クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン10 第21話 かぎ爪の怪物 Mr. Scratch

リンク広告 テスト




第21話 かぎ爪の怪物 Mr. Scratch

脚本/Breen Frazier
監督/Matthew Gray Gubler

【STORY】

●ヴァージニア州クワンティコ

ラリー・メリン (Thad Luckinbill)は格子のある部屋に
閉じ込められる。彼は何かの誤解であり僕は無実だとして
誰か話を聞いてくれと語る。そこにホッチがやってくる
と、権利の説明は済みましたか?と問いここが分かります
かと尋ねる。ここはヴァージニア州クワンティコ行動分析
課です。「ここに居る理由は?」と尋ねるとラリーは人殺し
だと思われているという。「殺しましたか?」と問うと
まさか・・と言うラリー。何が有ったか詳しく話して下さ
いと語る。”2日前の夜に有ったことを正確に”話して下さい
というホッチ。

「あの夜、妻のタビサ(Brittany Falardeau)と寝ようと
していた所、彼女は1階か外から何か音がすると言った。
犬かネコ、リスだろうと言ったが、一応下に降りて玄関
の鍵がかかっていておかしな所はなかった。その後
セージ(ハーブ)の臭いを感じた。それを燃やしたような
・・そこで動けなくなったかと思えば怪物の姿が見えた
のでタビサに対して警察に電話しろと叫んだ。”影みたい
な怪物(shadow monster)、手が鉤状(talons for hands)。
2階に上ろうとしたら声がした。”ラリー辞めて”と。妻の
手を触れると気を失い目覚めると逮捕されていた。」

今言ったことが事実だとすると、ホッチはそれは違うと
いう。あなたはキッチンに合った包丁で奥さんを殺した
こと。近所の人が悲鳴を聴いて通報したこと。警察が来た
時にはあなたは包丁を持ってベッドにいたのだという。
さっきから胸を掻いていることに気がついているか?と問
う。シャツを脱げば理由がわかるという。するとそこに
は引っ掻いた痕があった。これは怪物にやられたという
ラリーだが奥さんの爪からあなたの皮膚が検出され抵抗し
た痕だという。言葉を思い出してみてというホッチ。

この人たちを知って居ますか?として写真を見せる。
ダニエル・カルラス (Kiko Ellsworth)とクリスティー
ン・マクニール (Anessa Ramsey)。二人共「影のような
怪物」に襲われたと主張している。ダニエルは母を、ク
リスティーンは恋人を殺し、あなたと同じように犯行の
記憶が無いのだという。誰かがあなたたちを何らかの方法
で精神を破綻させた。それを突き止める為にカンザスの
拘置所からここに移したのだという。誰のせいかを
突き止めますとホッチ。

●ブリーフィング

・1番単純な可能性から検討しよう・・全部嘘(M)。
・普通の言い逃れならともかく3人揃って信憑性のない嘘を
付くか?(JJ)
・集団妄想?(KA)
・3人とも33から34歳で年齢は近いが地理的には住んでいる
所が離れすぎている(R)

ガルシアはラリーはカンザス州トピカ、クリスティーンは
ジョージア州ロズウェル、ダニエルはメーン州デリー。
収入も生活レベルもバラバラでそもそも人種が違うと。

・犯人は自ら手を下さず殺人者を作り上げている
【代理殺人】だ(RO)
・薬を使った影響はバッドトリップそのもの(M)
・3人とも薬物反応は無い(GA)
・従来方式の検査では見つからない新しいドラッグとか(JJ)
・本来薬物の影響は人それぞれ違う。この犯人は共通点の
無い3人に全く同じ講堂を指せている(R)

