LAW & ORDER : クリミナル・インテント 犯罪心理捜査班 シーズン7 第18話 怒りのKO Ten Count

リンク広告 テスト




第18話 怒りのKO Ten Count

脚本/Warren Leight
Julie Martin
監督/ Alex Chapple

【ストーリー】

ボクシングの試合。
Kovak’s Gymに所属するプロボクサーのガブリエルは格上の
カルヴィンと対戦する。セコンドとしてガスとガブリエルの
弟のピーターが付き、リングサイドではピーターの彼女のクリス
ティーナ、対戦相手のカルヴィンをプロモートしているジギー・
ゴールドが座って様子を見守る。ガブリエルの左フックが予想以上
にカルヴィンに効果的にヒットし、6ラウンドの終了間際には
顔面に上手くヒットする。
ラウンドガールが7ラウンドのボードを掲げてやってくる中、
試合が再開するが、カルヴィスの右目が見えていないことに
ガブリエルが気づき、レフリーにそれを告げると試合は終了し
ガブリエルの勝利が確定する。次はタイトル戦だとしてガスは
喜ぶ。しかしゴールドはどういうことだとして激怒。
試合後にガブリエルとガスは祝杯の為にコンロンの店に飲みに行く
事にするが、弟のピーターは今日は用事があると言うと兄の
ガフリエルはクリスティーナと出かけるのかと問う。一週間ぶり
のデートなんだと。
誰もいなくなったロッカールームにガブリエルとゴールド。
今夜は驚かされたという。

コンロンの店。
カウンターで飲んでいると、ガブリエルに声を掛ける女性
(キャリー)の姿。
ガスも当初はそこに居たがガブリエルがいい雰囲気なので気を
聞かせて先に帰っていると語る。お前はヒーローなんだからと。
女性はガブリエルに対して今まで何人KOしてきたのかと問う。
しかしその女性に対して彼氏らしい男性が頭に来たとして女性
の髪の毛を引っ張り外に連れ出し裏路地へと連れて行く。
急いでガブリエルも追いかける暴力は止そうとして止め、彼女を
解放してやってくれという。店からは心配して用心棒も出てくる
が裏路地に入った彼らを見つける事は出来なかった。
ガブリエルが説得していると突然相手はもう一人増えて、その
人物は銃口を向けてくる。そしてガブリエルの脚に向かって
発砲すると女性も含めて三人でバイクで逃走していく。
その銃声が聞こえるハズもないが弟はホテルのベッドで何処か
聞こえた気がして目覚める。

ローガンは呼び出されてBelvedere病院にやってくる。
市警の捜査官はローガンに対してピーター・ガーデラの友人か
と問うと、メーガンは昔青少年育成活動で指導したのだという。
無事なのかと問うと、兄のガブリエルの方がバーの客と揉めて
脚を撃たれて失血死したのだという。大動脈を一発でやられた
のか・・屈強なボクサーなのにと。ミドル級2位を任したばかり
だという。ピーターも現場に居たのか?と問うが、彼は後から来た
ようだとし、現在は廊下にいるという。

ローガンはピーターに逢いに行く。
店主からの電話で兄は女を守ろうとして撃たれたのだという。
何処で飲んでいたのかと問うとコンロンの店だという。
すぐに捜査するというローガンはコーチのガスを呼ぶという。
彼の家に住んでいるんだとするが、ピーターに対してガスを
待つんだというと、彼は犯人を必ず捕まえてくれと頼む。
市警には自分たちが捜査を引き継ぐと連絡するよう告げる。

ローガンはウィーラーと合流し捜査を始める。
ピーターの指導役をしていたのかというウィーラーに対して
ローガンは家庭環境が複雑でボクシングを勧めたのだという。
よく帰りにメシを食いに行ったという。彼は成果を上げて1年
前にプロになったとのこと。

