コード・ブラック 生と死の間で Code Black シーズン1 第4話 それぞれの家族 Sometimes It’s a Zebra

リンク広告 テスト




第4話 それぞれの家族 Sometimes It’s a Zebra

脚本/Brett Mahoney
監督/Adam Kane

【ストーリー】

PM6:31 コード・イエロー。
ER部長のマークはコール・ガスリーを病院に案内する。
コールはマークに勤続何年なのかを尋ねると35年だという。
しかし君のオヤジさんには叶わないという。思い出とか沢山
有るのではないかというと、患者の中に昔ドイツの娼婦が居た
ことがあるという。その彼女に”色ごと”を教わったとのが
思い出だというマーク。
リアンにコールを引き合わせるマーク。お父さんには会ったのか
と問われコールはまだですが時期に会うでしょうと語る。

●救急搬送の要請が来る。
ジェシーは住宅火災で熱傷者3名が来るという。煙を吸って
いること。生食に熱傷用のキットの用意をしてとリアン。
マラヤとアンガス、クリスタに一緒に来てと語る。

・最初に運ばれて来たのは20代女性(ティナ)。
救命士によると緊急度は1。全身熱傷で重傷、動けないという。

・2人目は50代男性(デニス)。
呼吸困難、四肢に2、3度の熱傷。ガスリーは男性を見るという
とマラヤにガスリーを手伝ってというリアン。アンガスは私と
女性を見るのだという。

・3人目は5ヶ月の乳児(トミー)。
煙を吸っているとし、反応は微弱。緊急度1だという。ニールは
クリスタに一緒に見るぞと語る。

気道の確保、輸液の準備、体温を保ってとリアンは指示する。
焦げた髪に注目して黒い煤も見てアンガスの判断は?と尋ねる。
アンガスが狼狽えるのを見てジェシーはしっかりと気を持てと
語る。鼻毛が焦げてるなら声帯も熱傷になっているハズだという。
正解だとして腫れたりしたら気道が塞がるから挿管するという。

ニールはクリスタに気道は無事だという。クリスタはやや頻脈
だが意識もないという。二酸化炭素中毒だろうというニールは
酸素と輸液を投与するようつげる。

ここでは医学生、インターン、救命が見ているとしてコールに
説明する。無菌の環境に見えないというコール。

デニスは娘・ディナの具合はどうか?孫のトミーは?と尋ねる。
ガスリーは全力で治療しているという。テザベルは熱傷で
静脈が分からないという。マラヤに対して中心静脈ラインを確保
しろという。イザベルにトノプルルーメイとエコーを用意して
と語る。コールはそれを見て70年代じゃないんだぞと声を掛ける。
ラインを取るにはエコーだろうというコール。
リアンは言われたやり方でラインを取るよう告げる。刺入点は
何を目安にする?というリアンの問いかけに大腿動脈から1横
指内側というマラヤ。そうだというとラインが入ったという。

アンガスにこの患者の熱傷面積の評価はどうか?と尋ねる。
60%だとするとほぼ皮膚の全層を欠損しているという。
必要な処置は?と尋ねるリアンに対してバクスターの公式に当て
はめれば良いとし輸液を少なくとも10リットル投与だという
アンガス。

クリスタはやっぱりダメだとし末梢ラインが取れないと語る。
ニールは落ち着けとし血管が収縮しているのだという。
別の手は?と尋ねると骨髄内輸液?と問うクリスタ。頸骨に穴
を開けることになるという。それなら小児用のステーテルと
穿刺用ドリルの用意をとニール。クリスタに集中しろとし
髄空に達する感じが分かるハズだというニール。クリスタは
赤ちゃんにこんなことするなんて・・というが、赤ちゃんでは
なく患者だとして集中するのだという。しかしクリスタは出来ま
せんとして出て行ってしまう。

リアンはクリスタに赤ちゃんは初めてなのかと問う。私は2年前
だったというと、それは意外だという。もちろん事故の後って
意味よとリアン。三流の救命士が頑張ってくれたが我が子を
失ったこと。あなたもそうでしょ?と。ここへ運ばれる子は似た
境遇の瀕死の子たち。それが現実。対処法を学ばないといけない
と。病気の子って見方をしないこと。この子は治って無事に退院
し元に戻ると思うのよと。

