溺れる女たち ~ミストレス~ Mistresses シーズン2 第11話 岐路 Choices

リンク広告 テスト




第11話 岐路 Choices

監督/Michael Grossman 脚本/Jordan Budde
——————————————————–
【前回までのあらすじ】
スコットはジョスにプロポーズし指輪を渡す。
トニはドミニクをパワハラだとして上司に訴える。貴方はカモ
り易かったというトニ。カレンはアナのことを家の泊めている
中、ジェイコブに逢うカレンは、君はいつも心に従う行動を
取るとしてそこを愛していることを指摘される。エイプリルは
ルーシーの部屋にFBI・トーマスが盗聴器を仕掛けていたことを
知りFBIに乗り込むと、なんとアーティストだと思っていた
ダニエルがそこで働いている事を知る。一体そこで何をしている
のか・・・と。

【ストーリー】
エイプリルはトーマスやダニエルから話を聞く。自分はFBI捜査官
だとすると、エイプリルは出会ったのはアートショーなのに
何故なのかという。トーマスはそれも計画だったという。友達の
ミッキーや何人かいたのに信じられないという。重要な捜査だった
という。ポールの情報が欲しいのであれば最初からそう言ってく
れれば良いのにこんな手の込んだマネをして恥を欠かせるなんて
と激怒。しかし夫を庇って嘘を付いていたので信用出来なかったの
だという。大事なのは今後のことだとすると、エイプリルは彼に
ビンタしてオフィスから出て行く。

カレンはアナに対して、就職のことやアパートのことで相談する。
しかし自分は大学を出ていないので就きたい仕事につける訳では無い
という。カレンが探してくれているアパートに関しても敷金や
家賃の一ヶ月分を前払いしなければならずまともな部屋を借りる金
はないという。完全に行き詰まりの状態だという。韓国の実家に
帰ることが出来れば良いのに・・と告げると、帰国することを
考えているとは思わなかったというカレン。しかし本気じゃないと
いうアナはそもそも帰れない事を語る。何年もずっと嘘を付いて
こっちでやってきたこと。結婚・幸せ・出世したと思われている
こと。カレンは思い切って打ち明けたらどうかとするが、突き放さ
れるかも知れないという。カレンに対して今までこんなに気に
掛けてくれる人がいなかったので感謝していると語る。

ドミニクはトニの元に行くと目の保養になるなと告げ、美貌には金
が掛かっていそうだと嫌みを告げる。ドミニクはジムに電話する
と、元同僚のトニについて聞きたいと語る。

サヴィとカレンは二人で逢って会話していた。ドミニクとは別れた
こと。カレンはお似合いなのに残念だと語る。いつの間にか
関係が壊れてしまい努力したが先が見えなくなったという。
そこにジョスがやってくると、結婚することになったとして指輪
を見せる。相手はスコットだとすると、カレンたちは驚く。
ジョスは姉の髪型が落ち込んだ時のものだとしてどうしたの?と
問う。しかしサヴィは大したことないとし、それよりも妹が結婚する
なんて凄いことだと喜ぶ。更にそこにはエイプリルがやってくる。
ジョスが結婚することになったとしサヴィはドミニクと別れたと
話すとエイプリルはダニエルはFBI捜査官でポールのことで私を利用
していたことを語る。それを聞いたサヴィはそのネタには流石に
勝てないと降参する。

ハリーの元にいくジョス。ハリーは凄いニュースがあるとして
グレタは相当イカれた女だという。メールが来ていたが、プレ
オープンまで3週間なのにメニューをイチから考え直せと言ってきた
のだという。先日okを出したばかりなのに無難すぎると言って
いるのだという。日本っぽさを出して、ロスならではのメニューに
するなんて矛盾していると語る。占い師からは白と紫の野菜を
避ける様言われたのだという。エンドウ豆とレンズ豆の区別も付か
ないモデルに言われたとし、首の前にこっちから辞退するという。
ジョスは話合いをすれば大丈夫だとしハリーを必要としているのだと
いう。ハリーはジョスのニュースとは何なのかと問うが、結婚のことは
口に出せなかった。

ドミニクは上司のロンにトニのことを報告する。
トニが以前勤めていた事務所の重役と話したこと。トニは前の事務所
を一年で辞めているのだとし、理由を聞いたら”そこは掘り下げない
で欲しい”と言われたのだという。きっとそこでも何か有ったのだと
いうが、ロンは今確かなのは君が部下とネタという事実だとして、
大人しく仕事をするべきだと語る。

