BONES 骨は語る シーズン7 第4話 小包にされた男 The Male in the Mail

リンク広告 テスト




November 3, 2011
第4話 小包にされた男 The Male in the Mail

脚本/Pat Charles
監督/Kevin Hooks
——————————————————–
トムはロナルドに対して配達先不明で戻ってくる荷物が集まる
回収センターでの仕事のことを指導する。荷物は年に2度中身を
見て金目の物は競売にかけて安物は捨てるのだという。
ロナルドは箱をあけると何かが腐っている事を告げる。
中からは人骨が出てくるのだった。

ブースとブレナンは喫茶店で物件探しをしていた。
お買い得物件があるというブレナンだが、コスタリカの物件だ
と知る。研究対象の部族もいて子供を育てるには良い国だと
いう。犯罪も少ないのだと。しかしブースは犯罪上等であり
それでオレはメシを食べている事を告げる。ブレナンはあなた
の予算でワシントンに家を探すのは無理だという。メリーランド
の物件はどうかというと、局の没収物件がある事を告げる。
そんな中ブースのことを”チビ助”と呼ぶ男が入ってくる。
ブースの父・マックスのそのまた父親・・つまり祖父・ハンク
だった。ブースは彼のことを”とっつぁん”と呼び、実質的に彼に
よってブースは育てられていたのである。ハンクはまた孫が生
まれるなんて嬉しいとしてブレナンとのことを祝福する。
ブースは施設を追い出されたのかと問うと、ハンクは話しづらそう
にお前のオヤジが亡くなったと語る。月曜日に復員軍人病院
で亡くなったのだという。ブレナンは残念だとするが、死因は
肝不全だった。恐らく酒の飲み過ぎだろうというハンク。
そんな中ブースの元に事件の知らせが入り、必要以上に言葉を
発せずハンクには家を使ってくれと語ると、ブースはブレナンと
事件現場に向かう。

現場に向かう中、ブレナンはブースを心配して捜査を他の人
に変わってもらったらどうかとするが・・ハンクもブレナン
に対してブースのことを頼むと告げる。

現場に着くと箱の中に遺体が梱包されていた。
下顎骨切歯のすり減り具合から20代前半の男性だろうという
ブレナン。頸骨の所で切断されているという。また別の箱には
胴体が入って居た。左右の肩峰突起で切断されているという。
カミールはこんな遺体の状態は初めてだとし、見事な梱包だ
と語る。カミールはブレナンにブースは大丈夫なのかと心配
するが、ブースの父が死んだことをブレナンは語る。ブース
はなんで話すのかというが、ブレナンは事務的にやり過ごそうと
する貴方に併せたのだと語る。

遺体をラボに運ぶ。カミールは遺体の脂質が梱包材と結合して
軟部組織が屍蝋になっているという。クラークはまるでゼリー
みたいだという。
ホッジンズは目のオペで使用するプライマシーレーザーを借りて
来た事を告げ、組織と箱を上手く分けることが出来るという。
一個骨を見つけたぞというホッジンズに残り205個ですねと
クラーク。カムはそのレーザーを使って楽しそうに分離作業を
手伝っていた。

一方ブースの助手としてブースのことを崇拝しているショー
捜査官がやってくる。鑑識から小包の出荷情報を調べさせたとし、
最初からあの荷物はデタラメな住所を書いて送り差出人も
適当な住所を書いていたのでセンター送りになることを計算し
ていたのだろうという。ショーはブースのことが心配だとするが・・
箱は材料試験協会の規格通りのものだったという。

クラークは種子骨を発見したとブレナンに報告。
しかしどんな凶器で切断されたのか。凹凸のない刃物だと
語るクラーク。彼はブレナンがやたらと胸に触れてゴソゴソ
している姿を気にしていた。何をしているのか尋ねると、
妊娠の後期には乳房が張って痛むのだという。ブラが2カップ
も大きくなったとし、気が付かなかったのかとして、洞察力が
必要だと言われる。ブレナンは刃物と被害者の身元が知りたい
ので取りあえず歯のX線で調べる様告げる。

アンジェラは郵便局のサイトを使えば誰でもデタラメな配送
伝票を作くれるというが、追跡サービス用のデータも作られる
のだという。QRコードにはラベルの発行部署が書かれていて、
シップ&プリントというハイアッツビルにある店のものだと分かる。

ブレナンはブースについて店にいく。
ブースはショー捜査官に任せれば良いというが、ブレナンは
父・マックスの件で話合いたいと感じていた。しかしブースは
心配は不要だとして話を取り合おうとしなかった。仏教では
怒りは怒りを有無だけだと言われているとしてウンチクを語ろう
とするが、元気づけたいのであればブレナンの話をして欲しいと
言われる。ブレナンは胸が張っていたい事を告げ、夜は裸で
過ごしても良いかと問う。

そんな中歯形から被害者はオリバー・ローレンスだと判明する。
これから向かう店で5年間働いていた従業員とのことだった。
彼は5月に失踪しているという。

一方ホッジンズはクラークと共に凶器を特定する為に色々と
傷跡を調べるが該当するものがなかった。古代遺物部門の連中
から借りてきた武器を使って傷をさぐっていく。
——————————————————–

