ライ・トゥ・ミー 嘘は真実を語る Lie to me シーズン2 第16話 姉妹 Deliquent

リンク広告 テスト




October 19, 2009
第16話 姉妹 Deliquent

脚本/Elizabeth Craft、Sarah Fain 監督/Michael Zinberg
——————————————————–
グレンジャー家が寝静まった頃、目出し帽を被った者たちが
強盗に入る。犯人が花瓶を割った為に主人であるリチャードは
気が付き妻のペグに警察に連絡する様告げ、彼は一階まで下り
て来ようとする。すると犯人と鉢合わせになりもみ合うウチ
に一階に落下して死亡する。

3ヶ月後。
コビントン青少年矯正施設。
マーリーはエバに対して預かって欲しいものがあるとし、人に
は絶対に見せないと約束してと語る。エバは卵の装飾品を手渡
される。

カルはエミリーが16歳になり車の免許を取りたいと言った為に
練習に付き合う。本当は車の運転などして欲しくないと考えて
いたカルだが娘を止める事は出来ない。縦列駐車の練習をする
中、カルは突然「子犬だ」と叫ぶとエミリーはパニックを起こ
してアクセルを踏んで消火栓にぶつけてしまう。
カルは悪かったと謝罪する中、あまり怒ると母さんみたいに
額に皺が出来ると語る。

そんな中、リアから助言が欲しいとしてカルの元にやってくる。
リアは留守電の内容をカルに聞かせる。そこには、
「私を助けに来て欲しい。大変なことになった。バレたら
ヤバイの・・」と吹き込まれていた。カルは確かにヤバそうだ
とするが、リアはこれを吹き込んだ人物は嘘付きで不良なので
施設に入れられている人物だという。それがウソとは思えない
とすると、この人物は私の妹だという。
リアによると異母姉妹で、エバの父親はふしだらな人物だった
という。

カル、ジリアン、ベン、リアでコビントン青少年矯正施設にいく
と副所長のラムに逢う。
今すぐにエバに逢わせて欲しいとすると、現在独房に収監されて
いるので面会は禁止だという。警察が来ていることと何か関係
があるのかと問うと、表情から何かを隠していることが分かる。
一体何を隠しているのかと問い詰めると、彼女の友達のマーリー
が脱走したのだという。それで何故彼女が監禁されているのか
とすると、どうやって逃げたのかを話そうとしないのだという。
それを話せば許すと言っているのだという。ジリアンは独房に
入れることは、孤立は権威への不信を強めて余計に心を閉ざす
行為だと語る。リアは突然私の妹がかわいそうだし、涙を流す
フリをする。心細い上に友達まで行方不明になっているとし、
エバに逢わせないのであれば新聞社の友達の前でも同じ事をする
として脅す。仕方なくラムは助手のダックスに対して、Dr.バー
ンズと立ち会いの下で逢わせることになる。

リアはエバから話を聞く。
カルも私も心配してきたのだとすると、この人が嘘の権威
なのかと問うと突然エバはカルに対して誘惑する姿を見せる。
カルはエバを不愉快にさせる中、その表情から何を恐れて
いるのかを問う。マーリーのことなのか。[YESだ]。
君は2年前のリアに似ているとし、開けっぴろげなのに本音を
隠すのだという。警察に逆らっただけでぶち込まれたのだと
いう。
父は重度のアルコール依存症、エバはよく殴られていたこと。
10歳の時には母が薬物の過剰摂取をしているとし、ダックスの
話ではここに来て半年で家族の面会は初めてだという。
ダックスは自分も元この施設で更生した事を語る。
カルは何故リアに電話して、そして途中で切ったのかを
尋ねる。誰か来たみたいだったのだという。マーリーのことは
知らないと語ると嘘だろうと告げる。昨夜抜け出すのを見た
事を告げる。
そんな中突然刑務所内には警告音が鳴り響く。
閉鎖の合図で何かが起きていること。
なんと逃げたハズのマーリーが血を流して倒れて発見される
のを目にするのだった。
エバはマーリーが死んだのかと問うと頭を殴られていたこと
を語る。脱走するのを見たと言っていたのに何故施設内で
殺されているのか。一体何を見たのかとし、カルはリアに
対してエバと二人きりにさせろとして外に閉め出す。
カルはエバに対して君はリアを操っている事を告げ、
父から守れなかったとする罪悪感を刺激しているのだろうと。
友達が死んだのに今更意地を張るなと告げると君を救いたい
事を語る。話さないのであればもう帰ると告げ、二度とここに
は来ないと語る。マーリーは妊娠していた事を告げ、彼女は
Dr.バーンズに逢う度に涙していたことを聞く。昨夜彼女の
叫び声が聞こえたが私は助けずに逃げてしまったのだという。
殺人犯は施設内にいることになる。危険だとしてカルは暴行
犯のファイルを見せるよう要求する。
——————————————————–

リアの元に嘘付きで信頼の置けないとされる妹のエバから助けを
求める電話が鳴る。リアは異母・妹との関係が上手く行っておらず、
エバが更正施設に入っていることから、カルに助けを求める。

