ボディ・オブ・プルーフ/死体の証言 Body of Proof シーズン2 第11話(11) 思い出のスズラン Falling For You

リンク広告 テスト




第11話(11) 思い出のスズラン Falling For You

脚本/Matthew Gross
監督/Christine Moore

【ストーリー】

結婚式場のホテル。
エマはメリッサも幸せそうだと語る中、結婚式が始まるのを待って
いた。すると突然メリッサが悲鳴を上げながら上から花嫁衣装の
まま落下してくる。

朝から鏡に向かうレイシーはミーガンに対して私太っているか?と
問う。鼻を整形しようかなと。鼻が丸いのは治せるという。
クロエ・ケーンも整形したとのこと。13歳で整形??というミーガン。
まだ成長するのよと語る。そんなキャシーが迎えに来たとして
レイシーは出て行く。ミーガンにも事件の知らせの電話が鳴る。

現場のホテルにいく。
サムは花婿のマークから話を聞いていた。自分の部屋で支度をしていた
ら悲鳴が聞こえたこと。そしてここに走ってきたのだという。
ベル捜査官は花嫁の父・レナードと母、ジェリーから話を聞く。メリ
ッサが落ちたときに何処に居たのかと。私たちは招待客の居る下に
向かっていたこと。
花嫁がバルコニーから転落。自殺かも。ミーガンは結婚式って嫌い
だという。
バドの元にいくと、良いドレスだと語る彼女。こんな光景はみたく
ないというバド。
被害者はメリッサ・ワックスマン(26歳)、学校教師で2時間と少し前に
転落したという。ミーガンは外傷は複数、一つは閉鎖性頭部外傷だ
として落下時の傷だろうこと。左脚は複雑骨折しているという。
ダニーに気をつけて遺体をラボに運んでと語る。
綺麗な子がなんで結婚式に自殺するのか。ブライダルスイートには
容疑者で一杯だという。バドの読みでは花婿が犯人とのこと。
ダニーはこれだから結婚したくないと呟く。

カーティスは昼食にゆで卵の食事をしているとイーサンが現れ、
美味しそうな料理を沢山持ってくる。オレはダイエット中だとして
気を仕えというカーティス。
イーサンはダニーの姿が見えると走って彼女の元に行く。
調子はどうかと社交辞令すると、金曜日の夜に一緒に出かけないか
と誘う。映画「プロム・ゾンビ4」を見に行くのだと。すると金曜日の
夜はデートなので日曜日の昼間はどうかという。つまりデートじゃない
という意味かというイーサンはそれでもokをだす。

ミーガンはラボで検視する。
身長165cm、体重52kg。メリッサは記録では年齢26歳。外傷は殆ど
左半身で、重度の鈍器損傷が複数あるという。松の葉、樹皮、樹液が
付着。落ちたのか、飛び降りたのか、突き飛ばされたのかと問うバド。
爪の中に何か入っているというミーガンはイーサンに調べてもらう。
ケイトは首が動くので頸椎を骨折裂傷、擦り傷も多数だという。
傷口には樹液、樹皮、首が折れたのは天蓋に当たったせいだろうと。
またイヤリングが片方だけしかないという。

イーサンはメリッサのレントゲンが取れたとしてやってくる。
ケイトは頭蓋骨に陥没お呼び線状骨折、左の頸椎、鎖骨、頸腓骨
の骨折が見られるという。

花嫁の目の周りにアザが見られた。
レナードはマイクに対して娘を殺しただろうとして殴り飛ばす。
他に家庭内暴力のあとはないとのこと。首に横方向の傷、甲状腺を
取ったのかも知れないと。脱色素検出と腰にも横方向に傷が有ると
いう。ミーガンは美容整形だという。腹部のたるみ、脂肪吸引だと
いうケイト。左右両方の胸にも豊胸手術痕が有り鼻柱と上口唇の
境目にも目立たない傷があること。レイシーも鼻をいじりたいと
言っていることを語る。

バドはマークを取り調べる。
メリッサが落ちたときには何処に居たのか。自分の部屋だとし、彼女
は古風なので結婚式までドレスを見せない気だったという。遭った
のは夕べの夕食会が最後だという。顔のアザはと問うとレナードだ
という。