・シェフがマリオの治療/倒れた時に裂傷したカ所を縫う。
お礼にオックステールの煮込みソースで絡めたガルガネッリを
作ってやるという。ジェシーは俺は激辛でないとダメだぞと
語る。ジェシーはマリオに対して気が気でない時間帯に突入した
なという。マリオはどういう意味なのかと問う。シェフの離脱症状
が始まったら数時間はこのERで見ることになるのだという。アル
コール依存者の場合危険ではないか?始まったらここで見守らない
といけないというジェシーだが、だったら追い出しますとし市販薬
で治しますよと語る。リアンに対して追い出さないでというシェフ
だが、マリオはベッドがないのだという。シェフは明日は娘・
リンジーの結婚式なんだという。酔ったままじゃいけないと。離脱
症状が苦しいんでしょというと、恥はかかせたくないという。
クリスタを呼ぶリアンはシェフの舌を見てくれと語る。アルコール
の離脱少女による舌の攣縮があるという。マリオは分からないとし
何でジェシーはシェフだけ特別扱いをするのか?と。教訓だと
思えというジェシーはパパ(リアン)に指示されたことはその通りに
やるのだと。何か有るなというマリオ。有ったとしてもお前は黙って
ここを使えという。病院の倉庫室だった。

・ジョアンの元にアンガスとイザベルがやってくる。
こんなことは初めてだとしし旅行から・・・と言った途端に突然
快感を覚えるような震えを見せる。小学3年生の子たちとバスで
帰る時にサクラメントから・・私は教師だという。アンガスは
こうなる前に性行為をされたか?と尋ねると、「しました、バスの
中で小学生と・・」冗談だという。突然始まってこうなったという。
酒や薬物は?精神科にかかったことは?言いにくいことだが膣の中に
何か入れましたか?と問うと、何でもありったけのものを試しに
入れた。急いで帰って沈めようとした。早く止めてと語る。直接
見た方が良いというアンガスは彼女の陰部を見る。しかしアンガス
は途中で臆すると別の医者に変わるという。マリオに変わってくれ
と頼む。

・マラヤは母シャンニ・プラットと娘のキーシャのベッドにいく。
シャンニによると娘は午前中からずっと戻しているという。
マラヤの目の前でも嘔吐すると慣れていますからと苦笑い。
いつから調子が悪いのかと問うと2、3日前から頭痛、吐き気が
しているという。脚のアザは?転んだときのものだという。
妊娠はしていないという。学校のストレスは?と問うと大学入試
の適正試験がストレスかもと。シャンニは一族初の大学進学者だ
という。第一志望はスタンフォードだというと、マラヤは私の
母校だと語る。入るのは大変だが多様性を重んじるプログラムは
充実しているという。すると突然シャンニは不機嫌になりあなた
の自慢話は良いから娘を治してと語る。血液検査を手配すると
告げる。

■感想

一応テーマはあるみたいだけど過去にトラウマが有ったりして
精神に異常を来しているものが主にその要因として現れるケース
が多いね。中でも親関係に於ける子供に対する親の心的外傷スト
レスが発症するケースがとても多い。
子供は逆に実際に病気が存在していたり、大人の欲望や自分勝手な
行動の被害者となっているケースだったりが多いパターン。
救急病院ではあるけどある意味では精神科病棟みたいな状態の
エピ。

今回は妊娠していないのに妊娠の兆候が現れる患者がいたり、
関係していなくてもオーガズムを感じて何も出来ないもの。
不本意にも誘拐されて子供まで産まされた女性。

その中には多くのシーンで親子関係の問題が念頭を過ぎるような
ものが含まれていた。

今回新しくガスリー先生の息子のコールがやってくる。
コールを演じているCress Williamsといえば
「ハート・オブ・ディクシー ドクターハートの診療日記」
南部の田舎町の町長・ヘイズ役の人だけど、この人も親子関係
に於いては蟠りが有る。

リアンとクリスタは妻子を失っている訳で、子供に対する
治療には目を鬱ぎがちだけど、それでも乗り越えていかねばなら
ない。
ガスリーの親子はまだ生きて居る分だけ怒ったり感謝もしたり
出来るのだから、二人にしてみれば良いのだろう。
そして今回のアルコール中毒患者だって、そうなってしまう
事情が存在し人間はなかなか計画通り人生はいかないし、心が
折れるのは簡単なところがあるんだなと。

