ドクター・ハウス Dr.HOUSE シーズン8 第19話 過激な治療 The C Word

リンク広告 テスト




第19話 過激な治療 The C Word

脚本/John C. Kelley、Marqui Jackson
監督/Hugh Laurie
——————————————————–
父・サイモンと娘のエミリーは一緒に滑り台で遊ぶ。
次は何をするかと問うと彼女はメリーゴーランドに一人で乗り
たいという。私は6歳でもう赤ちゃんではないということで、
母さんには内緒だぞとして、メリーゴーランドに乗せると
サイモンはビデオカメラで娘の様子を撮影する。しかしエミリー
の様子が少しずつおかしくなり、ついには鼻血を出して倒れて
しまう。

ハウスはウィルソンの元にいく。
ウィルソンはハウスから隠れて自分のレントゲン写真を見て
いた。それって俺たちの愛しい腫瘍かというハウス。赤ん坊が
育つのは早いなと。ウィルソンは何でここが分かったのかと
問うとフォアマンが喋ったのかとするが、後を付けただけだ
という。ウィルソンはハウスに治療に関わって欲しくないとする
が、医者としてではなく友人として支えになるという。
今までオレに構うなと言ってもお前は数々のお節介を焼いてきた
のでそのお返しだという。口出しは一切しないとすると、お前の
シケタ顔を見た後ではびしょ濡れガールコンテストは楽しめな
いなという。ハウスは休暇を取って来たのだと語る。

タウブはハウスが休暇を取るなんて悪い兆しだと語る。
アダムズはハウスがウィルソンを支えたがったらこの世が
終わると?と語る。
フォアマンがやってくると、今回の患者についてみんなに語る。
6歳女児、「鼻出血」と「呼吸障害」、「毛細血管拡張症運動
失調症(AT)」だという。そんな中エリザベス医師がやってくる
と、ATM遺伝子に変異が見られることを語る。ATに似た症状を
呈しているけど全部は揃っていないという。フォアマンは彼女は
エリザベス・ローソン先生・ジョンス・ホプキンスの発生遺伝学者
だと紹介する。チェイスは患者と同じ名字だと指摘すると、
エミリーは娘だが医者として来たのであり母親ではないと語る。
タウブはATによく見られる症状だとして鼻出血などのことを語る。
パクは病状が進行したのではないかと問うと、AT患者の平均
寿命は20歳でありエミリーはまだ6歳だという。別の病気だと
し、肺は正常で2日前に肺の検査をした事を語る。
メリーゴーランドから落ちて頭部外傷を負っている事を語る。
このチームは最高だとエリックに聞いてると語ると、パクは最高
ですと語る。ウェゲナー肉芽腫の可能性を言及すると、X線の検査
は出来ない事を告げる。AT患者は放射線に敏感なのでMRIを受けさ
せるという。彼女は娘の体のことはよく知っているのだという。
それはどうかな”エリック”先生とチェイスは語る。

ウィルソンは腫瘍科のコンドー医師から腫瘍が周囲に広がっている
ので切除前に小さくしましょうという。具体的な治療計画を知り
たいというウィルソンに対して、3週間放射線治療をするという。
十分に縮小しなかったら今度は化学療法を行うこと。
それでダメならば死ぬということかと告げるウィルソン。しかし
コンドー医師は放射線だけで縮小確率は75%以上だという。
ウィルソンは放射線と化学療法を同時受けたいという。しかしそれ
では免疫システムに負担が掛かりすぎるとし、あなたも
同じプランを患者に勧めるでしょとウィルソンに語る。ハウスに
ウィルソンを説得して下さいとすると、医者ならばもっと威厳
を持って自分の病気と向き合うべきだという。

サイモンはエミリーが倒れた時一緒だった。一週間預かっていた
時には元気だったのだという。
これからMRIを取ると語る。

ウィルソンとハウスは潜水艦ゲームをしながら飲む。
ハウスはウィルソンに十分に酔ったみたいなので話を聞くが、
コンドーの前で何故取り乱したのかと問う。恐いのかと問う。
患者がセカンドオピニオンを求めるのは取り乱すとは言わない
だろうというが、ハウスは今すぐに放射線治療を受けろという
ハウス。引き延ばすほどに胸の腫瘍は大きくなるのだという。生きた
きゃすぐになんとかしろと。手始めに一人で春休みを過ごすよと
いうウィルソン。

