メンタリスト The Mentalist シーズン3 第10話 赤いサンタクロース Jolly Red Elf

リンク広告 テスト




第10話 赤いサンタクロース Jolly Red Elf

脚本/Daniel Cerone
監督/John F. Showalter

【ストーリー】

■カリフォルニア州・サクラメント旧市街
町中では”Carol of the Bells”が鳴り響く中、すっかりクリス
マスムード。買い物をしている検事総長の姪御は突然上から
サンタが落ちてくるのを見て悲鳴をあげる。

巡査は自殺か突き落とされたのか分からないがアパートの上から
落ちてきたとリズに説明する。目撃者は?落下後には多数いる
が落ちた瞬間を見た人は居ないという。その一人が検事総長の姪御
さんでCBIのリズがかり出された。早く検分を終わらせて遺体を
運ぼうという。身元は分かって居ないが上物のサンタ服にに毛並み
もフワフワ、靴はレザーでヒゲも本物みたいだというリズ。
そんなリズはパトリックにプロの意見を聞かせてという。
パトリックはサンタの臭いを嗅ぐと彼は本物のサンタじゃない
という。リズは鼻で笑う中、19世紀のマーケティングの産物だと
されているがこのサンタはマネしているだけだという。リズは
からかう様にしてその根拠は?と問うと、サンタならトナカイと
煙突の匂いがするだろうと。この男からは安酒の匂いしかしない
という。ポケットの中を調べてと鑑識に頼む。中にはクリスマス
カードが入っているのか。ビニールに包まれていてそこには
カードの中に「偽りの人生を許して(My Life is a Lie Far give
me)」と書かれていた。ビニール袋入りなんて親切だと。子供たち
の幸せが生き甲斐の男で日常に魔法をかけて希望を与える。そん
な男が公衆の面前でサンタの紛争をしたまま血まみれ姿の死に方
はしないという。それを見た子供のクリスマスは一生が台無しに
なること。これは他殺で殺人と断言するパトリック。

アパートの管理人はベンジャミンは自殺するような人ではないと
語る。彼は演技を楽しんでいたこと。一年中サンタだったと。
室内を調べると一年中これで暮らしてきた人が気が知れないという
リズ。君はクリスマスに異議があるらしいねとパトリック。どっか
の太ったおじさんがおもちゃを担いでくるなんて嘘を子供に
付かなくてもクリスマスは祝えるというリズ。真実を知って傷つ
いたんだねとパトリック。ベンジャミンは昔抱いた夢のまま生きる
道を選んだこと。家の中が幸せ。学校では目立たない子。
早くに両親を亡くしてから寂しさに耐える為一番幸せな記憶に
自分を封じていたんだと。サンタとして夢を商売でも見事に成功
していたようだという。
「サンタのお勧め、ホリデーデコレーションカタログ」。通販
ビジネスだというリズ。ベンジャミンは苦労人で自殺する訳が
ないという。秘密くらいは誰でもあるがそれが動機かも知れない
と。クリスマスは矛盾だらけ。みんなに喜びを振りまく男が
隠すものと言えば・・・室内を見て発見したのはツリーに吊された
コインだった。断酒10年記念のコイン。

リグズビーは検死官の話では血中アルコール濃度0.45の致死量
レベルだという。ヴァンペルトは断酒していたのに・・と。
しかしリズはアルコール中毒で死ぬ男をわざわざ突き落とすか?
という。銀行残高を調べたら通販は不況で倒産寸前だったようだ
と。チョウはポケットの遺書の筆跡鑑定をしたが、ベンジャミンの
ものではないという。彼は正当派サンタ協会という会の会長だ
ったというヴァンペルト。正しいサンタを守る為の団体で
ダウンタウンで現在会合をしているという。リズはリグズビーと
ヴァンペルトでそこで情報を集めてくれという。
その前にトッド・ジョンソン殺しのブリーフィングがあると告げる。
局内で殺人が有ったというヴァンペルト。あんなの死んで清々した
というチョウ。そう思っても口にしてはダメよというリズ。

ブリーフィング。
ハイタワーは二日前にCBIに拘留中の容疑者が火を付けられて死亡
する事件が有ったこと。因果応報でも正義でもなく報復でもない
立派な犯罪だという。今回の捜査には内部調査室のJJ・ラローシュ
が当たるというハイタワー。
それって誰だ?というリグズビーに対して隣に座っていたラロー
シュが立ち上がる。
ラローシュは捜査官が集まる中、トッド殺害犯はここにいる可能性
が高いとし本人は分かるだろうと。電器を消して・・というと情報
共有の為に判明している事実を述べるという。
・被害者はトッド・ジョンソン。
・救命士6名、女性1名を殺害。
・建物の警備システムの記録から犯行時刻にこの建物に居たものの
リストが入った。
・リストの中から何人かに事情を聞く。
・私のアシスタントが今後数日でリスト全員の血液サンプルを
回収する。

