超能力ファミリー サンダーマン The Thundermans シーズン2 第6話(8) アイドルに接近? Shred It Go

リンク広告 テスト




第6話(8) アイドルに接近? Shred It Go

脚本/Dicky Murphy
監督/David Kendall

【ストーリー】

朝からフィービーはスマホカメラに向かって歌を歌っていた。
朝からうるさいとしてフィービーの元に集まってくる家族の
ものたち。今、マルコムとトニーの為に朝食を作っているのだ
という彼女にマックスは頭の中は大丈夫なのかと問う。
段ボールで作ったマルコムとトニーはMKTOのメンバーだった。
フィービーはライブチケットが完売の為に、コンサートに行く
ことが出来なかった。そこでファンコンテストで優勝すると
チケットが2枚もらえるということに目をつけていた。テーマは
「MKTOと目覚める朝」だという。目覚めたくない人も居るのよ!!
とノーラは激怒。朝のベーコンも悪くないというハンクに対して
フィービーはこれはトニーのアップルスモークベーコンの為
のものだとして取り上げる。彼はそれが好きだがパイナップル
にはアレルギーがあるのだという。クレイジーなファンにも
アレルギーを持っているとしてフィービーに指摘すると、私は
クレイジーではないとし、他の人はコンテストに気合いが入って
いるのだと語る。邪魔しないでくれというと、フィービーは
歌を歌いながらパンケーキを作る。ハンクは大丈夫か?と心配
するとバーブは10代の子がアイドルに夢中になるのは普通のこと
だという。しかしハンクが心配しているのはビリーだと語る。

“スプラットバーガー”に行くマックスとオイスター。
どうやって注文するのか?とすると店員のジェイジェイが現れ、
初めての客には記念に店のハットをプレゼントだとして被らせ
ようとするが、帽子はNGだとし、俺たちはヘアが売りだという。
料理は調理済みなのでボタンを押すだけでチューブから出てく
るというジェイジェイは、試しに操作すると、ポテトがチューブ
から出てくる。ザ・チューブフードだというと二人は感動する。

そんな中、ウェイトレスをしているカサンドラに関して、
オイスターはマックスに対して君に気があるかもと言っていた
子だろうと。名前はカサンドラだとして、最初はいつも俺を
ムシするが気があるのは間違いないという。クレイグという
客にナンパされるカサンドラは、MKTOのライブがあるのでと
告げ誘いを断る。ムシされる方が断られるよりは良いのではな
いかというオイスター。
マックスたちのテーブルにやってくるカサンドラに話しかける。
マックスはフィービーが熱心に語っていたMKTOのことを理由して
ポリネシア風のキョーザが食べたかったが、アップルスモーク
ベーコンは好きなのにパイナップルがダメなんだとして、
アレルギーを持っているという。それってトニーと同じじゃない
かと言われると互いにMKTOのファンだと言い合い気が合う。
ライブにも行くというと、現地で合流しようかと約束する。
チケットは売れキレじゃなかったのかというオイスターに対して
フィービーのコンテストを手伝ってチケットを手に入れるという。

一方部屋には沢山の紙ゴミが重ねてあった。
ノーラは大掃除の日なのかとして、何を燃やしても良い日なの
で最高だとしてビームを使う。しかしビームを使うと煙が
酷かった。
ハンクは良いものを買ってきたとしてシュレッダーを見せる。
どんなものでも細切れにすることが出来るとし、灰も煙も出ない
のだという。そんなの必要ないというノーラはビームでハンク
の手にしていた紙を燃やすとそれは取説だった。
ノーラはビリーにかくれんぼうをしようと誘うが後でねと告げ
シュレッダーに触れると、君のことをシュレディ君と名付ける
と語る。
——————————————————–

■フィービーはアイドルにハマる

MKTOについてフィービーがハマる。
実在するアーティストみたいだけど、実はあんまりよく
知らなかったりする。
フィービーが冒頭からカメラに向かって撮影していたのは、
売り切れてしまったライブチケットを手に入れる為に、ファン
コンテストで優勝する為のものだった。