「共通点があるとしたら何か」(H)
3人は元々同じ精神状態で、薬を引き金にして人を殺すよ
うに仕向けられた、具体的に方法を突き止めようと。

●ダニエル・カルラスの事情聴取

取調官:(M)(JJ)
母が苦しんで死んだのか?即死したのか?とダニエル。
事件解明の為に【認知面接】をやらせて下さい(M)。
潜在的記憶を呼び起こして自分の認識してないことを思い
出せる。まずは目を閉じて下さい(JJ)。
「一週間前の自宅を思い出して下さい。仕事を早く上がっ
たのですね?。帰った時の気分は?」
「幸せだった。母親は友達と映画に見に行くとして居な
かったこと。冷蔵庫のビールの味が変な味だった。何か
臭っていると感じた・・セージだ。」と。
間違い無いのか?と問うと、セージかと思った瞬間に気絶
したという。目を覚ますと周りが暗くて動けなかった。
怪物の声がしてそいつが犯されたとダニエル。そいつ
は手がかぎ爪になっていて、その後隙を見て逃げて家の中
の何処からに逃げた。それで次に覚えているのは母が死ん
でいて、俺は手錠をかけられていた。レイプされたせい
で強いショックでイカレたのか?それで最初に見えた人間
を襲ったのか(M)。警察がレイプ検査をしたが暴行の形跡
はない(JJ)。縛られた痕も侵入者の形跡もないという。
本当に起きたんだとし、同じ目に合った人がいると弁護士
から聴いたという。遭わせてもらえないか?というが無理
だという(M)

●クリスティーンの事情聴取
取調官:(KA)(H)

●カンザス州トピカ / ラリーの自宅
(RO)と(R)

麻酔薬セボフルラン
麻酔薬スコポラミン

■Incident

ラリー・メリンは妻殺しで有罪・収監されていたが、
彼は自分が妻を殺したことを覚えていない。そして
過去にダニエル・カルカスとクリスティーン・マクニール
は同様に近親者を殺害しているにも関わらずやはり
覚えていない状態だった。
それぞれカンザス州、ジョージア州、メーン州の住民が
似た様な供述をしていること。ただし人種も生活レベル
も接点がなかなか見あたらなかったらず、共通点として
あげられるのは本人の目撃供述である「影のような怪物」
と、事件で記憶を失う前にセージの臭いがしたことが
あげられた。
更に調べていくと三人とも1985年に養子になっていた
ことが判明していく。

■Impression

リード先生役のMatthew Gray Gublerの8度目の監督
エピソード

ホラー映画風の味付けで、完全に意識したような内容
だった。

かぎ爪なんてという近年では「ウルヴァリン」だけど
昭和な人はWesley Craven監督の「エルム街の悪夢」
まず思い出すのではないか。白日夢の中で殺人が発生
するところを見るとこの映画の影響が強いかと思われるが、
悪魔に取り憑かれる「エクソシスト」やスティーヴン・
キングの影響も加味されてそれこそリード先生風の
「ラストサマー」的なものを描きたかったのか。
ラストサマーと言えばやはりケイト役の
Jennifer Love Hewittなのに、ここ2話の展開を見た限り
妊娠後期なのかずっと座って仕事をしている状況である。
せめてネイヴ・キャンベルのあの不気味な電話
のシーンくらいはネタ的に入れても良かったように思う。

しかし犯人が「影のような怪物」だというだけ有り、
最後の方の展開はずっと映像が暗く、まるで映画を家庭
のテレビで見るような映像の暗さが気になる。何が
起きているのか分からないからこそ恐怖心や好奇心を
かき立てて面白いという意見もあるし、暗闇が怖いのは
子供の時の影響を考慮しての影響なのでしょうか・・
「闇に救う怪物というのは子供にとっては一番原始的な
恐怖」
とリード先生もドラマの中で言っていましたね。

■被疑者

・ラリー・メリン

カンザス州トピカに住んでいる。2日前の夜に妻のタビサ
を殺したらしく地元の警察署からクワンティコへと話を
聴くために呼び出された。
ホッチが冒頭で話を聞く人物。ただ彼の視線では二階に
その怪物が襲いかかっていてタビサの悲鳴は一階から階段
を登る際に聴いている。
現実には彼がキッチンの包丁で斬りつけていた。