目撃者のバーの用心棒に話を聞く。
男も女も酔っていたこと。常連なのかと問うと初めて見る人物
だという。2人が痴話ゲンカを初めて口を挟んで撃たれたのか
と問うと、詳細は分からないのだとし出遅れてしまったという。
昔の勘を働かせていれば・・と。ローガンは元刑事なのかと問うと
一年前に用心棒になったという。罵声と悲鳴と銃声、そしてその後
にバイクの爆音が轟いたとのこと。ローガンたちはバイクのタイヤ
痕が2本あることに気づきもう一台有ったのかも知れないと
いう。女性が乗って来たバイクなのかと問うウィーラー。
用心棒の男はあの服装ではバイクに運転してくるのは無理だろう
と語る。他に仲間が居たのかとし男が銃を持っていたのかと問う
と、入店時には検査をしたが銃は持っていなかったという。
仲間が持っていたものなのか・・有力な情報がないが、2人は30代
前半の白人でベレー帽の男と美女だったという。
そんな中、CSU Techの女性が現場近くで22口径のベレッタが下水道
から見つけたという。指紋を採ると語る。
ウィーラーは用心棒に後で似顔絵作りに協力をと語る。
ローガンは去り際に酒の支払いは?と問うと客の奢りだったという。
被害者のコーチのガス・コバックだと。

ガスは落ち込んでいるピーターに声を掛ける。
葬儀に着ていく服を選ぶ中、ガスはこれはガブリエルがウィルソ
ン戦の夜に着ていたものだという。解消した後ルーガーでチキン
をバカ食いしていたなと、ステーキ店なのに・・。好物だったん
だというピーター。

ガスに話を聞く。
バーで長髪の美人が彼に声を掛けてきたという。どんな話をして
いたのかと問うと彼女は勝者に色目を使っていたと。それで彼が
怒ったのねというウィーラー。デカくてよっぱらっいの男だと。
ガブリエルは紳士だったという。自分はコーチ歴5年で待望の
チャンピオンだったという。
そこにクリスティーナがやってくるとピエロギを持って来て食べて
と語る。ローガンはいつでも電話してくれと語る。

ウィーラーは凶器は南部で販売され隣州の住民が購入している
という。それが何故ニューヨークに来たのか。購入したとされる
ブロンドの中年女性に話を聞くと私は銃など買っていないし南部
にも行ったことはないという。IDを盗まれたなとしサイフの盗難
に有ったことは?と問うと、女性は気づいたように私の娘だと
いう。名前はキャリー・ジョンソンで、現在薬物乱用の問題を
抱えているという。彼女が何処に居るか私にも分からないのだ
という。1年以上前にあの子を残して出て行ったという。ただ
親心はあるらしく先週500ドルの送金をしてきたので、それで今
乗っている三輪車を買ったとのこと。

ガスとピーターは署にやってくる。
ガスに対して容疑者の写真を見せてバーにいた女性がどの人物
なのかを尋ねる。なかなか特定するのが難しいとするとガスは
バーテンダーや用心棒にも話を聞いたのかと問う。多分この
美人だと語ると、ウィーラーは訳ありの美女よと。5000ドルの
賞金をかけたのに何故情報がないのかとピーター。ガスに対して
確信がないのか?おっかけファンと間違えてはいないかと問う。
知らない顔だがこの女が殺したんだというピーター。

キャリー・ジョンソンのアパートにいく。
今度は何をしたのかとして太った管理人は尋ねる。
1B部屋・・ドアを叩くが返信がない。ローガンは何か変だとして
室内に入ると彼女はソファーの上で麻薬の過剰摂取で亡くなって
いた。写真だけがあるとしてウィーラーはサイフの中に有る子供
の写真を見せる。

エリザベスの検視官室。
ヘロインの過剰摂取で別の薬物も混ざっているという。
フェンタニルというヘロインの80倍の効力がある麻薬だという。
ローガンは口封じで誰かが打ったのかもしれないという。
同様の結果が有ったことは?とエリザベスに尋ねるとこの数日は
ゼロだという。この混ぜ物は出回っていないというローガン。
殺される理由は何なのか?というウィーラー。ジャンキーは口が
堅くないからだろうと。彼女は誰から雇われてバーで芝居を
うったんだと。

ロスは事故死ではないのか?という。懸賞金にも飛びつかずに潜伏
していたというローガン。警察嫌いだったのだろうとし
ヤバイ彼氏もいたというウィーラー。共犯者だというローガン。
彼女の部屋に不特定多数の男が出入りしているという。また携帯
の発信先はプリペイド携帯と母親だけだというウィーラー。
先週、子供のために500ドル贈られていること。ガブリエルを
釣る報酬の一部かというロス。彼のお人好しさをよく知る人物を
洗えと語る。