郵送される荷物の届け先や発送元の住所がない場合には、回収
センターが荷物を受け取り、それを保管して、ある期間が過ぎる
と中身が競売にかけられるというシステムがある。
その荷物を開いていると、中から白骨体が発見される。
骨の状態から20代前半の男性だと判明し、歯形からはオリバー
ローレンスだと判明する。追跡サービス用のQRコードから発送
した場所を特定すると、シップ&プリントという店だと分かる。
そしてその店で働いていたのが彼だと分かるが・・・

「箱の中身は何なのか・・・」
ということで、贈り物の箱から遺体が出てくることも有れば、
今回のサイドストーリーの流れに有るように、ブースの父が残した
ブースへの箱の中身が何かというところに抽出・スライドされて
いくというものだった。

ブースに父親がいたということはこれまでにも描かれているけど
酒飲みで虐待されていたということで、あまりブース自身はそのこ
とに触れたがらなかった。ただこのシーズンに入って、ブースが
思い出の品だというするように、父親と見に行った思い出の品
である野球場のシートの存在などに触れるなど、徐々にブレナン
の家庭が融解していくようにして、ブースの家庭の事情も明かされて
いくことになる。自らは一度は家庭を持っているブースだけど
それに失敗している訳で再度家庭を築いていく中で、過去の傷
というものを改めて告白し洗い流してしまおうという意図が有る
のかも。

ブースの父が先に死んで祖父が元気そうにしているという
光景がちょっとシチュエーション的には分かりずらかったのだけど
やはりブースの父は軍人だったということで戦争が父親の心を
おかしくしてしまったというのかな。ブースの父が理髪店をしてい
たという設定がこれまでに有ったかどうか忘れたけど、まだ生きて
いたのかということもよく分からなかったので、あまり思い入れ
みたいなものはないな。20年間の空白が埋まるとは思えないけど
手紙だけでなく、あの箱の中身には彼が全否定していた父親との
関係の中にも良い思い出が有ったということを示すもので、ブレナン
がいたからこそ伝えられたという意味で、また一つ二人で共同作業
しましたって感じの良い感じのエピソードとなった。

今回のインターンはクラークだった。
ただクラーク以上に今回はブースのアシスタントを勤めたショー
捜査官の方が多少印象に残ったかな。
ブレナンが妊娠した胸の張り具合で痛みを感じている為に、
職場で胸をモゾモゾとしているのを見てクラークは純粋な疑問から
突然ブレナンから”観察眼を養え”的アドバイスを受けたことで
一気にブレナンの胸に視線が集中してしまうところが笑えた。
ただ妊婦の場合、胸に集中がいくよりもお腹の大きさの方が
気になるよね。ブレナンの妊婦姿はどことなくドスコイしていて
お相撲さん状態だったりするのが憎めないところだけど。

事件は宝クジの当たりクジ・当選金を巡った争いから派生する
ものかに思われたが、実際にはそこの職員である新人の男が
マジックマシュルームを箱詰めにして売っていたのを知られた
ことによる殺害だった。

オフィスのコピー機のメモリーから臀部が写っていて、骨盤の幅
を照合することになる。シーラを取り調べ室に呼んで事情を聞くの
かと思えば、ブーブークッションならぬ座骨結節間を図る特別な
装置を敷いていたのでそれを照合する。
しかし夫には全てのことを話しているのでオリバーとの関係は
知っているとのこと。

箱の中に有った薄片から骨が被害者自身のものではなく、首飾り
の骨の一部だと判明。上述したドラッグの売人が最初に接触して
いた際に付けていた首飾り・ババチャクラ(仏教の輪廻を表している
もの)だと判明。逮捕した時の犯人の台詞は「25年間暴力を奮った
ことはなかったがあの5分だけだった」として、「それくらい良い
だろう」というそれくらいの意味が分からない(笑)。人を殺して
それくらいにするなと小一時間だったけど、ブースと父親の虐待
の一件を示唆する為の台詞の一部としたかった為に、そんな変な
台詞回しになってしまったのかなぁと。

そういえばスイーツくんも出なかったですね。

■検索用キーワード

・ショー捜査官

S6-22に続いて二度目の登場。この後S7-8にも登場するが
そのエピソードを最後に出演していない。

・ハンク

S5-8に続いて二度目の登場。S9-6に再度登場するが三度の登場のみ。
演じているRalph Waiteは「NCIS ネイビー犯罪捜査班」でギブスの
父・ジャクソン・ギブス役としてS6-4以降、時々出演するようになる。

■使用された曲

・No Control by Slighter

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) 骨
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、実家が金持ち
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) 博士、”カム”
キャロリン・ジュリアン (Patricia Belcher) 検事
ランス・スイーツ (John Francis Daley) 心理学博士

クラーク・エディソン (Eugene Byrd) インターン
ジュネビエーブ・ショー (Tina Majorino) FBI捜査官
トニー・ダンソン (Jesse Head) 元シップ&プリント
シーラ・バーンサイド (Briana Lane) 豊胸、宝クジ
ヒュー・バーンサイド (Ben Savage) 元シーラの夫、尻に敷かれている
コナー・トラメル (Chris Tallman) シップ&プリント店長
ラルフ・バーディ (Wayne Wilderson) 元シップ&プリント
ボブ・フィシャー (Allan Wasserman) 弁護士
トム (Ellis Williams) 回収センター長
ロナルド (Brian Jones) 回収センター、新人
ハンク・ブース (Ralph Waite) “とっつぁん”、ブースの祖父
オリバー・ローレンス (Aaron Mills) 被害者
— (Frank Krueger) Booth’s Father

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336