クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン9 第23話 天使と悪魔 -前編- Angels

リンク広告 テスト




第23話 天使と悪魔-前編- Angels

脚本/Rick Dunkle
Breen Frazier
Janine Sherman Barrois
監督/Rob Bailey

【STORY】

アビゲイル・ジョンズ (Ashley Dulaney)は何者かに縛られて
車の後部座席に乗せられる。彼女は何でも言う事を聞くので
助けてとし、誰にも言わないからと懇願する。しかし突然
車から降ろされると、彼女が這って出た所を後ろから射殺
される。

・FBI / BAU
ブレイクとリードはオフィスに向かう中愚痴る。特にブレイク
は「またこのパターンだ」というと、リードは「旦那に逢い
損ねた?」のかと。向こうから来てて一人で料理したりテレビ
を見たりしているけど・・また夫婦に戻ろうと言い出すかも
という。既に到着していたJJもまたみんなに愚痴っていた。
「やっとヘンリーを寝かしつけて久しぶりでパパとママの
水入らずの時間を楽しめると思っていたら・・」と。
モーガンは「ご無沙汰解消出来ず?」と語ると、ガルシアは
「不適切ですよ」と語る。しかしガルシアも「正直言って
どのくらいか?」と問うと”かなりだ”というJJ。
ブレイクはどんな事件なのかと問うとロッシはまだ私も
ホッチからは何も聞いていないとしただ言われたから戻って
来たのだという。ガルシアは大人の時間は必要だからヘンリー
は明日から預かるので2人で悪者の居ない場所に行っておいで
と語る。メキシコとかモルディブとか・・

そんな中マテオ・クルーズ部長 (Esai Morales)とホッチが
オフィスにやってくる。
ホッチにクルーズは連騰になって悪いなと語る。国内テロの
対応に追われて君らをほったらかしていたとのこと。ホッチ
らは精鋭チームだから呼んだという。
クルーズはオフィスに入るとJJに対してアバラの怪我はどうか
と気遣う。笑うとまだ痛いというJJ。そっちはどうか?と問う
と傷跡はもてるからと語る。

・ブリーフィング
クルーズから事件の概要が語られる。友人からの相談を受けた
という部長。元テキサスレンジャーで現在は保安官の
ピーター・コールマン (Kevin E. West)という男で良い奴だ
という。【サイレンサー事件】を解決した私たちに頼みたい
と言ってきたという。
ガルシアが変わって説明する。
内容はアビゲイル・ジョーンズという娼婦の遺体が昨夜ゴミ箱
に埋められていたという。手首の傷は?とモーガンは尋ねる。
拡大した映像からロッシは縛られた跡だなと。そして背中には
複数の裂傷があるというクルーズ。後頭部を銃で一発撃たれた
ってことは処刑スタイルかとJJ。しかし手は矛盾している。
背中と手首の傷はサディストっぽいがそれなら銃で即死はさせ
ないだろうと。被害者は一人なのか?と問うブレイクに対して
半年前にもハンナ・ケリー (Erin Michelle Conroy)という
娼婦が隣の管区のゴミ捨て場で発見されたというクルーズ。
ブレイクは敢えて管区を変えて連続殺人犯だと分からない
ようにしたのだろうと。クルーズは娼婦が客引きする辺りに
目を付けてたどり着いた最初の被害者はルーカス・ワグナー
で、11ヶ月前のこと。複数の逮捕歴のあるポン引き。娼婦
たちの住むドラッグハウスの前で見つかったという。売春婦
にポン引きとくれば後は客だなと。誰も安心は出来ないと
いうモーガン。

