クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン10 第22話 正義の人 Protection

リンク広告 テスト




第22話 正義の人 Protection

脚本/Virgil Williams
監督/Tawnia McKiernan

【STORY】

ダニー・リー・ストークス (Joe Adler)は走って
逃げて自宅に戻る。松葉杖をついたミレーナ・ヴァル
デス (Christina Vlahakes)は誰か居るのかと問うと
ダニーは君のママは?いるかと尋ねる。パトリシア・
ヴァルデス (Melissa Pino)はここにいるという。ダニー
に何が有ったのかと問う。

その頃モーガンとJJは森を走っていた。JJがあまりの
ハイペースにモーガンもヘトヘト。そんな中ガルシアから
モーガンに電話が鳴った為にJJを止める。電話口で息が
上がっていたのでガルシアは変な妄想を抱くが、モーガン
は馬鹿なことを言わずさっさと用事を言えと語る。
ガルシアは土曜日の午後で悪いけど「ハリウッドで事件」
だという。モーガンは勘弁してくれ・・として車までは
6kmだという。長いフライトなのでホッチが急いでくれと
言って空港に来てくれと言っているという。
JJは先に事件情報を頂戴と語る。

・3人が殺された。
今朝見つかったのが会計士のネイト・コクラン(46歳)
(Brian Majestic)。既婚者で子供は2人。
一緒に居たのがターシャ・ブルックス(22歳)(Shy Vaughn)
娼婦でドラッグの常習者、住所不定。発見場所はネイトの
車(BMW)だという。二人共上半身に複数の銃弾を浴びて
いるが、その殆どが顔だというガルシア。3人目の被害者
は?と問うと、3人目というよりも1人目の被害者だとして
ゲーリー・フィッシャー(42歳) (George Caleodis)銀行員
だという。愛車のジャガーの中で殺害されたこと。
顔を含めて13発撃たれていたこと。スタジオシティ在住。
バツイチで、線条痕は今朝の被害者と一致したという。
どちらも高級車だけど手つかずなのねとJJ。現金とか貴金
属類はと問うと盗まれていないというガルシア。最初は
一人だけだったのか?(M)、遺体が有った場所が娼婦の
立っているエリアだから分からないという。

酒を飲むダニーは時々頭痛で顔を歪める。
ミレーナはダニーに居るのか?とし今泣いていたのでは
ないかと問われる。私の部屋まで聞こえたと。彼女は彼に
また頭痛なのか?と問うといつものアレをやってあげようか
と語る。かなり辛いのか?として頭をマッサージする。
パトリシアが怒るよというと、私たちただの間借り人では
なく友達のつもりだから心配なんでしょうとし、私だって
そうだというミレーナ。なんでこんなに辛いのかとダニー
。正しいことをするのは大変なこと。あなたはそれをして
いるのだという彼女。母さん(ミリアム・ストークス)が
恋しいというダニー。だったら続けなければとして、お母
さんを奪ったクソ野郎が見つかるまで世界が助けるを
求めている。誰かが守らなければならないと。あなたが
保田士達を守ってくれているみたいにとミレーナ。

●移動中の飛行機

・客が2人に娼婦が一人。それぞれの繋がりは?(JJ)。
・金品は盗まれず遺体を放置し全く隠そうとしていない。
何かを見せつけている(RO)
・何かとは?(KA)
・怒りではないか?凶器は45口径、それぞれの被害者に
13発ずつ。装填した弾を使い切っている。これは明らか
な過剰殺傷だと(R)。
・何への怒りなのか?(H)
・娼婦の一人は黒人、客の男2人は白人(KA)
・ターシャが接点なのか。一人目も彼女なのか(M)
・二つの現場は近いからその可能性はある(R)
・一人目のゲーリーは一人だったのはターシャが逃げた
からなのか?(JJ)
・他の女性ってこともあり得る(KA)
・女性とは限らない(R)
・何にしても誰かが犯人を見て居るかも(RO)