さっきは寝たふりをしていたというエミリー。
両親がケンカするのを聞きたくなかったからだった。タウブは両親
のケンカは子供が心配だからだよと説明する。離婚したりする
のかと問うと、離婚しているタウブとしては一瞬言葉に詰まるが、
自分もケンカをしたが、仲良くしていると嘘を付く。
あの母どう思うか?子供を患者と呼んでいたというアダムズ。
そんな中エミリーは体が痛いとしてパパに逢いたいと語る。

手足の血行が回復したとしてタウブは報告。
チェイスは「レイノー現象」の原因はと尋ねる。MRI検査室は
寒いしストレスも病状を悪化させるという。しかしエリザベス
はあの子はMRIも寒さも慣れているとするとスレトスは他にある
のだという。ケンカを気にしていることをアダムズは語る。
続発性レイノー現象かも知れないというタウブ。SLEならば
病状は確かに合うという。しかしリンパ節は膨張していないし、
免疫賦活化の兆候は無いというエリザベス。重金属中毒かも知れ
ないとすると原因は?と問う。サイモンが三週間前に古いアパート
に引っ越ししたのだとし、どんな断熱材やペンキが使われているか
分からないという。良い父だけでエミリーの健康に関しては失格
だという。私が部屋を調べてくるので居ない間にキレート療法を
してくれというエリザベス。しかし寧ろチェイスとアダムズは
エリザベスの家を調べる。地下室には危険な薬品が沢山有った。
エミリーを入れさせたことはあるのかとすると、ベビー用の
グッズが沢山有ったので何度もあるのだろうという。
アダムズはLEX2とは何かとして薬品に気が付く。実験中のアミノ
グリコイシド系抗生物質だという。効果はATM遺伝子のDNAエラーを
修復するものだという。娘に使用しているのか・・遺伝学者と
して研究しているのかも知れないというアダムズだが、それにして
はラットも居ない事を語る。

ウィルソンの元にハウスがやってくるが、頭が痛いので消えてくれ
という。ハウスはセックスに来た訳ではないとしたまにはまったり
喋るのも良いという。オレから喋るとすると、何がセカンド
オピニオンだとし、5人も意見も聞いているという。マーシー病院
のエバンス、郡立病院のショー、ジョンズホプキンスのフォスター、
どれも同じ助言だったとし、お前はイカレているという。化学療法
を望むとはと。しかも投与量がハンパじゃないとし1/3の確率で
即死する量だという。何でオレに黙って居たのかと問うと、
止められるのが分かっていたからだろうと。
協力者を見つけたとし致死量の抗がん剤をお前に打つほどいかれて
るのか切羽詰まっているヤツを。そのバカとはお前自身だろうと。
一体何処で自殺しようと考えていたのかと問うと僕の家だとし、
必要な器具も揃えているという。僕は現在元気で、今、極端な方法を
取った方がガンに打ち勝つ可能性が高いのだという。化学療法は
胸腺腫と同じくらいの確率で人を死に至らしめるのだというハウス。
——————————————————–

6歳の少女エミリーがプレインズボロ病院に運ばれてくるが、
ハウスは突然休暇を取る。ウィルソンが胸腺腫であることが分か
った為に治療に付き合う為だったが、ハウスはウィルソンの性格
からして何処かにしけ込むだろうことも予想出来た為、ウィルソン
の隠れ家を探し出して一緒に腫瘍科医に見てもらう。腫瘍科医
は一概に腫瘍が周囲に広がっている為に切除前に小さくする必要
があるとして治療方針として放射線治療、そして化学療法で様子
を見るというが、それで効果がなければ死ぬのだとして、ウィル
ソンとしては、その治療を同時に行いたいことを語る。しかし
そんなことすれば寧ろ免疫システムに負担が掛かりすぎるとして
認められないという。ハウスはウィルソンの態度を責めて、一刻も
早く放射線治療を受けるよう告げるが、ウィルソンはハウスに
対して放射線治療と化学療法を同時に受けたいことを語ると、
ハウスは自分の家を提供するというのだった。