テキサス州のナンバープレートが”JOE’S BAR”駐車場に駐まる。

バーではタビサ・ライアソン (Sarah Stouffer)はハンナや
アビゲイルも殺されているので今夜の仕事は勘弁してと
BARのママで娼婦を束ねているダイナ・スティドハム
(Tamara Clatterbuck)に告げるが、彼女は後で私が見回りに
行くから安心してなという。娼婦のベリンダ・クラー
ク (Veronica Roy)は見回りをしてもどうしようもないという。
私たちが浚われたならどうしてくれるのかと問うジェシー・
ムーア (Cyrina Fiallo)。これは連続殺人鬼の仕業なのか?
ダイナはこんな街に連続殺人鬼なんて出ないとしアビゲイルは
自業自得だと語る。勝手に客を取るからだという。当分は
立ちたくないというが、ダメだとしてママも喰っていかねば
ならない・・一晩くらい平気でしょと。タビサはダイナに
辞めてよというが、今夜もストリートに立ち腰を振れと
いう。200ドル以上稼いで帰ってくるんだとし、殺人鬼よりも
怖いのが来るという。明日は昼間も立ちなとダイナ。

ダイナが殺されれば良いのに・・と語る娼婦たちに、戦利品
のペンダントを車にぶら下げた男が近づく。

・移動中の飛行機

線条痕は三件とも一致している。つまり男も娼婦2人と殺した
のは同一犯だとJJ。被害者は同じ業界。犯人はルーカスとも
通じてたなら常連客か。友達を殺せるなら娼婦も平気で殺すと
いうモーガン。冷酷であればレイプの痕が無いのも納得。
目的はただ苦しめることだとリード。しかし辻褄が合わな
杉だとモーガン。サディストだという決め手がないこと。
後頭部の条痕が何もかも覆すとロッシ。銃は心理的な苦痛を
与える為の道具だと考えたら?とホッチ。リードは切っている
間に動いたら撃つと脅していたのかもと。JJは銃はそう仮定
してルーカスの切り傷は5本、ハンナは9本、アビゲイルは12本。
拷問のエスカレートはサディストの特徴だというJJ。
傷の深さも増している。確かに最初は試し切りでその後は
ダメージを追求してるみたいだと。彼らを懲らしめてるつもり
か?街を浄化してるとロッシ。でも11ヶ月に3人は遅いとし
インターバルが空きすぎだとモーガン。

モーガンとロッシは売春婦仲間から話を聞いてくれとし夕べ
何かを見て居ないかどうか。ロッシとブレイクは検視局へ。
JJと俺は保安官事務所で遺族の話を聞こうとホッチ。

■Incident

テキサス州で娼婦ばかりを狙う殺人事件が発生する。
ここの所連続勤務で家族との生活もままならないBAUは不満
を持っている。しかしクルーズ部長からの命令でFBIの精鋭
チームの出動を求められている事を告げる。
犯罪者は被害者の体に傷を付けているもの。女性ばかり
でなく男性被害者が居た事から性的なものではないとされる
が男性被害者もまた実際には男娼でありドラッグを売買して
いた過去が有ることが判明する。
現地テキストの検死官は医学の免許を持たず、選挙で選ばれた
ということで適当な検査しかしていないことが分かる。

■Impression

テキサスの田舎町で起きた事件。捜査協力するかどうかの
不安は有ったけどその辺は流石に昔ほど閉鎖的ではなく
FBI/BAUの存在も周知の上という感じ。

被害者が売春婦で、地元の保安官は娼婦が存在していること
や何処で活躍しているのかはある程度把握しているものの
楽しむこともないので殆ど見逃している状況。
娼婦を取り仕切るものがいるがその辺の実体を探っていく
ことで一応解決に向かうと思われたが、今回は二話連続での
最終話への繋がりも有って、追いつめたけど実際には罪を
擦り付けられただけという状況となった。

牧師は如何にもきな臭い。
ただ牧師らしく意味ありげなことをいう。
「人には本当の自分を偽って人生を送ったとしてもその裏
には真実が磁石のように貼り付いているもの。神には逆らえ
ない。」
牧師を紹介したヴィッキーもまた
「柔和なる者は地を受け継ぐ」

