クリミナル・マインド FBI行動分析課 Criminal Minds シーズン10 第17話 禁断のプレイ Breath Play

リンク広告 テスト




第17話 禁断のプレイ Breath Play

脚本/Erik Stiller
監督/Hanelle M. Culpepper

【STORY】

●ウィスコンシン州

エマ・ジーカ (Ashlee LaPine)は仕事を終え就寝前に
森の中をジョギングする。そして帰宅するとシャワーを
浴び体を拭きながら鏡を見て体重計に乗る。そして寝室
の電気を消してベッドに入る。すると男は暗視ゴーグル
をかけて近づいてくる。寝ているエマを眺める・・

サヴァンナ・ヘイズ (Rochelle Aytes)はケイトの娘の
メグ・キャラハン (Hailey Sole)の治療をする。
サヴァンナは一日に3、4回は食塩水でおへそを洗って
軸が浮き上がってきたら・・と説明しているとケイトが
やってくる。メグはケイトがピアスは駄目だと言った
ので自分でやったと語ると、それが一番危険だという。
メグはネットで動画を見たら簡単そうだったと語る。
ケイトはサヴァンナに今夜はデレクとステーキでも
奢るわと語るが彼女は別に気にしないでと語る。
ケイトに電話がなるとその携帯を見ていた顔を見てサヴ
ァンナは事件って顔ねと。クリスに来てもらうとし
ケイトは出て行く前にメグのスマホを取り上げる。
メグはスマホもPCも禁止・・家の独裁者だとしてあり得な
いと告げる。サヴァンナはケイトが居なくなった後、
メグに対してどうして本当にピアスのことをやったのか
と尋ねる。友達の真似か、ケイトへの当てつけか、出張
ばかりで家に居ない罰か?と。忙しくて傍にいてくれない
人を隙になる人って辛い。でも向こうも辛いのだというと
寂しいのは分かるとしていつでも愚痴りに来てという
サヴァンナ。

・FBI / BAU
モーガンかケイトにメグには愛の鞭を見舞うのか?と問う。
そう思ったけど13歳の子をどう扱って良いか分からない
という。私も経験不足・・マニュアルもない。女の子の
育て方って本ならいろいろとあるだろうと。今回の原因
はメグに伝えた”ある”こと。ブロファイラーでなくても
どうしてピアスを開けたか分かる・・それもおへそにと。

「最近やけにキラキラしてるかと思ったら・・てっきり
オレに惚れているのかと思った」

とモーガン。もちろんそれもある(KA)。もしかしてそう
なのかとしておめでとうと語りハグし合う二人。
その光景をガルシアが目にしてちょっぴり嫉妬しつつ
ハグタイムなら私も入れてとくる。(GA)は朝からHが悪い
とは言わないがキラキラしていると語る。しかし二人が
ニヤニヤしているとまさかあっちのキラキラなのかと
語る。知っているのは(H)と(M)と(GA)だけだと(KA)。

・ブリーフィング
(GA)はいやな話の前に(KA)から良い知らせだという。
「おはようー、妊娠しましたー」と(KA)。

「ブォナフォルトゥーナ!! (Buona fortuna)/幸運を」
「おめでとーびっくりー」
etc..のリアクション。

JJは私はヘンリーの時おなかにヘッドホンを当てていた
こと。ここの話を聞かせないように・・と。そして音楽
はビートルズやビージーズ、(R)にはモーツァルトを勧めら
れたという。

(GA)はお祝いしたいがウィスコンシンに行ってもらわねば
ならないという。ウィスコンシンは別名アナグマ州
(The Badger State)。名産はミルクとチーズ。私には
天国だけど嫌いな人には地獄だと。(RO)は乗用車くらい
の蚊がいるという。

最初の被害者は2週間前、マディソン警察がメアリー・
ヒーリーの遺体を発見。3日前にはドナ・レイバーン
(Heather Palmer)。そして今朝エマ・ジーカ
(Ashlee LaPine)の遺体が発見されたという。一緒に
ジョギングを約束していた友人が発見。3人とも【赤い
スカーフ】で手首をベッドに縛られてレイプの痕がある。
首を絞められ殺されていること。
凶器はどれも6.35mmのロープだと検視写真を見ただけで
語る(R)。傷にはざらつきが無いからナイロン製のロープ
かも(JJ)。3人から同じDNAが出ているが犯罪者データベー
スかにはヒットせず(M)。現場はいずれも中産階級の
住宅地(H)。物取りじゃ無い・・ここの部屋に有った現金
200ドルと宝石は手つかず。押し入った形跡が無いのは
窓が開いていたのか?(KA)いや閉まっていたという。
ならば被害者を入れたのか?だとしたらそれも手口の
一つね(KA)。寝るタイミングを知っていて寝室で待ち伏せ
たのか(JJ)。もしそうならば時間をかける辛抱強い(RO)。
携帯のGPSでもエマは殺される前、何時間も家にいた(R)。
犯行の間隔が短くなっているので急ごうと(H)