今回はなんと言ってもハウス役のHugh Laurieの2度目の監督
エピソード。S6-16で一度辞めたキャメロンを登場させるエピソード
を演出したけれど、「BONES」でのブース役のDavid Boreanazが
監督するのと同様にHugh Laurieのこのドラマに対する愛情もまた
人一倍というところなのだろう。

ドラマでは・・・
少しずつチームを独立させる為の工作が行われていると感じるのは
ハウスが今回チームの診断に加わらなかったこと以外にも最近は、
チームにいても診断をせずに別の事をしていることも多いし、なる
べく多くの診断をチームのメンツに出させて、最終的決断こそハウス
が行うけど、病名の発想自体は多くの場面でチームのメンツが出して
いる姿は誰の目から見ても明らかだ。

今回はチームリーダーはチェイスが主導して行っていた感じ。
そして最終的にチームが語る病名を総合的に判断して結論を出した
のもチェイスだった。
フォアマンが自分の特性を活かして病院長になっているのであれば
チェイスはリーダーとして率いていくことになるのか。
チェイスって元々は外科医として執刀するシーンがこれまで多く
描かれていたので、そういう方向に進むのかと思ったのだけどね。

さて今回はなんと言ってもウィルソンの胸腺腫が発覚した後の
対応エピソードだった。ウィルソン本人が腫瘍科医なので、実情
は誰よりも知っているハズ。
助けられた人よりも、寧ろ助かる確率の高かった相手を助けられない
ことの方が印象に多く留まっているのだろうけど、それらの失敗
を目にしていることも有り、ウィルソンとしてはそうはなりたくない
と感じたのか。

なかなか治療を行わないウィルソンは弱虫だとしていたけれど、
実際には実験的で挑戦的な治療を行うことを選んでいくところは
ハウスと一緒にいるだけ有る。勇気が有るのかハウスが言うように
イカレているのか分からないけど、あなたに言われたくないと小一時間。
しかしこれまでハウスに対して必要以上に関わってきたウィルソン
としては、今度はハウスがウィルソンの件に関わるとした際に
断れない現実があることも悟ったのだろうし、有る意味では一番
心強い人が傍に居るってところだよね。

ただ治療を行うという前には、ハウスはこれから起きるであろう
ウィルソンに対して病変について詳細に語っていた。これを話せば
諦めると思ったのか。相当痛そうなことを行っていたな。

『筋肉の痛み、痙攣、関節をむしり取られ、ガラスの破片に取っ替え
られたような感触になる。胃は胆汁であふれかえり吐くときには
熱したハンマーを食道に突っ込まれズタズタに裂かれるような
痛み、血が喉の奥まで流れ込み真っ赤に焼けた一セント硬貨の銅
の味でノドを詰まらせる。
2日目には白血球が減少し体は攻撃にサラされる。熱が急上昇し燃える
ような暑さを感じたかと思うと凍るような寒さを感じる。体のあら
ゆる痛みセンサーが同時に反応し苦しみという概念を超越する。それ
が現実だ。幻想を起こし死を夢見るようになる。それからレースが
始まる。お前の体を有毒な菌や寄生虫に命を奪われる前に復活できる
か。勝てば生き延びて負ければ息絶える。』

上述した1日目は比較的二人で痛み止めなど投与して楽しくジョーク
を言い合っていたけど、2日目はハウスが言っていたように、ウィルソン
の顔は相当やつれていたし、幻覚で少年が見えていたし、白血球減少
に血圧も減少していた。

