運転して逃げようとしていた。
それを上手く捕まえてなんとか依頼人を吐かせようとする。
依頼人についてはダイイングメッセージのようにハートマークのような
ものを描いていたけどそれが何かは分からなかった。ただリヴァイアサン
については「個人」ではなく「組織」だと語っていたね。

・その5

謎の男(サーシャ)との対決。
走行中のトラックの屋根に飛び乗ってきた殺し屋のサーシャ。
列車の屋根で戦うのならばともかく走行中のバンの上で戦うというのも
なんか凄い。カーターは随分と強いな。
銃弾が飛び交っていたけど爆弾に当たったら即終了だよな。
爆弾に当たらず運転手のブラニスに当たって最悪の状態に・・
結局爆発は阻止出来ないと知って湖にバンを落下させると、湖の中で
爆破被害は最小限になるかと思ったけど、湖の水がなくなってしまった。

現場には女性の靴跡だとして見つけたドゥーリーだかトンプソンも
なかなかの観察眼を持っているな。

■ジャーヴィスの訴え

カーターが一人で何でもしてしまうために、「自分を守りたい人たち
に背を向けるなんておかしい。どんなに力が合っても世界を一人で
救える人は居ない。」
「スティーブが居た」
「ロジャーズ大尉の勇気の源はあなた。正義の為に戦えたのはあなた
のお陰だ。」

そんな感じでアンジーの提案にのって一緒にアパートに暮らすみたい
だけどコリーンみたいにならなければ良いけどね。

■その他

・内通者

スーザは誰かに繋がっているのかな。
ただカーターを助けているだけなら良いけど。

ジャーヴィスはロクソン社のジョーンズに繋がっていそう。
妻思いだとしている彼だけど依然として妻の姿が無い。
そしてスタークがジョーンズの妻を奪ったときいてジャーヴィスとして
はスタークみたいな男は嫌いなタイプかも。

アンジーも実はウェイトレスのフリしてカーターをマークしていそうな
気もする。

■使用された曲

・Jumpin at the Woodside by Count Basie
・Star Spangled Man by Alan Menken
・L’estro Armonico Concerto No.3 In G Major, Rv 310 / Op. 3/3: Allegro-Largo-Allegro
Written by Antonio Vivaldi
・Swing Man by Jack McVea
・Atlantic City Blues by The High Toppers
・This Is Ours by Peter Sivo Band
・Deep in the Night by Lori Lynner
・Take a Look at What I’ve Found by Lori Lynner
・Star Spangled Man
Written by Alan Menken and David Zippel

■出演者

ペギー・カーター (Hayley Atwell) SSRエージェント
エドウィン・ジャービス (James D’Arcy) スタークの執事
ジャック・トンプソン (Chad Michael Murray) SSRエージェント
ダニエル・スーザ (Enver Gjokaj) SSRエージェント・松葉杖
ロジャー・ドゥーリー (Shea Whigham) SSR支局長
ハワード・スターク (Dominic Cooper) スタークインダストリーズCEO
アンジー・マーティネリ (Lyndsy Fonseca) “L&L Automat”ウェイトレス
レイ・クルゼミンスキー (Kyle Bornheimer) SSRエージェント
リート・ブラニス (James Frain) 武器を買いに来る
サーシャ・デミドフ (James Landry Hebert) ペギーを殺しに来る

ヒュー・ジョーンズ (Ray Wise) ロクソン社の社長
ミリアム・フライ (Meagen Fay) 女性のオアシス”グリフィスホテル”管理人
マイルズ・ヴァン・エルト (James Urbaniak) ロクソン社
シェルドン・マクフィー (Devin Ratray) デイジー・クローバー牧場
モブ・ボス (Don Luce) サーシャに痛み付けられる
— (Erin Torpey) ラジオ俳優(ベティ・カーバー役)
— (Walker Roach) ラジオ俳優(キャプテン・アメリカ)
— (Ralph Garman) Radio Announcer
ウィンストン (Atticus Todd)
— (Greg Bryan) Daisy Clover Foreman
— (Jeff Locker) SSRラボテック班
メアリー () “グリフィスホテル”住民、弁護士事務所の秘書
エヴリン () “グリフィスホテル”住民、ミッドタウンのクラブシンガー
サラ () “グリフィスホテル”住民、男好き

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336