■患者

・住宅火災の20代女性・ティナ

最初に熱傷者3名の内、もっとも重傷な患者として運ばれて来た
人物。全身熱傷で全く身動きが取れない状況。

アンガスとリアンがこの患者の担当となる。
リアンは気道の確保が優先するべきことで輸液の準備と体温に
気をつけていた。

アンガスに色々と熱傷患者への対応について質問していた。
「鼻毛が焦げているなら声帯も熱唱しているハズ。」
まさに的確でリアンはそりんに気道が塞がるのでまずは挿管して
呼吸の確保。

アンガスに再び質問。
熱傷の状態から評価を尋ねる。60%の熱傷でほぼ皮膚の全層を
欠損している。ここはバクスターの公式に当てはめて輸液の
量の調節で対応。

ティナが放火したのではないかという疑いが起こり火災調査官が
調べに来る。

ティナが火をつけたのなら最後ウツの可能性があり、自殺を図った
のかも知れないこと。トミーに対して虐待していたのではないか
ということでそれならば説明が付くとされた。

ティナは意識が戻った際にメモを書いていた。
一瞬自殺する為にボールペンを手にしたのかと思って緊張した。
しかしそこに書いて有ったのは「ティナ・コリンズ、私は誘拐
された」
と書かれていた。

ティナは目覚めると勝手に挿管していたものを抜いてしまった。
息が出来なくなりチアノーゼが出て窒息しそうになる。
最挿管と麻酔薬と筋弛緩薬を。しかし粘膜で腫れて塞がっていた。
僅かに気管が見えるという。切らずに済む方法を問われて、
逆行性挿管。そして戦死する場所は輪状甲状膜だというクリスタ。

上手く挿管して気管チューブを入れた。

その頃ちょうど落ちたメモを発見して彼女が誘拐された人物だと
判明。

・住宅火災の50代男性・デニス

四肢に2から3度の熱傷。ガスリーとマラヤが担当することになる。

担当したのはガスリーとマラヤだった。

デニスは運ばれる時からやたらとティナとトミーのことを気にして
いた。ティナの名前を呼んでいる時には良い祖父かと思ったのに。

ガスリーのラインの取り方に関して息子のコールが古い70年代
のやり方だとして非難。ラインは取るのにエコーは当然取るべき
だとするる。しかしリアンはガスリーに言われた通りにやるのだ
とマラヤに告げる。
刺入点の目安を聞かれて、大腿動脈と1横指内側だという。

デニスにトミーに虐待がなかったかを尋ねる。
咳も嘔吐も下痢もない。中枢神経系を疑わないと行けないという
クリスタ。脳炎なら致命的。乳児は進行も早いので腰椎穿刺を
することになる。
脊椎に刺す針。内臓を傷つけたら出血は止まらない。
リアンはリスクは仕方が無いという。

・住宅火災のの5ヶ月児・トミー

煙を吸っている赤ちゃん。煙を吸い、反応微弱。ニールとクリスタ
が担当になる。
赤ちゃんの気道は無事、やや頻脈だが意識がない為にニールは
二酸化炭素中毒と判断し、酸素と輸液投与を指示。
クリスタは静脈ラインを取ろうとすると出血して止まらなくなる
という。
クリスタには繊細な作業が要求された。
末梢ラインが取れない。血管が収縮している為だ。
別の手段としては頸骨に穴を開けること。小児用のステーテルを
使って穿刺用ドリルを使うことに。しかし集中しろと何度も
云われたがクリスタはなかなか難しい。赤ちゃんを失っている
過去がある。その為に飛び出していってしまった。

その後リアンがクリスタのフォローに回っていた。
互いに子供を失っている訳だからね。

治療しても経過を見守っても酸素飽和度が低く昏睡状態。
出血の原因も不明だという。鼻にも熱傷も見られなかったという。
そこで家裁前から何か病気を患っているのではないかと疑う。
栄養失調か、先天性代謝異常か。

クリスタはニールに決して同情しろとか言い訳ではないとしなが
らも息子は病気で最後の2年間は拷問だったこと。そして私の腕
の中で亡くなったことを語る。

トミーは高熱を繰り返して血圧も下がっているしてリサが報告に
来る。抗菌薬と全身検査をする。

昏睡になり出血に高熱、低血圧。該当するのは何なのか。

トミーが腰椎穿刺をすることになる。しかもあのクリスタが
やることに。手順通りにすれば云いというニール。
すると成功するが感染があり濁った液がドロリと出て来た。原因菌
を調べて抗生剤を投与するため検査することに。

