コード・ブラック 生と死の間で Code Black 第9話 息子の決断 The Son Rises

リンク広告 テスト




第9話 息子の決断 The Son Rises

脚本/Michael Seitzman
Kristen Kim
監督/Andrew Bernstein

【ストーリー】

マークは2ヶ月の給料有りの停職。リアンはそれを聞いて酷い
と語る。2ヶ月の無給よりはマシだという。しかし一晩中子守
をしていただけなのに・・と。専門の施設に預けなかったからだ
とし彼は母親を心配していたから預けなかったことを語る。
リアンは優しいのねと語る。マークは暫く船旅に出るというと
その前にジーナ・ペレロに引き継ぎをするという。代理の意地悪
婆さんだろうと。そんなマークのオフィスに女性がやってくる。
誰なのかと問うと、会話が聞こえていたのか”意地悪婆さんよ”と。


フランクが救急で運ばれてくる。
妻・カレンと息子ピートはどうしたのかと救命士たちに尋ねる。
二人を先に運べと言っただろうと。クリスタは救命士に到着は
と尋ねると3分後だという。マラヤはすぐに来るので落ち着いて
と語る。リアンは状況を尋ねるとオペ室には連絡したので
コールが来るだろうというジェシー。なんとフランクは包丁が
身体に刺さった状態で運ばれて来ていた。

アンガスとマリオは救命士待ち。
一体何の患者が運ばれてくるのかと二人話し合うがどちらも
聞かされていない様子。パトカーがやってくると二人はニール
に何が有ったのかを尋ねる。すると強盗事件だと。
ガスリーはカレンと息子が来たことを語る。
バイタルは安定、モルヒネ10mg投与。

一方リアンはコールがやってくると包丁は心臓に達する寸前で
あることを語る。コールは搬送中によく心嚢が破れなかったな
と語る。ナイフを固定してオペ室に運んでくれとし心臓を傷つ
けたくないと語る。


17歳男性(ピート)、落下による左脚の変形、股間接脱臼・打撲・
顔面に裂傷だという。ガスリーは落下とは何かと尋ねると2階から
の飛び降りだという。


42歳女性(カレン)、右上腕に15cmの裂傷、深さは筋肉まで達して
いるという。ピートは母・カレンや父・フランクは無事なのか
とアダムス保安官に尋ねる。先に運ばれたこと。
保安官はこの子が強盗から逃げ出し二階から飛び降りて隣の家ま
で這っていき助けを求めに行ったのだという。ガスリーはジェシー
にレントゲンをポータブルで撮ることを告げピーターの様子を
見るという。

アンガスは左脚の脈を診ろという。右足は触れているが、アンガス
は左脚は触れないという。隣のカートに運ばれていたカレンは
どういうことなのかと心配する。フランクは手術室へと運ばれる
中二人の顔を見せて欲しいという。そのくらいの時間はあるとする
と互いに愛して居ると確認を取る。みんな助かるよと語る。
ゆっくりと運んでというが、救命士の一人がカートにぶつかり
包丁がずり落ちそうになった為にその場で緊急処置をするという。
この場で心マが始まる。胸腔に損傷した可能性があるのですぐに
調べないといけないという。

ピーターに飛び降りの時に脱臼した股関節を元に戻すからという
ガスリー。ニールはマリオに麻酔をかけろとすると、ガスリーは
ケタミン70mgをエイミーに頼む。痛みを訴えるが一瞬で脚を
元の場所に引き入れる。

ピーターはアダムス保安官に対してどっちの男を殺したのかと問
う。犯人の一人を撃ち殺したのでしょとしデカイ方か小さい方か
と尋ねると、大きい方だとし小さい方は逮捕したという。大きい
方が銃を突きつけて僕達家族を別々にしたのだというピーター。
マリオにカレンは息子はもう話しても大丈夫な状態なのかと
問う。その後自分は両親と引き離され2階に洗面所へ手足をロープ
で縛られ頭を鏡に打ち付けられという。動くなと言われてじっと
していた・・長い間とピーター。しかしもっと早く飛び降りて
いれば父は刺されずに済んだかも知れないと責める。ボクのせいだ
というがカレンはあんたが私たちを救ったのだという。保安官も
君は英雄だよと語る。

マークはこんな若い女性とは・・とER部長の代理のジーナに語る
と、美容液と運動のお陰だと。ジーナは自分には経験がある
しお得なんじゃないですかとし、昨年はサクラメントで首にな
った部長の後を引き継いだという。私はまだ首ではないぞという
マーク。留守を預かりますという。私はMBAを取得し医学を学び
管理職研修も受けたというと、確かにお得だと語る。