■被害者

1) ルーカス・ワグナー 11ヶ月前
2) ハンナ・ケリー 6ヶ月前
3) アビゲイル・アビゲイル・ジョーンズ 最近
4) タビサ・ライアソン

■保安官事務所

保安官のコールマンを中心に名前としてクレジットされて
いたのはヴィッキーとベネットという捜査官だ。
コールマンは冒頭でも語られるように元テキサスレンジャー
で部長とは過去に捜査で一緒になったことがある。
赴任して一年と言っていたのでまだ人間関係はそれ程出来上
がっているのかって感じ。

ヴィッキーは最初にFBIを見た時に、興味深そうに「今までで
一番怖かったシリアルキラーは誰か」ということを尋ねて
いた。JJは子供絡みの事件はキツイと答えていた。

ベネットは娼婦の居る場所にリードとモーガンを案内して
くれた人だ。娯楽が少ないので娼婦も見逃していることを
語っていた。

■それぞれの活躍

こんな状況だから聞き込みによって情報を得るシーンが多か
った。特にこの街はJOE’S BARに大抵集まっているので、
情報を集めたければここに来るか教会に来るかって感じみた
い。

モーガンはタビサという娼婦と接近する。
アビゲイルが最後に相手したのが”マック・ザ・ナイフ”と
いう人物であること。ただしタビサは逢ったことはなく、
噂ではチップが良いという。口説いているフリしてモーガンは
名刺を渡していた。

検視官アルバートが使えない。
・レイプ検査はしたのかと尋ねるも娼婦だから意味ないという。
・薬物検査はしたのかと尋ねると頭を撃ち抜かれて死んだんだ
からしていないという。

タビサは殺されその際足から臭いがしていた。
リードが言うにはナルドと呼ばれる香油で聖書に出てくる。
ラベンダーが原料で「マグダラのマリアががイエスの足を洗う
のに使いを寄越した」として宗教絡みの線を臭わせる。

■ちょっぴり怪しい

冒頭からチラリズムの如く、犯罪者と思われる影が出て
いる。ダッジの車だったかな。またバックミラーには
戦利品?みたいなネックレスが有った。またテキサスナンバー
のプレートが見られた。

・いろいろ

アビゲイルは少し精神不安なところが有ったという。
隠し撮りをされているとかヘリに付けられているとしていた
けどJJはドラッグ特有の妄想だとしていた。
ただ最後に電話が有った際に「過ちをただすチャンスはもう
来ないとして謝罪していた」ようなことを姉のキャリーに
電話で語っていた。

“マック・ザ・ナイフ”という人物が買春していることが分か
る。如何にも怪しい名前(笑)
ただキャリーによるとアビゲイルは「彼」ではなく「奴ら」
に襲われると言っていた。

因みに”マック・ザ・ナイフ”はマッキンタイア校長の事だっ
た。SMプレイが趣味でSではなくMの人。体に傷つけてもらう
のが好きらしい。学校では支配者なので服従側になりたいの
だろうとのこと。

ベリンダが教会に助けを求めに来る。
キャリーが牧師と話していた時のことで、保安官事務所に
行こうとして牧師が彼女を連れて行ってしまう。

■プロファイル

・犯人は30代前半の白人男、手口はサディストだが
【傷コレクター】と呼ばれる病理が内在。(H)
・リードは傷コレクターは屈辱や不満、怒りを理由に暴行を
正当化する人間のこと。規模の大きい例としてはヒトラー
のホロコースト(R)
・身近な所では妻に難癖をつけて暴力を振るう夫(JJ)
・この犯人は公の場で服従する立場にあり娼婦をはけ口にし
ている(RO)
・しかし一人でいる時本性が現れる。彼女たちが如何に汚れて
るとか罰を与えるべきだとかネット上でぶちまけているかも。(R)
・恐らく女性から拒まれたり裏切られた反動
・殺人を計画し実行する時間が有るので職業は単純労働、
あるいはパートタイム(JJ)
・力が強く手先が器用。トラックか大型の車を持っている(RO)
・遺体や道具を乗せるスペースがある車(ブレイク)
・自分をコントロール出来なくなっている。タビサを彼女の
部屋で殺した上に切り方も激しくなっている。遺体をサラ
したのはメッセージ(M)
・これは小さな街、FBIが来てるのを知ったのではないか。
自分が上手だと言いたい(JJ)
・自分の傷を見せて犯行を止めて罰して欲しいと願っている
(H)