髄膜炎からの膿胸。排出時に出血するかも知れないがクリスタは
それでもやるべき事を告げる何とか二人を一緒に退院させると
告げる。

・アルコール中毒のシェフ・ホルダー

アルコール中毒で転んで頭を打ったのか。
マリオが対応していた。そしてジェシーもフォローに回る。
ジェシーはシェフのことをよく知っているようで、マリオは
特別扱いすることへの違和感を唱える。
アルコールの離脱症状があるならここで治療するべきではない
というのはマリオの主張通りだと思うけどね。
理由をなかなか云わず思わせぶりだったな。

禁断症状が出始める。リアンとクリスタが対応するが、
血圧は151に。ジアゼパムとフェノバルビタールをガンガン投与。
それでもダメなので、エタノールを点滴静注。投与量を調節し
レセプターを飽和させると酔わずに離脱出来るのだという。

ようやく薬物が抜ける。
リアンは精神安定剤の処方薬と依存症クリニックの名刺を渡す。
飲みたくなったら連絡してと。今度こそ立ち直るというシェフ。

・持続性オーガズムの女性教師・ジョアン

アンガスとイザベルが対応に出ることに。
前にCSの番組でジョアンのような患者を診たことがある。

これって精神的なものなの?

脳の異常を疑ったりしないのかな。

ヴァギナを見ようとしたけどこういう時は女性医師が適任じゃ
ないかと思うもあんまり女性医師がいないね。

結局解決したのはなんとママ・ジェシー。
「シカゴ・メッド」のチャールズみたいな役目をしているけど、
コショウを使って解決。そんなもので解決出来るのか?
もしもし精神的なものだったのかな。

人間の脳って面白いもので、昔イギリスの娘さんがしゃっくりが
10年以上止まらないケースが有って日本で手術して治したことが
有ったけど、脳っていうのは厄介だな。

・嘔吐・頭痛の高校生・キーシャ・プラット

母親のシャンニは相当娘の教育に人生をかけているようで、
仕事に命をかけてきたガスリーにして見れば、子供が放ったら
かしにされるのが良いのか、それとも将来の為と称してこういう
教育方針で過度の期待に応えていくのが正しいことなのか。

キーシャには相当プレッシャーがかかっているハズだよね。

マラヤとしては悪気は無かったけど、母親が娘は第一志望が
スタンフォードなんて云うからマラヤとしては親近感を持たせ
ようとして自分もそこの出身だと語る。
ただそれを聞いた瞬間に母親のマラヤに対する態度ががらりと
変わってしまった。

妊娠の兆候がある検査結果。
何度やっても同じ。ただ本人はバージンだと言っている。
大抵のドラマだとこういうシーンでは母親に黙って関係をもって
いる相手が居たり、襲われたことを言えずにいるという事情が
有ったりするんだよね。膝にアザが有ったということから、自分
は襲われた妊娠させられたのかと思ったら、それはまた別の患者
に該当するものだった。

キーシャの病気について語る。症状は処女懐胎かと。
しかしマラヤは自分も厳しい母だったので妊娠ではないという
ことを信用していた。

結局脳の腫瘍が原因だった。
相当金銭的には辛い状況みたいだけど脳腫瘍の治療なんて出来
るのかな。

・ジャンキーのダレル・ブリッジス(21歳)

中盤に登場した患者。
どんな薬物を注射したのか。担当したのはマリオ。
今回はまた嫌な役割ばかりだったな。
何の薬物を打ったのかと尋ねるが答えようとしない。
ナルカンを注射し意識を回復させる。

拘束されていたけどちょうど午前4:21のコードブラックが出た
頃になってダレルが居なくなる。
世話係とか同僚の研修医に彼の様子を見ているように頼んでいな
かったかとされるがマリオは周りと融合していないからね。
リアンはここでは幾つもの持ち場をこなすために協力し合えと
いう。街に出たらまた薬物乱用してしまい、責任を取られること。


一度逃走したけどまた倒れているところを発見される。
ロラゼパムを筋注したと救命士。痙攣が止まらない状態だった。
ケプラとフェノバルビタールを投与。しかしリサは末梢ライン
が取れないという。ヤク中なので外頸静脈から取るんだとして
いた。