・ダニエル・カルラス

メーン州デリー在住。母親を殺害。黒人。
モーガンとJJが話を聞く。

・クリスティーン・マクニール

ジョージア州ロズウェル在住。恋人を殺害。ブロンド女性。
ケイトとホッチが話を聴く。

・ビル・キンダーマン (Joe Williamson)

息子のジミー・キンダーマン (Elliott Smith)から
オバケがいるという事でパパのビルが調べることに。
大人が怖いのは「給料に取り憑く税金」じゃ!
どうやら浮気か何かをして妻・メアリーとは別居中みたい。
メアリーはビルの作り話は散々聞いたことを語っている
が、これは浮気などをしての作り話なのか、それとも
過去から現在に於いて何かの臭いで作り話のような白日夢
を見ることが有ったのか。
セラピーに行っている。
「高校の先生に誘惑された」「12歳の時に神父にイタズラ
された」。本人はユダヤ教なのでメアリーは本当のこと
とは取らなかったみたいだ。
人を殺さずに自分の喉を切って亡くなった。手口の変化。
息子を殺したくないからだろうけど・・
1985年5月5日に養子になっている。

■プロファイル

終盤に来てプロファイルという形で公表するような
流れが最近なくなっている。シナリオの進行と同時に
みんなが意見を出し合いすりあわせていく流れを通して
まとめの役割を果たしていたんだけどね。

■捜査のポイント

ロッシやリードがラリーの自宅で見つけた解離性の強い
麻酔薬のセボラルラン、白日夢を見せる作用があり
歯科手術で使われて居るスコポラミンがチューブから
検出された。三人は「怪物」の白日夢を見せられて
退治しなければならないような暗示をかけられたのだろう
事が判明していく。しかし例えそれを犯人が行ったと
しても証明するのは難しそうだ。

「黒い影に襲われた」「かぎ爪を持つ影のような怪物」

具体的な指摘はしているのにね。

リード先生によると
「一番古い記憶が実は患者が自分で自分を思い込ませた
ものが多く、回復記憶は結局自己催眠だと言われてるの
で、だから現実だと信じて譲らないものだ」
と。

・犯人の署名的行動

なかなか正体が見えないが犯人は唯一署名的行動を起こ
している。薬物に臭いは無いのでセージを使っている。

■養子であると判明

1985年に怪物が生まれたとされている。その場にいたもの
が今回被害者であり加害者となっているのかな。
被害者はみんなその歳は3、4歳で空想と現実が付かない頃。
ちょうど悪魔教による幼児虐待の告発がピークになって
いる。

80年代は保育士の虐待が相次いで訴えられた年で大勢の
保育士が破滅に追い込まれている。
その殆どは虚偽の報告で、BAUがその嘘を暴いたことを
ロッシは語っていた。

30年前に児童施設でも同じような訴えが有ったのか。

・クリスティーンを現実に戻す

セージの香りを漂わせて話しかけた。
彼女だけはまだ虚偽の記憶だけで詳しく語って確信させ
る行動を取っていない。

彼女に深層心理を問うように尋ねると、
「4歳」「お家が怖い」「アイツが来る」

■FBI/BAUがハッキングされる

時々あるけど何なんでしょうか。
ガルシアによるとインターネットだけでなくインフラを
ダウンさせられたという。ハッキングコードをHDD上で
ある程度突き止めたという。コピー店に行ってプリント
アウトさせた。狙いはBAUではなく証人保護プログラム。

証人保護プログラムを適用されているのが誰なのか。

・リード先生暗号化の癖を見分ける

暗号化は数字的な処理なので作った人間のレベルが出る
のだという。使った技を見れば何処で学んだのか分かる
としそれはハーバードの高等数学課程で学んだものだった。
ハーバードには数学のクラスをレベル分けしていて

