プリティ・リトル・ライアーズ Pretty Little Liars シーズン4 第9話 深まる疑念 Into the Deep

リンク広告 テスト




June 11, 2013
第9話 深まる疑念 Into the Deep

脚本/Jonell Lennon
監督/Chad Lowe
——————————————————–
エミリーは医師・ヴォーガスから腱板に裂傷があると診断され
る。タナーはワイルデン殺害に使用された銃の薬莢からアシュ
リーの指紋が検出されたとして逮捕。ハンナはアシュリーの
代わりに自分がワイルデンを殺したと自白して母を助ける為に
モナの力を借りようとする。しかしハンナが自白しようとして
いた所、先に警察に自白しにいったのはモナだった。

モナは警察官からの事情聴取を受ける。
何故ワイルデンを殺したのか。もう同じ質問を5回も繰り返して
いるとしてモナはウンザリしている事を語る。正当防衛だとし
捕まって殺されそうになったので反撃したという。刑事は3発
撃ったのかと引っかけようとするが、私が撃ったのは2発だと
訂正する。ハロウィンパーティーの時にワイルデンは君に何と
言っていたのか?と問うと、アリソンが死んだ夜のことをギャレ
ットが喋るのが心配だと言っていたという。何故その事を話さ
なかったのかと問うと、あの時はラドリー病院を抜けだしていた
ので面倒になる話はしたくなかったのだという。アイツが
私の友達にアリソン殺しの罪を着せようとしたから脅しをかけた
が、その脅しが無駄に終わり、ワイルデンはギャレット殺しを
私に知られたと見るや突然逆上したので殺すしかなかったのだ
と語る。何故このタイミングで自白したのかと問うと、モナは
親友の母が殺してもいない罪で刑務所に服役されるのが耐えら
れなくなったからだと語る。

ヴェロニカの帰宅するのをスペンサーとハンナは心待ちにして
いた。ヴェロニカはモナは得たいの知れない子だけどあんたこと
が出来るとは思えないという。自白の内容が一部証拠と矛盾
している事を告げ、何かモナが自白した件に関して心当たりは
ないかと尋ねる。もしも関わっていたら母さんに不利になるの
だという。スペンサーはヴェロニカが去った後、ハンナに対して
何もしていないわよねと問い詰める。

アリアはその晩はジェイクにソファーに泊まってもらっていた。
スペンサーからの電話でアリアは、ジェイクに挨拶したらすぐに
合流することを語る。一人で心細かったのでジェイクには
泊まってもらったが彼はソファーで寝てくれたのだという。パパは
まだシラキュースから戻って来ていないと語る。
アリアはジェイクに対してこれからスペンサーの家にいくこと
を告げると、ジェイクはせめてコーヒーくらい一緒に飲む時間
はあるだろうとしてカフェに立ち寄ろうと告げる。

エミリーはペイジとジョギングに出る中、モナの自白の件を話
合う。モナならばやりかねないというペイジ。親友であるハンナ
のことを車で轢いた人物だという。もしかすると私たちを
事件に引きづり込もうとしているのではないかという。
しかしペイジはモナのことよりもエミリーの誕生日について
話合おうと語る。明日はエミリーの誕生日だった。明日には
囚人服を着ているかも知れない状況だというエミリーに対して
それならばイベントは今日行おうと語る。伯母さんの別荘を
借りたので一晩ゆっかり二人きりで過ごそうと。ペイジは早め
のプレゼントだとして、箱を渡すとその場でそれを開けるエミリー。
中にはドミニク・ルッソの名刺が入って居た。水泳の強化選手
を指導しているコーチで五輪で金メダリストを輩出した人でも
有った。フィラデルフィアで会えるよう手配したのだという。
確かに今のエミリーは怪我しているが再起不能という訳では無い
のだとし、来年進学しなければいけないという決まりもないのだ
と語る。行きたくない州立大にいくよりも一年は休んで彼の
元でトレーニングをして次の4年間をパートナーとして好きに
過ごそうと言われる。