●ウィスコンシン州
パトリック・ジョン・マーフィー (Mark Deklin)は
髪留めの臭いをかぐ中、娘のコニー(Emily Robinson)
が父の車に乗ってくる。科学のテストはどうだったか?と。

●移動中の飛行機
●ウィスコンシン州 / マディソン警察

■Incident

ウィスコンシン州で女性を狙った殺人事件が発生する。
何れも赤いスカーフで手首を縛られた痕。そしてレイプ
されて首を絞められている。凶器は6.35mmのロープ。
既に3人目の被害者が出た所でBAUは現地へと向かう。

■Impression

今回のテーマはコミュニケーションと信頼関係だった。
幼少期に於ける子供の影響力というものを示したエピソ
ードでもある。

成長過程にある時の経験というのは、色んな形で現れる
ので大人の子育て・舵取りも大変だ。今回の犯人は自分
が体験したことが思春期に突入するに当たり、変な性的
嗜好と結びついてしまった所なのだろうか。

ケイトは妊娠したことで養子にしたメグがちゃんと扱わ
れるかを心配している。
JJも語っていたが妊娠しながら働いていた時にはヘッド
ホンをしてここでの残忍な事件への会話を聞かせなかっ
たとしていた。
胎教にも悪いと考えてのことだろうけど、何処まで
影響があるものなのか。

今回の犯人はパトリックという父親なのだが、一見する
ととても良い父親像だ。しかしそのパトリックが幼少期
に見てしまったBDSMに於ける殺人事件に対して、今度は
そのパトリックが娘のコニーにそれを見せることになる
というなんとも皮肉な流れになっている。

・事件に関する所感

今回は特に絞っていくと親子や夫婦、恋人などとの
身近な人とのコミュニケーションの問題に集約されて
いく。

一番の主役は妊娠したケイトとメグの問題ではあるけど
モーガンとサヴァンナの間でも遠距離的問題はあるし、
上述した犯人の家庭の中でも親子関係や夫婦関係には
何かしらの問題が有る。
JJとクリス、そして恐らく大事にしている息子のヘンリー
とも意思の疎通は努力しているけど難しくしているので
はないかな。

また独身の男女ならばともかく途中から既婚者との間で
奇抜な趣味を広げていくというのだからなんとも言え
ない。

結果としてみると今回の事件はレイプではなくロールプ
レイによるものだが、途中から犯人の幼少期のトラウマ
が育てた性的嗜好が過剰な殺人へと繋がったものだった。

常々文明の利器によって人は多用なコミュニケーション
を持つ様になり、感性・感受性の育て方とか感情を
コントロールさせるべき小説などの創作物が間違った使い
方をされることほど悲しいことはないと思わせた。

■被害者

今回の被害者はみんな地元出身。そして3人の家共に
5km圏内だというからあまりに近い。

●メアリー・ヒーリー / 歯科医・27歳、独身

最初の被害者だが、実は後々過去に於いても3人殺して
いることが発覚していく。
メアリーには兄のロバートが居て署で話をしてくれた。
犯人との出会いはインターネットを通したもの。
メアリーとは職場が一緒で、妹の親友と結婚したという
位に濃厚な繋がり。そんな彼女が何故こんな趣味に走った
のか。

●ドナ・レイバーン / 会社員・27歳、独身

友人にレイチェル。
恋人ケヴィン、2年前に交通事故して以降教会の話か
ロマンス小説の話ばかりしていたという。
この時点で一応の共通点の欠片は提示されていた!!