ジェイコブはカレンと共にネクタイを買いに行く。
これから何の面接があるのかと問うと就職の面接なんて10年は
受けて居ないというジェイコブは不安を口にする。しかし出会って
5分であなたのことを好きになったというカレンは、人を安心させ
る力があるという。今夜は忙しいかというジェイコブは一緒に
食事をしようとさそうが、今アナを一人に出来ないという。今は
彼女を助けたいとし、彼女は実家に帰りたがっているが両親が
どんな反応をするか怖がっているのだという。もう君は彼女の
セラピストではないんだろうとすると、友達としてアドバイス
して見たらどうかと言われる。

サヴィとジョスは食事をした後、サヴィは結婚式場の会場の下見
をしていることを語る。サヴィはジョスの式は全て自分が仕切る
とし、私の企画力を信じて身を任せてと語る。そんな中、自分の
車がなく別の車を駐車係が持ってくるのを知る。スコットからだ
とすると、彼が高級車を買ってくれたのだという。ジョスの車は
婚約者が乗って帰ったとのこと。サヴィはスコットって金持ち
なのかと問うと、今まであまり意識していなかったがそうかも
知れないことを語る。サヴィはジョスがあまり嬉しそうにしていない
気がしてどうしたのかと尋ねる
——————————————————–

■サヴィの場合
仕事:弁護士
問題:夫・ハリーとの関係、職場のドミニクとの不倫

今回のサヴィはどういう方向に進むか全く予想出来なかったですね。
ドミニクとの関係を元通りにするとも思えないし、暫くはサヴィ
の結婚話に隠れて、サポート役に徹するのかなと思って見ていた。

ドミニクがトニによってハメられたことで、社内での立場がどうなる
のか気になるものも有った。ドミニクがこうなるのも必然的なもの
が有るのかなと思っていたし、それでもトニのしていることを許せ
そうにもなかっただけに、ドミニクがどうやって冤罪を晴らして
いくのか気になるところもある。

弁護士なので一度問題が発生したのであれば、ボイスレコーダーに
会話くらいは全て録音する知恵を持て!と思っていたけど、この辺
は流石に同じ事を考えていた様だ。面白く出来ていたのは、ドミニク
に協力したのがサヴィだったこと。ドミニクがサヴィに対して不正
に仕事から外したのではないかと思わせる中、トニの方から
男性社会の中での上に登るための方法論を聞かされる。
社会は男性優位だがセクハラ、モラハラ、パワハラの件では、
女性が優位であること。「性的関係を解消したら不愉快な思いを
させられたと言えば良い。セクハラの常習犯だと思わせれば有罪
決定だ」という。それを録音しておいて、ロイら上司や人事部の
前で再生し、上手いことドミニクの容疑を晴らした。

しかしトニの才能を見越してここに残すというのだから凄いね。
ドミニクもルールを破ったので人の事は言えないというところなのか。
こんなことで改心するとも思えないけどね。

サヴィはその後、ザックから連絡が有り、彼は仕事に就いた様子。
ザックからRed Hot Chili Peppersのチケットのお返しだとして、
皮のジャケットの贈り物が有った。また食事にいく約束を取り付けて
いく様だ。

■カレンの場合
仕事:精神科医
問題:患者との関係

カレンにとっても今回は転換点だった。
精神不安定だったアナが何か企んでいるのではないかと思いヒヤヒヤ
していたのだけど、アナは結局そう悪い人物ではなかったのね。
ジェイコブとカレンが付き合っているのを知って、絶対に妬みで
何かをしてくるのかと思ったけど、アナは思った以上にカレンに
恩義を感じている様子。

アナが実家に帰りたがっているというのはある意味ではカレンにとって
都合が良いことだろうなと思っていたので、凄い勢いで協力して
いくのだろうなと思っていたけど、理由はそんなことではなく、
カレン自身もアナと同じような気持ちがわかるということで、
その当時のことを語る。
何よりもカレンも似たような過去が有り、母は娘の地位の高い職業
になることを育ててきたという如何にも韓国系らしい光景だけど、
カレンは西海岸の大学を片っ端から受けてスタンフォード大に入った
こと。
しかしニューヨークへのチケットは高く時が経つ毎に家には
帰宅しなくなるようになり、やっと母が望んでいたキャリアウーマン
になれたのにその姿を見せられず、父から電話が来た時には母の
死の知らせだったという。
韓国の実家にカレンが電話しアナと実家の関係を繋ぐ役割を果たした。

ジェイコブとの関係に関してはこれで何の障害も無くなったのかなと
思ったけど、気が付くとジェイコブは今の仕事を辞めて、仕事の面接
をしている様だ。そして彼はボストン大で依存症のセラピーの研究
をしていたら、その研究に助成金が出て大学からは責任者として抜擢。
教員の地位とボストン医療センターでの診察の機械も与えられると
して、カレンにも一緒にこないかと誘う。