アリアとジェイクはカフェで会話する。
アリアの父さんは今日帰宅するのかと問われると午後に帰宅する
とし、今夜は家族で映画を見る予定なのだという。
カフェにはエズラとマギーの姿も有り、エズラはアリアの様子
が気になって仕方がなかった。マギーはエズラに念願の教育学
修士号を大学院で目指せることになったとし、コロンビア大
ではないがクラスを担当すれば固定給も入るのだという。
エズラはワシントン大/シアトル校だと聞いて、町を出るという
時点でその選択肢はないと告げる。しかしマギーは給料が出る
待遇で通えるのはそこしかないのだという。マルコにはいつでも
会えるとし、私の将来や息子の将来がかかっているのだという。

ヴェロニカとハンナはアシュリーの面会する。
恐らくモナは母さんを助けようとしたのだというハンナ。
ヴェロニカによるとモナの件でウイリー判事が興味を持ったこと
を告げ、移送は中止になり起訴事実にも疑いが生じたとして、
保釈が認められたのだという。しかし起訴の取り下げは無理で、
しかも刑事殺しの容疑なので保釈金は他よりも高く100万ドルだ
という。

エミリーはドミニクに遭うと彼から施設の見学をさせてもらえる。
進学を一年遅らせてトレーニングに充てようとしていること。
ドミニクはウチでのやり方はスパルタ式で、毎週6日の練習で
毎日4時間泳ぎ、一時間はウェイトトレーニングだという。
食事や睡眠も管理されるとのこと。高校と大学選手権では
雲泥の差があるのでこれまで通りにはいかないと言われる。ドミ
ニクは取りあえずエミリーの試合のVTRを見せて欲しいと告げる。

ハンナは公園で父親に対して母の保釈金捻出のお願いをする。
保釈金は100万ドルの1割の10万ドルだったが、それも難しいと
言われる。すると偶然に教会の牧師でアシュリーと過去付き合っ
ていたテッドがやってくる。テッドはハンナを見ると、まだ
君の母さんことをよく考えるとし、何か出来ることがあれば・・
と語る。ママは元気そうにしているが私の前で強がっているだけ
なんだという。アシュリーは強い人だよという牧師に対して
私の方が砕けそうだと語る。どうしても保釈金である10万ドルが
捻出できないのだと告げると、彼は神を信じて希望を捨てない
よう告げる。神よりも金が欲しいとハンナは呟く。
——————————————————–

■アリア

今回のアリアはジェイクとの関係に揺れる話だった。
エズラとの関係も微妙なものが有る状況の中、ジェイクとの
関係を進めることに違和感がある。無難な返事をして、
彼に守ってもらいたいが付き合うことまではしたくないという
アリアのちょっと欲張りな要求が果たしてまかり通るものなの
か。
エミリーの誕生日のパーティーはペイジの叔母の別荘で
友達やエミリーの水泳部の仲間たちを呼んで行うがこの事は
エミリーには知らせていない様子。サプライズで驚かせよう
というもの。
アリアはエミリーの為のプレゼントとしてペイジとツーショット
の写真を写真立てに入れてプレゼントしようと考える。

学校に居た際、スペンサーと会話する中で久しぶりにジェンナ
の姿を見ると同時にシャナと一緒にいる姿が有った。

パーティー会場ではジェイクはなんとキムというモデルのような
女性と一緒に参加。アリアとしては嫉妬心が存在していたし、
何よりも今日は家族水入らずで映画を見ると言った手前罰の
悪さが有る。
最後にジェンナが湖に浮かんで発見されたことを受けて、
ジェイクはアリアが抱えている複雑な事情というものを察した
様子。それでも二人は付き合っていくことを決めたのかな。

そういえばアリアは凄い蛇の指輪をしていたね。強烈な指輪
の造形だったけど、なんだか色んな意味で大変そうだ。

ジェイクが連れていたのはキムという金髪の女性だった。
体格が良いので流石にアリソンなんかとはちょっと違うので
容疑者像にはなり得ないかな。アリアは彼女のことを「バーバレラ」
と呼んでいた。

