ホワイトカラー White Collar シーズン4 第3話 友情の代償 Diminishing Returns

リンク広告 テスト




July 10, 2012
第3話 友情の代償 Diminishing Returns

脚本/Jim Campolongo 監督/Stefan Schwartz
——————————————————–
ニールは顔を洗いながらピーターの言葉を思い出す。
「このままだと一生逃亡者だと。人生をリセット出来る。
ニューヨークに戻れるのだと。」
鏡に向かうニールは伸びた髭を剃ると、スーツを着込んで
FBIに出向する。
ニールはピーターに合流すると、復帰初日の感想を聞かれ、
最高だという。ニューヨークは散歩するのに良い町だという。
街の声が聞こえるというニールは「おかえり」と言われている
様だと語る。
ニールはピーターに対して辞令は出たのかと問う。オレが元の
仕事に戻ってあんたが異動なんて変だという。しかしピーター
はオレは命令に背いてお前を追いかけたのだから仕方がないの
だと語る。一体どの部署に配置されるのか・・その前にある
未解決の事件を調査しようと思っていると語る。

ヒューズからは配属先は取りあえず審査委員会の結果が出る
まで証拠保管庫での仕事だと告げる。ニールの面倒に関しては
ジョーンズが引き継ぐという。ヒューズは上層部の連中は
君の事を首にする口実を探しているのを気を付けろとつげ、
ここの連中はみんな復帰を願っているのだから・・と語る。
穴蔵で大人しくしていろということだと。

証拠保管庫ではパターソン捜査官が待っていた。
私は審査委員会に君の勤務態度を毎日報告する役割を持って
いるのだという。出勤記録を必ず打録し、時間は厳守、任務
の締め切りなども厳守だと語る。違反したら即報告するという。
まずは盗まれた携帯電話のSIMカードでの分類作業をしてもら
うという。締め切りは金曜日の朝だと。

地味に仕分け作業をする中、ニールがランチを持ってやって
くる。あとたったの二千個で仕分け作業が終わるというピーター。
そんな中、ニールが証拠保管庫にやってきているのを知った
パターソンは重罪犯はここに来るのは禁止だと語る。ランチ
を届けに来ただけだと告げると、外のピクニックエリアで喰え
という。
そのエリアとは屋上だった。
「輝く太陽、新鮮な空気、有刺鉄線、思い出すよ刑務所の運動場を。」
刑務所ではフレンチなんて食べられないだろうというピーターに
対して鴨のコンフェが出たことがあるという。波風を立てなければ
出られるという。
そんな中ピーターはニールにたいして審問会が終わったら全て
を話すと言っただろうとして、ニールのことを聞く。
するとニールは父が汚職警察官だった事を語る。エレンは父の
相棒で、その父を逮捕した人物だという。父親が何をしたのか
よく分かっていないとのことだった。
そんな会話をしているとまたしてもパターソンがやってくる。
昼休みは一時間はあるハズだろうというと、ピーターは30分遅刻
してきたのだからもう終わりだという。それに押収された
インクカートリッジが飛び散り大変な状態になっているので片付け
る様語る。

ニールはジョーンズとダイアナの元にいく。
ニールはピーターの昔の事件を調べたい事を語る。しかしジョ
ーンズたちはニールには仕事を与えたハズだとしてそれを調べる
よう語る。ニールは信用詐欺と、口座を使って資産隠しの件は
調べた事を語る。ピーターはオレのせいで異動になったのでピー
ターが行おうとしていた捜査を引き継ぎたいのだという。資料
を見せて欲しいと頼むとジョーンズは大量の資料を田和巣。

20年前から未解決の事件だった。
FBIは20年間追っている大泥棒で、最初の犯行は証券会社の金庫
破りで500万ドルの強奪、その5年後にはブロンクスの銀行で560
万ドルを強奪。そしてまた5年後に現金輸送車を襲い400万ドル
相当の無記名証券を強奪したのだという。2つ共通していること
が有り、5年置きの犯行である事。周期的に今週それが行われる
可能性が高い事。今回のを逃せばまた5年間潜伏してしまうと
いう。時効になるのを待っているのだろうとし、時効後に前の
犯罪は不起訴で刑も加えられない事を知っているのだろうと。
2つ目の共通展は犯行現場に煙草の在留物があること。指紋やDNA
は検出されていないが、ターキッシュハーモニーという高級タバコ
だという。ボスは同じ銘柄のタバコの事件から犯罪を見つけていた
という。その結果内部犯行を疑い、ピーターは被害に有った
銀行に潜入したという。ピーター・モリスという偽名を使って
潜入していた事を知る。
——————————————————–

ピーターはニールを説得してニューヨークに戻した結果、逃亡
したニールは元のポジションに戻れたが、ピーターが異動させ
られるということを知りニールとしては責任を感じる。
そんな中ニールはピーターが長年に渡り捜査している案件(20年
前から犯行)が有る事を知る。ニールはそれを解決してなんとか
ピーターを知的犯罪班に戻したいと考えるが・・・

今回からがシーズン4のスタートって感じのエピソード。
やはり都会で活動してこその知的犯罪班だと言いたいところだけど
肝心のピーターが証拠保管庫での作業ということも有り、
どういう形でドラマ・捜査が進行していくのか気になるところ。

