100 オトナになったらできないこと 100 Things to Do Before High School 第23話(23) アイドルに会いたい Meet Your Idol Thing!

リンク広告 テスト




第23話(23) アイドルに会いたい Meet Your Idol Thing!

脚本/Scott Fellows
監督/Melissa Kosar

【ストーリー】

ロバーツ先生はCJ、クリスポ、フェンたちに考え込んで何を
しているのか尋ねる。CJは次に何をチャレンジするのか意見が分
かれているのだという。どんなリストがあがっているのかと
問われ、学校全体をプールにする(CJ)、会社のサイトをハッキン
グする(フェン)、スコーピオン・ロデオ(クリスポ)。それを
聞くとロバーツはどれもやらないでねと語る。先生が中学の
時にはニール・アームストロングに会ったとし月に行った人だ
という。私たちにも会えということなのか?ロバーツは自分の
アイドルに会えということだよと告げる。
クリスポのアイドルはオリンピックスノボーのスーパースター
のルイ・ヴィトと会う事だった。フェンはニール・ドグラース・
タイソンという天体物理学者。CJは世界中で大人気のイケメン
歌手デル・レイ。
みんなはすぐにチャレンジ決定だとして「自分のアイドルに会う」
を目標にする。

【ステップ1】
「大好きなアイドルに会う為にはアイドルの居場所を突き止める」

ネットでサイトチェックをするCJに対して母はまたアンソニー・
デル・レイの世界なのかと問うと、アイドルに会うと決めたのよ
と。もうアイドルならば居るだろうとしてパパのことだという父。
足のドクターだと。ママは昔会ったとし、デュランデュランの
ジョン・テイラーだという。ジョンの髪の毛にタッチしたという。
その為に狼のようにハングリーになるのよと。CJはサイトで
デル・レイのライブが近くであることを知るが、招待客オンリー
の限定ライブだと知る。何とかしてライブにいく方法を考え
なければ・・
父親はパパがCJのアイドルだったのに・・と呟くと、母は女の子
はパパが一番じゃなくなる日が来るのよと語る。

【ステップ2】
「アイドルに会うためには遠慮しないで周りに協力を頼む」

フェンはロバーツ先生のオフィスにいくとニールに会いたいので
アドバイスを下さいと語る。ロバーツは今仕事をしていて忙しい
んだというが、ドウにカウンセラーと書いて有るしデスクにも
有るという。ポスターには「力を合わせれば何でも出来る」
「ウェルカム」って書いて有るでしょと。ロバーツも参ったばかり
に協力する。ニールのウェブをハッキングするのはダメだよとし
サーシャルメディアサイトを検索してメールしてはどうかという。
それか手紙を書くのだという。フェンはこのサイトなら20ドル
でニールの電話番号を教えてもらえるというと、そんな事をすれ
ばFBIに通報されるぞという。待たなきゃだめだとし、自分が
アームストロングの返事が来たのは9ヶ月待ったというロバーツ。
それを聞いて思わず絶叫する。

CJはクリスポに対して嬉しそうねと声を掛ける。
ルイのことを調べたらミニミニワッフルコンテストに優勝すれば
コマーシャルに一緒に出られるのだという。CM動画を作って
サイトに贈り優勝すれば良いと語る。CJはどうか?とするとデル・
レイのライブは金曜日にあるけど招待客だけなのだという。
チケットは売っていないのだとするとミンディが2枚持っている
とし行こうと誘われたが断ったという。ミンディはミンディッツの
誰か一人を選んで連れて行くと言っていたという。
それを聞いたCJはミンディたちのように着飾ってミンディッツの
一員になることを決める。

■感想

一見絶対に叶わなそうな内容なので強引になる事必至。
つまらなそうな話だなと思ったけど、見ていたらなかなか面白く
出来ていた。
それぞれの性格の出ている相手/アイドルだったのかな。

中学生くらいの頃だと特に父親の職業とかって友人の親の職業が
華やかに見えると比べてしまって羨ましく思えるところがあるよね。

三者三様の楽しさがある話。

特にCJのエピは秀逸だったかな。
ミンディは出て来るとウザいけど、使いようによっては楽しい。
フェンのエピの中で、全てのシリアルのCMには共通点があると
して方程式を口にしていたけど、このドラマで楽しい要素は
ミンディ、ヘイダー校長、ロバーツ先生だな。
あの個人的にロシア人給食のおばさんのエピは楽しかったけど
最近でない(笑)

