超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans シーズン2 第8話(3) サンダーモービル! Thunder Van

リンク広告 テスト




第8話(3) サンダーモービル! Thunder Van

脚本/Lisa Muse Bryant
監督/Jonathan Judge

——————————————————–
フィービーは朝食の際に携帯電話に夢中で母が声をかけるが
その言葉がまるで耳に入っていかなかった。マックスがフィー
ビーに電話すると、なんで直接話してくれないのかというフィ
ービー。今チャーパーでチャープしていたというフィービー。
マックスはそんなことを言っても母さんが分かるハズないと
いう。しかしバーブが私だっていつもチャープしているという。
フィービーはチャーパーはSNSのサイトだと語ると、マックス
はこれは携帯というものだよと母をバカにする。そんな中
クラクションの音が聞こえる。この音はサンダーモービルでは
ないかとしてみんなで外に出る。するとハンクがメトロバーグから
持ってきたとし、前はよくこれに乗って悪党を倒したなと語る。
バーブはサンダーキックで倒したというが、フィービーたちは
無理が有るとして辞めてと語る。セキュリティを強化して新しく
してもらったという。ヒジョンビルでは普通の車に見えないと
マズイからだという。偽装アイテムを特注したとして、「ハンクの
めちゃウマお肉」というステッカーを貼る。マックスはまるで
サンダーマンとは無関係みたいだとバカにする中、ドライブ
しようという。しかしハンクはサンダーモービルには武器や危ない
ものが沢山入っているので子供は乗ってはダメだという。家に
持ってきたのはフィービーの特訓の為に使う為で、目指せ
スーパーヒーローだと語る。レッスンは来年からではないのか
というフィービーにヒーロー大学は飛び級入学を認めているので
合格すればマイケルのヒゲが生える頃には完璧なスーパーヒーロー
になっていると語る。ヒーローになる夢が早くに叶うんだと
いう。マイケルは俺の夢も叶えさせて欲しいとして、肉の車を
運転したい事を語る。ハンクは「ヒールになりたい病が治ったら」
乗せるというが、これは病気ではないと語ると、それなら一生乗る
のは無理だと語る。

ハンクは室内にレッスン場を設置していた。
フィービーは一体何なのかとすると、サンダーモービルに乗るには
まずはシミュレーターを使って練習してからだという。
マニュアル通りにやってかせだとし、ハンクは分厚いマニュアルを
渡す。そして色々とナビゲーションシステムやハイテク装置などの
説明を行う。後ろに一瞬で行く技は”クルリンパ”だと。
母がやってくると、フィービーの携帯が五月蠅いとして持って
くる。するとフィービーの友達からのメッセージで、みんなで
映画を見に行くと言っているとし、自分も行きたいという。
映画「キャピキャピ最後の宇宙作戦PART2」だとして言っても良い
かと問う。ダメに決まっているという父に対して、PART1は100万回
も見た作品だとし、みんな見に行くのだという。しかしハンクは
大学の試験まで一週間だとすると、サンダーモービルについて
全部知っておかねば確実に落ちるぞと語る。夜遊びを辞めて、
スーパーヒーローになる為に頑張って来たのではないかとし、
映画にいかなくてもいつかフィービーが出演する映画を作ってもらえる
ことを語る。パパは「サンダーパンツミュージカル」で家を買えた
のだと語る。フィービーは説得され、勉強すると語る。

マイケルはなんとかサンダーモービルに乗ろうとして隙をうかがって
いた。コロッソは自分も連れて行ってくれとするが、熊のヌイグルミ
と仲良く留守番するよう告げる。私は子供ではないというコロッソ
に赤ちゃん以上に泣くだろうと告げる。仕方なくコロッソはヌイグルミ
と登山ごっこをして遊ぶことにする。私は勇敢な冒険家・コロッソ・
ピヨントン・お前は忠実な家来のテディ・ヌイグルミ。エベレスト
を制覇だと語る。
——————————————————–

フィービーは食事中も携帯のSNSで忙しくしている為に親の話を
聞こうともしていなかった。そんな状況の中でサンダーマン家には
サンダーモービルが到着する。ハンクによるとメトロバーグから
持ってきたもので、昔はこれで悪人退治をしたとのことだが、
フィービーのヒーロー大学への飛び級入試に向けての特訓の為
に運んだのだという。中は子供には危険な武器などが入って居る
ので乗る事は禁止されるが、それを聞いたマックスの心は、
サンダーモービルに乗る事しか考えられなかった。

久しぶりにサンダーマン家のスーパーヒーロー絡みのエピソード。
フィービーが語っていたけど、普通の暮らしをする為にヒドゥンビル
に引っ越ししてきたのに、結局この一家に生まれた限りは、
ヒーローを目指していくのかな。

久しぶりにフィービーがヒーロースーツに身を包んだところも
良かった。何気にコスプレ姿が萌える(笑)

サンダーモービルとか色々なヒーローものをパクッた感じの
乗り物だけど、結果的に悪さに使おうとしていたマックスと
勉強と称して映画に行こうとしていたフィービーに罰を与える為
に利用された感じ。

母親はいつも出しゃばり「黙って!」と子供に言われてしまう始末。
コロッソは留守番をテディベアと行う中、登山ごっこして遊び、
遭難してテディベアを食べようとしている姿が有る。

誰もが周知の事実とばかりに父親のパソコンのセキュリティパスワ
ードがハンバーガー。どんだけアメリカ人のハンバーガーへの
拘りの強さが有るのかって感じだけど(笑)

折角なのでサンダーモービルでドライブに行き、中世レストランへ。
金曜日はターキーレッグナイトだということで、店に行くとドライブ
スルーで、ヘンリー8世ターキーと黒魔女ソーダを注文していた。
その車の中にはノーラとビリーも乗っていたことで、ターキーは
食べられるし、ビリーは緊急ボタンを押したり、ジュースを壊して
ロケットモードに入ってしまうことになる。なんとか力を結集して
脱出しようとする中で、バーブの光のパワーは完全に「うる星やつら」
のラムちゃん状態で、ハンクにビリビリしてしまうところが笑える。

ビリーの足シャッフルによる摩擦、ノーラのレーザー、そして
フィービー&マックス、双子のヒートブレスを掛け合わせて床を
開ける事になる。

ピンチの時にもマックスが自撮りを忘れず、ハイパースピードGフォ
ース自撮りだとしていたり、フィービーのショック顔自撮りと
称して皮肉にも携帯ネタ、SNSネタを引っ張ったところも面白かった。
母親も話題についていこうと必死だった。

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。おませで毒舌、目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、瞬間移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 頼れるパパ、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) しっかり者のママ、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336