今回は5年に一度登場する強盗犯を追っているピーターの案件を
ニールが解決していくという流れだった。ニールがいると
こんなに簡単に解決してしまうのかと思うと、正直ピーターの
捜査官としての資質にも繋がってきそうだけど、過去の事件の
捜査を扱うとそう見えてしまうのは仕方がないのかな。

ピーター無き後、ニールは臨時的にジョーンズの部下になったとは
いえ、仕事として何をするんだろうか気になる。ピーターは常に
ニールの行動を監視しつつの事件捜査に当たっていたけど、今の
ニールは行動範囲が限定されるとはいえ自由に動き回っている姿が有る。
逆にピーターは監獄のような監視が居る中での証拠保管庫での仕事。
ニールからは屋上の光景は刑務所運動場みたいだと揶揄されていた
けど、自分の役割とはいえ、パターソン捜査官とかFBIには嫌なヤツ
しかいないみたいなところが有るな。
普通捜査官同士リスペクトするものなんじゃないかって気もする
んだけどね。

エリザベスが語る様に、ピーターがこれまで一体何人逮捕してきた
のかって話ですよね。

ピーターが追っている人物は5年周期で犯行を繰り返している男性。
周期的に考えると都合よくもうすぐ事件が起こるであろうことを
ダイアナは語る。5年周期に犯行を繰り返す裏には時効の問題が
あるようで、強盗事件はたったの5年で時効になるのかと。

犯人が現場に唯一残して行くのがターキッシュハーモニーと呼ばれる
高級タバコの吸い殻だということで、検索をかけると2日前に
ニュージャージー州でデリバリートラックが盗まれていることが
判明する。その車を取り寄せてシートを調べた結果、身長は
大体175cmから178cm。そして台車を使って水のボトルを取り出して
いることから、台車を結んだ結び目からして左利きだということを
割り出していく。
ピーターってそんなに大きそうに見えないけど188cmもあると聞いて
驚く。逆に今回の犯人役のクック演じるMichael Westonは
175cmから178cmだとしていたけどもっと小さく見えるところが有った
な。「Dr.HOUSE」で先日まで探偵ルーカス役で出演している姿が
有った。

かつてピーターは銀行に潜入捜査していたことが有り、その時は
ピーター・モリスという偽名を使っていたそうだ。

一方ドラマではニールの過去にも触れる流れが有った。
シーズン3でピーターとニールの間での約束が履行された格好で、
ニールのこれまでの人生を語るというものだった。
ニールの父は警察官で、人を殺したであろうこと。父親が逮捕
されたことで母親はニールを育てられなくなり、エレンに育て
られたこと。ニールは3歳から証人保護プログラムを受けて居るよう
なことを言っていたけど、何から保護されているのだろうか?
セントルイスに移り、その際ダニー・ブルックスと名乗っていたが
18歳の時に本名がニールだと知り、母方であるキャフリーを
名乗ってきたこと。
ニールの父が何らかの陰謀に巻き込まれた可能性が高いけど、
凶器の銃から指紋が発見されたことや、捜査している内に大きな
事件にぶち当たりその結果自白しているこを語っていたので、
その辺の事実関係がどのようになっているのか・・・だね。

肝心の今回の犯人は、競争心の強い人物だということで、彼が
懇親にしている故買屋のリナをピーターと取引するように仕向け
て、クックが宝石を持って急いで売りに来るところを捕まえる
という流れだった。その過程で宝石を意図して選ばさせるという
心理的トリックが有るところは如何にもニックらしい手法だった。

モジーの登場をピーターに知らせる為に、証拠保管庫での盗品の
携帯の整理作業をモジーが行うという流れが有った。
立ち去るモジーの後ろ姿がまた頼もしくも有り可愛くもあり・・。
しかしこれを見れば、人には得手不得手が有り、ピーターに
こんなことをさせてもまさに効率が悪いことを示すばかりだった
ね。

■パターソン捜査官役のBrett Cullen

何度も取り上げているので今更なんだけど、「アンダー・ザ・ドーム」
ではバービーの父・ドン役、「Person of Interest」では
フィンチの元仕事仲間だったネイサン役。1月からDlifeで始まる
「デビアスなメイドたち」ではスタッポード家のご主人・マイケル役
で登場予定。

・La Di Da by Victorian Halls

ニール・キャフリー (Matt Bomer) 天才詐欺師
ピーター・バーク (Tim DeKay) FBI知能犯専門チームの捜査官
モジー (Willie Garson) ニールの友人、犯罪者社会との深いコネ
ダイアナ・バリガン (Marsha Thomason) FBIピーターの部下
エリザベス・バーク (Tiffani Thiessen) ピーターの妻
クリントン・ジョーンズ (Sharif Atkins) FBI ホワイト・カラー・ユニット
リース・ヒューズ (James Rebhorn) FBI・ピーターの上司

パターソン (Brett Cullen) 捜査官
デビッド・クック (Michael Weston) 犯罪者
リナ・オークス (Laurie Williams) 故買屋
エレン・パークス (Judith Ivey) 元刑事、証人保護

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336