シカゴ・ファイア Chicago Fire 第21話 報復の始まり Retaliation Hit

リンク広告 テスト




第21話 報復の始まり Retaliation Hit

監督/Jean de Segonzac 脚本/Matt Olmstead
Hilly Hicks Jr.

【これまでのあらすじ】

事故現場でトーチを消せ!とケイシー。セブライドは講習は
順調なのかとミルズに尋ねると効果救助は無理かも知れない
というとブランソンに電話して俺が頼んでいると言ってみろ
という。それを見たハドリーやキャップは良い顔をしない。
ミルズはそういう視線を感じ間違っている気がするとしドー
ソンに相談する。彼女からはそんな人たちのためにやっている
のではないと思えば良いという。そんな中カーチスが殺害さ
れる事件が発生。ボイトのおとり捜査の協力者だという。
マウチはこの一件でボイトへの起訴が変わることはないとす
る。かつてドーソンは拘置所のボイトに頼み事をしていた
ことが有った。「モリーズ」が完成した頃、ハリーが戻る。
タラはセブライドに私が51分署で働くって言ったら十分に
気をつけるように言われたとしあなたは私のタイプらしいと
語る。ボーデンはセブライドに君がある候補生を自分の家に
連れ込んで暴行しようと訴えた事を告げ弁護士が必要だと語
る。

【ストーリー】

ハルステッド(Kirsten Fitzgerald)たちはセブライドから
話を聞く。セブライドはマウチを同行して彼女からの訴えて
いる状況を聞きに行く。「彼女がいた時間は?」「30分くらい
で長くても1時間」「ビールはどのくらい飲んだのか?」「2本
です。」タラはセブライドのペースに合わせようとして酔っ
たようだとすると、セブライドはビールを飲めば当然酔う。
6本も持って来たのは彼女だと。ハルステッドは「彼女は
キスを迫られたとの証言を受けた」という。「違います」と
否定するセブライド。「何か言いたいことは?」。マウチは
セブライドは質問に答える義務はないとしここへの訴えの
内容を聞きに来ただけだという。セブライドは「実はわざと
あくびをして疲れているから帰って欲しい」と言ったこと。
彼女が求めていると分かったからだという。

ボイトは刑務官のブランクから時間だとして連れ出される。

ハリーはケイシーにドーソンは?と尋ねると元気だと語る。
何でなのか?と尋ねる。彼女は年下のミルズと付き合って
いるという。ハリーの方はどうなのか?彼は出来たのかと問う
と、本命は居ないと語る。聞いただろうとしカーチスのこと。
ハリーはボイド絡みなのか?と問うと分からないがカーチス
がギャングに居たのは確か。ボイトの事件に影響は無いわよね
とハリーは心配する。「棄却を求めた審議」が今日開かれる
らしい。「ハメられたと主張」したらしいがこちらは二度と
巻き込まれたくないと語る。クック郡法廷でそれは行われる。

ハーマンはオーチスがドリンククーポンを作ろうとの提案を
受ける。これは客寄せであり人が店に来て中に入れば金を使う
だろうと。ウチはバーなんだぞとハーマン。一週間後は
プレオープンなのに飾りもまだだと語る。クーポンの名前は
“ドリンクスペシャル”だなとオーチス。

ドーソンとシェイが会話しているとミルズがドーソンの為に
ラテアートを持ってくる。それを見たシェイは結婚したら?
と語る。ボーデンはみんなにポスターを見せる。
「セクハラは重罪です」。最近の出来事から人事部に
「セクハラの講習」を受けるように言われたというとクルース
は「セクハラを配慮するための講習」ではないのかとしそれだ
とセクハラを助長しているように聞こえるという。

■感想

いやぁ世の中汚いな。
大きな声をあげた方とか最初に声をあげた方が勝ちで、事実
関係なんてそこには関係無い。証明しづらい案件であること
は確かだけど、そもそもセクハラの定義も難しいといえば
難しい訳だし男女の感情やプライベートに触れる部分もある
のでそういうトラブルは少々当人同士を除いてはなかなか
解決が難しいところがある。
一番裁判になって困るのはタラだと思うんだけどね。
こういう要領のいい奴はともかくズルや嘘をついて相手の
人生を壊して自分だけが生き残ろうとする人物って罪悪感で
時に無性におかしくなったりしないのかな。
相手を蹴落として自分の出世を優先して人生を豊かにしよう
とする。それで幸せになれるんでしょうかね。
そもそも悪い事をしたという自覚も無いんでしょうけど・・
ボイトもまた取引によって釈放処か出世ですよ。
シカゴってそういう街って言えば良いのか。

タイトルが「報復の始まり」なのでボイトはこれから何か
してくる可能性はあるけど、セブライドのケースの場合
復讐というのはどちらが被害者で加害者なのか?
セブライドがタラに復讐していこうとするものなのか?