●エマ・ジーカ / 料理人・30歳、既婚

夫・ヴァーノン。
冒頭で殺害される人。最初の事件の被害者ではなく3人目
と言いたいところだけど、その前にも3人殺害している
ことから6人目の被害者ということになる。

●リン・ボイド / 科学者・既婚者

捜査中に殺害された人物。

●シャーロット・ジェコブセン / シッター、司法学生

未遂で終わった。彼女がロマンス小説を持っていただけ
でそういう願望があると勘違いしたらしい。

・過去の事件

・サラ・ヤング
1年前の2014年2月4日にセントポール署管内で殺害される。
ストリートの娼婦だった。

・Choloe Banman
アイオワ・シティにて2007年10月11日に殺害された人

・Ginger Paulmont
イリノイ州郊外にて2000年11月7日に殺害された人。

■捜査

自分は冒頭で被害者になるエマが帰宅したのに鍵をかけて
いなかったことは相当違和感を持っていた。
また何であんなに部屋を暗くしていくのかなという感じ
だったな。
しかし何でコニーは父親とは親しくして母親のステイシー
とは仲が悪かったのかな。彼は25歳になれば親友になれる
としていたけどね。
父親とコミュニケーションを取ろうとしてコニーはバッ
ジャーズの試合をテレビで一緒に観ようと誘っていたけど
この人はリン・ボイドと遭ってプレイを楽しむ予定だった
為に忙しいと断っていた。

・モーガンとケイト

この二人は朝から一緒だったよね。
3人目の現場であるジーカ家へ。
ジーカってかなり珍しい名前だよね。

彼女はヴァーノン(Scott Connors)という夫がいて、自宅は
警報装置がついている。6年前に携帯をハッキングされた
か何かで、泥棒に入られたので警報装置は暗記するよう
に言っていたという。
ヴァーノンによると妻の携帯に変なメールを見つけたとの
ことで、親しげな文面で相手が誰だか分からないとのこと。

・ロッシとリード

検視官のスタンポ(David Portorreal)から話を聞く。
このスタンポという名前もある意味珍しい気がする。
死因は首を絞められたというよりも気管を押しつぶされた
ことによるもの。首を絞められたまま生きて居て手首を
縛られた痕は死亡前のもの。
縛られてから殺されるまでの時間は6時間。

「6時間もセックスなんてスティングでも無理だ」

首の周りを絞めたり緩めたりしているとのことで、この
時点ではプレイとは見ず殺しを楽しんでいると見て居た
様だ。まぁ似た様なものだけど・・窒息プレイが楽しいの
は絞められる側だろうとして、被害者が見て快感を覚えて
いるのではないかとされた。

・JJとホッチ

最初にマディソン警察に行きピアース刑事(Quinn Sullivan)
に挨拶。その後に二人はそれぞれロバートとレイチェル
と話合いをして現状を掴もうとしていた。

・捜査中に第4の被害者

上述したけどリン・ボイド(Catia Ojeda)と遭ってプレイ
を楽しんだ後に殺していた。

なんとか接点が無いかを探る一行。
不倫サイトがあるとJJは語っていたし、既婚者は既婚者
の出会いを求めていることを告げていた。互いに既婚者
ならば弱みを握られることもない。

メールの文章をJJが読み上げた時にロッシは聞き覚えが
あるとしていたけど、彼がロマンス小説「ベア・リフレ
クション」
を呼んでいたということなのだろうか?

被害者の部屋にも有ったことからその本の入手したり
目にした経路があるかをガルシアが調べてプロファイル
は完成していく。

■プロファイル

・犯人は30代半ばから40代前半でスポーツマン体型の白人男(H)
・ロールプレーに趣味を持ち支配的(KA)
・カリスマ性を武器に女性たちに接近。その時餌に使う
のが「ベア・リフレクション」という人気ロマンス小説(RO)
・世間知らずの女教師が暗い過去を密ハンサムな権力者
の奴隷になる(R)
・主人公のアンバー・ストーンははじめとまどうが最後は
カーソン・ベアにおぼれていく(JJ)
・被害者と犯人はこの小説の場面を合意の上で再現(RO)
・カーソンがアンバーにBDSMを教えベッドに縛って激しく
交わる(M)
・犯人はロールプレーによって被害者を無抵抗な状態にし
そこから彼自身の妄想を実行する(KA)
・この本を愛読しガードの下がった女が犯人に狙われて
来た(RO)
・被害者が独身から既婚に変わった。犯人自身が家庭を
持つ父親かも(M)。
・犯人は慎重かつ忍耐強く欲望を満たさずにはいられない。
犯行は今後も続く(H)

■クローズド

リードが小説を読んだ所内容には窒息プレイが出ていない。
しかしこういう趣味の人間をそう簡単に見つけられるもの
なのだろうか?