リグズビーはなんでサンプルを?と問うと検査のためだという。
パトリックは部屋を抜け出すとトッドが亡くなった取調室に
いく。彼は燃えて死ぬ前にレッド・ジョンが語っていた”虎よ虎”
という言葉をパトリックに残していた。
そこにラローシュがやってくると、何を思いだしていたのかと問う。
人が焼ける時の匂いだというパトリック。
ライターだとすると、ドアを開けるとトッドは燃えていてベンチ
にミドリのライターが有ったが報告書には載っていなかったと
いう。FBIのラボで調べてもらうとしてラローシュは懐から手に
する。本件にコンサルタントは要らないが君と午後に話をする
という。

■サンラメント・ダウンタウン・アルドウィッチホテル
■サウスサイド・コミュニティセンター
■カリフォルニア州ウォルナットクリーク・ワイルダー依存症
治療センター

■感想

2010年12月9日に放送したエピソード。
時機的にはクリスマスネタを取り上げるのも当然な感じ。
これはアメリカのドラマだしね。そしてサンタが本物かどうか
の争いを混ぜるところは映画「34丁目の奇跡」に見るアメリカ人
の潜在的に持つ幻想的クリスマス/サンタの構図が有り、信じたい
気持ちと現実の間で揺れ動く心理状況を表している感じ。

今回は警察内部にもレッド・ジョンの息のかかるものが居るの
ではないかということを感じさせる展開だった。
内部調査が関わってくると邪魔くさいところがあるけれど、
取り調べ室の様子は防犯カメラで撮影していないんですかね。

どう考えてもラローショの怪しさが際立っていた。
そもそもあのライターもパトリックが指摘しなければ懐から
出したかどうかも怪しい。
シーズン2でもレッド・ジョン事件を捜査するとして登場してきた
サム・ボスコが居たよね。

今回は至るところに存在している「依存者」に対するものを
取り上げた内容だった。

依存症というとドラッグとアルコールという印象しかないけれど
パトリックは完全にレッド・ジョンによって取り憑かれているし
ベンジャミンはアルコールに関しては支える人が居たので助かっ
たものの、それでも子供の時の良いときの記憶を封じ込める為の
クリスマス依存が存在している。

今回のリズボンはチョウ並に冷たいところが有り、パトリックが
クリスマスのことで屁理屈言う度に、根拠みたいなものを説明
させようとしていた。

■今回の事件

クリスマス賑わうサクラメントの旧市街地で、サンタが自宅の
バルコニーから転落して死亡する。
被害者はベンジャミンだが、彼は年中サンタの格好をして、
部屋はクリスマス満開。
調べていくウチに両親を早くに失い、良い記憶の時のまま生きる
ことで自分を守っていた事を知る。
生計はサンタお勧めの商品として通販で稼いでいたが、それでも
不況で売れずに倒産寸前。
彼には過去アルコールに溺れていたが克服したであろう断酒10年
のコインがあることに気がつく。

一方で先日取り調べ室に亡くなった警察6名、女性1名を殺害した
トッド・ジョンソンの件での内部調査が開始される。それを
主導するのは調査室のラローシュだった。

■捜査過程

今回は二つの事件が有り、一つはサンタ殺害事件。

もう一方はトッド殺害事件に関連したレッド・ジョンに関する
流れ。

レッド・ジョンという位だから赤色だろうし、ライターは緑色。
何処かここでもクリスマスが関連しているところが有るのか。

サンタのことを調べていると、サンタ協会のボブとトニーは
仲が悪く、ボブは亡くなったベンジャミンの後釜を狙っていた
こと。ボブはサンタという人物像は人種的にも宗教的にも
決めつけていて、白人でクリスチャンで無いとつとまらないと
考えていたようだ。ベンジャミンは人種を越えて門戸を開くべき
だと主張していた為にトニーとしては反対していたようだ。

・ボブとトニーの取り調べ

友達と飲んでいたというボブ。トニーはベンジャミンを失脚さ
せる算段を話有っていたのだろうと対立。
ボブはベンジャミンが協会を私物化して利用していたことを告げ
初日の親睦会で商売女が居た事を告げる。相手の名前はロキシー。

ロクシーの本名はロクサーヌ・ラビノヴィッチ。
高級デート嬢。「サンタの癖に悪い子だ」とパトリック談。
リズは聴取するように告げるとリグズビーが名乗り出るが
彼女は俺のネタだろうとしてチョウが名乗り出る。

・ロクシーの取り調べ

彼女は料金分GFEするだけだという。(ガールフレンドの演技)。
私情を挟むことはない。雇い主から頼まれているのは断酒会に
出て患者をリクルートすること。ジャック・ワイルダーだと。
依存症の人向け治療施設をしている人物。
リッチで金持ちの依存症者を引っかける為治療施設に誘導して
いるようだ。

