エージェント・オブ・シールド Agents of S.H.I.E.L.D. シーズン3 第5話 4722時間 4,722 Hours

リンク広告 テスト




第5話 4722時間 4,722 Hours

脚本/Craig Titley
監督/Jesse Bochco

【ストーリー】

フィッツはディナーだよとシモンズに語ると彼女はお腹が空いた
のかとしてちょっと待ってという。そういうことではなく君と
僕で食事に出かけられないかなというフィッツ。仕事が終わった
ら呼びに来てとし僕が店を探して置くからという。

— 6ヶ月前 —
シモンズはモノリスによって飲み込まれる。
そして彼女は見た事もない惑星へ。GPSにも反応はない。ここは
何処なのか。

・0時間経過
シモンズは全体が見渡せる場所へと登っていく。こんなのあり得
ないとし、夜空に見える天体がまるで地球から見えるのとは違っ
ていた。

・6時間経過
きっと大丈夫。シモンズは後の為に見た者・感じた物の記録を
録音装置に吹き込む。
「自分の位置が不明の場合はその場に留まって救出を待つ」のが
鉄則。フィッツと研究したモノリスは物質転換輸送装置であるこ
とが分かった。時空の扉で私は見知らぬ惑星に転送された。
別の太陽系。大気は呼吸可能、酸素を含んでいる。重力は地球より
も重く感じる。地表は荒涼として砂漠に似ている。地球型生物に
とっては好ましい環境だが生命体は見あたらない。植物も水もな
い。きっとまた扉が開くはず。フィッツが何とかしてくれると。

・13時間経過
あなたはいつも言っていた。
「答えが見つからねば一晩寝かせろ」と。おやすみフィッツと
シモンズはその場に寝る。

・22時間経過
この星のワルは何時間なのか。そのウチ太陽が昇るわよねと。

・71時間経過
太陽は何処なのか。私は太陽が見たいのよ!!。家に帰りたいと
いうシモンズ。

・79時間経過
人間は食べ物無しで3週間生きられる。だけど水無しではたったの
100時間。これ以上待てない。だけどもし居ない間にあなたがここ
に来ても私を見つけてくれるでしょとしてマーキングをしていく。

・81時間経過
シモンズはフィッツと高級レストランに行くという約束を思い出
していた。「店は決めた?」「綺麗な服を着ていくべき?」「格好
つけて椅子を引いたりしないでよ」。

・87時間経過
話題が無くなったらどうしようと。

・99時間経過
上まで行けば水があるハズ

・101時間経過
砂嵐で埋まってしまうシモンズ。しかし気がつくと目の前には
水があることに気がついて飲むことにする。

・109時間経過
シモンズは水面に浮かんでいると突然水中から木の根が伸びて
シモンズを水面に引きずり込もうとする。

・111時間経過
シモンズが格闘した木の根を口にしてみる。ガリガリしながら
腹の足しにする。

・492時間経過
もう3週間が経過していた。フィッツにどうしたのかと唱える。
何か食べ物を見つけなければならない。一つの食べ物は私を
食べ物だと思っている。
「ディナーの時間よおいで!」
シモンズは体をロープで縛り付け引きずり込まれないよう装備を
備え水の中に入る。そして自らをエサにして木の根と格闘する。
「ディナーはお前だ」。乾いた木の根っこを使い火をつけると
それを食べることに。シモンズはフィッツに語りかける。褒めて
よ。私オバケ草を殺して火を起こして焼いて食べたのよ。それか
に大きなゲップをした。見せたかった・・いやこんな姿は見せ
たくない。私たちお互い考えていたことが分かった。今こそ私の
心を読んでと。私は生きて居る。でも凄く寂しくて怖い。だから
早く迎えに来て。あなたも私も諦めないでしょ。

・752時間経過
更新が少ないのはバッテリー温存の為。おかしな惑星に来て一ヶ
月になる。最初にいた場所はもう分からない。まずはそこを見つ
けたい。そんな中木が揺れる音がする。その音の方向にいくと
突然穴から落ちてしまう。

・761時間経過
シモンズが気がつくと檻の中に閉じ込められていた。
あなたは誰?何をする気なのか?

