グッドラック・チャーリー Good Luck Charlie シーズン4 第16話(95) さよならボー Bob’s Beau-Be-Gone

リンク広告 テスト




第16話(95) さよならボー Bob’s Beau-Be-Gone

脚本/Tom Anderson  監督/Bob Koherr
——————————————————–
ボーがダンカン家にやってくるとみんなに挨拶をする。
ボブはそんなボーに対して今日はお仕事だ”リトルB”と語ると
ボーもまたボブに対して”ビッグB”に楽しみだと語る。
アダナで呼び合っているとしてテディは微妙な視線で眺める。
ボブは今日は蜂の巣をやっつけるので、噴霧器はボーに持たせて
やるという。
パパはボーのことを気に入っているとして、テディは何か嫌な
予感がすると語る。学校にいくことをエイミーに告げると、
楽しんでねリトルTと言われ、テディもまた母に対してビッグA
ねもと語る。

PJとエメットは家賃を払わないといけない事を語る。
エメットはまた払うのかとすると、毎月払うものなのかという。
オレは金がないというと、PJは無責任だとし、オレだって金は
ないという。このままだと実家暮らしになるというと、エメット
はPJは戻れば良いだけだが、オレは親が引っ越しして、その場所
を知らないのだという。逢いたいときは外で逢う事になっている
とし、尾行しないという約束を交わしているのだという。
それならば負担を減らす為にもルームメイトを探そうと語る。
それって家賃は1/3になるってことだよなというエメットに対して
オレに聞くなというPJ。

ゲイブはローレンと共にゲームで楽しむ。
アンドロイド相手に冷徹に倒しているローレンの姿。
そんな中エイミーが二人の前にやってくると、元気がなかった。
ローレンはどうしたのかと問うと、私はテレビタレントで
“オハヨー、デンバーでお馴染みの”という。しかし最近は
お呼びがかからないので落ち込んでいるのだという。お払い箱
ということなのかというと、まだ噛めば味が出るのに・・と
告げる。ゲイブはそんな愚痴はパパが相手にして欲しいとして
パパを大声で呼びだす。最近「Mr.野菜」のテレビコーナーが
人気なせいで、「ズッキーニを食べてビキニを着よう」という
コーナーがたまたま当たったのだという。ローレンは祖母も
それにハマっているというと、ゲイブはまさか水着は着ていない
だろう?と問う。しかしエイミーは明日久しぶりにあるコーナー
を担当した事を告げ、久しぶりの出演だという。これが最後
かもしれないこと。しかし最後ならば子供にベッタリ出来る
時間が持てると聞くとゲイブはゾーっとする。明日は家事を
こなす方法を教えるというもので、小さい子と遊びながらタオル
で動物の形にするのだという。見てみるか?と言われ、ローレン
は見たいとして語るが、ゲイブはそんな事をしたら調子づくと
考えて嫌な顔をする。タオルで作った白鳥。作り方も教えよう
か?と言われる。

テディの元に仕事を終えた父とボーがやってくる。
初めてボーが便所コオロギを見つけたとして、オレはエンマコオ
ロギかと思ったと語る。ボーは筋がいいとしてボブの口調は
軽かった。ボーもまたボブの仕事も笑いのセンスも超一流だ
とすると、ボブは俺たちは最高のチームだと語る。
テディはボーに対してもう社員になったのだから父のことを必死
に持ち上げなくても良いし、害虫駆除に入れ込むフリをしなくても
良いというが、ホントに好きな仕事で一生の仕事にしたいのだと
いう。そんなテディに嬉しそうに軒下で見つけた害虫の話を
しようとすると、テディは母親からの教えとして「軒下の話は軒下
に置いておく」のだと語る。
——————————————————–

■テディとボーとボブ

テディとボーが恋人関係になり、しかもボーは「虫退治屋さん」
の社員になった様子。
冒頭ではほのぼのとしたやりとり。
ボブはボーのことをリトルB、ボーはボブのことをビッグB。