死んだら保護観察官への受けが悪いのではないかと問うと、遺体を
捨てる場所は何カ所か見つけてあるという。ウィルソンとしては
トリニティパークが良いとしていた。

ウィルソンとしては年を取ったり病気になったら妻か子が面倒を
見てくれるだろうと思っていたとするけど、現実はなんとも切ない。

いよいよウィルソンに子供(幻視)が見え始める。

ガン専門医がよりにもよってガンになるなんて世界にでっかい中指
を立てられているみたいだと。何で僕なんだ?として、ウィルソン
はハウスに悪態をつくようになる。君みたいに生きていれば良かった。
人を好きに操って身勝手でエゴむき出しにして周りの人間を不幸に
するんだと。しかしそれでもガンにはなったというハウス。
ウィルソンはそんなことでもしていれば罰が当たったとして納得出来る
事を語る。

いよいよ心拍が上がって血圧が急落する。病院にいかないと死ぬぞ
とするが、ウィルソンは死ぬならば救急車や病院ではなくここで
死にたいという。病院には連れて行かないと約束して欲しいとのこと。

しかしなんとかレースには勝利した。
3日目はすっかり顔色も良くなってもの凄い劇薬で一瞬にしてガン
細胞を取り去ったのだろうか?状況としては正直ウィルソンの体内
でどうなったのか分からないところも凄い(笑)

ハウスが自らのバイコディンをウィルソンに分けていた。
10人分くらいストックがあるとしていたけれど、そんなには
無かったね。今まで散々ウィルソンから処方箋を偽装してバイコディン
を隠し持っていたのに、こんな時に限って無いんだから皮肉。
ウィルソンからバイコディンは沢山有るのだろうとしていたけど、
「人は嘘を付く」としてハウスは自分自身が嘘を付いていることを
皮肉っていた。何よりもウィルソンがハウスに対して酷い言葉を
投げかけた件で、ハウスは「イルカが恐いという後の話は聞いてない」
と語っていた。

ウィルソンは痛みを知り、ハウスが毎日こんな痛みを経験している
ことに対して辛さというものを感じて居た。
「君の人生は最悪だな。」
「ガンじゃないだけマシだ」

ウィルソンがオフィスに戻った際に、ウィルソンが死にそうになって
いるところに娼婦達とパーティーする映像がパソコンの中に映って
いてウィルソンは大爆笑していた。
今まで脳死の患者とか霊安室で昼寝するシーンとか、コンサルする
シーンなんて有ったけど、こんなところまでユーモアを発揮出来る
というのは相当筋金入りって感じがするね。
合成写真ではなく本当に盛り上がっていたのかな。
勿論ハウスにとってはウィルソンを失うかも知れないことへの恐怖
から行っていることかも知れないけどね。

■今回の患者

・エミリー・ローソン (6歳)

遊園地のメリーゴーランド中に倒れて鼻出血、呼吸障害、
毛細血管拡張症運動失調症(AT)を患っている患者。エミリーの母親
エリザベスは発生遺伝学者でジョンズホプキンス病院の臨床医。
下手に娘のことを知っているあまり色々と気にしすぎているところ
も有ったところを見ると腫瘍科医のウィルソンと同様のものが
有ったのだろうね。
互いに容体が悪化して命の灯火を失っていく中で、併走して描かれ
ている感じがした。最後に目を覚ましているのはどっちなのかって
感じでちょっと恐いエピソードだった。大抵この手のドラマ内容
だと一方は助かり一方は亡くなるんだよね。

病気が進行したのではないかとするが、まだ患者は6歳。
この遺伝病の平均寿命は20歳だということで、それにはまだ早いと
していたけれど、結局は根治はしないってことだよね。

取りあえず今回の一件ではウェゲナー肉芽腫を疑う。
X線検査は出来ないので、MRIを受けさせることになる。
両親がケンカするのを耳にしてエミリーは心を痛めている様子。
MRI検査をする際には、寝たふりをしたことをアダムズとタウブに
話していた。あなたのことを愛している為の行動だとするけど、
両親は離婚しないかと問われ、タウブは嘘を付いてしまった。