私はセブライドがケイシーに対してヘザーの件で疑い責めた
ことを忘れていないですよ。

■エピソード的には・・

・セブライドの性的暴行事件(冤罪)

訴えたのはタラでセブライドはその加害者とされる。
勿論冤罪な訳で、セブライドがあの場で何か出来る筈もない。

キスを迫られ気まずくなり帰ろうとしたタラは、セブライド
に強引に壁に押しつけられてお尻を触られたという。
セブライド側は寧ろ逆に迫られていることを知って彼女を
帰らせる為に「疲れた」ことを口にして追い返そうとした
こと。

冒頭ではハルステッドを初め3人の人事?の人に迫られていた。
同席したのはマウチ。

タラはドーソンから都心部での対応は不十分だとされていた
ので郊外に回されそうになっていたけどそれを回避するための
防衛策なのだろうか?そうだとしたら相当性格が悪い。

・セブライドの有利・不利

セブライドの仕事上の評判はとても良いが、女性関係は
あんまりよくない。
ビールを持って来たのがタラだったので誘う目的が有ったの
は彼女の方だろうし、前回のエピソードでビールを賭けと
して勝敗を分けたことも聞いている人が多い。

問題なのはセブライドが過去にニッキー・ルカウスキー
(Meghann Fahy)に手を出しており、その父親のアル
(Guy Van Swearingen)からニッキーの現状を聞かされる。
婚約者との関係が破棄されてヨーロッパに行き人生が狂った
こと。しかしこれは署長という立場を利用したパワハラっぽ
い感じも受ける。まぁ父親の立場になれば分からないでも
ない。

またセブライドがあれほど言われていたのに自分からタラに
会いに行ってしまった。

・タラは傷ついている?

性的暴行を受けたのではなくセブライドが誘いを断ったこと
にショックを受けて居るようだ。
ただタラは刑事事件にする気は無いとのこと。当たり前だろ
と小一時間。
しかしタラはあなたが正式に謝罪する
「アルフォードプリー(Alford Plea)」という事で処理した
いようなことを口にしていた。

アルフォード・プリーに関してはアメリカでは普通に存在して
いるようで、司法取引とはまた違ってくる。
悲しいけど無実の人が裁判で負けそうな場合、これが逃げ道
となる場合が有る。「起訴事実は認めず有罪を認める」こと。
ドラマ「CSI:MIAMI」S10-9ではそんなセリフも出てくる。
https://itawind.web.fc2.com/kaigai/csi/csi_m1009.htm

これはセブライドが罪を認めることにはならないし、お互い
公の場で恥をかかさずに済むという方法だという。

「イカレてるよ」

これって本当に病気に気がするんだが・・

■ミルズの災難

まぁ前回からセブライドがミルズを気にかけていることを
知ってはしごのメンバーがミルズに冷たい視線を投げかけて
いたけれど、今回はレスキューのハドリーとキャップが
冷たい視線を投げかけていた。

しかしまさかその後そこまで嫉妬心が続いていくとは思わな
かった。ミルズが段取りを踏まずに生え抜きで昇進してしま
ったこと。


ミルズの2003年型の車のドアが割られたとハドリーとキャップ
から言われるがイタズラだった。イタズラもセクハラならぬ
パワハラだよね。


ハドリーはミルズの食事にドックフードを入れてしかも
「雑種野郎」と語る。大ごとにしないようにミルズも黙る
がボーデンは署内で処分し首ではなく異動の形を取る。

■ボイト、カーチス、ケイシー、そしてハリー

ケイシーの恋人のハリーが7話で別れをつげていなくなった
けど先週のエピより戻って来た。互いに恋愛事情の探り合い
はあるけど気になるのはボイト関連でカーチスが殺され、
またケイシーやハリーに嫌がらせがあるのではないかという
こと。


久しぶりにドーソンの兄・アントニオも登場。
ボイトはマートルビーチに家が有る。
「今回のことで警察を訴える」としていて大金をせしめて
ゴルフ三昧を送るつもりだと。
ただ汚い奴だがバカでは無いとしてアントニオはケイシーに
二度と狙うことはないというが、前にも言われたとして信用
していない。


ボイトからドーソンに電話。
借りを返せとのこと。ケイシーに相談するドーソン。
君が何をしようとしても気にしないが、一ヶ月も口を利かな
いようなことにはなりたくないと語る。


ハリーとケイシーは互いの持ち物で起きっぱなしになっていた
ものを交換。

契約書が有ったことを語る。
「ケンカは正々堂々とセックスは淫らに・・」

■セクハラ講習

講師はマクラッケン(Danny McCarthy)。
差別的表現を無くそうというのが如何に難しいのか。
女性のズボンを褒める際に前から褒めれば良いが後ろから
褒めればセクハラ。

講習の講師自身、自分の頃はロッカーに女性の裸の写真を
貼ってあったが今それを行えば忍者に何処から連れ去られる
とのこと。


ケイシーとドーソンが男女のセクハラ講習の芝居役をさせられ
る。ただ会話していて本気になっている二人。

■不条理な結末

ボイトにしても出世し、タラも訴えることはせずに昇進させた。
運営指揮官/管理職だという。
内務調査部は覆す証拠がないので昇進でもみ消し。
ただしルカウスキーが熱弁。州検事局に訴えが続行だという。
刑事事件。
シェイにはタラを玄関まで送っただけだと語る。
シェイだけが唯一セブライドが信じられる人物だと語る。

