BONES 骨は語る シーズン7 第9話 青い死体 The Don’t in the Do

リンク広告 テスト




November 3, 2011
第9話 青い死体 The Don’t in the Do

脚本/Kathy Reichs
監督/Jeannot Szwarc
——————————————————–
ビルとコニーは、ゴミ捨て場に教会を建てるとして信者達に
説明会をしていた。駐車場には1000台置けるスペースを確保
したとして1000人の魂を少なくとも救えるのだという。場所さえ
作れば人はやってくるとし、この聖なる土地に教会を作れとの
神の思し召しが有ったという。ゴミの大地を地上の楽園とせよ
とのお告げが有ったのだという。
そんな中突然青い色をした鳥が信者達の前でバタバタと落ちて
くる。鳥の色が不自然だとして神の怒り・悪魔の仕業なので
はないかとして信者はパニッくる。

ブースはクリスティーンにこれから託児所に預けて俺たちは
仕事の現場に行くことを告げる中、ブレナンは着る服が無い
としてなかなか家を出ようとしない。出産前の服はどれもしっ
くり来ないのだという。何か別人の体のようだというブレナン。
しかしブースは君の体のことは俺が一番良く知っているのだと
告げ変わらずキレイだと語ると共に、これまで服装や外見に
それ程固執していなかっただろうとして早く行こうとせかす。
しかしブレナンはそんなブースに憤怒。今の君はフル回転中
のプロペラみたいだとし、一歩身を引かないと危ないと語る。
子供を産んでから情緒不安定になっていると指摘する。

取りあえず何とか現場へと向かうブースとブレナン。
どうせつなぎを着るのだから服なんて関係無かっただろうと
ブースはブツブツ文句を言う。そんな中ブルーマン殺人だとし
てカミールやホッジンズは現場で遺体を処理していた。
遺体を食べた鳥が青くなって亡くなっていること。カミールは
遺体はホッジンズが見ている事を告げると、ブースはメモには
“不気味”と書いておくと語る。
そんな中ブースはカミールに対して、ある頼み事をする。
ブレナンは子供を産んでから少し自信を無くしていること。
カミールの方から彼女にキレイだと言って欲しいのだという。
俺が言っても効果が無いのだと。

ホッジンズは遺体をゴミの中から回収したとして調べていた。
青いのはゴミ捨て場は化学薬品だられだからだろうという。
居た近くにマッチが置いてあった事を見て燃焼促進剤を
使って焼こうとしたのかとするが、カミールによると焼くのは
大変なことで犯行は素人だと語る。ホッジンズは若いカリフォラ
ビシナがいるので死後2週間程度が経過しているという。
ブレナンは仙骨の癒合が進んでいるので被害者は男性・30歳前後
で身長は185cm程度だと語る。
青いネズミ、アライグマ、リスなどが遺体をかじって青くなっ
て死んでいた。コイツを食った連中はみんな死んだんだという
ホッジンズ。髪の家がないというブレナンに対して、ホッジンズ
は鳥が巣を作るのに持っていったのだろうとしシャレたもの
が作れると語る。カミールはシャレたと言えば、今日のブレナン
はキレイだと語る。あまりに不自然な流れで誉められたブレナン
はブースに頼まれたのでしょと告げブースを睨むのだった。

気を取り直して死因を尋ねるが、ブレナンは動物に喰われた
損傷が激しいので見極める為にもラボで詳しく調べる必要が有る
と語る。

インターンはバジリだった。
上半身の傷は死因とは関係無いこと。大腿骨のキズは襲われたもの
ではないかとするが、コヨーテによるキズだろうという。
バジリは何故か誰もが気が付くほどにハイテンション状態で、
「この仕事は最高です!」と語る。アンジェラは複顔作業が
楽しみだという。
ブレナンは青い骨の遺体に関して、クリシュナも青い肌とされている
けど死亡は紀元前3102年だからもう少し腐敗は進んでいるわねと
ジョークを飛ばす。毒殺かも知れないというバジリに対して、
カミールは遺体の舌から検出してみるという。
ホッジンズに対して青い液体が何かが分かったか尋ねると、ジメチル
ベンジン塩化アンモニウム亜硝酸ナトリウムと乳酸だろうという。
死因を特定するには、まずは動物がつけたキズを除外する必要が
有りそうだと語る。

