NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 シーズン9 第3話 ペネロピ文書 The Penelope Papers

リンク広告 テスト




第3話 ペネロピ文書 The Penelope Papers
「aka.マクギーの祖母」

監督/Arvin Brown
脚本/Nicole Mirante-Matthews

【ストーリー】

ポール・ブース (Matthew Alan)は夕べはちゃんと帰るつもり
だったが授業が延びてレポートの採点も有ったので帰れなか
ったとして妻のジャスティン・ブース (Hillary Tuck)に謝罪
する。またあとで電話するというとベンチに座り別の所に
電話するポール。これ以上は無理だとしもう妻に嘘をついて
騙したくない・・終わりにしたいという。今ヘイズ・ホテル
の向かいの公園にいるので待っているとすると、突然木の陰
に居たものに銃弾によって撃たれて死亡する。

トニーはエレベーターから降りると電話で何度も繰り返し
語っていた。もう188回は言っているだろうとし風船に吹き
流しは用意するがストリッパーは無し・・駄目だと。
ジヴァはパーティーの準備なのかと問うと、それなら良いが
父の誕生日だという。企画は勝手に本人が行い金や段取りの
用意は俺がさせられるという。父は女子大生みたいにウキ
ウキしているというと、「私のバースデー!」と。ボクの時に
はプレゼントなんて無かったんだぞとトニー。マクギーは
ボクの父よりはマシだという。誕生日嫌いのだったこと。
ジヴァは父は必ず誕生後に出てくれるけどいつもうわの空だ
ったという。マクギーは7歳の時に父のバースデーカードを
手作りしおめでとうと言って手渡ししたら突き返されたと
いう。「出来が悪い・・作り直せ」と。キツイけど伝説の人
だろうとトニー。偉大なるサンティーニだという。
ジヴァはマクギーの父は海軍の偉い人だと思っていたが手品師
なのか?と問う。トニーは映画だとして「パパ」って映画を
みて居ないか?。ロバート・デュヴァルが演じる
主人公が海兵隊の勇猛果敢なパイロット。家族に厳しいブル・
ミーチャム。「もってるヤツと持たんヤツが居る。タマキン
の事だ!デッカイタマだ。」とセリフを語るトニー。
お前がギブスの部下になったのは分かるとしギブスのタマ
はデカイぞとトニー。ボーリングのボール並だとすると、
ジヴァは下品よと止める。タマじゃなくて愛のムチの話ですよ
と。感情を出さない所とか一言で人を動かすパワーだと。
そこにギブスがやってくると一言「出動だ!」という。
海軍将校の遺体がでたとのこと。

・現場へ
マクギーは遺体の状況から後ろから狙われたのか?と。
ダッキーは分かるのは一発致命的な弾を側頭部に撃たれて貫通
していること。気づいていなかったのだろうと。ジミーは
気持ちの良い秋の晴れた朝・・・いきなり撃たれてバン。
文学的ですと語り場をしらけさせる。
死亡時刻は?・・2時間前だとダッキー。身元は?・・ポール・
ブース海軍大尉(32歳)、着込んで子供は無し。現在妻にも
知らせているというマクギー。物盗りではないとし現金や
クレジットカードには手も触れていないというトニー。
例外よとしてジヴァは地面に落ちていたとして会社のIDカード
らしきものを見つける。ジミーは被害者の指にはヤケドみたい
な跡が有るという。ダッキーは普通のヤケドではないとし
マクギーならば分かるのではないかという。
マクギーは意味が分からなかったが、【マクギーの名刺】
を被害者が所持していた。名刺用の上質紙・・文字フォントは
7ポイントのヘルベチカ。ノーフォーク支局ティモシー・マク
ギーと書かれていた。何故だ・・大尉とは逢ったことはないという。