■事件です。事故です。

・交通事故、モーガンストリート3464

●ポンプ51、はしご81、レスキュー3、救急61が出動。

ソベック捜査官によるとカーチスの復讐で運転手が撃たれる。
その車が店に突っ込み店の中で女性が下敷きになる。
車はアクセルを踏んだままで気絶している。

車を安定させて運転手も救出。
・キャップとハドリーがエアマットとハリガンを用意
・クルースとミルズは油圧ジャッキと角材
・マウチはセンターポンチ
・ハーマンはレシプロソー

被害者の怪我は頭部の穿通性外傷、生きて居たらすぐにドー
ソンに処置を求める。

車を持ち上げて女性を引き出し、ガラスを割って車のエンジン
キーを取り去る。

・タンクローリーが横転、エリナーとフラーの角

●ポンプ51、はしご81、レスキュー3、救急61が出動。

こちらもフル出動だったね。
タンクローリーからは水酸化ナトリウム流出。水は掛けられ
ない。泡をかけるんだとし、危険物処理班を呼ぶ。
ブリッチポートの化学消防車を呼んでくれとボーデン。

今すぐ助けないと運転手が助からない。

セブライドはハドリーにディセンダーの設置を求めるが
新しくてやり方を知らない。そこでミルズが変わりにやらせ
ることになる。当然ハドリーたちは良い気がしていない。

はしご車から運転手に紐をつけて引っ張るだけなんだけどね。

・父親の具合が悪い、ケッドジーアベニュー1610

●救急61が出動。

パトリック少年(Ryan Silver)は父・テレンス(Aaron Crippen)
の具合が悪いと。
室内には毒蛇(バディ)が居た。
10分前に噛まれたこと。蛇の種類はライノセラスアダー。
ケイジから逃げたという。

ドーソンは蛇嫌い。
シェイは男・・女らしい。フックを使って蛇を捕まえようと
するが結局ドーソンに任せる。フックで抑えて尻尾を掴むんだ
とのこと。

倒れているテレンスの腕が凄い事になっていたよな。

ドーソンは上手くトイレに誘導させた。

■その他

・天職

セクハラ講習をしていたマクラッケンはエルクハートブラス
という装置を見てクルスにそう伝えていた。大昔にシカゴ
消防局の試験を受けたが最終日に色覚異常で落とされたという。

ハーマンの天職は「モリーズバー」だと語る。
後々チェーン展開化するとしているけど・・

・ジョーク by ドーソン’パパ

「シカゴのピザはどうして熱いのか?」「考えるだけ無駄」

・モリーズの開店

いよいよ開店直前。マウチとドーソン、ハーマンは静かに
前日には乾杯。
そして当日は相当人で盛り上がる。
ボイトが来た瞬間に盛り下がる(笑)
凄い大金を置いていった。奢りだと。
アントニオによると彼の特捜班の上司だという。

ボイトは店でケイシーとハリーに謝罪していたが・・

■使用された曲

■出演者

シカゴ消防局51分署
マシュー・ケイシー (Jesse Spencer) 第81小隊・小隊長
ケリー・セブライド (Taylor Kinney) レスキュー第3小隊長/救助
ガブリエラ・ドーソン (Monica Raymund)救急第61隊、現場責任
レズリー・シェイ (Lauren German) 救急第61隊、ゲイ
ピーター・ミルズ (Charlie Barnett) 第81小隊・候補生
クリストファー・ハーマン (David Eigenberg) 第81小隊、4人の子
ハリー・トーマス (Teri Reeves) レイクショア病院・研修医
ウォレス・ボーデン (Eamonn Walker) 51分署大隊長
ジョー・クルーズ (Joe Minoso) ピーターを案内する、ハゲ、ヒゲ
ブライアン・スヴァナチェック (Yuri Sardarov) “オーチス”、81
ランディ・マクホランド (Christian Stolte) “マウチ”、組合代表81
キャップ (Randy Flagler) 第3小隊ロープを垂らす、ハゲ
ケヴィン・ハドリー (William Smillie) 第3小隊ロープを垂らす
? (Anne Lockhart) ディスパッチの声

ハンク・ボイト (Jason Beghe) シカゴ警察、風紀課から特捜班
タラ・リトル (Brooke Nevin) 候補生、評価対象
マクラッケン (Danny McCarthy) セクハラ講習
アントニオ・ドーソン (Jon Seda) シカゴ警察、特捜班、兄
アル・ルカウスキー (Guy Van Swearingen) 署長、ニッキーの父
(Molly Glynn) ER医者
Sgt.ハルステッド (Kirsten Fitzgerald) 聞き取り委員
ソベック (Adam Tanguay) 捜査官、交通事故
パトリック (Ryan Silver) テレンスの息子
(Stephanie Diaz) 2人目の犠牲者
(Brian Peters) トラックドライバー
テレンス (Aaron Crippen) 蛇”ライノセラスアダー”に噛まれる
メレディス (Natasha Lowe) 下敷きになっていた?

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336