スイーツとブースは遺体について語る。
ゴミは火葬用の薪なのではないかというスイーツは一種の儀式
的殺人課も知れないと告げる。ブースは集積場には遺体が捨て
られることが多い事を告げる中、会話を通してスイーツはブース
に異変があることに気が付く。「貴方は何かを怖がっている」
とし、「疎外感を感じているのではないか?」という。
ブレナンの関心が娘に奪われたことが原因カモ知れない・・と
言いかけるとブースは激怒し、「なんと言ったのか?」と問う。

そんな中アンジェラからは複顔から被害者が分かったとして、
被害者はサンティアゴ・バルモント、ジョージタウンの高級
サロン”タビサ”のスタイリストをしているのだという。
捜索願いに関しては家族ではなく三人の客(キャンディス、ジュ
リー、アンディ)から出ているという。
三人共にイケメン美容師を心配しているとのことだった。

バジリは遺体を回収してくると、ホッジンズはブレナンに対する
ご機嫌取りなのかと問う。それを否定する彼は、ホッジンズの
ことをあなたならば青い液体の正体を掴める最高の人だと語る。
ホッジンズはあまりにハイテンションなバジリに対してどうした
のかと問うと、バジリは法人学類ジャーナルのゲラ刷りが届いた
事を告げ、そこに「遺体に関する骨計測分析の新手法」が掲載
されることになったのだという。
——————————————————–

ゴミ捨て場に教会を建てようとしていたものたちが、突然鳥が
バタバタと落ちてくるのを目にする。しかもその鳥たちは
青い色をしていて不気味そのもの。その死体に紛れて人間の
遺体があることが判明する。その遺体も真っ青であり、駆けつ
けた職員たちもその物質が何なのか、そして多くの獣に荒らさ
れた遺体の直接の死因を見つけることに難儀を極めていく。

S6-21話以来のバジリくんのインターンのエピソード。
初めて登場したS4-16から数えて9度目のインターン歴だ。
最近登場するインターンの職員はどの人もハイテンションで
あることが多く、デイジーはその頂点に立っているものがあるけど、
物静かだったクラークも突然私生活に立ち入るようになって
以降弾けてしまったかのようにウザキャラの筆頭格になって
しまったので、個人的にはウェンデルが一番落ち着いていて
良いかな。
因みに2014年11月現在、インターンでの出演回数が最も
多いのは、クラークとウェンデルだけど、クラークの場合
インターンではなく博士号を取ったのでもうインターンとは
言えないのかな。ナイジェル・マリー君も好きだったのだ
けど、シーズン6以降の登場はない。

私生活ネタでは出産後のブースとブレナンのことを描いた
もの。
出産後の体型の変化に対して、ブースとブレナンでは捉え方
が違うものが有り、その辺の勘違いからくるすれ違い構図が
有る。そんな心の隙間になんとか入り込もうとしている
スイーツの存在がまた意外と邪魔くさくも感じるけど、
彼の場合、もうブースとブレナンを観察するという役目自体
は終わったのだっけか。

ブレナンが出産してどういう価値観を持つ事になったのか
ということが興味深いものがあるのだろうし、男臭さの王道
を走るブースがてんてこ舞いするのがファンにとっては
楽しいのだろうけど、最近はブースがあまりに気を遣いすぎ
るところが有って、これまたなかなかウザキャラ度の高い
流れがある。