■終盤

ミルズ牧師の過去を調べる。
ポン引きで逮捕歴がある。元々はカナダ国籍で名前はゴー
ドン・ボレル。娼婦を斬りつけて逮捕されていた。
エリカがその時の被害者。カナダのアルバータ州。
ガルシアによるとカナダ人は良い人も多いが時々ダースベー
ダー並の人物もいるという。

ミルズが犯人ではないかと思われるも意外と早くにそれを
否定。そのことを連絡出来れば良かったのだけどミルズは
捜査官たちがサイレンを鳴らしてやってくると大量に置かれて
いた銃器で応戦。
誰に銃弾が当たったのかは現場が混乱してよく分からなかった
な。コールマンは撃たれていたし、ブレイクを助けようとして
リードの足に銃弾が当たっていた感じもするし・・ベネット
も撃たれたのかな?

ちょっと怪しいのはヴィッキーかな。
あとオーウェンという最後に牧師に電話していた人物が
どうやら上納金を受け取っていた人物らしいので今の所は
ヤバイ。

■その他

・【サイレンサー事件】

S8-1で起きた事件。この事件もテキサス州で起きているので
それを解決したBAUの噂が知れ渡っていたのかも知れない。
ただこの事件はシーズン8を通してその影はつきまとっていた。

第1話 沈黙の逃亡者 The Silencer 脚本/Erica Messer 監督/Glenn Kershaw 【ストーリー...

■MUSIC

・Criminal Minds Theme
Composed by Mark Mancina by Ha Ha Tonka
・My World by Waylon Jennings
・Famous Faces by 7Horse
・Fairlane by The Dirty Guv’Nahs

■CAST

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
アレックス・ブレイク (Jeanne Tripplehorn) S8新加入、大学教授

オーウェン・マクレガー (Michael Trucco) 犯人、”上の人”?
ジャスティン・ミルズ (Brett Cullen) 牧師、カナダで犯罪
ピーター・コールマン (Kevin E. West) 保安官、クルーズの知人
マーティ・ベネット (Brady Smith) 副保安官
ヴィッキー・ロレンザーナ (Romi Dias) 副保安官
マテオ・クルーズ (Esai Morales) セクションチーフ
ダイナ・スティドハム (Tamara Clatterbuck) JOE’S BAR / 娼婦ボス
タビサ・ライアソン (Sarah Stouffer) 娼婦
キャリー・ローソン (Amy Schloerb) アビゲイルの姉
アビゲイル・ジョーンズ (Ashley Dulaney) 23歳、娼婦
アンドリュー・マッキンタイア (Dougald Park) 校長
アルバート・フランクリン (Shawn Law) 偽検視官、選挙で選ばれた
トラヴィス (Gary Cairns) JOE’S BARの常連
ベリンダ・クラーク (Veronica Roy) 娼婦
ジェシー・ムーア (Cyrina Fiallo) 娼婦
ダスティ (Tom Proctor) ダイナを殴る、娼婦を守るのが仕事だろと
リンダ (Roberta Bassin) 教会で働く女性
ボビー (Brice Fisher) 校長に落書きしたか?と問われる少年
ハンナ・ケリー (Erin Michelle Conroy) 娼婦、半年前に殺害
(Cici Leah Campbell) ドラッグ中毒の女性
エリカ・ヤットフォード (Aurora Maria Lopez) カナダでの被害者
ルーカス・ワグナー 男娼、最初の被害者
キャロル・ロジャース 校長の買春していた一人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336