「まずは目撃者捜しだ」とホッチは語る。

●ロサンゼルス警察署

スプリーウェル刑事 (Todd Williams)は遠い所を済みま
せんとし、言われた通りパトロールの強化、町中の娼婦
にポン引き、ジャンキーを集めたという。何か聞けるか
どうか。ケイトは性犯罪課の経験から娼婦から話を聞き
出すのは大変で簡単には喋らないと語る。まずはターシャ
のポン引きのエディ・パリッシュ (Marcello Thedford)
からだという。彼の通称はスウィートネスだと聞くと、
モーガンはウォルター・ペイトンのアダ名を勝手に使った
らダメだろという。エディは自らをポン引きではないと
いう。ロッシは売春斡旋の前歴があり、保護観察2年と
100時間の社会奉仕をしていると指摘する。すると今は
洗車屋だという。しかしメイベル・パリッシュという叔母
ちゃんの銀行口座の明細に心当たりはないか?と。リノ在住
のなんで俺の母を調べているのか。2、3ヶ月前にお前の
保護観察期間が終わった頃から羽振りが良いとし美容院で
の給料以上預けていること。国税庁でも目をつけて居る。
掘り返したら何が出るかなとロッシ。協力するんだと語る
とターシャの何を知りたいのかと問う。火曜日に遭った
きりでメールも留守電にも返事が無いんだろ?とロッシ。
知って居るなら何が聴きたいんだ?というエディ。ロッシ
は誰が殺したのか教えてくれという。死んだのかとエディ
は驚く。人なんか殺す訳が無いし俺にはアリバイがあると
いう。被害者の写真を見せるとこの人はお得意さんだとし
もう一人は見た事が無いという。写真は川の傍だろうと
し、ターシャはその辺では立たないという、家から遠いし
電波が悪いからだという。アラメダ通りの車に居るような
女に聞きなと語る。

JJとホッチはアラメダ通りに立つ女たちに聞き込みする。
リートとロッシも二人で聴いて回る。イケメンなら覚えて
いるけどその人は知らないという。JJとケイトはリゼット・
カストロから話を聞く。

■Incident

ハリウッドで連続殺人事件が発生する。被害者3人目が
出た時点で銃の線条痕が一致。また犯行についても犯人
は高級車に乗る被害者の顔に向けて45口径の銃弾を複数発
も撃っており、金品類は一切盗んでいない。
被害者が買春していたであろうことから見て、犯罪者は
自警団のようなことをしているのではないかと考えて行き
プロファイルを完成させていく。

■Impression

シーズン10もいよいよラス前のエピソードになりました。

ケイトのお腹が大きいのが気になります。
娼婦のリゼットからは「酔い止めバンドはつわりに良い」
として教わっている光景が有ったかと思えば、事件解決後
には「ピザの臭いに吐き気を催す」ところが有り、その辺
は妊婦を経験した人にしか分からないかも知れませんが
確かにチーズの臭いって強いからまぁ想像は出来なくも
ない。

残業になる中で、ラストでは夜7時にメグにメールした後に
ヤバイことが起きそうでラストのエピソードに繋げそうだ。

今回はドラッグの問題や売春の問題など現代的なエピソー
ドだなと思わせるが、先日のエピソードと似た格好で
人を操る人物と似ていて今回は妄想モードに入っている
犯罪者によって多くの命を不意にしてしまった。
前回も相手を操る為にドラッグが使用されていたけれど
今回もやたらと詳細にドラッグの名前が出ていましたね。
ハリウッドと言うとやはり自分はドラッグ、娼婦という
イメージは強いかな。金の有る所には・・・ね。

興味深いのは犯人と一緒に居たミレーナが彼を密かに
操っているのではないかと思わせたところかな。
私はすぐにこの二人は既にこの世には居ないと思って
見て居ましたけど・・

また先日ホッチがヤバイのではないかと思ったけど、
何事も無かったかのように動いているのが逆に焦る(笑)
でも最後がメグのことだけでなく「監査用の資料」を
揃えるような流れになっていたので、人事の変更を
臭わせている感じ。

自警団的エピソードがエスカレートする流れは刑事ドラマ
ではたまにあるけど、統合失調症ってここまでヤバイ
ことになってしまうんですかね。統合失調症にかかって
奇声をあげている人を聴いたことがありますけど、この
世のものとは思えない奇声だったので怖かった記憶があり
ます。

パトリシアとミレーナは既にこの世の人物ではありません
でした。Jennifer Love Hewittと言ったら
ちゃかちゃらちゃん・・ゴーストウィスパー!(「ゴースト
バスター調で)「Ghost Whisperer」のメリンダ・ゴードン
ですよ。せめて最後は遺体はここに埋まっているみたい
なシーンをJJとかリードではなくケイトにやってもらい
たかったな。