■スペンサー

今回は比較的大人しい役割かなと思っていたけど、アリアと
一緒にいた際に学校でジェンナとシャナが一緒にいる姿を
目撃する。ジェンナはまたサングラスをかけていて視力が
弱くなっている様でシャナに支えられる姿が有る。

アリアとスペンサーは二人の会話を立ち聞きする。
ジェンナは自分が警察に疑われていることに怯えており、
アリソンのことを言えば良かったという。彼女が何処にいる
のか探すまでは待って欲しいというシャナ。

その会話からアリソンがまだ生きているのを知っているのでは
ないか。または殺した相手を知っているのではないか。
「A」とハンナの母をハメた犯人に繋がるものを知っているの
ではないかとして、今のジェンナはシャナ無しでは相当不安
で弱い存在として映っているので、なんとか一人の時を狙って
話を聞き出そうとする。

しかし残念ながらジェンナは湖の中に浮かぶこととなった。
幸い亡くなることはなかったけど、頭を殴られた外傷が有る。
ジェンナが恐れているものとは一体何かということで、
病院で思い切ってシャナを問い詰めると、恐れていたのは
シシー・ドレイクである事を語る。

またモナの件でもスペンサーは彼女は「あの夜、ワイルデンの
車の外で撮られた写真を持っている」ことを理由に信用して
いない。

更にトビーが帰宅しないこと。
ニューヨークを調べていると、そこに住んでいたのは女性
であり、現在は引っ越して私書箱がフィラデルフィアに設置
してある事を知る。

■ハンナ

今回もまたハンナはみんなとは別行動を取った。
何よりもモナの意外な自白によって警察・検察は混乱状態に
なり、アシュリーの保釈が認められる方向に動き出したこと。
しかし保釈金は100万ドル。一割払えば良いと言われるも
それでも1000万円である。
父親が当てにならず、神頼みと称してテッドにボソボソっと
言ったことで、匿名で保釈金を送られてくる。
教会の金を勝手に使ったのかな。

アシュリーは保釈してきたものの、監視用のアンクレットが
つけられていて医者以外の外出は認められない。

テッドが心配してパイを持ってきてくれる。
彼が保釈金を払ってくれたこと。
そんな彼にアシュリーは告白していた。
ワイルデンが殺害された日にアシュリーは一緒にいて言い争い
になったが殺していないこと。ただし「やったかも」という
含みの言葉も残して居た。
「君にかけている」というテッドのセリフ。

ハンナはなかなか電話さえも許されないみたいな感じだった
けど、母が戻ってきたことを知りベッドで母の膝枕で眠る
姿が印象的だったね。

■エミリー

今回はエミリーの誕生日だった。
ペイジはエミリーとの大学生活を夢に見て色々とアドバイス
をしてくれる。何よりも強化コーチのドミニクに逢う手はず
を整えてくれたり、誕生日には叔母の別荘で二人で過ごす
ということを語りつつサプライズのパーティーを用意していた。

エミリーは上手く行けば奨学金をもらう道が開けるかも知れない
と考えて、ペイジが紹介してきれたコーチと会うも、コーチには
エミリーが怪我している事実を伝えずに遭わせたことで、
ヘタな希望だけを煽ってしまった様だ。

しかも二人だけで過ごしているとしていた別荘での誕生日の件でも
サプライズとはいえ水泳部のみんなを呼んでいた事。
今のエミリーにとってはネガティブにしか響かないところが切ない
ね。

ペイジはかつてエミリーに対して秘密はしないよう約束して
いたにも関わらず、現在では逆にペイジが色々と裏工作してエミリーを
操っているかのようだ。ペイジとしてみればエミリーとの夢の
大学生活を諦められない気持ちからなのかも知れないが、
果たしてどうなるのか。

前に革手袋の男がエミリーの診断書・レントゲン写真を手にして
シーンが有るけど、本当にエミリーが怪我している状況なのか
実に分かりづらい。エミリーは本当に肩に痛みを生じているみたい
だし、かといって展開からするとなんとなく肩の怪我は実はそれ程
重症ではないとする流れがあるような感じだけどね。