最近リアとかローカーの影がやたらと薄いなと思っていたけど
久しぶりにリアがフューチャーされたエピソードだった。
姉妹はいたけど異母姉妹。
二人の父親は相当酷いヤツで虐待していた様子。
そんな二人の運命を分けたものは何なのか。
カルはその父親は「リアには真実の付き方を・・妹エバにはウソの
付き方を教えている」と語る。そんなカルにリアは、「誰を傷つけて
も平気な人だったとして、正直カルに似ている」と反論していた。

姉妹が二人して違った形でカルに誘惑するような態度に出るところ
がまた何とも言えなかった。
カルのリクエストでカルと関わる人には好きになるような設定が
有るのかって感じに、次々と魅了されてしまうな。心を理解して
くれた人には絶大な信頼感を寄せるというところなのか。
それともカルのことを試しての行動なのか。

エバはリアの罪悪感につけ込んで誘導しているとしたけど、その
罪悪感は一体何なのかということになる。
それぞれ人には罪悪感なり秘密は抱えている事情は有るの
だろうけど、リアが嘘付きだと公言しているエバのことを今でも
面倒を見ようとしている行動にこそ、その罪悪感の表れという
ところなのか。

ドラマでは、更正施設で何かが起きているかが抽出された。
そして逃亡したというエバの友人のマーリーは何故か頭部を撲殺
され殺されて発見される。
そんなマーリーが持っていたのは、冒頭で殺害された夫妻が所持して
いた卵の装飾品ということで、その辺の因果関係にはどんな繋がり
があるのかという流れだった。

ドラマとしてはカルが法にも背いた行動を取っているので正直、
大丈夫かというものがあった。更正施設から勝手に逃走させる手助け
をする行為。例え守秘義務という名の鉄壁の壁があるにしても、
流石にその件は問題になりそうだ。ベンは完全に見て見ぬ振り。
オレはここには居なかったとして無責任に出て行ってしまうところ
とかなんとご無体な・・って感じだったし、カルが勝手に主導した
流れで、エバのことをジリアンの家に泊めて危険にさらすという
辺りはかなり罪作りなものがある感じだ。
カルは泥酔したリアが娘のエミリーと一緒にいることを知って
激怒するけど、カルはそれをジリアンにも行っている姿が有る。

カルは問題の本質はエバではなくリアにあるとして、それを指摘
する。最後になってリアの罪悪感が何処に有るのかが告白として
描かれ、一緒に住もうとしていたけど、結局はリアだけが逃げて
しまったという事が描かれた。まだエバが若いということを考えれば
十分に姉妹としての絆を取り戻す時間は有るしね。

施設での事件の顛末は、副所長が自分は更生する若者たちに人生を
捧げているとして、対価を求めた様子。でもその仕事をしている
お陰でご飯だって食べられる訳で、この副所長は一体何をした
かったのだろうか。

完全に心理カウンセラーのバーンズが何かを隠していると思ったけど
潔白だった。妊娠の事実は知っていたみたいだけどね。
あの状況でも守秘義務を守った辺りは気骨のある人物かも。
カルとジリアンの関係を想定してみているのに、バーンズとジリアン
が仲良くなっても良いのか?

冒頭から頑張っていたエミリーは運転免許を取得。
「グッドラックチャーリー」でテディが免許を取ることに
ボブが反対していたよなぁ。車を持つと行動範囲が広がり、いよいよ
自分の元から去ってしまうという父親の心理があるんだろうね。

・ラム副所長役のJessica Tuck

「ねじれた疑惑」で、殺害されたレジーナの母・グロリア役。
「リベンジ」では州知事夫人・アリソン役として

・バーンズ精神科医役のMax Martini

「リベンジ」ではグレイソン家を守る警備主任・フランク。
「CSI:マイアミ」では潜入捜査官・ボブを演じる。

・Brand New Day
Performed by Ryan Star

カル・ライトマン (Tim Roth) 心理学者・ライトマン・グループ
ジリアン・フォスター (Kelli Williams) 心理学者、
リア・トーレス (Monica Raymund) 24歳、カルの部下
イーライ・ローカ― (Brendan Hines) カルの部下
エミリー・ライトマン (Hayley McFarland) カルとゾーイの娘

ベン・レイノルズ (Mekhi Phifer) FBI捜査官

Dr.デイヴ・バーンズ (Max Martini) 精神科医
ラム (Jessica Tuck) コビントン青少年矯正施設・副所長
エバ・トーレス (Alyssa Diaz) リアの異母姉妹・妹
アンバー (Hope Olaide Wilson) 強盗の一人
ダックス (Manny Montana) 副所長の補佐
タイレル (Maestro Harrell) エバの彼氏
マーリー (Annamarie Kenoyer) エバの友人
モーリス・ジョーンズ (Quinton Medina) 集団カウンセラーの一人
リチャード・グレンジャー (Jon Briddell) 強盗に入られる、階段から落下
ペグ・グレンジャー (Jamie Anderson) 強盗に入られる
— (Jeff Grays) Guard
— (Matthew Jones) Cop
— (Kanin Howell) Masked Man
— (Chad Guerrero) Masked Man

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336