・NCISオフィス
トニーは2003年入局した時のブースと昨年のブースの写真を
マクギーに見せる。担当した関係者でも証人でもない。
どうしてボクの古い名刺を持っているのか。これは8年前の
名刺だ。本当に知らないというマクギー。
ギブスは興奮するマクギーに座れと語る。
トニーはブース大尉・・別名:マクギーのミステリーフレンド。
海外に二度駐留後2007年からは予備役に。犯罪歴はなし。
模範的な将校で僅か3年で大尉に昇格。退官になるまでやる気に
満ちていたそうだというトニー。大学での評判も上々。
数学を教えて人気だったというマクギー。ただ最近仕事を
減らしていて3年間週に5日も授業を持っていた春からする、
今は週に1回になっていること。他の仕事をしていたのか?
とマクギー。
アビーがIDのロゴを調べた結果テレス研究所のものだと分か
ったというジヴァ。従業員だったのか。ギブスは名簿を手に
入れろとマクギーに言うが、ガードが堅くペンタゴンのメイ
ンフレームを迂回してサーバーに入らないといけないという。
ジヴァは何故ガードが堅いのか?。車のチャイルドシートから
軍用スパイフットまで色んなものを開発しているからだという。
開発の本拠地はバージニア州某所だと。マクギーは名簿が出た
としブースは2010年からアナリストとして勤務していると。
上司は副社長のジョン・ウェストフォール (Sam McMurray)
だという。他に機密がないか探れというギブス。トニーと
ジヴァは副社長に逢えと語る。

■事件

大学で数学を教えていた元海軍将校のポール・ブース(32歳)
が突然ヘイズ・ホテル近くの公園で撃たれて死亡する。
彼はテレス研究所に勤務しており、妻の話では何週間か前に
夫が帰宅した際に窓から覗くと道の向こうから誰かが夫を
見張っていたという。昨日の夜、一昨日の夜もみたという。
彼が勤務していたテレス研究所では機密扱いとされているが
被害者は一体何を担当していたのか。

■感想

うーん、何だか「NCIS:LA」の過去のヘティのエピソードを
見せられている感じのするエピソードだった。

マクギーの家の事情が描かれたけど、何が何だか今一つ分か
らないし、シナリオとしては正直全く面白く感じなかった。

ただどの人物もギブスを慕うその理由の中には父親の面影を
みて居るところが有ったりするのかな。

現在ではBONSAIを教えているマクギーの祖母ペネロピこと
ペニーが登場する。

機密が一体何なのかということを突き止めていくことで
過去の軍事産業の負の側面が見えてくる。

昔は闘争でも負けなかったとか色々と過去の話が出てくる。
グロリアスタイ者と議事堂前で座り込みをして捕まった話
だの、65年のセルマ暴動の後、68年シカゴでも3日間豚箱入り
されたことなど語る姿が有る。

アメリカでは軍事とか警察官になるときにこういう闘争を
した人物を身上調査で調べないのだろうか?そしてその家族が
国家に関わる役職に就くのを止めるような流れはないのか。

先日のエピソードの中でも海軍の情報部のメンバーが秘密作戦
を決行している感じがしたし、作戦名が「ファントム8作戦」
だったのでマクギーの小説の「DEEP SIX」なんてものを書いて
いたのを思い出した。今回のシーズンは色んな隠密作戦名が
関わることが多く、その都度単純な事件ではなく組織的な
計画を暴いていく流れが有るのかな。

■マクギーは文筆家

マクギーの父親ジョン・マクギーって俳優だったのか。
ジヴァは海軍の偉い人だと思っていたとしていたけど、
海軍後に俳優になったということ??
マクギー自身は数学も得意でジョンズホプキンス大学、
そしてMITを取得している。
そして小説を書いてそれなりの評価を得ているよね。

マクギーは過去に恥ずかしいことをしてしまったようで
それを祖母から最後には聞くことになる。
先日のトニーのエピソードでは自分の恥かしい学生時代の
エピソードの記憶がすり替わっていたことを正直に話すと
していたことでトニーの性格が1話のエピソードによって
変わってしまったのかに思われた。