近所にあるその手の趣味BDSM愛好者の集い「マンチ」と
いう場所につれて行く。

まるで「CSI:科学捜査班」に於ける”レディ・ヘザー”の
エピソードを思い出すな。

そこの女主人・ジョセフィーンから、プレーの鍵は
「コミュニケーション」「相手への尊敬と信頼」だと
していたようにこれが今回のテーマとなっていたことは
言うまでもない。
それが崩れた時に人は殺すとばかりにBDSMとはそれ程
危険なものだということだね。

過去にマディソン市の外で似た様な事件が無かったかを
調べて、8年前(2007年)と15年前(2000)に事件が起きて
いることが判明する。

性的衝動を邪魔するのは子供。
事件と子供の誕生が呼応していると見て過去の事件や
子供の出産時期を調べていくと1978年10月21日産まれの
パトリックにたどり着いた。
12歳の時に不幸にも隣人がセックス中に妻を殺害する
という事件を目撃してしまったようで、パトリックは
シャーロットを殺そうとしていたところを娘のコニーに
見られそしてFBIにも突き止められて逮捕された。

■その他

・BDSM

BDSMというジャンルは海外のアダルトサイトを見ると
確かにあるのだけど不覚にも自分はどういう意味なのか
正確には知らなかった。
SMと付くくらいだから痛いことするんだろうな的な
ことだと思っていたけど、検索すると

・Bondage(拘束)
・Discipline(体罰)
・Sadism(加虐)
・Masochism(被虐)

の頭文字らしい。
「ハード・リミット」、もうそこから先は絶対にやらない。
「ソフト・リミット」、相手が嫌がったら辞める。
という色々とルールがあるようで・・まぁ確かにSMでも
潜入捜査でも、キーワードが有ってSafewordなんて言葉
はよく聞く。これも一応BDSMのコードワードのようだ。

・ケイトの妊娠

元々妊娠していた状態から始まって居たので大丈夫なのか
なと思っていたけど、上手く誤魔化していたね。

Jennifer Love Hewittも多分に漏れず色々と恋愛ネタは
尽きなかったけど、Brian Hallisayとの間に2013年11月
と2015年6月に出産している。このエピソードが放送され
たのが2015年3月15日。撮影したのは前だろうけど出産まで
結構近かったんだな。

■MUSIC

・Criminal Minds Theme
Composed by Marc Fantini and Steffan Fantini

■CAST

デビッド・ロッシ (Joe Mantegna) BAU創設に携わったベテラン
アーロン・ホッチナー (Thomas Gibson) リーダー
デレク・モーガン (Shemar Moore) 爆弾処理が得意
スペンサー・リード (Matthew Gray Gubler) ドクター
ペネロープ・ガルシア (Kirsten Vangsness) 解析
ジェニファー・ジャロウ (A.J. Cook) BAU
ケイト・キャラハン (Jennifer Love Hewitt) S10新加入、大学教授

パトリック・ジョン・マーフィー (Mark Deklin) 理学療法士
コニー・マーフィー (Emily Robinson) 長女
ステイシー・マーフィー (Kate Orsini) パトリックの妻
メリッサ・マーフィー (Sophia Grunow) 次女
サヴァンナ・ヘイズ (Rochelle Aytes) 医者、モーガンの彼女
シャーロット・ジェコブセン (Emily Goss) マーフィー家のシッター
メグ・キャラハン (Hailey Sole) 13歳、ケイトの娘
アンジェラ・ピアース (Quinn Sullivan) マディソン警察捜査官
ジョセフィーン・パターソン (Juliette Jeffers) BDSM愛好家
リン・ボイド (Catia Ojeda) 第4の被害者
Dr.ポール・スタンポ (David Portorreal) 検視官
ヴァーノン・ジーカ (Scott Connors) エマの夫、出張中だった
エマ・ジーカ (Ashlee LaPine) 30歳、3人目の被害者、料理人
ロバート・ヒーリー (Philip Smithey) メアリーの夫、1の被害者
レイチェル・リタースキー (Rachel Rosenbloom) ドナの友人
ドナ・レイバーン (Heather Palmer) 27歳、独身、第2の被害者、会社員
メアリー・ヒーリー 第1の被害者、歯科医、27歳

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336