検査中に手足が痛いということになる。
血行を回復させるがレイノー現象に関して、何故起きたのかを語り
合う。続発性レイノー現象・SLEなのか。母親は重金属中毒かも
知れないとして夫が汚いアパートに引っ越した責任にしていたけれど、
寧ろチームとしては母親側に問題が有ると見て、エミリーの家を
調べる。治験用のLEX2が大量に有り、ATM遺伝子のDNAエラーを
修復しようとしていた用だ。しかし実験段階の治療を行う事に難色
を示すが、彼女は自らの体で試した事を告げる。半年間副作用はな
かったとのこと。更に注射していなければ冬を越せない状態だった
と語る。
ただし認可されていないりことには理由があるとして、ジャクソン
記念病院でのゲインズの研究はLEX2使用に於ける腎不全に関連が
あることが判明して中止したというフォアマン。

超音波ガイド下腎生検で悪化の状態を調べようというチェイス。
腎臓からサンプルを採っていると胸が痛いとして血を吐いた。腎臓
が悪い訳では無いという。

心臓は正常でLEX2の副作用ではないことが分かる。
肺炎なのか肺塞栓症なのか。
メリーゴーランドから落ちたことの打撲で深部静脈が損傷して
血栓ができたのかも知れず、その一部が肺へ流れたのかもという。
ヘパリン投与で対応しようとするが、このままだと心筋梗塞や脳梗塞
の可能性を示唆していた。

しかしエミリーの肺は正常で血栓はないことをパクが確認。
タウブは変わりに肝臓障害が起きているとして目に黄疸が出ている
事を語る。肝不全だと分かる。

コンサルで話合う。
肝静脈が閉塞しているせいで肝臓への血流が減少しているのか。
真性多血症か。ライム病が信仰したのかも知れない。
しかし今になって何故一斉に悪化したのかが問題だった。
LEX2を辞めたからではないかとして、アミノグリコシド系抗生物質
でライム病を抑えていたのかも知れないと。アモキシシリンを投与
しようと。

ライム病のことを告げるが母は娘は森には行ったことが無いという。
しかし父親が狩りに連れて行ったことを語る。写真を撮っただけ
だとするが、危険は何処にでも潜んでいるとして、腰椎穿刺で
確定する必要があることが分かる。

検査している際に腕が動かなくなる。脳梗塞だというチェイス。

脳梗塞、肝静脈閉塞、喀血、呼吸障害、レイノー減少、典型的な
肺塞栓症に思えるという。血栓に似ているけど違うものとは
何かというチェイスの問いかけに一同案をあげていく。
その結果割り出したのは心房粘液腫・・原発性心臓腫瘍だという
結論を出した。腫瘍は良性で全て取り除いたけれど、遺伝病に
関しては治った訳では無い。

両親がこの件を通して仲良くしたのが良かったね。

■その他

■使用された曲

・Any Way You Want It by Journey

グレゴリー・ハウス (Hugh Laurie) 偏屈な医者
エリック・フォアマン (Omar Epps) 黒人、S8から医院長
ジェームズ・ウィルソン (Robert Sean Leonard) 腫瘍科、ハウスの親友
ロバート・チェイス (Jesse Spencer) 外科医、離婚
クリス・タウブ (Peter Jacobson) 元整形外科医、離婚歴、浮気
チ・パク (Charlyne Yi) 脳外科医、ボスを殴る
ジェシカ・アダムス (Odette Annable) ジョンズホプキンスで研修した医師
— (Bobbin Bergstrom) Nurse

ドミニカ・ハウス (Karolina Wydra) ハウスの妻、偽装結婚

Dr.エリザベス・ローソン (Jessica Collins) ジョンズホプキンス、発生遺伝学者
サイモン・ローソン (Chris McKenna) 父親
エミリー・ローソン (Rachel Eggleston) 娘、6歳
Dr.マイケル・A・コンドー (Art Chudabala) 腫瘍科医師
ジョン・タイラー (Gabriel Suttle) 少年、かつてウィルソンが診た
— (Adriana Karras) Bailee
(Isabella Cuda) Emily Photodouble
(Alexis Genest) Catholic School Girl
(Alan Gray) Ride Operator

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336