■創業者マックス・エルスウッドが目指していたもの

1965年に創業者マックス・エルスウッドが目指していたもの。
最先端の軍事戦術だというがなかなか話す事が出来ずに居る。
当然機密扱いだけど、65年当時の作戦が今でも生きて居る
とか隠密にされているとはその辺は少々理解し難いか。

・アンドリュー・パイク

テレス研究所のライバルで元々テレス研究所解雇されている。

マクギーがハッキングに成功しメールの内容を調べることで
「アナックス原理」というものに言及されている。
ジョンがポールに対して何通もメールしていて内容も怒って
いる。

■アビーの役割

被害者の指が黒くなっていて何かヤケドを負っていた。
旧式のコピー機を使ったもので、高濃度の酸化鉄と硫化タン
グステンが検出されている。サビとオイルの2つが合わさり
これでコピーするとプリンターのトナーとこのガラスの熱
によって指がヤケドするのだという。

ギブスに手を貸してとして熱いコピー機に置いていた所が
有ったね。

・遺体の中の弾の破片

カーボンファイバー強度が半端じゃないもの。
昔兵器として使用されて居たもので50年~60年代のメーカー
はルイジアナの会社が実験的武器を製造していたという。
限定生産の45口径のハンドガンでブラックハンドと呼ばれる
もの。ベトナム戦争時に2年間使用されている。

■ペネロピの正体

現在は植物園で働く盆栽職員。そして1900年代の戦争当時は
テレス研究所の女性アナリストだった。

・「アナックス原理」

ベトナム戦争に於いてアメリカ兵士を守る為の実験の一つ。
アメリカはベトナム戦争で枯れ葉剤とか生物兵器を使用して
いるのにね。更に飢餓させる為に遺伝子組み換えした虫と
マシンのハイブリットを作り出し、自然と最先端テクノロジー
を融合させる為のものだった。

害虫に食料を食べさせて餓えさせる作戦。

これに関わっていたチームが出て居た。

・マックス・エルスウェット
・ロナルド・ヒックス
・アンドリュー・パイク
・ペネロピ・ラングストン
・アール・タッカー
・ジョン・ウェストフォール

これぞマクギーの小説「ディープ6」だな。

■レンタカー Peppy Car Rentals

ジョンが借りていたことが判明。しかし彼は偽造だとして
自分は殺していないと主張する。

■クローズド

死んだと思われていたマックス・エルスウェットは生きて
いた。ペニーが殺されそうになっている所で逮捕する。
マックスは国の為に尽くしたんだとして反論していたけどね。
結局これは計画が実行されそうで公にしようとしていたのか、
過去にこういう実験が有ったということをマスコミに公表して
いたから封じようとしていたのか?

■使用された曲

・Homewreckers Ball
Written by Richard Wolf
・Wheels by Fink
・NCIS Theme by Numeriklab

■出演者

リロイ・ジェスロ・ギブス (Mark Harmon) 主任
アンソニー・ディノッゾ (Michael Weatherly) “トニー”
ジヴァ・ダヴィード (Cote de Pablo) 元モサド、NCIS
アビゲイル・シュート (Pauley Perrette) “アビー”分析・解


ドナルド・マラード (David McCallum) “ダッキー” 検視
ティモシー・マクギー (Sean Murray) コンピュータ
ジミー・パーマー (Brian Dietzen) ダッキーの助手、検視
レオン・ヴァンス (Rocky Carroll) NCIS局長

ペネロピ・ラングストン (Lily Tomlin) マクギーの祖母”ペニー”
ジョン・ウェストフォール (Sam McMurray) テレス研究所副社長
マックス・エルスウッド (David Clennon) 創業者
ジャスティン・ブース (Hillary Tuck) ポールの妻
アンドリュー・パイク (James M. Connor) 研究員
ポール・ブース (Matthew Alan) 海軍大将、32歳
ブリーナ ジミーの婚約者
ロナルド・ヒックス “アナックス原理”
アール・タッカー “アナックス原理”
エリック・ペレス “アナックス原理”
マイケル・シーディー DCクロニクル記者
ブル・ミーチャム
サンティーニ

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336