クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン9 第16話 天使の失踪 Gabby

リンク広告 テスト




第16話 天使の失踪 Gabby

脚本/Jim Clemente
Erica Messer
監督/Thomas Gibson

【STORY】

●ミシシッピ州・ハッティズバーグ

ケイト・ホッファー (Ashley Jones)は4歳の娘のギャビー
(Julia Butters)をスー・ウォルシュ (Sianoa Smit-McPhee)
伯母さんの元に預けにやってくる。近所から10ドルで譲って
もらった子供用のハウスを作ってくるのを待っていた彼女。
飛行機に遅れるとロドニー・バダーソン (Jimmy Taylor)に
怒られるとして、ケイトは娘をスーに預けてクルーズ旅行に
行こうとしていた。ケイトはマカロニチーズのクーポン券や
金などを置いていき、ドライブスルーに2、3度行けるでしょ
と。炭酸系はあげないでとしミルクだけにして欲しいという。
船の上では携帯が通じないから何か有れば旅行会社に電話
して欲しいと頼む。ケイトは直前になってクルーズ旅行なん
て辞めようかとするが、折角クジで当たったのだから・・と。
ケイトはギャビーにおばちゃんの言う事をよく聞いてねと
いうと出かけていく。

夜隣人のダフニー(Cassandra Relynn)はスーに対してケイト
と出かけるのかとし、上着を着ないと寒いでしょと。少し
出かけるだけで昼間はこの子も元気だけど夜はぐずってしまう
のだという。ドライブすれば寝付くでしょ?としてダフニーは
家の子がそうだったと語る。

ガソリンスタンドに行く。
スーは遠くで男が給油しているのを見てその車が行くのを
待ってから店内で買い物をしようとしていた。
急いで室内に入る。ミルクを買い忘れてレジからまた戻り
ミルクを取りに行く。レジ係(Brad Berryhill)に対して客の
ウィリー・ブレイン (Cean Houston)は2番の給油も出来るよう
にしてくれというが・・
そんな中スーは車に戻ると車の何か居るはずのギャビーが
居ない事に気がつく。その場で大騒ぎするスーは警察を呼んで
くれとし子供が居ないという。

・移動中の飛行機

4歳のギャビー・ホッファーがおばの車から浚われたという。
現在3時間が経過したとガルシア。JJは夜遅くに小さな子を
車に置いて行くなんて・・と語る。伯母のスー・ウォルシュは
起こしたくなかったからと供述していること。店にいたのは
僅か4分。モーガンは短時間で浚ったのであれば尾行していた
のだろうと。ブレイクは近くで似た事件は有ったのかと問う。
ホッチは誘拐はないが性犯罪者の前歴者が多いという。
スーの車の隣に黒っぽいワゴン車が止まっていたという目撃
証言が有るとガルシア。ロッシは正確な色ではなく運転手も
分からないのではそれだけでは分からないという。防犯カメラ
は?とブレイク。店内に一台、ラボに送って解像度を上げている
というガルシア。キャニング捜査官 (Molly Culver)が今、
緊急対応班と一緒に近隣を回っているという。身内でないと
24時間以内に見つけない限り危ないというホッチ。

フードの男は如何にも遺体が入ったゴミ袋を川に捨てる。

ガルシアにキャビーの両親は?と問うと遠くでバラバラに
いるという。離婚して母・ケイトは恋人のロドニーとカリブ
海でクルーズ中だった。同行したのはロドニー・パダーソン
(Jimmy Taylor)。実の父のダグ・ホッファー(Darin Singleton)
は長距離トラックの運転手で移動中。でも薬物依存歴が有る
と。リードは子供が5歳以下で父が所在不明だと統計的に
父の犯行である可能性が高いという。モーガンとJJはスー
の自宅付近で父を見たものが居ないか調べてくれという。

現地ではアンバー警報が発令されていた。
現場に到着したホッチらはキャニングから説明を受ける。
5時間前にハッティズバーグのフードマートの駐車場かせ失踪。
キャニングはギャビーが浚われて5時間23分だという。
そこで給油してた人がここにあったワゴン車を目撃している事。
ワゴン車はブレーキランプがついていたと。素早く浚うには
パートナーが居ないといけない。最低でも二人組だろうと。
半径5kmに性犯罪者は9名住んでいるので調べているという。
一番怖いのは疑わしくない人間が犯人であることだとロッシ。
ギャビーの両親なのか?
母とロドニーはもう戻ってくるだろうこと。ダグは?携帯に
出ないし電源を切っているようだという。