■その他

革手袋の人物

今回は革手袋の人物と「赤いコート」の女の二人が登場した。
「赤コート」の人物は最後に木工道具でペイジの別荘の下に入り込
んで何らかの工作をしようとしている感じだった。なんと言っても
赤いコートの人物は”金髪だった”というところだけど、体型を
見ると完全にモナとかアリアみたいな小さい人物なんだよね。

革手袋の人物は零れたワインがある室内でピアノを弾く光景があった。
トビー宛てにその楽譜を入れる姿が有った。
この人物がラドリーでのトビーの母を殺害したのか。
弁護士助手をしているベケットが急に怪しい人物として浮上してきた
感じもするけどね。

久しぶりのジェンナ登場

またしてもジェンナは視力が落ちたようで、これまでの彼女と違って
気弱な姿が有る。ただサングラスに関してはこれまで語っていた様に
必要以上に狙われない為のカモフラージュも考えられるけど、
最後にまた後頭部を殴られて浮かんでいる姿が有ったし、シシー・
ドレイクに対して恐怖を感じている姿が有った。
そういえばシシーってシーズン3の最終話を最後に出ていない。

■使用された曲

・Secret by The Pierces
・Break My Heart by DA&TheJones
・The Rapture by The Pass
・I Love It (feat. Charli XCX) by Icona Pop
・Half the Time by Young Summer
・All Our Love by Gentlemen Hall
・It’s Okay by Coin
・Mind the Gap by Nabiha
・Believe In Me by Rooney
・I Wanted to Be the Sun by Butterfly Boucher
・Flashlight by Gentlemen Hall
・Anytime (Piano Version) by Herbert Happy Lawson
・Beautiful Moment (feat. Katie Herzig) by Tom Jordan

スペンサー・ヘースティングス (Troian Bellisario) マジメ生徒
ハンナ・マリン (Ashley Benson) 母子家庭
アリア・モンゴメリー (Lucy Hale) 娘、父の浮気を見てしまう
アシュリー・マリン (Laura Leighton) ハンナの母
エミリー・フィールズ (Shay Mitchell) 水泳部、レズ
アリソン・ディローレンティス (Sasha Pieterse) 失踪者
エズラ・フィッツ (Ian Harding) 英文学の教師

(生徒)
モナ・ヴァンダーウォール (Janel Parrish) ハンナと連む生徒
トビー・カバノー (Keegan Allen) スペンサーの彼、大工
ケイレブ・リバース (Tyler Blackburn) 転校生、携帯を改造
ペイジ・マッカラーズ (Lindsey Shaw) 水泳部生徒

(保護者)
メリッサ・ヘースティング (Torrey DeVitto) スペンサーの姉
パム・フィールズ (Nia Peeples) エミリーの母、警察署に勤務
トム・マリン (Roark Critchlow) エラの元夫、アリアの父
ジェシカ・ディローレンティス (Andrea Parker) アリソンの母
ヴェロニカ・ヘースティングス (Lesley Fera) スペンサー母・弁護士
ウェイン・フィールズ (Eric Steinberg) エミリー父・軍人
パム・フィールズ (Nia Peeples) エミリー母・警察庶務
エラ・モンゴメリー (Holly Marie Combs) アリア母・高校教師
バイロン・モンゴメリー (Chad Lowe) アリア父・大学教師

シャナ・フリン (Aeriel Miranda) 水泳部、ジェンナと友人
マイク・モンゴメリー (Cody Christian) アリアの弟
ジェイク (Ryan Guzman) マーシャルアーツの指導員
マギー・カトラー (Larisa Oleynik) エズラの元恋人
テッド・ウィルソン (Edward Kerr) 牧師、アシュレーを好き
ドミニク・ルッソ (Kamar de los Reyes) 水泳強化コーチ
ジェンナ・マーシャル (Tammin Sursok) 視力が弱い
— (Byron McIntyre) Detective
— (Rowdy Brown) Party Guest
Dr.ロバート・ヴァーガス (Joseph Zinsman) エミリーを診断した医者
キム (Alexis Boyett) ジェイクがパーティーに連れて来る金髪

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336