スキャンダル 託された秘密 Scandal シーズン2 第5話 密談 All Roads Lead to Fitz

リンク広告 テスト




March 17, 2014
第5話 密談 All Roads Lead to Fitz

脚本/Raamla Mohamed 監督/Steve Robin
——————————————————–
フィッツはオリヴィアに関係は終わりだとして、君を解放する
と語る。
そんな中、検事局を停職に追い込まれたデビッド・ローゼンが
クインの事件を再調査していた。彼女によって爆死させられた
とされたジェシー・タイラーは死ぬ前の日にDCの石油業界の
大物に11回も電話をしていることを知り、これはデカイ陰謀で
ある事を告げホリスに接触。
その結果、ホリスはミリー、サイラス、オリヴィア、ソーントン
を呼び出しこの対応策を話合う。

メリーはこんな事を記者にでも知られたらどうなるのかとして、
キャリアが終わる事を告げる。しかしサイラスやオリヴィアは
全員が覚悟している事を語る。
一同非難の視線をホリスに向ける中、問題が有ったらオレを責
めれば良いとし、守った恩も忘れていることを指摘。しかし
今話合うべき重要なことはデビッドの件だという。我が社と
サイトロンの繋がりが知られたらここにいる全員は一生刑務所
暮らしになるのだという。デビッドのことをどうするのか。また
オレが暴走するかというホリス。するとこの件はオリヴィアが
やるとし、問題は私が片付けるという。

3日後。
検事局のパットはデビッドをオフィスに呼びだす。
熱心に働いてきたのに首にするなんて変だとしてデビッドは
不満タラタラでパットを責める。母の言葉を守るべきだったと
して「相手が喜ぶことが言えない時は何も言うな」という教えだった。
しかしパットは君を首にするとは言っていない事を告げ、
検事補に君の優秀さを伝えて謹慎を復帰させて欲しいと頼んだ
事を告げる。ただしオリヴィアの件で深追いすることはしない
という条件だという。

自助グループに参加しているベッキーはハックに声を掛ける。
ベッキーは色んなグループに参加しているがここが一番だと
告げる。ベッキーは個人的に好きな人がいる事を告げると、
ハックはベッキーに話しかけようとすると、突然ベッキーは
“デートの誘いならば行く!”として強引に話を進められてしまう。

オリヴィアたちは現場へと向かう中、オリヴィアの携帯には
エディソン上院議員から明日デートに行こうと誘われる。
オリヴィアは忙しい・仕事があると言って電話を切るが、すぐに
また電話が帰ってくる。ハリソンはクインにエディソンは
本気なのだろうと語る。
そんな中、オリヴィアはスタッフのみんなに中に入って何を見て
も顔に出さず、笑顔もジョークも禁止だと語る。ハリソンはアビー
のことを言っているんだぞと釘を刺す。

ハックを中心として現場検証をする。中には泥付きの足跡が有り
夫・レストンはこの場所に立っていたこと。アイツ(ビル・メイ
ヤー)が奥さんのジョアンの上に覆い被さっていたこと。、
血しぶきから見てカウンターで撃たれていたであろう事を告げ、
銃は2発胸に当たっているという。警察に知られたらマスコミが
殺到するというハリソンはどうするのかと問うとオリヴィアは
レストン知事と話をするという。

レストンは帰宅するとアイツが妻の上に乗っていたこと。ジョアンは
私を見るとお願い辞めてと叫んでいたという。銃を掴んで
撃ったとし、相手は妻をレイプしている男だという。素性も知って
いて建築業者で2年間も仕事を任せてきた出入り業社だという。
銃はいつもカップボードの裏に置いて有る事を告げ、私の選挙
演説を知っているオリヴィアならば分かるだろうと語る。
貴方は「銃擁護の民主党員」ねと告げる。オリヴィアはアビーに
対してジョアンを二階に連れて行き落ち着かせるよう語る。しかし
オリヴィアは奥さんがシャワーを浴びていることに気が付く。
これではレイプが有ったという証拠を消しているようなものだと
いうオリヴィア。貴方は酒も飲んでいるとして非難すると
飲まずに居られなかった事を語る。妻がレイプされていたんだぞと
いうレストンに対して、助けが必要ならば私の指示に従ってくれと
語る。私の手腕は知っているでしょとしてオリヴィアはレイトンに
語る。
オリヴィアは検事補でデビッドの変わりをしているジェーン・
パウエルを捕まえて欲しいという。クインはオリヴィアの手腕とは
何なのかとしてハリソンに尋ねると、大統領選でレストンは
フィッツ大統領よりも当時10pointリードしていたのだという。
オリヴィアがそれをひっくり返したこと。