ピーターがジムに練習にいく中、クリスティーンは一緒に行きた
いとするが・・彼の背中を見ながら複雑な表情を見せる。

ジムにいくローガンたち。
ガスはピーターに対して厳しく指導していた。お前の本当のパワー
を兄に見せろ・・報いるんだと。

■感想

今回はローガン&ウィーラーサイドのエピソード。

ボクシングという血なまぐさいスポーツ故に、その暴力性が
非難されることも多いし、どちらかというと男性的なスポーツ
故に捜査としてはローガンメインな感じとなるのは仕方が無い
けど、捜査の流れはローガンがかつて青少年育成活動で指導
した人物が絡んでくる話であり、よりローガンが感情移入せざ
るを得ない状況が作られた。

ただそんなローガンでさえも、ボクシングのトレーナーからした
「ボクシングの何を知っているのか」と来たもんで・・
ローガンがコニーアイランド/クリミナルインテントにながされて
きた経緯を考えれば、彼の血気盛んなところだったり、殺人課の
刑事というのは、ボクサーの心情にも精通していそうなものが
あるんだけどね。

ウィーラーがドラマの中では「(ボクシングなんて)人を殴る仕事」
とした際に、ガスは逆に「このスポーツの芸術性を理解していな
い」
として反論する姿が有ったりするし、逆にゴールドの所に
聞き込みに行った際には「君も捜査を?。娘と同年代だ」と言われ、
ローガンが微笑む姿が何処か憎めないシーンとなった。

実際に今回はジェンダーや人種を感じさせる流れも有り、
ボクサーにはゲイは御法度だとされたり、またゴールドがガブリ
エルを白人ボクサー故に引き抜こうとする姿も有る。
まぁ左フックを気に入っていたので人種だけでなく、可能性を
感じていたのかも知れない。ゴールドは完全にエンターテイメント
として捉えていたので犯人ではないなという感じはしてくる所
が有ったな。

また今回の実行犯に利用されたキャリーには娘がいるか、その子供
の人種は黒人だった。ジャンキー故に色んな男性と交わりを持って
いたみたいだけど・・・

ボクシングに限らず、サッカーでもしょっちゅう言われるのは
日本人はハングリーさに欠ける為に強豪国になれないとする主張
はよく耳にする。

ファイターにとって必要なものとは何か。

■怪しい人たち

今回は犯人・実行犯自体は視聴者も冒頭で目にしている。

ただしそれは当然「筋書きのないボクシング」とは対象的に
「計画的殺人」という流れが有り、彼がお人好しだと知る人物
によってハメられたとされるところが有った。

大抵こういうのは金の流れを追えばそのロジックは一発。
金のない生活をしている人が突然金を使うという行動を取る
とその影でそれ相応のリスクなり怪しい流れが有ることは
明らかである。

・対戦相手のカルヴィン

カルヴィン自身は病院に入院している訳で、彼が直接手を
下せる状況にないのは確かだった。

ただカルヴィンもジギー・ゴールドの心理作戦を学んでおり、
対戦相手に対して「殺してやる」と叫んでいること。

ボクシングは筋書きのないスポーツであるから楽しい訳で、
筋書きの有る賭けの為の八百長が横行していたらそれこそ面白く
ない。
彼は取り調べの際に「全てが予想外だった。彼の勝利の乾杯も
殺人も・・第6ラウンドで俺が勝つハズだったんだ。」

・プロモーターのゴールド

この男がまた冒頭から怪しい眼力を投げかけまくる。
「映画の見過ぎだよ。取引などしない。」

みんなが十分に潤う額を提示しスタッフにも話をしたと語って
いた。確かにガブリエルの部屋からは1万ドルの札束が出てくる
ところが有ったね。

・クリスティーナ

この子がまたカワイイ。クリスティーナ演じるKarolina Wydra
といえば「Dr.HOUSE」の最終シーズンで、ハウスの妻となった
人物。勿論偽装だったけど、色々と取り決めして彼女に市民権
を与えるようなことをしていたのだっけか。

その可愛さ故に男3人対女性1人が一つ屋根の下で暮らすことに
違和感を覚えていたのだけど、兄がクリスティーナと関係を
持っていたのではないかという疑惑が有ったり、彼女が突然
共同生活から離れた理由の中には、姉の子育てを手伝うために
戻ったしたが、実際には違うものがある。
そんな彼女は色々と話が二転三転し嘘の供述を続ける。