数学15・・一般的
数学25・・優秀
数学55・・超高度な微積分や線形代数を学ぶ。

数学55の人たちは卒業すると民間で働かせるのは危険なの
で政府が採用するとのこと。

・政府が犯人や事件の流れを把握している

国内の捜査に於ける国民へのスパイ行為をしないという
誓いがNSA(国家安全保障局)にはあるが、必要な情報を
知っているのも彼らだ。ホッチがトニー・アクセルロッ
ド (Andrew Borba)から言えないとしつつ、メモ紙には
ピーター・ルイス(Bodhi Elfman)という名前を示して
もらった。

■クローズド

ピーター・ルイスが犯人だった。それが分かったからと
言っても当然すぐに捕まえられる訳では無い。寧ろ
FBIをハッキングして人を操れるほど優秀な人物だ。

彼は1980年1月28日生まれ。
フロリダ州ジャクソンビル出身。数学の天才。
彼は施設育ちではなく父親が養護施設を経営。
父はニール・ルイス。母はデニス・ルイス。
1985年5月5日に施設は閉鎖。
ピーターの父・ニールが悪魔の格好をしていたとして
一人の子が言った途端に集団心理なのかみんながそう
言い始めてニールは逮捕し拘置所で殺された。
その時聞き取り調査をしたのがスザンナ・レーガン博士。
「ビリーブ・ザ・チルドレン」というメンバー。
無理矢理子供の証言を引き出し警察には信じるように
誘導していた人物。
スザンナは虚偽だと判明し殺害予告を受けて保護される
事態となった。メリーランド州コロンビアに在住。

ホッチが一番近くにいたということで真っ先に現場に
駆けつけるが犯人は上手だった。
ピーターはスザンナを支配しており、ホッチの目の前で
クビをナイフで切って自殺。ホッチも完全に薬を何度も
吹きかけられて白日夢を見せられる。

この描写が最後に来て分かりづらい。
ホッチも仲間が撃たれたように見せかけられたりして
「メンタリスト」のパトリック・ジェーンレベルの
洗脳だったな。
ホッチは洗脳との闘いだったのか、何故その洗脳から
解けたのかは分からない。もちろんそういう部署で長年
担当しているから洗脳されない方法論なんてのも熟知
しているのだろうけどね。

こういう内容だと結局何が何処まで本当の出来事だった
のか色々と後付出来たりもするし結局一度見ただけでは
よく分からなかったよ。

で、結局狙われた人って嘘の証言をした少年たちだった
のか?BAUはその嘘を見抜いたのだから味方じゃないか。

■その他

・それぞれ怖いもの

子供が抱く恐怖について考えようとホッチが語ったことで
子供の時に何が怖かったか暴露合戦。

・JJ・・親と離れること
・ロッシ・・オペラ座の怪人のロイ・チェイサーの仮面の
下の顔
・ケイト・・メリッサ・ゴードナーってクソ女
・ホッチ・・仲間の死?

他の人の怖いものを聴きたかったけどね。

■MUSIC

・Criminal Minds Theme
Composed by Marc Fantini and Steffan Fantini

■CAST

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
ケイト・キャラハン (Jennifer Love Hewitt) S10新加入、大学教授

ピーター・ルイス (Bodhi Elfman) “影のような怪物”
ラリー・メリン (Thad Luckinbill) 容疑者、カンザス州
タビサ・メリン (Brittany Falardeau) 妻、ラリーに殺される
ダニエル・カルラス (Kiko Ellsworth) 母殺し、メーン州
トニー・アクセルロッド (Andrew Borba) NSA(国家安全保障省)
Dr.スザンナ・レーガン (Suzanne Ford) ビリーブ・ザ・チルドレン、精神科医
クリスティン・マクニール (Anessa Ramsey) 恋人殺し、ジョージア州
ビル・キンダーマン (Joe Williamson) 父親
メアリー・キンダーマン (Jamie Bock) 別れた妻
ジミー・キンダーマン (Elliott Smith) 息子、メガネ
ニール・ルイス ピーターの父、養護施設経営
デニス・ルイス ピーターの母

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336