このシナリオ・展開って「オースティン&アリー」の33話
で、デズが映画の試写会のチケットを手にしようとする流れ
と似ているな。

■ノーラ全開

フィービーがMKTOと目覚める朝というテーマで撮影している
中、ノーラが「目覚めたくない人も居るのよ!!」と激怒して
いる姿が笑えた。ノーラ有ってのこのドラマって感じ。

■マックスはカサンドラが好き

カサンドラ役の人、黒人の女性だったけど何処かアジアの血
が入っている顔をしているなと思ったら韓国系の人だった。
俳優名を見ればそのまんまSydney Parkさんだものね。
「CSI:NY」でジョー・ダンヴィルの娘・エリー役で出演して
いる。

マックスはカサンドラは俺のことが好きだとして、勘違い
が凄かったけど、彼女がMKTOを好きだと知り、マックスとして
はフィービーから色々と話を聞いていただけ有って上手いこと
話を合わせていた。

■ノーラの嫉妬

今回は掃除のためにサンダーマン家に導入されたのはシュレッ
ダーだった。しかも業務用のものでもの凄く大きいもの。
この手の機械を使うのって男性キャラクターが好むことが多い
よね。パパ・ハンクだけでなく、ビリーまでもがシュレッダー
にシュレディ君という名前をつけてかわいがり、ノーラといつも
遊んでいたビリーは釘付けになってしまった。
ノーラとしては嫉妬する。コードを焼いてしまったり・・ビリー
の尻にちょっぴりレーザーを当てていたけど、人に向けてはいけ
ません!!

■コンテスト用VTRを制作

この流れはイマイチ。能力を使ってスカイダイビングをしな
がら如何にMKTOが好きかを解いていた格好だった。
コロッソもトークに絡んできたけどイマイチ、尻でもケツでも
どうでも良いって感じだったね。

コンテストでは見事優勝ということでチケットが送られてきた
けど、シュレッダーに入れてしまったということで、探すハメ
になる。しかし実際にはマックスがカサンドラと一緒にコンサ
ートに行くためにチケットを奪取した格好だった。

■コンサート

本番直前、マックスはトイレで落ちてきた鳥の糞を洗うために
列から離れると、カサンドラだけが会場内に入っていく。
警備員はマックスが順番を抜かして入ろうとしているとして
阻止しようとする。”トリフン男子”という投稿で人気になった
けど、チケットがなくなり結局入れず。

■フィービーに幸運が・・・

スプラットバーガーにいたフィービーはチケットを無くして
意気消沈していると、そこにMKTOの二人がやってくる。
フィービーは興奮して、思わずブタのように鼻を鳴らしていたり
興奮して「結婚して」「一生傍にいて」と語る姿が有った。
最後に地味にオタクファンを否定しながらも、MKTOが使った
ナプキンをこっそりと隠し持つフィービーの姿が有った。

■出演者

フィービー・サンダーマン (Kira Kosarin) 優等生の14歳、炎と氷の息、念力
マックス・サンダーマン (Jack Griffo) フィービーとは双子、炎と氷の息、念力
ノーラ・サンダーマン (Addison Riecke) 8歳。目からビーム
ビリー・サンダーマン (Diego Velazquez) 10歳、高速移動
ハンク・サンダーマン (Chris Tallman) 父、怪力、空を飛ぶ
バーブ・サンダーマン (Rosa Blasi) 母、光を操る
チェリー (Audrey Whitby) フィービーの親友
Dr.コロッソ (Dana Snyder) しゃべるウサギ、かつてパパが退治した超悪人

オイスター (Tanner Stine) ギターリスト
本人出演 (Malcolm David Kelley) MKTO
— (Anthony Martins) UPS Guy
本人出演 (Tony Oller) MKTO
カサンドラ (Sydney Park) スプラットバーガー店員
ジェイジェイ (Rob Ramsay) スプラットバーガー店員

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336