今回二手に分かれていたのでプロファイルの発表でも
署内で行うものと現場で発表するもので分かれていたし
最後のシェアハウスに突入するシーンでもみんな揃って
いたのに結局最後の方は正面突入したモーガン、JJ、
リードしか居ませんでしたね。

■被害者

今回は何か罪を犯している人が狙われているとされている
が最後は結局破綻した格好となってしまった。
結局今回の犯人は9人殺していることになるんですよね。
それでも精神的には正常な判断は出来ない状況なので
無罪になるんでしょうか?それとも薬を飲むべきところを
意図して薬が嫌いだから飲まなかったところで罪に問える
部分があるのでしょうか。アメリカの弁護士はF**Kinで
どきゅーんな人が多いので

・ゲーリー・フィッシャー(42歳)
銀行員だという男性。愛車のジャガーの中で殺害されて
いた。
後々にわかることだけど彼といたアラメダ通りの娼婦の
リゼットの証言でかなり捜査は進んだ。

・ネイト・コクラン(46歳)
既婚者で子供は2人。愛車はBMW
・ターシャ・ブルックス(22歳)(Shy Vaughn)
娼婦でドラッグの常習者。

ネイトはターシャを買春していたようで、娼婦の彼女と
二人で殺害されていた。昔から娼婦を毛嫌いする人
(宗教的なものかも知れないが)は多いけれど、当然なが
ら買春もまた犯罪であり、妻子がいて何一つ不自由も
なさそうなのに金を持った資本主義の男はどうしようも
ないという典型。

・クララ・ミラー (Sandra Lee Gimpel)
68歳、元学校教師
・ラマー・タイラー (Eric Watson)
クララの教え子。
ガルシア速報途中で入ってきたが一度は悪い道へ進むが
クララ先生が更正への道を作りラマー自身も更正して
大学に通っていた。
残念なことだけどクララに銃弾は当たらず心臓発作によっ
て亡くなっている。

・クリストファー・デルーカ (Josh Thrower) リンジーのBF

リンジーとクリストファーはクラブに居て気分が良くなり
外でキスをしていたところ、犯人にはレイプしているよう
に見えたようです。

・(Norman Howell) 郵便局員、撃たれる

最後に撃たれた人。犯人には警察官に見えたようです。
パトリシアはダニーが行ったことを警察に知らせると
していたけど、当然ながらゴーストです。

■プロファイル

・一連の事件の犯人は20代白人男性(RO)
・この男は自警団のように悪を罰して居る気で居る(M)
・被害者の一人は死語に激しい暴行を受けており犯人の
怒りの激しさがある(R)
・始めに売春の当時者だったが今回はひったくり現場を
狙った(H)
・犯人は「町から悪を排除する」使命感に駆られて行動
している(JJ)
・夜道を見回り怪しいと感じた人間の後をつけてる(KA)
・犯人は薬物が関係する精神不調を抱え彼自身も暴行
犯罪の被害者かも(R)
・恨みが根底にあるとより危険だ(H)
・犯行の度に自信をつけそれは比例するように信念も
強まっている(MO)
・恐らくこの辺りで育ち今も住んでいるが社会性に乏しく
アルバイトを点々としている
・あいにく統計的に見てスムーズな解決は期待出来ない。
今回のようなタイプの犯罪者は生きて捕まえるのが難し
き大抵投降しない(R)
・警察が来る前に逃げている(JJ)
・自警団で有りながら警察やFBIを仲間だとは思っていない(KA)
・寧ろ我々への不信感からこういう行動は出ている(H)
・娼婦や情報屋にはくれぐれも気をつけるように知らせて
欲しい(MO)
・君たちも警戒を怠らないように(RO)
・相手は45口径を躊躇わずにぶっ放す。犯人を見つけても
手柄を焦らず応援を読んで(MO)

■捜査のポイント

意外といえば意外だけどシンプルに聞き込み作業が効果
的だったという。
最初にポン引きエディからアラメダ通りの娼婦の件を
聴いたし、その娼婦のリゼットは「俺の町から出て行け」
と犯人が言っていたことを話してくれたし、リリーは
似顔絵を作成して犯罪者の特定に至った。

■プロファイルの微妙な修正

リード先生がクリストファーが襲われた後にプロファイル
が微妙におかしいことを指摘している。
犯人は地元に詳しいハズで今までは治安の悪い場所を選ん
でいたのに、夕べは再開発地で犯罪率の下がっている場所
で起きたこと。
ロッシはドラッグの影響かと思っていたけど寧ろ薬を飲ん
でいなかったことで病的な妄想が関与していた。