サムはレナードから話を聞く。
アイツがプロポーズしなければ・・・と憤っていた。危害を加えそうな
人は居たのか、自殺の可能性は遭ったのかを尋ねる。

ダニーはピーターに金曜日のデートにボウリングに行きたいとリクエ
ストする。その光景をイーサンが見てしまう。

何故甲状腺を切ったのか。ミーガンは恐らく甲状腺炎かガンだろう
という。花婿とレナードがホテルのバーで揉めていたという。
イーサンは爪から出た物質は花の葯だったと報告。ブライダルスイート
には蜂も押し寄せそうな程に花だらけだという。血中からは少量の
アスピリンと濃度0.8のアルコールとアルプラゾラムが検出だという。
抗うつ薬とアルコールを飲んだのか。挙式前にあがっていたのでしょうと。

血中の甲状腺ホルモン濃度を調べ、主治医に問い合わせてと語る。

花嫁の付添人のエイミーから話を聞く。
付添人として気づいたことは有るかと問うと、メリッサは血痕を迷って
いたという。バチュラーパーティーをしていた時から変だったとし、
ボトックス注射をして男性ストリッパーを読んだが、メリッサは沢山
酒を飲んでいたという。挙式前にも同じで抗うつ剤も欲しがっていたとの
こと。ベールが破けて動揺したのかみんなを部屋から追いだしていたとし、
元彼のザックが街に戻っているので未練があったのではないかと語る。

■概要

・結婚式直前に花嫁のメリッサがブライダルスイートから突然ウェデ
ィングドレス姿で落下する。
・メリッサは13歳の時に母親を亡くしてそれ以来鬱状態になり、
体重も増えてしまい、シャイな子だったので太ったことをからかわれた
のを機会に身体醜形障害に陥っていたが、整形外科医のサラ・ヒューズ
の元で整形していた頃にはすっかり精神は安定していたとのこと。
・メリッサはザックという元彼と付き合っていて、彼女がマークと
結婚することに嫉妬していたのではないかという。
・更に調べるとメリッサは結婚すると亡くなった母親の遺産が彼女に
渡ることになっており、それを阻止しようとして実の父親と後妻
が殺害した可能性も有った。

■感想

今回はハント家の事情がふんだんに盛り込まれていたな。

ピーターは調査の過程で既に死因というよりも鬱になった原因を探っ
ているとして、自分たちの仕事のは意中を越えて私情を挟んでいるの
ではないかと指摘していた。
何のことかと思ったら、ミーガンの父親は遺書を残さずに自殺していた
過去が有るのね。ミーガンは今でも午前3時に目覚めることがある
としていたけど、その時間に自殺していたのかな。

またレイシーの件では今回の被害者とタイアップするかのようにして
容姿に関する特有の悩みを露呈する。
どの人物にも少なからず自分に自信のなさを持っていて、それが若者
である程に、ストロングポイントになりえそうな容姿に自信がないと
いう劣等感が生まれてしまう。
自意識が最も過敏な頃なんでしょうか。
レイシーは13歳なのに早くも大人のような振る舞いをしようとして
ミーガンからは注意されるけれど、13歳には13歳なりの悩みって
いうものがあるのも確かだ。

前にも同様にブランドのグッズを持ちたがっていたけど、ミーガンは
自分で働くようになってから自由に買いなさいと注意していた。
それと同様に今回もレイシーはミーガンと比較して、熱心に自分の
主張を貫こうとするが、そもそも比較するのは難しい。
レイシーはセクシー衣装に身を包んだり、髪の毛を染めたいことを
語り、整形したいとまで言い始めた。

今回は被害者家族のワックスマン家の親子関係が上手く行かなかった
のも、恋愛に反対していたり、整形のことなども頭ごなしに反対
していたところから交流が失われていってしまったことが語られる。

そんな親子関係をレイシーとミーガンに当てはめたところかな。

■捜査のポイント

金/遺産の問題なのか、友情関係の崩壊に繋がる男性を巡る争いか。
また一人の女性を巡って元彼と今彼の争いの構図に巻き込まれたのか。

・花嫁の爪

花の葯が検出される

・花嫁の体内・血液検査

少量のアスピリン、濃度0.8のアルコール、アルプラゾラム(抗うつ薬)