カレンも今の仕事を辞めて別の道を模索する様子。
新しい道を歩むために友達と別れるのかと思わせ、この土地から
も離れてしまうのかと思わせたけど、友達は友達でも彼女たち
は家族以上のものがあるとのことだった。

■エイプリルの場合
仕事:家具店オーナー
問題:アートへの道

なんと言ってもダニエルがFBI捜査官だったというのが驚き。
確かに実家に帰るとか言いつつ実家の話は嘘だったり、女性と
一緒にいたとする話が出てきたりして不信感が有り、如何にもきな
臭さは有った。ただダニエルって素人のエイプリルに疑われる
ってくらいだから潜入捜査が下手過ぎるよな(笑)

ダニエルとはもう終わりだとしてFBIにも協力しないとするが、
トーマスからは先日サヴィが弁護士の立場からエイプリルに対する
懸念すべき事項が述べられたけれど、ポールの生命保険金を
受け取っていたことは詐欺行為であるし、懲役刑になるといわれ
たら協力せざるを得ない。ちゃんと弁護士立てて、司法取引を
書面で扱っておいた方が良いのではないかって感じ。
ポールから連絡が来たら話すということだけど、彼からだと思われる
箱が届いて其の中に携帯電話が入っていることが分かる。

■ジョスの場合
仕事:イベントプランナー
問題:仕事の軌道

いよいよスコットと結婚することになったけれど、ハリーに婚約した
ことを話せないでいるところは、彼を異性として意識しているから
なのか。
姉の元旦那に手を出すのは、御法度も良い所だろうけど、ジョス
がハリーを意識しているだけでなく、ハリーもまたジョスを意識
しているところが有るのかな。

ジョスはスコットがプレゼントしてくれることに対して、愛人時代
を思い出すので嫌だとしていたけど、そんな設定って有った
んだっけか。車をプレゼントされたことで、むかつくことを言われて
も車のことを言われたら言い返せなくなるとしてエイプリルに
悩みを吐露。Destiny’s Childが歌っているような自立した女性
にようやくなったのだとしてジョスは、関係の対等性が崩れること
に恐れをなす。頑張って購入した愛着有る車の件も引き合いに出して
いたりしたけど、結局それは言い訳で、実はスコットを好きだけど
ハリーの方が好きで、その為の言い訳をしているのではないのか
という感じにも受けるんだよね。

でも今回色々と二人で婚前契約と称して話合っていた。

1) 2人の関係は全てに於いて平等で力を持ったり支配はなし。
君の独自性や個性を保たれること。
2) 支払いはそれぞれにすること。ジョスは電話代とケーブルTV代を
払うという。水道で電気代はスコット持ち。
3) 名字は別々。
4) 二人の性関係は週5回以上(笑)
5) 1日に一回は愛していると言うこと。

はいごちそうさまでしたということで、これだけ良い条件を出されて
も婚約破棄するのかってところになるのだろうか。

でもこのジョスの役がイギリス版のShelley Conn役のジェシカだと
すると、その後スコットが・・って感じになるのだろうけど、
職業が違うからね。

■使用されている曲

・Hey Na Na by Katie Herzog
・I Can’t Get You Off My Mind by Miss Li
・Roll With the Punches by Lenka

サバンナ・デービス (Alyssa Milano) “サヴィ”、弁護士
カレン・キム (Yunjin Kim) 精神科医
エイプリル・マロイ (Rochelle Aytes) 家具店オーナー
ジョスリン・カーバー (Jes Macallan) “ジョス”、不動産コンサルタント
ハリー・デイビス (Brett Tucker) コック、サヴィの夫
ドミニク・テイラー (Jason George) 弁護士、サヴィが好き
ルーシー・マロイ (Corinne Massiah) エイプリルの娘

ジェイコブ・ポラック (Matthew Del Negro) 精神科医、元カレンの同僚
アントニア・ルイス (Rebeka Montoya) “トニ”
アナ・チョイ (Catherine Haena Kim) カレンの患者
アダム・トーマス (Jason Gray-Stanford) FBI捜査官
ダニエル・ザモラ (Ricky Whittle) エイプリルの元夫
スコット・トロスマン (Justin Hartley) 整形医、ジョスの彼
ザック・キルマー (Jason Gerhardt) サヴィと事故で衝突した人
ベン・オデル (Brian Hallisay)
グレタ・ジャガー (Helena Mattsson) レストランの出資者
ウェンディ・ウェグウェイザー (Pam Cook) 弁護士事務所・人事部
ロン・ミッチェル (John Martin) ドミニクの上司
モリー (Whitney Hoy) 弁護士事務所のスタッフ
クロエ (Ilyse Mimoun) ドミニクの秘書
バレット (Dylan Rourke)
— (Keye Chen) Messenger

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336