クワンティコ/FBIアカデミーの真実 Quantico 第8話 一大決心 Over

リンク広告 テスト




第8話 一大決心 Over

脚本/Justin Brenneman
Sharbari Z. Ahmed
監督/James Whitmore Jr.

【これまでのあらすじ】

ニマと妹のレイナの存在がついにアカデミー内で公開される。ミランダ
の計画に協力してもらっているという。リアムはブースに対して復職
する様告げロサンゼルス支局だという。ケイレブはまた捜査官研修生
に戻る様言われたとのこと。真犯人は手がかりを残していたサイモン
はワイヤーが鍵だという。リアムはナタリーに対してブースを尾行する
様告げる。ついに追いつめられブースは足を撃たれるが、アレックス
と二人で逃げる。ナタリーは二人の姿を見つけるが見逃すことに・・

【ストーリー】

●ニューヨーク・クイーンズ
リアムはみんなに容疑者を6ブロック圏内に閉じ込めたとして誰一人と
して逃すなと語る。アレックスは足を引きずるブースをつれて逃げる
が彼が受けた銃弾を取り出す必要が有った。その為には隠れないと
いけないとして近くの民家に入る。戦場での応急処置はと尋ねる
ブースにこれから初めてだという。

●FBIアカデミー
・AM9時・クワンティコ寮・休み時間。

ニマはアレックスにルームメイトとして受け入れてくれたことを
感謝する。こっちこそ助かったとして退学で空きが出来たから苦手な子
が一緒になれば嫌だという。レンナと離れて寂しくないのかと問うと
そろそろ自分に戻る時だという。合わせなければならない相手は自分自身
だけってありがたいのだという。

サイモンはレイナと一緒にいた。
サイモンのパソコンからは中東のニュースが流れてヨルダン川西岸地区
の対立のニュースだった。サイモンは消そうとするがレイナは関心があ
るニュースだからと語る。あなたには不公平な話でしょというレイナは
私の事を殆ど知らないという。まるでパズルだとしてつぎはぎだらけの
ニマ、どっちがニマでどっちが君かだと。ヒジャブを外さない君の方が
もっと信心深いの?と尋ねると、信仰が大切だという。あなたと私の
共通点でしょと。サイモンは悲惨だとして二国家体制を支持するのだろ
うとレイナに尋ねると、それはニマの方だという。

アレックスはニマに対してどうやってみんなをだませたのかと問う。
騙せたのはあくまで同期の研究生だけで、ミランダとリアム、そして
職員は知っていたのだとし十分な協力が有ればどんなウソも通せるとい
う。

サイモンはいつも意地悪する男の子が割礼を受けた時に仕返ししたって
言った話は面白かったとレイナにいうとそれはニマだという。監視の演習
をサボって二人きりになったのはどっち?と問うとそれは私だけど考えた
のはニマだという。

シェルビーとケイレブは相変わらずベッドでセックス三昧。
ナタリーとブランドンがなかなか部屋から出てこず、私たちよりも長い
と語る。話す事が沢山有るのではないかとするとケイレブはイライアス
と一緒の方が良かったという。ケイレブはシェルビーに携帯を借りて
良いかと問うと、携帯をいじらせる程親密な関係になったかという
シェルビー。パスワードは私の誕生日だとすると、ハッキングされるぞ
というケイレブ。しかしシェルビーは自分の誕生日を知らない彼に失望。
オレのも知らないだろうとし、俺の姉の名前を知っているかと問う。
じゃあ私のミドルネームは?オレの育った街は?私の目の色は?
オレの年齢は?etc…

ミランダは息子のチャーリーを職場に連れて行く。
親の職場見学のイベントかというチャーリーにリアムの提案だという。
仕事が一番大事なんだろうとし念を押すためかという。するとあんたが
二番目だとしたら何に負けているかを見たくないかというミランダ。FBI
を目指す情熱に驚くわと語る。家を売り仕事を辞めて家族と離ればなれ
になり自分より大事なことに尽くすこと。あなたにも目的を持って欲し
いのだという。それにみて居ると楽しいわと。

アレックスはブースに戻ったのかと問う。
・AM11:00・課題
ミランダは試験を乗り越えたアカデミー生たちにどんな気分かと問う。
今日から訓練は次のステップに入ること。視野を広げて大きく考える
段階だという。クワンティコの外に広がる世界を見ること。今日から
夜間と週末に限り外出許可を出すという。卒業後送り込まれる現場に
ついて考えること。現場に出たら先輩・上司を頼る前に自分で事件を
捜索しなければならないという。今までチームだったが今度は一人で
どれだけやれるか各自に適した事件を用意したという。
リアムはブースの元に来ると何でいるのかと問う。あんたからアレック
スを守る為だとしオレと同じ思いはさせないという。