・783時間経過
檻の中にいるシモンズ。男(ウィル)はまだ居るのか?と問うと
シモンズはここから出してよと。

・824時間経過
シモンズは体を鍛える中、男(ウィル)に何をしていたのかと問う。
私はジェマ・シモンズ。時空の扉を通り地球から来た。言葉が
通じるのであなたもそうでしょ?ここから出してくれたら私も
手伝う。助け合いましょう。食事ばかり出してくる彼にあなた私
を食べる気なのか?私を太らせてそれから食べる気でしょうと。
男(ウィル)はそれも悪くないなと。

・851時間経過。
シモンズは苦しむ振りをする。毒を食べさせたのねと。檻の扉
を開ける彼を殴り飛ばすと彼女は逃げ出す。これは間違い無く
現実だと痛みで気がつく。ウィルは戻ってこいという。再び捕ま
えられたシモンズは殺したければ殺せば良い。閉じ込められるの
だけは嫌だと。血が出ているとしかぎつけられるという。
「ヤツが来る」。今すぐにいかないといけない。早く入れと。
砂嵐と共に何か現れる。あれは何なのかと尋ねると彼は「死」だ
と。

■感想

ドラマをチェックしている中、時計の数字が少しずつ経過する
度に当然その数字は大きくなっていく。タイトルにある4722時間
というのもフィッツが助けに来るまでの時間だろう
ことは想像出来たし、途中で前回のラストでシモンズがフィッツ
に真実を語ろうとしていたので、その時のことをフィッツに
話しているという形でドラマが進行しているのだろうことは
想像に難くはなかった。ただ4722時間という数字が如何に長いか。

851時間経過までの時間を抜粋してストーリーを書いたけどその
後には
(853、855、1490、3010、3032、3183、3561、3575、4720)時間
と進んでいく。

何と言っても帰還した際にボビーに最初に語ったシモンズの言葉
「戻らなきゃいけない」というセリフに込められる中には
どんな意味があるのかが今回の興味の示す所だった。

今回のシナリオを見るとなかなかフィッツにその事実が語れな
かったシモンズの事情というのが理解出来るところも有ったし、
(S2-22)で約束していたレストランで、ようやくその約束を果たせる
時が来たという食事の場(S3-3)で、4722時間以上リザーブし続け
ていた店での念願が叶うという感動的シーンの中でも、シモンズ
の心が揺れ動くことがなく、素直に浮かない顔をしているところ
に違和感が有ったけど、今回のエピソードを見ると、異星での
4722時間の中にそういう事情が有ったのねということが描かれる。

S2-22
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=4535

S3-3
https://dramatimez.sakura.ne.jp/blog/?p=5351

■シモンズが異星で見たものは?

個人的には一番気になっていたのは、シモンズはどうやって異星
で食事などを取って生き延びたのかということだった。

サバイバル生活を強いられていることは必至の状況の中でシモン
ズのような子が生きていけるのかどうか。

また荒野・砂漠のようなものしかない状況だったので、そもそも
食材なんか存在するのかということもまた興味の対象だった。

人間、最初に必要なのは水。
(101時間目)に砂に埋まった時に絶命したかみたいな感じの
シモンズの姿が有ったけど、まるでオアシスで水を見つけた時の
気分を味わわせるかのような状況が訪れる。

(109時間目)にはその水中にはオバケ草がシモンズを食べようと
して根っこが絡みつく中、シモンズはそれを食料にして食べる
光景が有る。

自分をエサにしておびき出す様も面白かったけど、シモンズは
スクール水着みたいなものを着ている光景にも驚いた(笑)
ボビーとかメイ辺りなら素っ裸で水の中に入りそう(笑)

また太陽が殆ど見えない惑星で人が住めるような土地なのかという
ことも疑問ではある。酸素は有ったけど太陽がなかなか出ず、
太陽が見たいという願望が出てくる。
ただ温度に関しては地下には発光性の土があり天然性の熱源が
有って太陽無しでも星が冷えないことを語っていた。

■凄いフィッツ

驚くべきは携帯電話のバッテリーの長さ(笑)
フィッツが開発したものらしいけど、それを是非実用してくれ。
バッテリーが切れたのはPATH FINDERを起動してデータを収拾
する際に携帯のバッテリーを利用したからで、それを使わなければ
まだまだ携帯の電源は切れなかった。