パウエルもやってくる中、正式に現場検証が行われる。
クインはジョアンはクスリで眠ってもらった事を告げる。
オリヴィアの元に連邦検事局からパウエルがやってくる。
知事夫妻から話を聞きたいが何時に会えそうかと問うと、オリヴィア
は明日の12時にしてくれというと、パウエルは1時に話そうという。
相手はメリーランド州の知事だとして、配慮することを語る。
——————————————————–

フィッツ大統領から解放すると言われたオリヴィア。
大統領はG8の為に日本へ旅立ち不在の中、検事局を追われた
デビッドがクインの件で捜査を続けていた。クインの彼氏・ジェ
シーは死ぬ前の日にDCの石油業界の大物に連絡していること。
彼が勤めていたサイトロン社はホリスのドイル・エネルギー社
の子会社であり、デビッドはホリスが関係しているものとして
捜査していく。その流れを知ったホリスは当時の件に関与して
いるものたちを招集し、対応策を練る。
そんな状況の中、オリヴィアの元にメリーランド州知事・レストン
からの依頼の話が舞い込む。帰宅したレストンの前で、妻のジョア
ンが建設業者のビル・メイヤーに襲われていた為に射殺したと
いうものだった。オリヴィアは知事の為に尽力しようとするが・・

いよいよクインの過去の件の一端が明らかにされるエピソード。
過去の選挙選に於ける不正事件に関わっていたのがホリスの子会社
であるソフトウェア会社で、投票集計ソフトを開発し選挙選に於いて
それがフィッツ大統領を当選へと導いたとする流れを隠蔽する為に
密告しようとしたジェシーを含めた会社のメンバーを殺害したと
いうところに繋がるものが有りそうだ。今回はそんな流れに関連し、
人生を狂わされてしまった人たちのエピソードとして、深く連結して
いくものが有る。

クインの一件を見ると、主人公・オリヴィアに対する感情移入
がどんどん希薄化してくるものが有り、これまで視聴者としてもハリソン
が語る視線と同様に、一件悪そうなことをしているけど最終的には
この世を良くする為に動いていると思っているからこそ彼女に
肩入れ出来るのだけど、その根幹を否定される事実を提示されると、
感情移入のより所を無くしてしまう。

気が付くとこの人は思いっきり「ダークサイドの人間じゃないか」
というところに繋がって居て、それがフィクサーの仕事だと言われれ
ばその通りなのかも知れないけど、少しずつ彼女の姿が単なる
ビッチな女にしか見えなくなっている現状が有る。
彼女は直感で動いているとしているけど、その直感の基準が何なのか
ということにもなるし、結局彼女は誰でも仕事として守るのでは
ないのかという感じにも思える。
かと言ってそんな彼女のしていることを暴こうとしているアビーの
流れに肩入れ出来るかといわれるとそれもまた難しいものが有り、
まだまだ心の中ではオリヴィアの中の倫理的価値感を信じている
自分がいたりするのかな。

スティーヴの流れは想定出来るものが有った。
寧ろアビーがパソコンでスティーヴとデビッドがThe Griddle Cafe
で遭うのをお膳立てしているのを知る流れが呆気なさ過ぎるので、
オリヴィアが事務所の人たちの忠誠心を図る流れを見ているのかな
とも思うものが有った。
デビッドの部屋に盗聴器が仕掛けられていたので、アビーもオリヴィア
の流れに加勢している流れも有ったりするのか、それとも額面通り、
アビーの中に有る忠誠心がデビッドとの間の恋愛感の方に偏り、
オリヴィアの秘密主義に対する疎外感から来る不信感へとたどり着く
物なのか。

今回の単独のエピソードでは、上述した知事夫婦に起きた顛末を
描いたもの。一見すると妻のジョアンが出入り業社の一人である
ビル・メイヤーによってレイプされた為に夫のサミュエルが射殺した
とする流れが有る。それに対してオリヴィアはどのようにして
マスコミや世間をコントロールして、知事としてのイメージを
保っていくのか。
ジョアン役を演じているBrenda Strongは、
「デスパレートな妻たち」では、メアリー・アリス・ヤングと
いう自殺してしまった女性役を演じていた。殆ど声だけの出演
だったけど、日本で見ている人には小山茉美さんの声として
認識されてしまっているからなぁ。

そんな事実が二転・三転していくものが有り、レイプだとしていた
流れは実は単なる不倫だということが判明していく。
不倫相手の自宅の至るところに女性の長い髪の毛が落ちていて、
アビーがそれに気が付く。アビーが優秀な調査員だったとしても、
これくらいは所轄が抱える鑑識でも簡単に見つけ出しそうな気がする
けど。