27歳男性(アーロン)・瞳孔反応正常、酔って意識不明。
警察官はメキシコの結婚式に向かう途中友達5人と空港で泥酔
していたので飛行機から降ろされたのだという。その友達は
とアンガスは尋ねると拘置所だという。しかし一人マットだけ
は酒に強い体質なので同行してきていた。

■感想

どのエピソードも微妙に「シカゴ・メッド」に有ったエピソード
なので見た事があるなとか思った。でも微妙に違うのでこの人
死ぬんだろうなとか思っていると助かっていたり、この人は強盗
の犯人で、知らないうちに病院に来て、知った後にそれでも助け
なければならないのか・・みたいな所で葛藤が起きたりするのか
と思ったけど一切無い。

アンガスとマリオの件なんて別のところで見たよな。
マリオが邪険に扱った患者のことをアンガスがフォローし、
その功績を自らのものにしてしまったり・・マリオの性格を
治すには相当根気が必要だな。

今回は強盗に入られた一家の自己犠牲が取り上げられた。
父親は妻子を気にしているし、母親はレイプされたにも関わらず
そうしている間は強盗は父と息子に手は出さないと考えて我慢
していたみたい。そして息子は何とか両親を助けようとして大怪我
しながら助けに行く。本当に理想的な家族の光景だ。

また延命措置に関する流れが有り、この件は拒否するべきかどうか
で葛藤が有る点などメッドで起きたようなことが起きるのかと
思ったけど、それはなかった。
亡くなる際に、「ライオンキング」のメンツがまた粋な計らいで
父親の死を送り出してくる。それがまたリアンの心にも響くとこ
ろが有って、マリから子供のことで話し合いになった際に、言葉
に詰まったリアンにとっては息がつまる思いもあっただろうが
この歌で少しは消化出来たかな。
コールと父親の件はどうやら融合していきそうだしね。
残すところはコールとリアンの関係に於いて、リアンが恋愛を
再びする意識がうまれるかどうかなのかな。

■患者

・フランク 夫

強盗に入られた家の主。運ばれてくる時には自分よりも妻子を
優先してくれと言っていた偉い父親。
リアンとマラヤに対応するが心臓部に包丁が刺さっている為に
すぐにオペ室に連絡。外科のコールに頼むことになる。

フランクが手術室にいく前に妻子と挨拶を交わす。
相当危険な状態だから最後でもおかしくはない。
しかし救命士か看護士が突然カートにぶつかったので、その場
で急いで手術/応急措置をしなければならなくなった。
心マ、胸腔を損傷した可能性を語る。

こういう時、隣に妻子のベッドが有って大変な事態になっている
ことが耳に入ってくるのが可哀想だ。ジェシーママが、ガード
してカレンにみせないようにはしていたけどね。


ナイフをゆっくりと抜くので横隔膜を塞いで欲しいというコール。
神経には注意しろと。ガスリーはそんなコールの手順を見てニッ
コリとしていた。リアンが近づいてどうかと尋ねると、息子自慢
のガスリー。私は患者のことを聞いたのよ!と言われる。
刺し傷の程度が酷く損傷は脾臓、肺、肝臓上部に及んでいる。
生きて居るのが奇跡だということ。
ガスリーからリアンはコールとどのようにして打ち解けたと尋ね
られる。病院の医者でも親子関係の修復は難しいらしい。


ナイフが刺さっていたがいよいよナイフを抜き出して処置すること
に成功。みんな無事だということを告げた。

・ピート (17歳)、フランクとカレンの息子

ピートとカレンはほぼ同時に運ばれて来た。ピートは強盗の
隙を突いて2階から飛び降りて隣人に通報。その際に落下して脚が
変形して、待つ関節を脱臼、打撲、顔面には裂傷。

ガスリーが対応することになりまずは脱臼した脚を元通りにする
措置をするという。またポータブルのレントゲンを用意させて
ピートとカレンのものを撮影。
右足は正常だけど左脚は凄い色になっていたね。

ピーターは取りあえず脚を脱臼を押さえたことも有って、
アダムス保安官からの聴取を受けていた。一人は射殺、一人は
逮捕したと聞いて安心出来たのではないか。

マリオがピートに勇敢だと告げる。
状況は知らないが股間接の脱臼がどのくらい痛いのかは知って
いるという。本当なら全員が死んでいたが君がみんなを助けた
と語る。

・カレン (42歳)、フランクの妻

右上腕に15cmの裂傷。深さは筋肉まで達しているという。

二人と共にアダムス保安官も同行してきた。

アンガスはカレンの目の周りのアザが気になる。
マリオにカレンの外傷検査の結果を尋ねカルテを見せてくれ
という。頭頸部のCTアンギオをすべきではないかとして目の周り
にアザが有ることを語る。しかしマリオは手荒に扱われたせい
だろうとして取り上げず。