■捜査過程2

コミュニティセンターにパトリックが一人潜入捜査。
最初に会に入会する時には可愛い子のハグがプレゼントされる
という。可愛い子がいなくなったらこのプレゼントは無くなる
な(笑)

パトリックはアルコール依存症ではないとしていたけど、レッド
ジョン依存症であることに違いない。

ベンジャミンの指導者はメイ・ウォルターズが行っていた為に、
パトリックの指導者にする。最後にパトリックが憎い演出として
アルコール中毒化しているミネッリにメイを差し向けるところが
有ったね。

■捜査過程3・レッド・ジョン事件

桟橋にパトリックが歩いて行ったので何事かと思ったら、CBIを
追い出されたミネッリに協力を仰ぐというもの。
トッドというレッドジョンの手先が亡くなった件で、殺したのは
口封じの為だと考えている。
パトリックがそのことに気がついたのをレッド・ジョンは知らな
いハズなので初めて先手を取れると考えていた。トッドを殺した
人物は誰なのか。容疑者リストが欲しいとして、コネリーのコネ
を使ってラローシュが持っているのと同じリストが欲しいこと
を告げる。

「釣ったらどうする?魚の命を落とすだけの酔っ払いと自己嫌悪に
落ちる。」

その後の展開はパトリックが心理を全て読んでいるかのように
してミネッリに協力させていた。

・ラローシュ vs パトリック

ラローシュもなかなか強敵っぽいところがあるな。この人は
手下ではないかという感じがプンプンしているけど・・
パトリックが依存症の会で汗をかいていた。

「バイオフィードバック」というもので不随意の身体反応も操れ
るようなるというもの。心拍、血圧、体温も・・
ただこのネタを話したら内部調査している彼に情報を与えること
にならないか?

「みんな君の話に引き込まれていた。気分がいいか?。人心掌握
出来る」
「あんたこそそのロボコップ風の冷たい攻め方で普段は大成功
だろう」

■結論

ここの施設では嫌悪療法をしているという。
パブロフの犬のような要素を取り入れた条件反射的なことだな。

ただベンジャミンは酒に関しては飲むことはしていなかったのだ
から、こういう所に通う必要は無かったのにな。

そこで働いているジャックのアシスタントのレイラ・ブルーム。
サクラメント総合病院では結構な高級取りだったみたいだけど
看護師がそこまで金をもらえるものなのか・・

父の死は肝硬変、母は酔って自動車事故で死亡。

パトリックが潜入することになり、ジャックの治療を受ける。
ウイスキーの飲み過ぎで酔って危険な状態になる中、当然前振り
していた「バイオフィードバック」を使ったパトリックの
トリック。潜入時のSOSの合図を決めていたらしく慌てて
「袋のネズミ」「袋のネコが川に流されるよ~」とか言っていた。
この病院迷宮みたいでって・・・遅れて入ってくるなんてリズも
意地悪。一度は話を聞きに来ているのに(笑)

サンタが子供たちの天使ならば、看護師は依存症の死の天使か。
しかしレイラも色々とベラベラと話してくれたね(笑)

今後はラローシュとの対決になるのか。
個人的に長いことドラマを見ているとミネッリ役のGregory Itzin
の方が怪しいんだけどね。

■使用された曲

・Carol of the Bells
Written by Mykola Dmytrovych Leontovych
・Jingle Bells
Written by James Pierpont
・We Wish You a Merry Christmas
Traditional
・Deck the Halls
Traditional
・White Christmas
Written by Irving Berlin
・Ring Christmas Bells by the Ray Conniff Singers

■出演者

パトリック・ジェーン (Simon Baker) 犯罪コンサルタント、CBI
テレサ・リズボン (Robin Tunney) CBIの捜査チーム・上級捜査官
キンブル・チョウ (Tim Kang) CBI捜査官・元軍人
ウェイン・リグズビー (Owain Yeoman) 放火事件のエキスパート
グレース・ヴァンペルト (Amanda Righetti) CBIの新人捜査官

マデリーン・ハイタワー (Aunjanue Ellis) CBIの上司
ヴァージル・ミネッリ (Gregory Itzin) 元CBI、アルコール中毒?

Dr.ジャック・ワイルダー (David Alan Basche) 行動療法士
レイラ・ブルーム (Marisa Echeverria) 看護師
メイ・ウォルターズ (Megan Gallagher) ベンジャミンのパートナー
— (Sarah Adina) Apt. Manager
トニー (Matthew J Cates) サンタ
ボブ (Peter Xifo) サンタ
ロクサーヌ・ラビノヴィッチ (Angela Gots) ロキシー・ローズ
J.J.ラローチェ (Pruitt Taylor Vince) 内部調査室
トッド・ジョンソン (Josh Braaten) 犯人、レッド・ジョンに精通?
— (Todd Jeffries) First Officer
ベンジャミン・リップル (Biff Wiff) 殺されるサンタ、アルコール依存

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336