■クローズド

最後はロサンゼルスで起きた被害者【29081人】の中から絞り
込んでいく作業が有った。犯人自身が何らかの痛みを
抱えている可能性が有る為だった。

暴力犯罪の被害者リスト5年分を調べる。
医療記録と照らし合わせて調べる。精神病の薬を処方され
ているもの。
「リスペリドン」「オランザピン」「ハロペリドール」
「クロザピン」。
【29081人】から【2948人】に減った

現場から8km以内に住んでいるもの
【2948人】から【6人】/【2人】に絞られた。
しかしその2人の方ではなく、6人の中から近くに家族が
いる人物を調べて、シェアハウスの経営者で統合失聴者
のミリアム・ストークス(50歳)が浮上。そして息子の
ダニエル(ダニー)が浮上していった。
彼はメキシコ料理”Papa Stefanos”で皿洗いのバイトを
しているという。3年前に統合失調症と診断された。
部屋を貸していた人物はパトリシア・ヴァルデスで16歳
の娘のミレーナと共に失踪に於ける事情聴取を受けて
いたのがダニーだった。

そしてそのダニーの母かが殺された件ではパトリシアの元
夫のデヴィッド・ルイーズが上げられるも武装強盗して
逮捕されている。

逮捕に行った時にはドアの外からモーガンとJJが投降を
呼びかけた。JJの方に上手く反応しているところは男
だね(笑)

逮捕される時、殺した人たちが走馬燈のように現れては
色々と言葉を投げかけてくる。

「お前が死ねば良かったんだ」

■その他

・ピザが到着

「マッシュルームの臭い」・・リード談
「このペパロニはリッジオか」・・ロッシ談

みんな嗅覚良すぎる(笑)

・最終話に繋げる話

メグとマーケイラは4ファー1というアーティストのライブ
にネットで先日知り合ったイケメンボビーといくことに
なった。
S10E15の中で遭うような話になっていたよね。

第15話 過去からの叫び声 Scream 脚本/Kimberly A. Harrison 監督/Hanelle M. Culpepp...

メグはボビーが来ないで母親が来ると聞いてかなり怪しん
でいたけどマーケイラは警戒心なさ過ぎ。
「MB62N5」ナンバーの車でやってきた。

■MUSIC

・Criminal Minds Theme
Composed by Marc Fantini and Steffan Fantini
・Loom by Wedding Dress

■CAST

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
ケイト・キャラハン (Jennifer Love Hewitt) S10新加入、大学教授

ダニー・リー・ストークス (Joe Adler) 24歳、統合失調症
ペイジ (Melora Walters) イケメンボビーの母?ヤバし
スプリーウェル (Todd Williams) ハリウッドの捜査官
パトリシア・ヴァルデス (Melissa Pino) ダニーの家に住む?
ミレーナ・ヴァルデス (Christina Vlahakes) パトリシアの娘
エディ・パリッシュ (Marcello Thedford) ターシャのポン引き
リゼット・カストロ (Elena Tovar) アラメダ通りの娼婦
メグ・キャラハン (Hailey Sole) メグの娘
マーケイラ・デイヴィス (Taylor Mosby) メグの親友
リンジー・クーパー (Katrina Norman) クラブ裏でキスしている所に・・
クリストファー・デルーカ (Josh Thrower) リンジーのBF
ターシャ・ブルックス (Shy Vaughn) 22歳、娼婦、被害者
(John Hundrieser) Club Dude
ゲーリー・フィッシャー (George Caleodis) 42歳、銀行員、被害者
ネイト・コクラン (Brian Majestic) 46歳、被害者、会計士
(Shoniqua Shandai) 娼婦
ティナ (Batia Parnass) 娼婦
クララ・ミラー (Sandra Lee Gimpel) 68歳、元学校教師・被害者
(Norman Howell) 郵便局員、撃たれる
ラマー・タイラー (Eric Watson) 恩師と居る所に・・元ワル
ミリアム・ストークス () 50歳、シェアハウスの経営者、母
デヴィッド・ルイーズ () パトリシア元夫、サンディエゴ武装強盗
メイベル・パリッシュ (エディの母)
グロシア () リゼットのシッター
サンディエゴ(サンティ)・カストロ () 6歳、リゼットの息子
ハーマン・コルダイク () 68歳、ベトナム帰還兵
サンドラ・カニンガム ‘() 40歳、レイプ被害、双極性障害

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336