ジェシーはアンガスが一人黄昏れているところを見つける。
ここに来る理由は3つ。
1) ミスで悩んでいる
2) ミスをしそうで悩んでいる
3) タバコ休憩

患者の処置で意見が分かれている。
ベテランだと厄介だが研修医なら簡単だろうとして、考えても答え
は出ないのだから研修医に相談しろとのこと。

そもそもジェシーは看護師。医師の指示に従うとしてCTアンギオ
をすることを告げる。


午前3時28分、相変わらず状況はコードブラック。
イザベルはカレンのCTアンギオの結果をよりにもよってマリオ
に渡してしまう。頼んでいないとして他のカルテと混ぜた。


ピーターから母親の容体が変だと知らせ。
リアンはアンガスに酸素マスクを用意させロラゼパムの投与を
させる。目の周りに点状出血があるとし放って置いたのかと
されるがCTアンギオをしたという。マリオはまだ結果が出てい
ないと如何にも自分が手配したように告げる。


リアンは落ち着いたら頭部CTの検査をオーダー。
ジェシーに彼女が落ち着いたら二人で話せる場所に連れて行って
という。


マリオはアンガスに何故点状出血だと分かったのかと問う。
リアンはカレンに対して発作は恐らく脳が酸素欠乏状態だったから
だという。顔面の赤いアザは点状出血。首を絞められた跡もある。
性的暴行が疑われることを語る。するとカレンは
私に乱暴している間は夫と息子に手を出さないと思ったので性的
暴行されるのを我慢していたという。
あなたたち家族は強い人たちだとして大丈夫だと語る。

・アーロン (27歳)

瞳孔反応は正常、酔って意識不明。
二日後にレイチェルという美人と結婚式なのに泥酔して5人の
お友達と飛行機から降ろされたみたい。ただマットという人物は
テキーラを飲んでも酔わない体質のようで・・・ビールをコップ
一杯で酔える私としては凄いとしか言いようがない。

そんなアーロンを見ている際にペレロのことをアンガスたちに
紹介していた。
アーロンは嘔吐。みんな外傷慣れしているので”Majiで嘔吐する
5秒前”を確実察知して逃げていたけどね。

ペレロはアンガスのことを知っていた。「七光り」と語っていた
のは父親が委員会に居るからみたい。クリスタと共にアーロンの
対処をしていたのでペレロは彼女に二人はトイレに一緒に行く
関係なのなんてチクり。

レイチェルが待合室にいるとアーロンのことを心配していた。
アンガスがまだ寝ている事を告げる。2日後には結婚式で
今は意識不明、出席者の半分は拘置所という最悪な状況。


エイミーからアンガスに泥酔患者のアーロンの容体が急変だ
という。心拍数が220。飲み過ぎただけなのにどうなっているのか。
アンガスはマットとレイチェルに本当のことを話すよう告げる。
マットは飲み過ぎだとするが、レイチェルはコカインだと語る。
コンドームに詰めて飲み込んで運んでいたこと。アーロンに
薬を運ばせていたこと。センターステージで胃カメラを使って
確認することに。


アーロンは心臓発作。アンガスは飲み込んだコカインが体内で
漏れたので心不全になったという。逮捕されることになる。

・ローレンス

妻?のマリによると喉から出血。リアンが対応に出るが痛みを尋
ねる。先週から喉が痛いのでずっと発生を控えて会話するのも
避けて筆談していたとのこと。歌手にとっては普通のことだと。
マラヤは本日歌った理由を尋ねると、南アフリカ大統領と
アメリカ大統領が来る特別なコンサートがあるためだとしていた。
ライオンキングでも彼はムサファ役をしているようで・・

リアンはマラヤにローレンスの痛みの原因を尋ねる。
腫れの程度は奥が見えないのでCT検査したいこと。
リアンは喉に膿瘍が出来ていることを告げ、膿が溜まった状態だ
と語る。レントゲンを撮るという。

ローレンスの元にはライオンキングのスタッフたちも集まってき
た。ネイサンやウェンディなど役名がある人はメインか。
リアンは外傷室での面会は一人だとして追いだした。