冒頭の流れの中で記者会見に於いて、オリヴィアが示唆したのは
“シンプルでストーリーなどを込めずに発表せよ”というものだった。

「我々はみなさんのご支援に感謝する、この悲劇を静かに見守って
ください。」として会見で述べるよう伝えたのに対して、
アリソンはそれに反してこの一連の悲劇をストーリーを仕立てて
会見をしていた。

オリヴィアの指示にはまるで従おうとはしない流れを見ると、
最初からオリヴィアをハメるつもりでサミュエルは計画していた
のではないかと思うところも有る。不倫している妻に憤りを感じる
のは勿論のこと、サミュエルが常々恨み節のようにして語っていたのは
「1票の重み」ならぬ「4359票の重み」に取り付かれていること。
彼の中で不倫は単なるきっかけに過ぎず、そこまで毎日のようにして
憤りを感じていたのであれば、オリヴィアを殺して自分も死ぬという
意識の方が強く働く気がするんだよね。

ただドラマとしては、「不正票」の件が何処まで周知されている
のか分からない所が有り、選挙選に於ける敗北の流れの中に「不正票」
が左右したことをサミュエル本人に伝わっているとするならばオリ
ヴィアに対する憤り感も分かるのだけど、単なる嘘の流言がきっかけ
の選挙選の政治的牽制による敗北だとすると、ここまで憤り感を感じ
るだろうかというところも感じる。

昨日の敵は今日の友とばかりにオリヴィアを使って名声を高めた
ことで、サミュエルとしては過去のキズが癒されたし、オリヴィア
としては自分が語っていた「政治家の悲劇のストーリー」に
まんまとしてやられたことになる。
今回の流れを見ると、正直オリヴィアって何にもしていない気が
するので(笑)、彼女の優秀さが何処に有るのかよく分からない
感じもする。

恋愛に於いては至るところでちょっぴり危うい関係が続いている。
アビーとデビッドの関係は勿論のこと。
ハックとベッキーの関係、サイラスとジェームズの関係。
そして何よりもエディソンとアビーの関係と多種多様な流れが有る。

「電話や立ち寄るのを君は決して辞めてとは言わない。」(E)
「それはヤメて欲しくないから。誘って欲しい。でもまだイエス
と言う準備が出来ていない」(Oli)

やたらと洗脳するようにして希望と夢を壊した責任がオリヴィア
にあるということを繰り返し台詞として描いていたし、それに対する
流れとして「全ての道はフィッツに有る」とする主張もウザい
くらい耳にした感じがする。

メリーに対してサイラスが
「あなたは政治の天才だが、私は怪物だ、あなたが考えている以上に」
と語る姿が有るけど、その怪物さを出来ればもっと別のところで
発揮した方が良い気がする。妻を政治の天才だとすると、フィッツの
立場もない気がするけどね(笑)

●使用された曲

・Scandal End Theme
Composed by Chad Fischer
・You Haven’t Done Nothin’ by Stevie Wonder
・In the Bush by Musique

オリヴィア・ポープ (Kerry Washington) フィクサー、”リヴィー”
ハリソン・ライト (Columbus Short) 弁護士
アビー・ウェラン (Darby Stanchfield) 調査担当
リンジー・ドワイヤー/クイン・パーキンス (Katie Lowes) 弁護士
ハック (Guillermo Diaz) 技術担当・元CIA

サイラス・ビーン (Jeff Perry) 大統領補佐官
フィッツジェラルド・グラント(Tony Goldwyn) 大統領
ディヴィッド・ローゼン (Joshua Malina) 連邦検事補
メリー・グラント (Bellamy Young) 大統領夫人、ジェリー、カレンの母
ホリス・ドイル (Gregg Henry) 石油王、フィッツ支持

サミュエル・レストン (Tom Amandes) メリーランド州知事
ジョアン・レストン (Brenda Strong) 知事の夫人
ジェームズ・ノバック (Dan Bucatinsky) サイラスのパートナー、記者
エディソン・デービス (Norm Lewis) 上院議員
ヴァーナ・ソーントン (Debra Mooney) 最高裁判事・ガン治療
パット・ウェクスラー (Sam McMurray) 検事局
アリソン・ベッカー (Audrey Wasilewski) 知事の広報
スティーブ・ドハーティ (Cullen Douglas) オリヴィアが仕込んだ情報屋
ベッキー・フリン (Susan  断酒会とハックと知り合う
メアリー (Kate McGregor-Stewart) ホワイトハウススタッフ
ジェーン・パウエル (Mina Badie) 検事局
ブルック・フォスター (Kristin Carey)
ギャレット・コール (Keith Sellon-Wright)
キャロル (Dinora Walcott) 記者
ロニー (Bruno Amato) ピルの部下
ジェリー (Roberto Montesinos) ビルの部下
— (Michelle Wong) On Scene Reporter
— (Claude Knowlton) Waiter

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336