■Incident

ミシシッピ州のハッティズバーグで、4歳の子供が夜の車の
中から居なくなる。ガソリンスタンドに給油と食料を買いに
行った僅か4分の間に居なくなったケイトの娘のギャビー。
そのギャビーのことを旅行中のケイトから預かっていたのは
姉妹同然に育てられてきたスーだった。
子供の誘拐の生存率は72時間を超えると一気に下がる為に
急いで見つける為にBAUは行動を起こしていく。

■Impression

昨日見た「Major Crimes」S5-16と何処か似ている所がある
エピソードだった。まぁ小児性愛者による犯行なのかと
思わせつつ実際には色んなものが複雑に絡み合っているよう
な内容で

今回の脚本を担当したJames T. Clementeは現実的にFBIの
クアンティコで性犯罪や犯罪者の行動学を教えるコンサルタ
ントをして働いていたそうでBAUのプロファイラーそのもの。
退職後に同種犯罪のコンサルタント、鑑定人などをしている
様だ。

その彼が専門である子供の事件を扱ったものでアンバーアラ
ートが発令された。
日本もアンバーアラートとは違うけど各地域単位で設定して
おけば事件が発生したとか出てくる。ウチの実家の方では
認知症の老人などが居なくなるとアラートが鳴ったりする
のだけど、たまに見つかったという連絡が入ることもあれば
入らない時も有る。

ここ最近はプロファイルを発表せずに事件はリアルタ
イムで起きている(by「24」)とばかりに会話の中でそれを
語るだけで刑事たちを集めて犯人像を語るというシーンが
省かれる時が有る。

まぁみて居るとBAUのプロファイルの発表シーンは、場面場面
の会話の中で犯人像や状況を的確に指摘し合っているので、
殆どまとめみたいに二度同じことを言っているなって感じ
にしか見えないんだけど。

BAUと言えばやはり連続事件や猟奇殺人で効果を発揮する訳
だけど、誘拐犯とか籠城事件なんかでも面白く描かれる。

ただこのシーズンはどうも今一覇気がないというか、視聴率
も大したことがなかったしエピソードもパッとしないことが
多いかな。
このエピソードでも終盤にスピード感と反転を作る為に
色んな要素を取り入れすぎて分かりづらくなってしまった。

■怪しい要素、怪しい人たち

何と言っても今回は夜に4歳の子供が誘拐された事件で、
夜に出かけなければ事件が起きなかったかと言われるかという
とそうでもない。元々計画的なものなのは明らかで、私として
は一番怪しいのは”クルーズ旅行が当たった”とする偶然という
名の必然性が事件に関係しているのではないかと思う所が
有ったがまるで違った(笑)
このチケットを送りつけたものが犯人なんだろうなと思って
いたんだけどチケットのことについてはまるで触れることも
なくアレレっと進んで言ってしまった。

またドラマでは夜にキャビーを連れ出すことになるけれど、
隣人のダフニーが夜泣きのアドバイスをしたということから
外に出す為の口実なのかと思っていた。

と言うわけでドラマではフードマートだとしていたけど
G.Sで誘拐されるまでに怪しいなと思っていたのは、

「隣人のダフニー」「ケイトの恋人のロドニー」かと思われた。
更に元夫・ダグとの間で親権の問題が取り上げられたり、
またそのダグが長距離トラック運転手だったりと

■目撃したのは黒いワゴン車

夜に黒いワゴン車が近くに駐まっていたということで、
確かに怪しさは有った。
スーのケイトだかギャビーを見る目が一瞬曇った気がしたので
この人の犯行説・共犯説も否定出来ない所は有ったが、
牛乳を購入する際に相当急いでいたので、これがカモフラー
ジュとされているとは正直思わなかった。

しかしスーが預かっている時にケイトの娘が誘拐されると
なるとスーが犯人ではなかった場合、関係性が崩れて大変な
ことになる。

現実の事件・事故の中で見かけるケースの一つだけど、帰省
中に孫が祖父母の実家に戻った際に祖父母の目を離した隙に
川で溺れるとか車で轢かれるとかいうニュースを
見ると同じ気持ちを感じるのだけど、本当に辛い事実だ。

■逃走車が判明

黒いワゴン車が目撃され、G.Sでは判明しなかったがスーの
隣人ダフニーは配管業者の車のような黒いワゴン車を目撃した
と語る。
ガルシアに調べてもらうと近くにある業者は4社で、該当する
車の会社はリトルファミリー配管。従業員の中に社長の甥の
イアン・リトル(25歳)が居る。麻薬密売で服役して昨年に
出所。
放置された車の下に落ちていた携帯電話はダグ・ホッファーの
もの。