■感想

体調悪いので簡潔に感想を書かせてもらいます。

あれだけFBIに包囲されているのに逃げられてしまうというのがまさに
胡散臭さ爆発のドラマでしたが、先日の流れからニマとレイナが潜入
していた先のあのテロリストらしき怪しい集団ををFBIは疑わずにアレ
ックスだけを決めウチしているんですかね。

過去に於いてもリアムとアレックスの父・マイケルがオマハで起こした
捜査上のミスを隠す為にアレックスの母をスケープゴートにしたと
しているけど、リアムのしていることがまさにいけ好かなさを通り越し
ている。ただその時にミスしたメンバーが今では出世しているとの
ことなので、それがクレイトンだったりするのかな。
現在みて居る「スキャンダル」でも大統領がかつて軍人時代に墜落させた
旅客機のことが問題視されているけど、こういう過去を背負っている
人が多いね。ウソにウソを重ねているというよりも、当時ついたウソ
を学習してまた別のところで発生したミスはその時のウソの方法論と
同じやり方で隠蔽しようとしているのではないかという感じがして
ちっとも反省していないのではないかという感じ。

まぁまだ何が起きるのはは正直分からない。
オマハの一件も詳細が語られた訳では無く、当時マイケルの部下だった
リアムの役割はどうだったかも分からないし。

■7週目の課題

今回から2次選考が開始って感じ。
個々に課題を与えられた格好だけど、流石にアカデミーの1次選考を
抜け出してきた人たちだけ有って、すぐに個々の事件には繋がりが
あることを見抜いていた。

やっていることはこれまでと変わった感じはしないけど、より実戦的に
なり、外で実際に起きた事件を再現する形で、アカデミー生にトライアル
させた。現職のFBIもダマされて爆破されられた当時の事件(93年FBI支局
爆破テロを受けて200名以上の死傷者を出した)を、アレックスたちが
出し抜いて自分たちは当時の捜査官以上のことが出来ることを証明出来
るのかという感じだったけど、結局同じ轍を踏む形で自らが爆弾を背負
って施設に持ち込むことになってしまった。
勿論演習だった訳だけど、この辺の流れに現在発生しているアレックス
がはめられた流れにも精通しているところがあるのではないかなと。

■アカデミーでの各キャラクター

・アレックスとブース

ブースは復職をリアムから提案された。
しかしアレックスを守る為にアカデミーに戻ると宣言。

アレックスに与えられた課題は疾病対策センターの爆破予告事件。
未来を暗示している感じだね。

その過程で最終的にはブリーフィングをFBI本部で行えることになり、
それを機会に父親の件を調べる為にFBIの資料庫から書類を持ちだそう
とした。
その後リアムから父親の件で洗いざらい話してもらいましょって
ことで、事件の顛末を聞かされた。民兵組織に潜入中に怪しい動きの
サインを見逃したという。当時リアムはアレックスの父・マイケルの
部下で、爆破事件を見逃してしまったのだという。そこでスケープ
ゴートとしてアレックスの母が仕立て上げられそうになっていた。
アレックスの母はISI(パキスタン軍諜報機関)につながりが有る様な
取り調べが行われていた。

・シェルビーとケイレブ

相変わらず二人は仲良くしているが、実際には近しい関係のようで
互いのことをまるで理解していないことが携帯のパスワードの一件を
きっかけにして判明する。

シェルビーが度々発信地リヤドから電話が鳴っていることに関して、
ケイレブは不信感を覚える。アレックスには異母姉妹のことは話して
いたのだっけか。ただシェルビーもセールスだと嘘をついていたし、
何よりも毎月中東の銀行の口座に何千ドルも送金、先月には100万ドル
を送っているとしていたけど、そんな行動を取ればだれでも怪しいと
思う。送金先の名義はサマル・ハシミ。家を購入するためにわざわざ
100万ドルも払うか?
話によるとシェルビーパパが出張先のサウジアラビアで出会った女性
との間で娘をもうけたのだという。

ケイレブに対してブランドンは君の母は上院議員だし彼女の父の事業は
軍事ビジネスだとして君が知りたくないことに手を染めている可能性
を示唆し、1クリックでで一生勃起出来なくなるぞと脅していた。