CJのアイドルは歌手のアンソニー・デル・レイ。
イケメン上級生は置き去りにして良いのか?
限定ライブなのでチケットが取れない・・そんな折り憎き宿敵
であるミンディが持っていることを知る。彼の父親は大物弁護士
だということを初めて知ったけど、そんな父親の事務所はレコード
会社と仕事をしているのでチケットを得られる様だ。
彼女が持っているチケットは2枚。いつもミンディたちが連れて
いるwannabeな子たち、ミンディッツって名付けられているのね。
初めて知った(笑)
CJがミンディッツに入って3つの試験に通過してミンディに取って
必要な存在だということをアピール。

1) ライブ会場でノドが乾いた時、腹が空いたの対応
2) ライブ前に気分を盛り上げる為にデル・レイの曲を聴きたい
3) ロッカーを綺麗にしたい

全てをソツなくこなしたCJが選ばれることになる。
Isabela MonerはYOU TUBEなどで見ると多少歌手活動も行っている
のかな。サブライズライブで歌っているシーンが見られる。

しかしミンディの要求の高さに辟易した父親はミンディにチケッ
トは渡さないと言われた。その為にCJの母親が出入り口でライブ
後の出待ちをして少しでもあったらどうかという。
ミンディと行く中で、上手く他の客たちを今時の方法で誘導して
もらい会えそうだったが、ミンディがハサミを持ち出して彼の
髪の毛を奪うとばかりに襲いかかった為にそれも叶わなかった。

CJのアイドルは今まではパパだったのに、いよいよパパ離れに
よって悲しい目に合う父親だけど、ミンディのお陰でデル・レイ
が足を怪我して、父親が足の医者だということで、急遽デル・レイ
が病院に運ばれ、その流れで父親がデル・レイに頼んだのかな。
自宅でライブなんて一番良い形で限定ライブを楽しむことが
出来た。
しかし今回のパパさん、フェンみたいな発狂ぶりだったぞ(笑)

フェンは天体物理学者のニール・ドグラース・タイソンに会う
こと。どのエピも邪道に会おうとする流れには天罰を・・とばか
りの内容だった。フェンもメールが手紙を使って会いたい旨を
伝えろとアドバイスを受けたにも関わらず、偽物の電話番号を
20ドルで購入してドミニカ共和国に接続される。”はい”としか
返事がないけど、このトーンは、まさかボアード先生じゃない
のかとさえ思った。ハッキングしてミニミニワッフル食事中の
ニールに接続出来ることになるが、FBIに通報されてロバーツが
逮捕されることになる。

クリスポはスノボーのスター、ルイ・ヴィトと会うこと。
会えるチャンスは彼がコマーシャルをしているミニミニワッフル
のコマーシャルを製作して優勝すれば一緒に出られるということ。
フェンやニールに助けてもらって製作したみたい。
でも実際には優勝したからルイ・ヴィトとコマーシャル共演出来
たと思うので、これを作る前に一つニールのシリアルのCMに
於けるパターン性を利用して製作しているのかな。

■使用された曲

主題歌:「Brand New Day」 イザベラ・モナー
・Fade in a Day by Anthony De La Torre
・Fade In A Day by Isabela Moner

■出演者

CJ・マーティン (Isabela Moner) プータタック中学の7年生
フェンウィック・フレイジャー (Jaheem King Toombs) CJの親友
クリスチャン・パワーズ(Owen Joyner) “クリスポ”CJの親友
ミンディ・マイナス (Brady Reiter) CJの同級生でライバル
ジャック・ロバーツ先生 (Jack De Sena) スクール・カウンセラー
ヘイダー校長 (Lisa Arch) 校長

アンソニー・デル・レイ (Anthony De La Torre) 歌手
— (Jacqueline Diaz) Mindy’s Minion / ミンディッツ
— (Victoria Washington) Mindy’s Minion
Mr.マーティン (Henry Dittman) 父・足の医者
Mrs.マーティン (Stephanie Escajeda) 母・カウンセラー
— (Giana Claudette Peralta) Mindy’s Minion / ミンディッツ
本人出演 (Neil deGrasse Tyson) 物理学者
本人出演 (Louie Vito) スノーボーダー
— (Emma Ritto) 生徒
ポール・シュモリター (Matthew Scott Miller) 生徒

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336