プリティ・リトル・ライアーズ Pretty Little Liars シーズン4 第19話 幻覚 Shadow Play

リンク広告 テスト




第19話 幻覚 Shadow Play

脚本/Joseph Dougherty
監督/Joseph Dougherty
——————————————————–
****
スペンサーは子供が開けられない蓋のついている”お助けアイ
テム”を求める。ハンナは睡眠不足を補う為にスペンサーが
無理していることを知り全然寝ていないでしょとして心配する。
アリアは週末は父のいるシラキュースで過ごすことを語るが
エズラとキャビンで二人だけの秘密の時を過ごしていた。
しかしアリアはエズラに対してウソをつくことに疲れたと吐露
する。エミリーはアリソンは金が無くなって困っているとし、
コンタクトを取れるのはシャナだけだという。スペンサーは
アリソンの日記での話がどうしても頭から離れずにいた。
そこから導き出した「ハーチ&ハンツマン」に行く。そこで
アリソンは年上の男でパイとビールを飲んで居たことが記されて
いたのである。いざバーにいくとそこにいたのはエズラで
アリソンが書いていパイとビールを飲んで居た。そのビールには
“海パン”という銘柄だということが分かる。アリア以外の3人
に話すスペンサー。エズラがAならば急いで知らせないとダメ
ではないかとするが、スペンサーは100%確かだと分かるまでは
連絡するのは辞めようと告げる。そんな中、モナはエズラに
呼ばれて学校のオフィスへと脚を運ぶ。
****

スペンサーとエミリーとハンナは3人で人のいない学校にいく。
アリアに電話しているが出ないというエミリー。
ハンナは一体電話でなんというのかと問うと「元彼がヤバイスト
ーカーだって分かったら笑っちゃうよね」とか言うのか?と
問う。とにかくもっと調べるべきだというスペンサーは、エミリーは
机を、ハンナはファイルを調べてくれと語る。十分な証拠を
集めようと語る。エズラには裏の顔が有る・・つまりAだという。
ハンナはエズラのオフィスにある生徒からのマグカップの贈り物
に目を通す中、スペンサーは引き出しの中に封筒が有り、そこから
キャビンで盗まれたアリソンの日記を発見する。やはりあの時
キャビンにいたのはエズラだった。しかしもう一人いたハズで、
それが誰かだという。オフィスを出た後、人気がしたために
3人は隠れて様子を見ると、モナがエズラのオフィスに入るのを
目にする。一体なにをする気なのか。モナは書類を持って出てくる。

3人はスペンサー邸にいく。
両親は出張中、一人はシカゴで一人はボストンだという。
早速アリソンの日記の件で語り合う。抜けているページはない
のかどうか。ハンナはスペンサーがやけに鼻をぐずっているので
風邪を引いたのではないかと問うが、アレルギーだというスペンサー。
エミリーは金と一緒に入って居たメモの電話番号やメールアドレス
はどうなのかと問うと、電話番号から持ち主を調べられるし、
メールを送ることは出来るが発信元がバレないようにしなければ
ならないというスペンサー。
シャナについてプライベートで知っていることはないのかとエミリー
に尋ねる。ペイジと付き合っていたんでしょというハンナ。
シャナの恋愛に関しては詳しい事は分からないという。彼女は
ジョージアの話をしていなかったのかというハンナは、アリソン
の居場所に繋がるような何かを知らないのかと問う。先日までの
ハンナはアリソンを探すなと言ったでしょと拗ねるエミリーに
対してAのせいで事情が変わったのだという。私もエミリーと同じ
で恐怖よりも怒りの方が強いと告げる。エミリーはペイジから
シャナの件を聞き出せというのか?とし、恋人の一夏の浮気を
聞けと言うのかと問うと、「まぁね」というハンナ。
モナとエズラの関係の方が心配ではないかというエミリー。
エズラの問題に関してはアリアが戻ってからにしようと語る。
しかし日記があんなに簡単に見つかるのって何か変ではないかと
エミリーは語る。引き出しに入れたのはAではないのかも知れない
という。しかしハンナは如何にもAじみてるわと語ると、スペンサー
は言葉は変だが同感だと語る。