血圧は低下。プロポフォールの点滴で気管挿管をすること。
心電図を見る。以前の心電図と見比べた結果、心臓の収縮が異常
だと分かる。血糖値とカリウム、血液検査に異常。
過剰摂取で不整脈や痙攣を同時に引き起こす薬物とは何か。
三環系か抗うつ薬の過剰摂取だろうと。アニオナギャップは20
重炭酸ナトリウムを大量投与を指示するリアン。

■その他

・中心静脈ラインを巡る攻防

コールが父親に対して70年代のやり方だと言ったことに関連し
リアンがコールと話し合う姿が有る。
コールによるとエコーガイドが95%で有効だとする報告が有ると
しているが、そういう機器が故障したときにはどうするのか。
リアンは解剖学的知識をちゃんと使わせた上、機材に頼らない
でも出来る様なら有効率は100%になるのだという。

この病院ではすぐに薬が切れたり血液が切れたりすることが
有るよね。しかもこれだけフル稼働しているのだから計器の故障
だってあり得る。

・コールは父親の推薦で入局出来た

700人が応募している。
そもそもこのドラマではセンターで治療している際に医学生が
二階からずっと観察している光景があるんだよね。
大変な時には彼らをもっと活用したら?って気がする。特に
掃除なんかは彼らに任せたら良いのにね。

リアンはコールにあなたが700人の応募の中から決まった理由は
父親の推薦があったからだとしていた。
困らせようと思った時には代わりに「ありがとう」というのねと。

・ガスリーとコール

父さんに自分の優秀さを見せつけようとしているが子供の振るまい
にしか見えない。もう43歳だろうとして父を目の敵にするより
自分の人生を生きろと云われていた。

・仲間

クリスタは終わった後にニールから食事に誘われるも同じ同僚と
食事の約束だという。その中に悲しいことにマリオは呼ばれてい
ない。

・マリオが知った真実

マリオはまたしてもシェフが病院に戻ってきたことについて、
折角治療したのに娘の結婚式に出ず意味がないと語る。
しかし娘は10年前の結婚式の日に死んでいること。なんとか
あの日から抜け出そうとしているのだと語る。

■使用された曲


■出演者

Dr.リアン・ロリッシュ (Marcia Gay Harden) 主任指導医
ジェシー・サランダー (Luis Guzman) 看護師長
Dr.ニール・ハドソン (Raza Jaffrey) 指導医
マリオ・サヴェッティ (Benjamin Hollingsworth) 研修医、NY大
クリスタ・ロレンソン (Bonnie Somerville) 研修生、ブロンド

マラヤ・ピネダ (Melanie Chandra) 研修医、優秀
Dr.ローリー・ガスリー (William Allen Young) 指導医
アンガス・レイトン (Harry Ford) 研修医、マイクの弟
Dr.マーク・テイラー (Kevin Dunn) ER部長
イザベル・メンデス (Ellia English) 看護師、ぽっちゃり
ハンナ・レイノルズ (Emily Nelson) 受付看護師
リサ・パーク (Angela Relucio) 看護師

コール・ガスリー (Cress Williams) ローリーの息子、外科医
デニス (Glenn Morshower) 50代男、住宅火災
シェフ・ホルダー (Jose Zuniga) アルコール中毒患者
シャンニ・プラット (Angela Lewis) キーシャの母、教育ママ
キーシャ・プラット (Ajiona Alexus) 娘、処女なのに妊娠!?
ティナ・コリンズ (Sigrid Owen) 住宅火災、誘拐されている
ダレル・ブリッジズ (Doug Haley) 21歳、大学生、ドラッグ
ジョアン・ライト (Stacy Chbosky) 小学の教師、オーガズム
ケイラ・フェルプス (Tangie Ambrose)
— (Rico E. Anderson) 警察官
— (Mikaela Brown) 救命士

Medic
(Theo Breaux)(Andres Perez-Molina)

— (David Ausem) 医学生
— (Christina Cannarella) ER看護師
— (Nancy Schmitt Farkas) Threatening Patient
— (Mick Kennedy) Trauma Nurse
— (Lisa Pevc) Trauma Nurse
— (Lourdes Nadres) Trauma Nurse
ハンナ・レイノルズ (Emily Nelson)

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336