・膝の骨折痕

骨が飛び出していてちょっと怖い。
ケイトがレントゲンを見ると黒い影があると語る。
それを調べるとバルコニーの手すりの

・花嫁の病歴

甲状腺を取っていて、彼女は慢性甲状腺炎だった。ホルモン濃度を
保つ為にレボチロキシンを一日50マイクログム処方されていた。
しかし調べるとホルモン濃度が高いので薬を飲んでいなかったことが
分かる。

・写真

バチュラーパーティーでの証言、そして結婚式前の写真を見て、
被害者がアスピリンを飲んでいた。
薬の組み合わせと副作用でボトックスとアスピリンを併用すれば
抗凝固作用があり、目の周りのアザの原因だとされる。
看護師をしているエイミーがちょっぴり嫉妬して意地悪したものだ
ったようだ。

■結論

父親が遺産目当ての殺人かと思わせたが、実際には結婚を辞めよう
としていたことで、ザックが再度説得しようとしているウチに
死なせてしまったようだ。
イヤリングの髪の毛には父親のDNAが付着していたりしたので
色々な容疑者像が浮かび上がったんだけどね。

■その他

・カーティスのダイエット

今回はそれぞれに持つイライラがテーマだった。生きて居る以上
誰にだってイライラはある。カーティスはダイエットのせいで仕事
の効率が落ちた為に、結局断念したのかな。

イーサンと共にカーティスは
「自分が劣っている気がする」として共感し合っていた。

・ピーターとダニー

ピーターは女ったらしで、今回のエピソードを見ると、イマイチ好きに
なれそうなキャラには見えなくなった。
この人、女性関係はかなりの中途半端。一体シーズン2だけで何人の
女性と付き合っているのかって感じ。

イーサンはピーターに対して、自分の好きな相手に・・と恨み節で語り
冒頭からザックが静かにピーターを攻撃していたりもした。
イーサンはダニーの元にも行って何で僕ではダメなのか。そして何で
ピーターなのかと尋ねる姿が有る。

バドの結婚式

サムからなんで結婚式の時に呼んでくれなかったのかと突っ込まれていた
けど、金がないので質素にやりとかったとのこと。ナイアガラの滝で
カーネーションとベイクドアラスカとワインで祝ったと語っていた。

■出演者

新郎ザック役のBrendan Hinesは「Lie to Me」でカルの研究施設の
研究員をしていたイーライ役。「スキャンダル」では新聞記者の
ギデオン役などで出演。

メリッサの父・レナード役のPatrick St. Espritは色んなドラマに
出演しているよな。ただゲスト出演が多い。

■使用された曲

・Body of Proof End Credits Theme
Composed by Daniel Licht
・So Far Out by Khristian B
・Do I Wait by Ryan Adams
・Pachelbel’s Canon
Written by Johann Pachelbel

■出演者

ミーガン・ハント (Dana Delany) 検視官
ケイト・マーフィー (Jeri Ryan) フィラデルフィア医療センター・局長
バド・モリス (John Carroll Lynch) 刑事
ピーター・ダンロップ (Nicholas Bishop) 医療捜査官
サマンサ・ベーカー (Sonja Sohn) “サム”、刑事
イーサン・グロス (Geoffrey Arend) 医療センター・医者
カーティス・ブラムフィールド (Windell Middlebrooks) 医療センター・副局長
ダニー・アルヴァレス (Nathalie Kelley) 遺体の搬送係

レイシー・フレミング (Mary Mouser) ミーガンの娘

マーク・フレストン (Brendan Hines) 花婿
ハワード・フレストン (Thor Edgell) マークの父
エマ・フレストン (Gwen Holloway) マークの母
レナード・ワックスマン (Patrick St. Esprit) メリッサの父
ザック・ゴフマン (Pedro Pascal) 元メリッサの彼女
エイミー・パトリック (Brianne Davis) メリッサ(花嫁)の付添人
ティム・ベル (Ransford Doherty) 捜査官
Dr.サラ・ヒューズ (Mim Drew) 整形外科医
— (Victor Ross II) Groomsman
— (Emily Chang) Young Female Guest
— (Julia Sanford) Female Guest
— (Jennifer Bassey) Female Guest
ジェリー・ワックスマン (Lisa Howard) レナードの妻
メリッサ・ワックスマン () 26歳、花嫁
ジーニー () バドの妻
アリス () レイシーの友達
キャシー () レイシーの友達

スポンサーリンク
レンタグル大336

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レンタグル大336