エズラとアリアはキャビンからの帰り道の車の中にいた。
アリアに何を考えているのかと問うと、日曜日の夜なのに課題が
沢山だという。書いている間にどんどん方向性が変わっている
というアリア。ヒーローがいて今時ただのヒーローじゃつまらない
ので悪役をヒーローにしたこと。最後はどうなるのかと問うと
悪がかつことも有るという。

スペンサーは相変わらずアリソンの件で一人で頭を抱えていた。
白黒の映画では「汚れた道を歩んだ男もいる。例え悪人でなく
ても・・」というセリフが有り、直後に銃声を聞く。
ビックリしたスペンサーは目を開けると、突然自分が映画の
世界に迷い込んだような状況になっていた。トビーが現れると
スペンサーに対して隠し事をしてきただろうと問われる。
知っていることを話すよう言われる。君が正直になら無いと
助けられないのだというトビー。始めは仕事だったが、今は
違うだろうと。私は信用して、悪い事はしていないという。集中
する為にはクスリが必要なのだ。

喫茶店にいきコーヒーを購入していると突然エズラがやってきて
コーヒー代15セントを払う。僕からのお詫びの印だという。この間の
会話は不味かったとし、お互いプラスにはならないという。思いやり的
非難は受け入れられないことが有るという。脅されたみんなも
だという。エズラは「ハート&ハッツマン」にはその後行ったのか
と問うがあの時以来行っていないという。それならば今度いつか
君をあの店のランチをご馳走したいという。連絡をくれるか?
というエズラ。

ハンナは男と付き合うよりは犬を飼う方がマシだわとし、他に
楽しいこともないという。そんな話をエミリーと会話している
中、スペンサーにエズラからコーヒー代を出してもらっただけ
なのかとと問う。アリアは本当にエズラと別れたのか。
こっそり寄りを戻しているのではないかとするが、スペンサーは
恋愛に関して、隠し事をしたことがない人は居るのかと問う。
ハンナは男に厳しいのでエズラの監視役をしてくれないかと問うと、
私にうってつけの役ねという。
そんな中アリアは帰ってくると、シラキュースはどうだったか
と尋ねる。スペンサーはエリー運が博物館には行ったのかと問うが
閉館だったので行っていないという。私が居ない間に変わったこと
は?というアリアに無いと語る。

スペンサーはメモの電話番号にかけると、フィッツジェラルド美術
財団に繋がる。受付嬢にそこってエッジウッドの0139なのか?
と問うとそうだという。スペンサーはまたしてもクスリを飲んで
いるとトビーがやってきてクスリを減らすのだろうとし、そんなもの
を飲んでも答えは出ないとし、そもそもパズルのピースは揃っている
のだと語る。
——————————————————–

今回は「ハロウィンエピソード」と似て、このドラマの流れと
しては特異な演出のもとで構成されるエピソードだった。
タイトル画面も「ハロウィンエピソード」の時のように特別
のものとして作成されており、白黒画面で描かれた。

今回のエピソードガイドはとても言及しずらい。
スペンサーがドラッグの飲み過ぎでハイで逝ってしまった状況の
中で描かれているであろうこと。スペンサーの頭の中でストレス
を感じて居る現状に対して、グルグルとした思いを巡らせて、
ある意味その人となりの深層心理を浮かび上がらせるというもの
が有ったようだ。だから実際に描かれていることはスペンサーの
中でしか存在しない幻覚・幻想の世界であり、事実とは異なる
スペンサーの価値感でのエピソードでしかないというところが
有るので、ここに言及することが必ずしも現実とは同じではない
可能性が大いにあることである。