■急展開

惑星にはウィルという人物が存在していた。
当初はウィルもシモンズを警戒して檻に閉じ込めていたけど、
敵ではないと分かって徐々に協力していく。

ウィルはNASAの計画・公募でモノリスの旅を志願した人物だった。
モノリスが有ったのは2001年。現在は2015年だとしていたことから
14年も経過している。ウィルはシモンズの携帯を見て驚いていた
し、メモリ容量を聞いて120Gだとした際に驚いていたようだ。

モノリスによってこの惑星に来たのは他に3人居た。
オースティン、ブルベイカー、テイラー。

チームとしての仕事は標本の採取、地図の作成、星の研究だった。
ウィルは制御不能な状況でも冷静で居られるようにするという事。

しかしそんな人物も”ノーフライ・ゾーン”に居る「ヤツ」によって
おかしくされていること。

なんだか「LOST」で無人島を調べるルソーのエピソードみたい
だね(笑)

■惑星での時間

核心に近づいてきたのは3000時間を超えた辺りから。
モノリスは地球とこの惑星の特定の場所を結んでいて
ワームホールを作っている。扉は動いていて予測不能だとされて
いたが実際には自転していて動いているだけだという。自転速度を
割り出したとしても扉が開くかどうかということは予測出来る
ものなのか?
シモンズは「月の力」だとして、ここの月の並び方が扉に影響
していることを語っていた。
地球ではある周波の振動によって扉が人工的に開けられる所まで
言っていたね。

・3575時間

この時一度目の扉が開いた。計算では”ノーフライ・ゾーン”の
知覚を通り30m以上も開いている峡谷があることが分かり、
行くのは難しいことが語られる。もしもの時の為にビンを容易
してシモンズはフィッツに伝えようとしていた。残念ながら
放った矢はその扉に命中することはなかった。
「クイーン・メアリー」の20話のフランソワがイングランド軍の
火薬庫に火の矢を放つのとは訳が違う。

第20話 消えた王妃 Higher Ground (aka.王妃誘拐事件) 脚本/David Babcock Daniel Sin...

・4720時間

タイトルからすると4722時間目にフィッツが助けに来る。
その前に二人はこの惑星からも太陽が見られる瞬間が有るという
ことで高台に登って観測する。
その際にワインを用意していたが、相当マズイものだったらしい。
2時間経過した時には、フィッツが放った信号弾が二人の目にも
入って来たが、激しい砂嵐の中で結果的にはシモンズだけが
助けられることになってしまった。

■その他

・ウィル・ダニエルズ演じるDillon Casey

「ニキータ / NIKITA」で元オーバーサイトの一人だったショーン
ピアース役。

・シモンズの恋の行方は?

互いの存在が希望となっていたけど、一方が欠けたことでまた
ウィルは一人になってしまった。そもそも最後に見た彼は
「ヤツ」に向かって銃弾を一発。果たしてそれがどうなったのか。

フィッツの事は好きだけどどうもこの二人はそういう関係には
陥らない感じ。

・シモンズの過去の過去

元々天体が好きになったのは彼女は脊椎側湾症で手術で入院して
いた為だとしていたね。

・人工的にモノリスは開けられる

自然の力だと次に扉が開くのは18年後だとしていた。

単純に、1年、365日、1日24時間で計算すると、
365*24*18=157680時間。

■使用された曲

・Agents of S.H.I.E.L.D. Theme Song
Written by Bear McCreary

■出演者

フィル・コールソン (Clark Gregg) S.H.I.E.L.D.の捜査官
メリンダ・メイ (Ming-Na Wen) エースパイロットで兵器の専門家
グラント・ウォード (Brett Dalton) ヒドラ家
デイジー・ジョンソン / スカイ (Chloe Bennet) S.H.I.E.L.D.、能力者
レオ・フィッツ (Iain De Caestecker) 兵器技術を専門
ジェマ・シモンズ (Elizabeth Henstridge) 生命科学に精通

ランス・ハンター (Nick Blood) シールドの傭兵
アルフォンソ・マッケンジー (Henry Simmons) “マック”、メカニック
ボビー・モース (Adrianne Palicki) ハンター元妻バーバラ

ウィル・ダニエルズ (Dillon Casey) 異星へ、NASA2001年
テイラー (Don Thai Theerathada) ウィルと同じ
リンカーン・キャンベル (Luke Mitchell) トランジショナー

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336