バジルくんが自分の論文が学会誌に掲載されそうなことを
受けて浮かれている様子が有り、そのことを内緒にしなければ
いけないにも関わらず話したくて仕方が無いオーラ満載の
エピソードだった。誰にも言わないでというのは、言って欲し
いと表裏一体。嫌よ嫌よも好きのうち、ダメよダメダメって
ええじゃないのぉぉって感じのエレキテル連合化している
バジルくんのフライングゲッツに終わった後の、意気消沈と
する状況の中それをフォローするブレナンの今までにはない
「他人を気遣う姿」の中に愛を見るという流れがなんとも
言えなかった。現時点ではブレナンも随分とバジルくんの能力
を買っているなと思わせるセリフも有ったりして、例え
「セレーナ・ゴメス博士(笑)の化石探検」に紙面を奪われた
けど、ブレナンからは論文が掲載されても、名声を求める
があまりつぶれた学者は多いことを指摘され、バジルくんの
持つ五感的能力を誉めていた。

事件はアンジェラトロンもフル活用され、死因の特定を
行って行くもなかなか真相には辿り付けなかった。
また青い色の成分に関してもなかなか特定には至らず。
ホッジンズを悩ますことになるも、なんとか不凍液だという
ところにたどり着いた。

ブースの父が美容師だったということから、ブースに受け継が
れたその経験が捜査に役立ち、犯人を特定していくことになる。

謎のインド人雑貨店が事件に関係しているのではないかと
されるもドラッグではなくエクステを卸していたことが
判明する。「世界丸見えテレビ」の中でかつて高級エクステの
製造過程を追う海外のテレビ局製作のものが描かれていたけど
遺体からの人毛ではなく生きた人の毛を使っていた。
気軽に使うエクステだけど、弁護士が気味が悪いとして
取り外したように本当に遺体から取った人毛だとちょっと
気持ち悪いよね。しかも皮を剥ぐという行動自体猟奇的に
見える。

そういえば、ブース&ブレナンの新居がお披露目されて、
意外とこじんまりした家だったなという印象だった。
日本ではごく普通の人の家だったけど、ブレナンならばもっと
大きな家に住むかと思っていた。
そしてブレナンは体型がまだ出産後に戻っていないのか
結構恰幅の良さが有ったね。出産すると普通元の体型に戻る
にはどのくらいの日数がかかるのかな。

■検索用キーワード

■使用された曲

テンペランス・ブレナン (Emily Deschanel) 骨
シーリー・ブース (David Boreanaz) FBI捜査官
アンジェラ・モンテネグロ (Michaela Conlin) 骨格から似顔絵
ジャック・ホッジンズ (T.J. Thyne) 知識が豊富、実家が金持ち
カミール・サローヤン (Tamara Taylor) 博士、”カム”
キャロリン・ジュリアン (Patricia Belcher) 検事
ランス・スイーツ (John Francis Daley) 心理学博士

アラストー・バジリ (Pej Vahdat) インターン
— (Angie Gega) Masseuse
クリスティーン (Patience Kemper) 赤ちゃん

テオ・アレックス・ノーマン (Jai Rodriguez) シャンプー担当
タビサ・ミラー (Jamie Elle Mann) 高級サロンオーナー
ケビン・シルバー (Neil Hopkins) サロンのスタッフ
プーラブ・サンガニ (Ravi Patel) インド系雑貨店、頭髪を・・
ルビー・シュネップ (Jennifer O’Dell) 土曜日6時の客
テス・レビンソン (Megan Stevenson) 国選弁護人
カリン・ローゼンタール (Ina Barron)
アンディ・マイケルズ (Kristi Clainos) サンティアゴの常連客
キャンディス・シャピロ (Emily Nelson) サンティアゴの常連客
ジュリー・ワン (Claudia Choi) サンティアゴの常連客
— (Monica Lee Gradischek) Customer
コニー・サマーズ (Joyce Guy) 教会のスタッフ
ビル・サマーズ (Rafael J. Noble) 牧師
フィン・アバーナシー (Luke Kleintank)
— (Janell Winkler) Congregant

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336