ドラマとして興味深いのはフィルム・ノワール好きのアリアが、
キャビンから帰宅する際にエズラに対して小説のことを口にしている
こと。アリソンが作る小説を原作とした回想シーンのことも
臭わせている。

またアリソンの日記が発見され、小説のような物語がその中に綴ら
れていることから、それともスペンサーの目を通してアリソンの
日記の世界観が描かれた可能性も残している。

錯覚的演出も加味されており、そう考えると意外と深いものが有る
のかも。ただ正直アリアにエズラの件で話をすべきかどうかで
悩んでいただけなので、結論からすると大してエピソード的には
進んでいないところが有ったね。

ドラマのベースはレイモンド・チャンドラーの「簡単に殺人方法」
(原題:The Simple Art of Murder)がベースにあるようだ。

白黒時代の演出のように光源の使い方はそれらしく、光の加減で
顔がなかなか見えなかったり、影が不気味にうごめいたりして、
こういう時代の映画好きには、何処かでみたようなシーン的
内容にも思える。

■アリア

エズラとの関係をみんなに話せずにいる状況。

白黒の中なのでなかなかファッションチェックも出来ないところが
有る。
なかなかシラキュースから帰宅しないアリア。電話も繋がらないし
残された3人のことをイライラさせた。

アリアが珍しくペイジと絡みがあったのが驚いた。
フィルムをドラッグストアに持っていけば一週間で写真になる
としていた。その時の会話で、「デラウェア渓谷 カヌーで」と語っ
ており、エミリーといくことを口にしていたけど、アリアは自分も
昔は部屋に居るよりも木登りすることが多かった事を告げ、
初恋によって、成長したことを口にする。

アリアはエズラとの間で、みんなに私たちのことを言いたいと
していた。凄い秘密だが話しても大丈夫か?というアリアに対して
君が話すように向こうも話してくれるものなのか?とする問いかけ
が逢った。

アリアとスペンサーの絡みもあった。
アリアに大丈夫かというスペンサーに対して、アリアは私の話を
してもあの顔をしないで・・「スペンサー・フェイス」よ。誰かに
がっかりした時にいつも見せる顔だという。スペンサーは自覚して
いなかったと。アリアからはエズラと付き合っているとし、スペンサー
の言った通りにジェイクは好きだがエズラは愛しているという。
「彼と私は誰も経験したことのない道を歩んできた気がする」
「偶然の出会いが無ければ全く違う道にたどり着いてたハズ・違う
人生に・・とにかく出会いは予測出来ない」としていたけど、
出会いってそんなもんだよね。人と出会うことで他人の人生は
変わるものがある。

■スペンサー

スペンサーが思い悩む中で、背後で白黒映画が放映されていた。

映画の中では「汚れた道を歩む男もいる。例え悪人で有っても・・」
というセリフが語られていたのだけど、
自らが映画の中の主人公となっていた際には「汚れた道を歩む女
もいる。例え悪人で有っても・・」と男・女の違いとして描かれて
いた。この流れから後々結論の段階で日記が書き換えられていること
が判明する。

それ以外にも日記の書き換え部分は、
「”アンブローズ・ピアソン”のことを考えてしまう」(書き換え)
「アンブローズ・パビリオン」(オリジナル)
「1月」(オリジナル)
「3月」(書き換え)
「美少女」(オリジナル)
「美少年」(書き換え)

これらは「A」が知られたくない情報として書き換えたのではないか
として、意図的に日記を見せて迷わせようとする「A」の流れが
有った感じ。

ただ夢の中では「日記」を使ってスペンサーにアリソンを探させよう
という意図があるのではないか・・・みたいな言い方をされていた
ので、隠す意図の中にどんな不都合さが含まれているのかが気に
なるね。

度々トビーが現れて、隠し事をしていることの辛さに対して言及し
正直になるべきだと語っていたり、クスリの飲み過ぎに対して
注意する流れが有った。またパズルのピースは揃っているので
組み立てるだけであることを示唆する。

エズラがコーヒーをスペンサーに奢ったとする流れはナンだったのか
な。意図して日記が置かれたことを指していたのか?