・メールのやりとり

ダグのメールを調べる。
携帯は3つの基地局を経由してメールの送受信が行われているが
リード先生によると

「基地局の範囲と方向は大気と電磁気と通信料の変動に大きく
左右される」

同じ携帯で同じ場所でもその日の環境で基地局が変わるのだと
いう。

ガルシアに3つの交わった場所を調べてもらうと「リトル
ファーム農場」へと繋がる。ダグが消えた日からイアンはそこ
に通っていたことが判明。そこでヤケドしたイアンを目撃する。

ダグ自身は袋の中に入れられて鈍器で殴られ川に捨てられて
いた。

■欠けた心

今回の事件は何処かで防げただろうかと思わず考えて見る。
スーは8歳の時にケイトの両親によって引き取られたが、
ケイトの父親によって虐待されて育っている。ケイトに子供
が生まれると同時に怒りがこみ上げてきたのが引き金となった
のか。

イアンは両親をリアルファーム農場で亡くしている。
父親が母親を殺して自らもショットガンで自殺。

スーの自宅には携帯やパソコンは無かった。
しかし人と繋がる為には何処かでそれらのツールを使っている
可能性はある。
意外なことにイアンとの繋がりが見つかったこと。
イアンとダグにも繋がりが有り、色々と問題は複雑化する。

そして子供の闇ビジネスとして受け渡していたのは
ミシェル・フェーダーとマイケル・フィーアンという男女だが
ミシェルは虐待で5年前に実の子供を一人殺して養育権を取られ
マイケルは性犯罪で何度も告発されている。

・復讐心とそれ以外の何か

気になるのはやはり保護して欲しいと思う気持ちと守りたいと
思う気持ちが何処かに有ったのかということ。
復讐心の方が優先されるものなのか。
親を失ったダグはスーのことを守る為に最後まで彼女の関与を
黙って居た。

■クローズド

最後に決定づけたのは人が使う癖でも有った。
「電球」(lightbulb)を「電気球」(lightbug)と表現した
スーの文章。
インターネットの書き込みに於いて「車の中の「電気球」を
消せば外から見えない」としてフォーラム上に書かれて
いる。そのフォーラムのテーマは「4歳の問題児について」で
書き込みは消されていたが、ガルシアはマクベス曰く
「決着がつくならすぐやれ」と称して連絡を取っているもの
の復元と特定を行った。

リホーミングと呼ばれる養子縁組とは少し違い、手に余る
子供の世話を見られない時に養子縁組を中断して別の人に渡す
というもの。アメリカでは海外から闇で請け負っていたが、
その問題がその名の通りlightで照らされた格好となった。
リフォームという言葉が有る

■その他

・奥さん!!

ガルシアがブレイクに言った言葉。
スーの文字の特徴を言ったブレイクにガルシアが返した言葉
だった。

・スーの心の闇

何処かで怒りの引き金が存在している。
ホッチが犠牲になって彼女を挑発するとビンタしてきた。

■使用された曲

・Criminal Minds Theme
Composed by Mark Mancina by Ha Ha Tonka

■出演者

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
アレックス・ブレイク (Jeanne Tripplehorn) S8新加入、大学教授

ケイト・ホッファー (Ashley Jones) 母親、新しい恋人と旅行
ギャビー・ホッファー (Julia Butters) ケイトの娘、4歳
スー・ウォルシュ (Sianoa Smit-McPhee) ケイトと同じ家で育つ
ティア・キャニング (Molly Culver) 捜査官
ロドニー・バダーソン (Jimmy Taylor) ケイトとクルーズ旅行
イアン・リトル (Tysen D’Eston) 25歳、リトルファミリー配管
ミシェル・フェーダー (Trisha Rae Stahl) ワゴン車、過去に親権を奪われる
ダフニー (Cassandra Relynn) スーの家の隣人
オースティン・リーランド (Dennis Baker) リーの弁護士
ウィリー・ブレイン (Cean Houston) ガソリンスタンドの客
(Brad Berryhill) ガソリンスタンドの会計係
ダグ・ホッファー (Darin Singleton) ギャビーの実の父
ニコール・ジョーンズ (Rachel Hroncich) ダッジのブルーのキャラバン車(2003年)
(Audrey Hsieh) アジア人の女の子?
マイケル・フィーアン 性犯罪者歴

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336