検査の結果大きな扁桃周囲膿瘍が有ったこと。それが喉の奥まで
感染し進行していて声帯に広がっている。ステロイドと抗生剤
があるが膿を出さないといけない。マラヤはそれだけが治す方法
だと。繊細で難しい処置。膿瘍は脳に血液を送る頸動脈を声帯に
またがるようにして来ていること。急がないと膿瘍が破裂して
更に感染が広がってしまう。声を失う心配は分かるが医者として
は命を守らないと行けないと語る。

リアンはマラヤに膿瘍の処置をさせる。
身長に膿瘍を穿刺して吸引すること。一時期失敗したかと思われた
が、頸動脈は自然と塞がること。血腫の拡大もなく気道も無事だと
語る。

ジェシーはマラヤに対して誰にも助けてもらえない時や頼れる
のは自分の目と直感。大事なのは自分を信じること。患者の処置
から逃げ出すなと。

・エドヴィン (68歳)

悪性黒色腫で化学療法後、自宅で倒れたという。
血圧87-58、体温は38度。脈拍微弱。エドウィンには息子のジェ
レミーが付いてくる。ジェレミーは父は認知症で興奮しやすいの
で気をつけてと語る。
クリスタが診断すると気道には問題が無いが脈拍が微弱だ。
呼吸音にはび慢性の水泡音。末梢循環不全だという。敗血症から
の肺炎だというクリスタ。血管内容量をニールは尋ねる。
クリスタは下大弱脈が潰れ極度の脱水だと。ジェシーは点滴の
ラインが取れないと告げ、血圧は低下している。手順通りに
輸液と広域抗生物質の投与だというクリスタ。必要ならば昇圧剤
を撃つこと。末梢ラインを全開し2リットルにすると血圧は回復。

認知症故にジェレミーが話しかけるが全く話にならない。
ニールはそんなジェレミーに対して、蘇生措置のことを話す。
自分は18歳で家族は自分だけであること。ニールは辛いが
いつ心臓が止まってもおかしくない状況だという。そうなった時の
対応について確認する。蘇生をするか楽にするか。


クリスタはエドウィンの処置を巡りジェレミーに話す。
自分は息子を2年間闘病させたが結局夫の言ったことが正しかった
ということる


ニールが中心カテーテルキットを用意させる。
クリスタに手を貸してもらい昇圧剤を2種類用意。敗血症が起きて
いて細菌に感染し血管の壁が薄くなった状態。そこから水分が漏
れていた。エドウィンは限界に来ていてジェレミーも判断を迷う。


エドウィンは呼吸が苦しそう。水が貯まっている為だった。輸液
を止めるかどうか。肺に水が貯まっている状態で、彼の心臓は
限界だとニールは説明する。輸液を止めれば血圧は下がり量
を増やせば肺の水で溺れ死ぬことになるという。

その後苦しまずに死ねるのかと尋ねて静かに眠りに就かせようと
するが、なんと粋な計らいで患者の一人に歌手がいた為に歌を
歌って送り出した。

・カート

今回最後に運ばれて来た患者。ロケット花火が腹部に突き刺さっ
ている。黒色火薬。リアンが対応する。リサは血圧が低下して
いる事を告げる。

コールが腹部に異物のカートを見る。腹腔内に出血、肝臓に刺さ
っている可能性を示唆するリオン。血圧は低下して80-50。
ショック状態で点滴。
中心ラインを打つというマリオ。コールはここからは外傷の仕事
だとして部下のヘザーに処置させようとするが、リアンはウチの
研修医に任せるよう告げる。素早くラインを取ってマリオの株は
上がる。一瞬外科と外傷の勢力争いになりそうだったけどね。

午前4時56分、相変わらずコード・ブラック中。
カートの花火はまだ火が付いていていつでも爆発しそう。
水を用意してくれというニール。


花火の患者は切開しながら抜くべきだったことを語る。
下腹壁動脈から出血していること。腹直筋鞘は無事。
血液が多く集まる場所なので吸引して下腹壁動脈分枝を結紮し
止血するという。腹腔内損傷はしていないというニール。
ニールの閉創の補助しろというが、患者の容体が急変していく。

■その他

・マークの代わりにやってきたジーナ・ペレロ

マークが2ヶ月の停職ということも有り、代わりに来たのはジーナ。
マークき来るのが年取ったベテランだと思っていたのか
「意地悪婆さん」だとしていたけど、実際のジーナは若い。

経歴もMBAを取得し医学を学び管理職研修も受けた。そして
サクラメントでのER部長の経験も有ると申し分ないほど。
サクラメントといえば・・・やっぱり「メンタリスト」だよな。
でもアメリカってサクラメントって地名は多いのか。