ナタリーはシェルビーに対してケイレブと惹かれているのは何かと問う。
白人で金髪だからなのか。急ぎすぎているとして失敗に終わると警告
していた。

・サイモンとレイナ/ニマ

ニマとレイナは2年前500万ドル相当のダイヤが消えて先月その半分が
ヴライトンビーチの闇市で売りに出されたという。その為の捜査。

サイモンは組織犯罪、ロシア人マフィアの捜査。

サイモンは元々レイナに気が有ると思っていたけど、実際にサイモンが
興味を引いていたときに会話したり行動を起こしていたのはニマ
だった。レイナはサイモンが好きなのに、哀しいかなサイモンはニマ
の行動に興味を引かれている。

・ナタリー/ブランドン

ナタリーは警察絡みのひき逃げ事件の捜査。
ブランドンはマサチューセッツの医師誘拐事件の担当。

■テロ直後の世界

アンノウンが再び協力する為にFBIが囲んでいる現場にアレックスと
ブースを助ける為にやってきた。
ぎりぎりまで証拠を探りたいということで、爆破前にアレックスの
カードを使って購入されたレシートを見つける。レシートの日付は
2016年6月15日、午前10時55分となっていた。購入したのは絶縁体と
反射塗料、パイプ洗浄剤。どれも駅の爆破には使用されていない
ものなので、もしかするとそれが予告練習ではないかとされる。
しかしダンカンは駅の爆破の方が明らかに予行だということでこれから
また別の場所での爆破があることを予感させた。駅で使用された爆破
では普通の銅線だけど、アレックスたちが手に入れたリード線は2発目
の本番で使用される爆弾の為のものではないかとされた。

またケイレブとイライアスは保身のために動いている流れが有り、
イライアスはシェルビーとの関係の痕跡を消すためにメールの削除を
息子に命じる。関係を示すメールの削除だけならまだしも、正直
爆弾テロに比べたら大したことでもないんだけどね。
ホテルでシェルビーと遭っていた時、無線LANでメールを開いたが
開封場所の発覚を恐れているだけのようで、こういう時にホントバカ
みたいなことをしているイライアスをみて居ると、こういうのがFBI
を仕切っているようではホント爆破もされるだろうって感じ。

■その他

・チャーリーとミランダ

相変わらずこの二人、よく分からないね。
最後にミランダが刺されていたけどチャーリーが刺したのかな。
ミランダからはリアムの話は本当だと聞かされていた。
その後ミランダはリアムからアレックスを助けるような行動を取って
いるからね

■使用された曲

・She’s the One by Ray LaMontagne
・Me Liquor and God by Night Beds
・I Belong To You by Brandi Carlile
・Pick Up a Gun by Ray LaMontagne

■出演者

アレックス・パリッシュ (Priyanka Chopra) FBI研修生、父が捜査官
リアム・オコナー (Josh Hopkins) FBI特別捜査官・指導、シカゴで問題?
ライアン・ブース (Jake McLaughlin) リアムの部下、潜入
ミランダ・ショウ (Aunjanue Ellis) FBIアカデミー研修部次長
シェルビー・ワイアット (Johanna Braddy) FBI研修生、911で両親を亡くす
ニマ・アミン/レイナ (Yasmine Al Massri) FBI研修生、双子
ケイレブ・ハース (Graham Rogers) FBI研修生、父がFBIの偉い人
ナタリー・ヴァスケス (Anabelle Acosta) FBI研修生、元刑事
サイモン・アッシャー (Tate Ellington) FBI研修生、ゲイ?

クレイトン・ハース (Mark Pellegrino) FBI長官
ブランドン・フレッチャー (Jacob Artist) FBIアカデミー
チャーリー・プライス (J. Mallory McCree) ミランダの息子
ダンカン (David Alpay) ハッカー”アンノウン”
ミア (Anna Diop) ハッカー”アンノウン”
サマル・ハシミ (Marjan Neshat) シェルビーの異母姉妹
オーレン (Yair Ben-Dor) サイモンに精通する爆弾の専門家
トレイシー・プレストン (Andrea Frankle) イライアスの秘書
— (Matt Enos) Reporter
— (Lori Graham) Reporter
— (Christopher Hayes) Smiling Man
— (Paula Jean Hixson) Counterintel Agent
— (Martin Thibaudeau) Counterintel Agent
— (Derek Johns) Check Point Agent

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336