それに関連してエイミーはテディをリトルTとし、テディはビッグA
と語っていた。

ボーと居るとどうしても害虫ネタが多くなる。
テディはそんな話を聞かされて育ってきているからなのか、
害虫ネタを嫌う。まぁ誰でも害虫の話なんて聞きたくないか。
でもネコが絡んでくる害虫ネタは聞いて見たかった(笑)

このままボーと結婚すれば、ボブとエイミーのような感じの家庭
になってしまうとする不安の表れ。
夢に見たボーの姿は、髪の毛が薄かった。流石に腹は出ていなかった
けどね。赤ちゃんは可愛いものが有ったね。

ボブは寧ろボーとテディが結ばれて欲しいようで、このまま関係が
進めばボーに会社を譲るとまで言っていた。

しかし結果としてボーの地元であるテネシー州で害虫駆除業社を
していたラルフ・ヒューズが亡くなったことで、ボーにはその枠が
空いたこと。それで地元に戻ることになった。
ラルフって誰?と二人で語るシーンが笑えたけどね。

まだ付き合ったばかりの二人なので別れもそう悲しくないのかな。
一番悲しんでいたのがボブ。
女の子の失恋の様な態度を見せていたボブが気持ち悪かったけど
笑えた。

■エイミーとゲイブ

久しぶりにエイミーの「おはようデンバー」ネタ。
最近エイミーはライバルであるズッキーニの企画を出した人に押され
てテレビ局に呼ばれなくなっていること。
フィルとロンダが司会だけど、二人は私生活で付き合っていたけど、
ロンダはMr.野菜に乗り換えたのだという。

ゲイブはエイミーがテレビ局でタレントとして働いていれば
自分達に関わってくることは無いだろうとして、なんとか母を
排除しようとする。その為に「おはようデンバー」の番組宛に
明日放送する予定のエイミー出演の番組が面白かったということを
予め手紙に書いて、テレビ局に送った。

しかしいざ番組が放送する際に、デンバーではカーチェイスの
生中継が起きて番組の放送が無かった事。ゲイブとしては気まずい
状況の中、翌日エイミーからは、私とゲイブの関係を取り上げる
ことになったとして、「ママのベイビー・ゲイビー」という番組
に一緒に出演するよう言われる。しかし厄介払いしようとしていた
ことをチャーリーに聞いたということで、ゲイブはお仕置きされた
格好だった。

■PJとエメット

なんとなく最近PJパートが面白く無いな。

エメットは稼ぎがなくPJも仕事をしている訳では無いのでアパート
の家賃を払うことが出来ずにいる。
その為、もう一人ルームメイトを増やして、負担を減らそうと
考える。
ブライアンにするかアンディにするか。
三人いれば人間プラミッドが出来るということで、エメットとPJは
興奮していたけど、高さを取るか軽さを取るかで意見が割れる。

4人で試しに済む事になり、室内の居場所を巡りローテーションを
組んで、時間で移動して居場所を確保するという流れだった。
結局2人は出て行くことになり、ブライアンとアンディが一緒に
住むことになったのかな。

しかしエメットが出たのって久しぶりかも。
エメットの両親は引っ越ししてしまって、どこに住んでいるのか
知らないという辺りが笑えた。

テディ・ダンカン (Bridgit Mendler) 長女
PJ・ダンカン (Jason Dolley) 長男、バンド
ガブリエル・ダンカン(通称:ゲイブ)(Bradley Steven Perry)次男
シャーロット・ダンカン(通称:チャーリー)(Mia Talerico) 次女
エイミー・ダンカン (Leigh-Allyn Baker) 母、看護師
ロバート・ダンカン(通称:ボブ)(Eric Allan Kramer) 父・害虫除去業社
トビー・ダンカン (Logan Moreau) 三男

ローレン・ダブニー (Jaylen Barron) ゲイブのガールフレンド
ボー・ランドリー (Luke Benward) テネシー出身、ボブの部下
ブライアン (Ely Henry) 大学院生、天体物理学
アンディ (Collin Lee Turner) きれい好きと物静か、大型

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336