冒頭から意地悪婆さんと言われたけど、あだ名で呼ぶという
シーンが有った。
マリオのことを「大穴」、ニールのことを「王子様」
「ライオンキング」に引っかけた訳では無いのだろうが、
それでも彼女の見る目が分かるというもの。
でもニールはクリスタに興味があるみたいですよ。

マラヤはジーナを見た時に出身はブルックリンとドフックか
と問うがキャロルガーデンズだという。しかしマリオは地元が
同じで嬉しいと語る。

・ライオンキング

マラヤもリアムもそれの大ファン。マラヤは昨年ロスで見たこと
を告げる。マリによるとローレンスは初演の頃からずっと
ムファソ役をしているという。リアンも4度見ていて息子を連れて
見に行ったという。それに感化されて息子はライオンを
欲しがったが帰りにラブラドールを買ったみたい。今何歳なのか
と問われるとリオンも言葉を失った。

リアンはジェシーにライアンキングの話をする。
びょうんから戻ったら警察から箱が届いたこと。中身は家族の
私物でその中にライアンキングのスタジオ録音のCDが入っていた
こと。家族で車の中で何度も聞いたこと。無くしたと思って
いたものが事故で出て来た。時々理由もなく罰を受けている気分
だというと、ジェシーは突然ライオンキングの歌を歌い出した。
それがなかなか上手い(笑)

■使用された曲

■出演者

Dr.リアン・ロリッシュ (Marcia Gay Harden) 主任指導医
ジェシー・サランダー (Luis Guzman) 看護師長
Dr.ニール・ハドソン (Raza Jaffrey) 指導医
マリオ・サヴェッティ (Benjamin Hollingsworth) 研修医、NY大
クリスタ・ロレンソン (Bonnie Somerville) 研修生、ブロンド

マラヤ・ピネダ (Melanie Chandra) 研修医、優秀
アンガス・レイトン (Harry Ford) 研修医、マイクの弟
Dr.マーク・テイラー (Kevin Dunn) ER部長
リサ・パーク (Angela Relucio) 看護師
エイミー・ウォロウィッツ (Gabrielle Carteris) 看護師・ブロンド
イサベル・メンデス (Ellia English) 看護師
コール・ガスリー (Cress Williams) 外科医
Dr.ジーナ・ペレロ (Christina Vidal) ER部長、マークが停職の代理
— (Ann Marie Lee) Charge Nurse
— (Monnae Michaell) OR Nurse
— (Erin Spencer) レジデント
— (Punnavith Koy) レジデント
— (Mark Atteberry) Anesthesiologist
— (Lourdes Nadres) Trauma Nurse
— (Mick Kennedy) Trauma Nurse
— (Lisa Pevc) Trauma Nurse
— (Christina Cannarella) ER Nurse
— (Jeremy Long) 医者
ジェームズ・マディソン (Bobby T) 看護師
ヘザー・ピンクニー (Jillian Murray) 外科的看護師

フランク・アーヴィング (Michael Reilly Burke) 父親
カレン・アーヴィング (Alicia Coppola) 母親・42歳
ピート・アーヴィング (Jackson Pace) 息子・17歳
エドウィン・マーサー (Thomas Kopache) 68歳、悪性黒色腫
マット (Wes Ramsey) アーロンの友達、酒に強い
ジェレミー・パーカー (L.J. Benet) エドウィンの息子
マリ (Shelley Robertson) ローレンスの妻
ローレンス (Alton Fitzgerald White) 歌手、ライオンキングのムファサ役
レイチェル (Kim Whalen) アーロンの婚約者
アーロン・ジェイコブソン (Curt Mega) 27歳、2日後に結婚式
カート (Lincoln A. Castellanos) ロケット花火が腹部に・・
— (Joshua Keller Katz) 救命士
— (Jim Titus) 救命士
— (Aris Mendoza) 救命士
アダムス (Greg Collins) 保安官、ピートから話を聞く
— (Joel Steingold) 警察署員
ウェンディ (Tiffany Hobbs) ローレンスの仲間
ネイサン (Rob Parks) ローレンスの仲間
— (Annunziata Gianzero) Dialogue Coach
— (Brendan O’Donovan) Patient
— (Dillon Peddicord) Patient

Lion King Cast Member
(Nompumelelo Sikakane)(Mukelisiwe Goba)(Yael Pineda-Hall)
(Kyle R. Banks)(Sihle Ngema)(Vusi Sondiyazi)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336