アリソンのメモの電話番号はフィッツジェラルド美術財団のものだっ
たとしているけど、この辺も白黒の中で描かれたのでどこまで
本当のことなのか分からないのよね。

アリソンの日記の中で”人魚”というものを呼んでいた。

またスペンサーの元にアリソンが現れる。
アリソンの肖像画のある部屋にアリソンが現れていた。
スペンサーはアリソンに対してアリアがエズラと付き合う際にどう
して黙って居たのかと問うが、友達のことで口出しは出来ない
という。エズラを恐れて隠れて出てこられないのか?と問うスペンサー
に対して、私が恐れているのはアンタかも知れないとしている姿も
あった。クスリを流しに落とした際には、ディスポーザの電源が
入りそうな如何にも”フィノム・ノワール”にある犯罪の構図みたい
な感じにも見える。

トビーとスペンサーの絡みで、秘密は単なる秘密じゃなく武器だとして
いた。ここぞという時までしまって置くべき事。アリソンからも
そう教わっただろうと。
しかしAは自然に生まれたものではなく、Aほどのモンスターにするには
余程手をかけて育てたという。それはアリソンが育てたとし、ありと
あらゆる汚い手を口やウソをケダモノに教えて鍛えたのだと語る。

「A」の正体は誰なのか。
モナだと思ったら違った。今「A」だと思っている人も違うかもと。

■ハンナ

白黒の中ではハンナは男に厳しい人物だということで、何故か
エズラとモナの監視役として選ばれていた。
モナを尾行するけどあっさり見つかってしまった。
モナはスペンサーに電話してブロンドの女の子を匿っているとし
アパートの3-Bだという。息をしている間に早く来てということで
呼びだす。
アパートにはエズラもいた。
私はモナと違って夜道になれていないというハンナにモナが凄い
形相をしていたね。エズラから何故尾行させたのかと問われ、
アリアと復活していたのかどうかを探る為だと語る。エズラは
本物の愛には逆らえないというけど、スペンサーたちはもうアリア
には近づかないで欲しいことを語る。エズラはアリア本人に言えば
良いとして、ここでもスペンサーたちがアリアに言えない現実を
示唆する言葉が見られる。ボクが「A」だと言えば全てが片付くこと。
それなのに言わないのは確信がないからで、もうお手上げなんだろう
とするエズラの挑発するような言葉。
「自分の状況を見ろ。今の君はマトモじゃない」というセリフは
ドラッグで参っているスペンサーに対する指摘なのかな。

今回はハンナとスペンサーの意見が合うシーンが有った。
ハンナは男性はどうしてみんな裏切るのかと問う。帽子がきつくて
頭の血管が詰まっているから?というセリフはハンナらしいところ。
ハンナはスペンサーに対して「アパートから救ったでしょ」と
語るけど、実際には逆だった。これって現実では実は逆で、
クスリを飲んで倒れて居るスペンサーをハンナが助けることを
示唆しているのかと思った。

ハンナは突然電話の交換士となる。
フィッツジェラネルド美術財団に電話している人物を調べる為の
もの。
ハンナは電話の発信元を尋ね、Club Tocamboからだとしていた
けど、”Shows Nitely”のポスターを見て綴りが違うということを
指摘していたのはスペンサーだった。この辺から潜在意識の中で
アリソンの日記の文字が変わっていることを指摘していたのかな。

アリソンはショウパブっぽいところで働いていたみたい。
戻って欲しいと訴えるが、スペンサーは戻ってくることを望んで
いないとし、トップの座を明け渡さなければならないかにだとしていた。
スペンサーは一連のことは全てアリソンが仕組んだものだとしていた。
私たちを囮の矢面に立たせて都合の良い情報しか与えないこと。