何よりもこのガーデラ家の家計・サイフを握っていたのがクリス
ティーナだった為に、何か有るのではないかと思わせるものが
有る。

最終的には家を出た理由はガスから風呂上がりの姿を見られて
そそられるとして迫られたこと。未遂に終わったがそれを機会
に家を出た事を告げる。

■ヒ・ミ・ツ・・・秘密

アホアホなタイトルにしてしまいました(笑)

みんなが少しずつ抱えている秘密が捜査をしていくウチに現れて
いく様子が楽しい内容でした。

その秘密は何処から何処までが本当のことなのか。

・ガブリエルがゴールドと移籍契約していたこと。
・ゴールドの八百長
・クリスティーナとガブリエルの不倫 (ゲイで否定)
・ガスのクリスティーナへのレイブ未遂

■取り調べ室

・ピーターへの容疑が深まった際に、ローガンは取り調べ室に
入れてもらえず、ロスとウィーラーで聴取する。
その際ピーターは壁一枚隔てたところにいるローガンに対して
信用して欲しいと訴える姿が有る。

・取り調べの後にクリスティーナとピーターの二人に顔を合わせる
機会を与えて反応を見るところなど意地悪なところがある。

■犯人はガス

正直ガブリエルが移籍しようとしているのを知って殺したのかな
と思った。ここまで育てたのにタイトル戦という時に移籍しよう
とした訳だから、憤るのも分かるかなと。
しかし結果として、人間としての常識的な感情を持つことが
ボクサーにとっては弱点となり得ることを訴える。
クリスティーナが居ることでピーターは弱くなり、その為に追い
出す意味で擦り寄ったこと。
兄を殺したのは紳士的行動がボクサーとして悪影響を与えるから
だとしていたこと。

金の流れを追い、バーで女性に金を払った人物、そしてピーター
をその場から遠ざける為にホテル代を払っていた人物、
そしてガブリエルを殺害する為に雇った人物。
全てはガスに繋がっていた。
コーチと選手という信頼感よりもそれ程殺し屋の勘が必要だった
のか。

自分の死を利用してピーターにボクサーとしての才能を引き出した
のか?いつか感謝するとしていたけど刑務所に入ったら、結局
ボクシングは出来ない。

悲しいけどボクシングをしていたとしても、彼女が語る様に
「ボクサーは何も残さず、傷つき、老いるだけ」

なんとも切ない。

■ゲスト出演

・コーチのガス役のMiguel Ferrer

この人の出演作も多いけど、やはり「Twin Peaks」のマクラク
ランの同僚のFBI捜査官アルバート役が印象に残っているな。

■出演者

ロバート・ゴーレン (Vincent D’Onofrio) 天才刑事
アレクサンドラ・エイムズ (Kathryn Erbe) ゴーレンの右腕
ダニー・ロス (Eric Bogosian) 警部
エリザベス・ロジャース (Leslie Hendrix) 検視局
マイク・ローガン (Chris Noth) 刑事
ミーガン・ウィーラー (Julianne Nicholson) 刑事、ローガンの相棒
— (Steven Zirnkilton) Opening Announcer (voice)

ガス・コバァク (Miguel Ferrer) ボクシングジムのコーチ
ピーター・ガーデラ (Enver Gjokaj) 次男
ガブリエル・ガーデラ (Shaun Kevlin) 長男、ローガンが更生
クリスティーナ (Karolina Wydra) ピーターの恋人
— (James Colby) 用心棒、元刑事
Mrs.ジョンソン (Lisa Emery) キャリーの母
ジギー・ゴールド (Tony Roberts) ボクシングプロモーター
カルヴィン・ルイス (Da’Mond Taylor) 対戦相手のボクサー、網膜剥離
バージッタ・ゴースキ (Amanda R. Phillips) クリスティーナの姉
ラドルフ・サッチ (Joseph Vincent Gay) 捜査官
キャリー・ジョンソン (Laura Campbell) ドラッグ中毒
— (Kris Bratton) 医者 / Belvedere病院
— (Ricardo Cordero) Superintendent
— (Amanda Warren) CSU Tech
— (Arthur Mercante) レフリー
— (Rick Aiello) Thug Boyfriend
— (Chris Cenatiempo) Second Thug
— (Estelle Bajou) Ringside Fan
— (Dan Griffin) Angry Ringside Fan
— (Matt Murray) Angry Ringside Fan
— (Paul Jude Letersky) Boxing Official
— (Darly Wanatick) リングサイドの医者

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336