銃声が聞こえる中、みんなは逃げるがそこに探しに来たのはエズラ
だった。みんなはアリアにエズラを信じてはダメだとするけど
その理由を言えずにいる。
トビーが最後に残した言葉は、
「日記そのものではなく、ページを見るんだ。元の状態へ」と語る。

■エミリー

ペイジと逢うエミリーはシャナのことを尋ねていた。ペイジはもう
ずっと前のことで正直に話したとして謝罪するが、エミリーは
謝って欲しくて言ったのではないと語る。
「彼女と一緒に居た時にもあなたを忘れなかった」というペイジは
浮気男の言い訳みたいねと語っていた。こうして見ると、女性同士
でもペイジは男性役、エミリーは女性役としてのパートナー関係
なんですかね。
コーヒー店から先に出るか出ないかという話合いになり、ペイジは
いつも先に出る。「あなたが去っていく姿を見るのが辛いから」
だということ。

ペイジは大勢の人がいるのにどうして孤独なのかと吐露する。
孤独が恐いのか?というエミリーに対して、独りでいるのが恐い
というペイジ。更に二人の関係がバレることを不安視していた
みたいだけど、その辺は今更の印象のあるセリフだね。

■その他

・革手袋の人物

・正気に戻った後

スペンサーは日記はわざと戻したことを指摘していた。トロイの木馬
として送り込んだものだという。少しずつ日記のキーワードを
変えて居ること。そこに意味があるのだという。
「A」は日記のオリジナルの写真があることを知らないので、取りあえず
優位には立ったけど、このドラマ都合が良すぎるので優位もクソも
無い気がする。

ラストは「成功を祈る キスA」だった。

■検索用キーワード

・Mercury Telemessage

■使用された曲

・Secret by The Pierces
・Operating by Hunter Hunted
・Ride With the Tide by Emilie Mover
・The Black Dahlia by Paul Pritchard
・Vicious Cycle by Clairy Browne & The Bangin’ Rackettes
・Dickey’s Blues by Crytzer’s Blue Rhythm Band
・SOS Blues by Felicia Carter
・I Don’t Know Where to Start by Frank Chacksfield Orchestra
・Shadowman by SCHMIDT
・Ride With The Tide by Emilie Mover and Ian LeFeuvre

スペンサー・ヘースティングス (Troian Bellisario) マジメ生徒
ハンナ・マリン (Ashley Benson) 母子家庭
アリア・モンゴメリー (Lucy Hale) 娘、父の浮気を見てしまう
アシュリー・マリン (Laura Leighton) ハンナの母
エミリー・フィールズ (Shay Mitchell) 水泳部、レズ
アリソン・ディローレンティス (Sasha Pieterse) 失踪者
エズラ・フィッツ (Ian Harding) 英文学の教師

(生徒)
モナ・ヴァンダーウォール (Janel Parrish) ハンナと連む生徒
トビー・カバノー (Keegan Allen) スペンサーの彼、大工
ケイレブ・リバース (Tyler Blackburn) 転校生、携帯を改造
ペイジ・マッカラーズ (Lindsey Shaw) 水泳部生徒

(保護者)
メリッサ・ヘースティング (Torrey DeVitto) スペンサーの姉
パム・フィールズ (Nia Peeples) エミリーの母、警察署に勤務
トム・マリン (Roark Critchlow) アシュリーの元夫、アリアの父
ジェシカ・ディローレンティス (Andrea Parker) アリソンの母
ヴェロニカ・ヘースティングス (Lesley Fera) スペンサー母・弁護士
ウェイン・フィールズ (Eric Steinberg) エミリー父・軍人
パム・フィールズ (Nia Peeples) エミリー母・警察庶務
エラ・モンゴメリー (Holly Marie Combs) アリア母・高校教師
バイロン・モンゴメリー (Chad Lowe) アリア父・大学教師
ピーター・ヘースティングス (Nolan North) スペンサーの父

ミンクス・ドーソン (October Kingsley) 交換手

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336